外食放浪記

藤沢近辺であれを食いこれを食べ.自炊のことや思い出話もむりやりここに.

2018年10月 7日 (日)

マッカーサーの朝食

 このブログの更新が滞っていた時期のことだが,横浜港周辺を散歩するツアーがあったので参加してみた.

 某月某日,桜木町駅に集合したツアーの参加者は私を入れて五人だった.男は私ひとりで,残りの四人は女性である.あとでわかったのだが,その四人のうちで私より若いかたは一人だけだった.
 この街歩きの前に参加した芦田愛菜ちゃんのライブを観るツアーも女性ばかりだった.爺さんたちはどこにいるのだろう.
 この五人の参加者に,街歩きガイドさん (かなり御年輩の女性) とツアーコンダクタさん (若い女性) が同行する.
 まずは練習船「日本丸」が係留されているドックまで行き,ガイドさんの説明を受けた.このガイドさんは資料を入れたかなり分厚い透明ポケットファイルを持っていて,たった五人の私たち参加者は,その資料集を覗き込みながら説明を聞いた.耳から聞くだけではないので,大変にわかりやすい.人数が少ないことは,色々と行き届いて,参加者にとってはありがたいことだが,旅行代理店は,社員の人件費を計算に入れると赤字に違いない.しかしこれはたぶん所謂「健全な赤字」であって,いくつかの大手旅行代理店が,講演会とか街歩きとかの企画を充実させるマーケティングを行っているのは,それが海外や国内のツアーによい効果を与えるからだろう.
 
 みなとみらい地区に係留されているこの練習船は,正確には「初代日本丸」である.山下公園に固定されている「氷川丸」と共に,昭和という時代を今に伝える記念碑的船舶だ.ほぼ一ヶ月に一度,帆を上げて帆船としての雄姿を横浜市民にお披露目しているが,実をいうと私はまだ帆を上げた日本丸の姿を見たことがない.死ぬ前に一度,見ておきたいものだが,両船とも,いつまでもあるとは限らぬ. 
 この日は,「日本丸」の目の前にある「横浜みなと博物館」は休館日だったのでスルー.
 ここから遊歩道「汽車道」を辿り,「赤レンガ倉庫」に立ち寄った.倉庫前の広場では何もイベントをしていなかったが,しかし人生の残り時間がまだ五十年以上はありそうなカップルの若い人たちが,食事なのかショッピングなのか,大勢いた.
 私の残り時間はあと十年あるかないか.山田風太郎が『あと千回の晩飯』(角川文庫) に収められたエッセイを発表し始めたのは七十一歳の時だった.《晩飯を食うのもあと千回くらいなものだろうと思う》とエッセイの冒頭に書いた風太郎は,実際にはもう少し飄々と長生きして,享年は七十九であった.
 同じ勘定をすると,私はあと三千回の晩飯を食うことになるわけで,三千回も食うのかと思うと,まだ当分は死なないという気がしてくる.実は十年なんてあっという間だと思うけれど.
 閑話休題.「赤レンガ倉庫」から「象の鼻テラス」は,ほんの少しの距離だ.この公園にある「象の鼻カフェ」でトイレ休憩と,水分補給.
 次に「ジャックの塔」と呼ばれている開港記念会館へ行き,入館してステンドグラスを見学した.この開港記念会館にはボランティアのガイドさんたちがいるので,ツアーではない一般の来館者でも詳しい説明をしてもらえる.横浜市民でもあまり知らない話を聞くことができるので,これはお勧めである.
 開港記念会館を出たところで,正午を回った.少し進行が遅れ気味だったので,ツアーコンダクターのお嬢さんは私たちと別れて,レストランへ「遅れる」と連絡するために先に昼食会場へ向かった.
 
20180930a
水の守護神像
 
20180930c
氷川丸を望む.
 
20180930b
木々の向こうにホテルニューグランドが.
 
20180930d
 
 ホテルの玄関で,昼食をとる予定のレストランの人と,ツアーコンダククターさんが待っていてくれた.ここで街歩きガイドさんとはお別れ.
 
20180930e
イタリアンの「イル・ジャルディーノ」エントランス
 
20180930g
 
 ここに写っている室内写真の窓際の席に案内された私たちのランチは,肉料理のAコースで,厚く切ったローストビーフだった.ローストビーフもよかったが,デザートのケーキ (たぶん日替わり) が出色の出来で,スイーツを好きな女性はたまらんだろうと思った.
 食事のあと,ホテル従業員のお嬢さんが,館内のガイドをしてくれた.普段は別の仕事をしているだろうこのお嬢さんは,まだホテルに就職したばかりという感じの初々しい娘さんであった.
 彼女は,ちらりちらりと資料に目を遣りながら,時々絶句したり,漢字を読み間違ったりした.しかし私たちは,彼女の絶句をにこにこと見守り,誰も彼女の誤読を訂正しなかった.ツアー参加者にとってみれば彼女は孫みたいな年頃だからである.漢字の読みなんかは,どうせいずれ先輩が教えてくれるに違いない.若い娘さんというものは,それでいいのである.男だったらびしびし指摘するが.おいおい.w
 
20180930i
中庭の噴水
 
20180930j

 中庭にはイル・ジャルディーノのテラス席がある.希望すればここで食事できるという.

20180930k
 
 ホテルニューグランド旧館は,エントランスを入るとすぐに階段があり,階段を上がったところに昔はフロントがあったという.
 その旧フロントに向かって右側奥に「レインボーボールルーム」が,左側の突き当りに「フェニックスルーム」がある.
 大正十二年 (1923年) の関東大震災で瓦礫と焼け野原の街となった横浜に,復興のシンボルとしてホテル建設の構想が立てられた.その中心となったのは当時の有吉忠一市長だった.彼は今で言う第三セクター方式で資金を調達し,昭和二年 (1927年) 十二月にホテルニューグランドは開業した.
 ホテルの名称を市民に公募したところ,最後まで残ったのは「ニューグランド」と「フェニックスホテル (ホテルフェニックスかも知れない)」だったそうである.
 結局震災以前に山下公園の前にあった横浜を代表するホテル「グランドホテル」を蘇らせる意味で「ホテルニューグランド」が採用されたのだが,横浜復興の象徴としては「フェニックス」も捨てがたいとして,宴会場の名に遺された.
 
20180930l
フェニックスルームのドアの上に掲げられているルームネームプレート
 
 下の写真は,もう一つの宴会場「レインボーボールルーム」の前の柱に接して置かれた開業以来の椅子であるが,これは腰かけると幸せになるとかいうパワースポットなんだそうである.そろそろお迎えが来る歳になって今更ではあるが,寝たきり防止に効果があるかも知れないから,私も腰かけてみた.
 
20180930m
 
 二階を案内してもらったあと,ホテル側のガイド嬢としばし質疑応答.
 私は例の「マッカーサーズ スイート」は見せてもらえるのか問うたところ,「マッカーサーズ スイート」は,ほぼ通年,予約がぎっしり入っているので,まず部屋の中を見ることはできないとのことだった.続いて宿泊料金を訊いたら,一泊三十万円近いという.
 戦後,厚木飛行場に降り立ったマッカーサーは,東京に行く前にここで三泊しているから,今かつてのマッカーサーと同じことをすると,百万円近く要することになる.

 マッカーサーは戦前,ホテルニューグランドに二度滞在したことがあり,そのうちの一度は新婚旅行だった.そんなことから,お気に入りのホテルであったと思われる.厚木で占領声明を読み上げたあと,どこに行くかと指示を聞かれたマッカーサーは「ホテルニューグランドへ」と答えたそうだ.
 ちなみに,マッカーサーがホテルニューグランドに到着し,ホテルを米軍が接収した日の彼の夕食は,貧しい魚料理だったそうだ.戦後は東京も横浜も,都市部は極度の食糧危機の状態にあり,ホテルはとてものことに食事を提供できる状態になかった.それでも占領軍司令官に何とか一皿を出したのだが,元帥は一口食べて,あとは残したという.それほどに粗末な料理しか出せなかったレストランのシェフの心中は察するに余りある.
 そのときマッカーサーは,翌日の朝食の卵料理に注文をつけた.それはサニーサイドアップを二つと卵一つのスクランブルドエッグであった.指示を受けたホテル側は,必死に卵を探したが,卵は一つしか手に入らず,しかも朝食には間に合わなかった.
 その日の昼,皿に載せられた僅か一つのサニーサイドアップを見たマッカーサーは,シェフを呼び,一個しかない理由を問いただした.シェフは,命令を受けて必死に卵を探したが,これしか入手できなかったと答えた.
 このエピソードは,現在のホテルニューグランドが用意している宿泊客向けパンフレットには記載がなく,次のように書かれている.
 
ホテルニューグランドでマッカーサー元帥を迎えたのは、当時の当ホテルの会長、野村洋三でした。野村は、マッカーサーに何のおもてなしもできないことを心から詫びるとともに、日本の窮状を流暢な英語で訴えました。横浜全域が空襲で焼失したこと、老人や女性、子供たちが食糧難にあえいでいること、また市民の不安など…。野村の言葉に、マッカーサー元帥は気軽に耳を傾けたそうです。そして、かつては日本を代表したホテルが扇風機ひとつ、ハンバーガー一つ用意できない惨状からも市民の窮状を察したのでしょう。数日後には、横浜市民のための大量の物資を用意してくれたといいます。
 
 しかし上述したマッカーサーがオーダーした朝食の卵料理のエピソードは,ガイド嬢が持っていた内部資料には書かれているようで,彼女の口から聞くことができた.おそらく事実であろう.
 伝聞でものを書くブロガーの常であるが,このブログ《マッカーサーの目玉焼き 》は,次のように話を大盛に盛っている.
 
《「無いんです。横浜中を探し回りましたが、この卵ひとつしか手に入りませんでした。」
この瞬間、マッカーサーは日本の置かれている悲惨な状況を、正確に把握したと言われています。
成人男子の必要な栄養は1日約2500カロリー。
終戦直後の栄養摂取量は
一日わずか1200カロリーにしか満たない状況であり、
町中に栄養失調や餓死者が溢れていました。
『横浜中を走り回って、たった一個の卵しか手に入らない・・・・・・』
マッカーサーは、この日本の悲惨な食糧事情について、すぐさま本国に報告書を送り、わずか三日後には軍艦より大量の食糧が陸揚げされることとなりました。
『即決の人』マッカーサーに判断をうながした一皿の目玉焼き。
そんなエピソードです。

 どこから写したか知らぬが,このブロガーは,戦後日本の食糧事情と栄養学をもう少し勉強したほうがいい.一日に 1,200kcal も摂れれば《町中に栄養失調や餓死者が溢れ 》るわけがない.医師から誤ったエネルギー制限食事療法を指示された糖尿病患者には,このくらいのエネルギー摂取で暮らしている人たちが日本中にゴマンといるのである.それから,マッカーサーが所望した卵は三個だからね.コピペする時は信用できそうなブログから剽窃するように.w
 また,別のブログ《平和への一歩?…》には,こんなことが書いてある.
 
マッカーサーは料理人を呼び出し問いただし、帰ってきた答えは
『私は将軍(マッカーサー)から命令を受けてから今まで八方手を尽くして、ようやく卵をひとつ手に入れることができました。』
と答えたのです。
その瞬間マッカーサーは、日本が現在置かれている状況と、自分のためすべき
〈原文のママ〉仕事を理解したと言われています。
つまり、日本がポツダム宣言を受け入れ、ようやく平和な世の中になりつつあるこの状況で卵1つ手に入れることも困難な世の中なのだということを痛感させるエピソードでした。
ただ、これを事実として証明する関係者の証言はないみたいです。

 
ただ、これを事実として証明する関係者の証言はないみたいです 》ってあなた,事実であるという根拠も知らずにこんな話を書いていいのか.
 
その瞬間マッカーサーは、日本が現在置かれている状況と、自分のためすべき仕事を理解したと言われています。》って君,誰からそんなヨタ話を聞いたのだよ.
 
 昭和史の常識だが,Wikipedia【連合国軍占領下の日本】くらい読みなさい.
 
日本への食糧・物資援助と貸与

初期対日方針
連合国は占領目的の巨額な財政支出(例:終戦処理費として約50億ドル)と労働力を日本政府に負担させる一方で、日本の経済的困窮は日本の責任であると切り捨て、日本国民の努力でまかなうこととした。1945年(昭和20年)9月22日「降伏後二於ケル米国ノ初期ノ対日方針」には、「日本国民の経済上の困難と苦悩は日本の自らの行為の結果であり、連合国は復旧の負担を負わない。日本国民が軍事的目的を捨てて平和的生活様式に向かって努力する暁にのみ国民が再建努力すべきであり、連合国はそれを妨害はしない」との旨を明記してある。
1945年(昭和20年)11月1日の「日本占領及び管理のための連合国最高司令官に対する降伏後における初期の基本指令」にも、占領軍最高司令官は「日本にいずれの特定の生活水準を維持し又は維持させるなんらの義務をも負わない」と記されている。1945年(昭和20年)12月3日の指令では「日本人に対して許される生活水準は、軍事的なものの除去と占領軍への協力の徹底にかかっている」と記載されている。
食料輸入禁止
占領期の日本は海外との自主的な貿易や渡航を禁じられており、海外からの寄付を含む輸出入はすべてGHQが統括していた。
1945年(昭和20年)9月29日に「本土に於ける食糧需給状況」をGHQに提出。日本政府は、1945年産米の収穫量を5,500万石と予想し、穀類約 300万トン、砂糖100万トン、コプラ30万トン、ヤシ油5万トンの輸入を要請したが、極東委員会の対日食糧輸出不要論に遭い、食糧や物資の輸入は許されなかった。本国が大きな戦争被害を受けていたイギリスや中華民国、ソ連などは日本に食料を輸出する余裕はなく、またアメリカは世界的食糧不足で解放地域からの援助要請の殺到していたため対日輸出には消極的で、1946年(昭和21年)2月、「日本にはいかなる食糧も輸出できない」と回答する。
》 (下線と文字の色は当ブログの筆者による)
 
 上に引用した記述にあるように,終戦直後,マッカーサーも米国政府も,日本に食糧支援する気はさらさらなかったのである.それどころか,日本政府の食糧輸入を禁止したのであった.
 しかし占領開始翌年の二月になって,ようやく日本の危機的食糧事情を理解したGHQは,方針転換に踏み切った.再び Wikipedia【連合国軍占領下の日本】から引用する.
 
米国からの食糧輸出解禁
1946年(昭和21年)2月、GHQは日本への食糧輸出禁止に対し、「輸入食糧によって日本の食糧配給制度を持続しなければ、占領政策が困難な事態に直面する」とアメリカ政府に抗議した。3月にアメリカの農務長官クリントン・プレスバ・アンダーソンの特別使節としてレーモン ド・L・ハリソン大佐を団長とする食糧使節団や、アメリカ飢餓緊急対策委貞会(委員長フーバー元大統領)が来日調査しGHQの要請を支持し、1946年(昭和21年)5月から10月、日本に対して長年月に及んだ経済封鎖が解かれ、68万トンの食糧が輸出されることになった。

 
 GHQの方針転換と,日本政府の食糧輸入を禁止する米本国政府の占領政策に対する抗議が受け入れられたのは,言うまでもなくこの年の五月の《食糧メーデー》の結果である.宮城前広場に二十五万人が集結して食糧要求を訴える集会を行った翌日,占領政策の修正を決断したマッカーサーは,吉田首相に対して,アメリカが日本に食糧支援をすることを約束したのであった.従って,マッカーサーがホテルニューグランドに滞在したときの目玉焼きが,戦後の食糧支援を決定づけたなどというのは,大嘘なのである.ホテルニューグランドのパンフレットが,マッカーサーの朝食の話に触れていないのは,世間に流布しているこの嘘話に加担せぬための配慮だと思う.
 上に挙げた二つのブログ,《『即決の人』 》とか《すべき仕事を理解した 》などと,知りもせぬことについて見てきたような嘘を広めてはいけない.反省しなさい.
 
[追記]
 ホテルニューグランドの見学が終わってツアーが解散したあと,私はホテルのショップで,お土産にクッキー (Sサイズ) を買った.このクッキー,あまり知名度は高くないが,安くてなかなかおいしいので,特にここに記しておく.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

肴は炙っただけの烏賊

 小料理屋と居酒屋の境目はどこにあるか.
 Wikipedia【居酒屋】には次の記述がある.

呼び方
 1人または2人の少人数で運営し、あまり大きくない店舗 (しばしばカウンター席のみ) で営業している店は「小料理屋」と呼ばれることもある。特に、料理に凝ったものを用意している場合にこの名称が用いられる。

 小料理屋,つまり《料理に凝ったものを用意している》店には二種類あって,割烹や寿司屋できちんと修行した主人が,会席料理水準の一品料理を安価に提供している場合が一つ.もう一つは,その地方の郷土料理や,料理下手には決して作れないレベルの家庭料理,すなわちいわゆる「お袋の味」を食わせてくれる店である.
 前者のイメージは,さして広くない店内に白木のカウター席があり,カウンターの向こうの料理人は清潔な白衣と白い帽子を着用している.料理人はカウンターの外には出ず,接客は和服の上品な女将が行う.割烹が食事を提供するのに対して,小料理屋は酒の肴を主な献立にしている.
 後者の典型は,美人の女将さんが一人で切り盛りしている店である.女将のイメージは篠ひろ子,あるいは倍賞千恵子である.従って,いつもカウンターに一人しかいない常連客は藤竜也か高倉健ということになる.
 ちなみに小料理屋の女将は女優だった時の高樹沙耶のはまり役であるが,しかし警視庁の特命係である杉下右京の元の妻でありながら,常連客に大麻を斡旋しそうなところが怖い.
 また髪型をきりりとアップに整えれば八代亜紀の女将はアリだが,肴は烏賊の一夜干しを炙るくらいしかできないと思われる.しかし彼女はどちらかといえば小料理屋よりも新宿の場末のバーホステスが相応しいだろう.この八代亜紀からもう一歩場末側に寄ると青江三奈だが,こうなるともう業種が違うとしかいえない.
 余談だが,昭和四十八年 (1973年),大学を出たばかりで若かった私は,同年の生まれである八代亜紀が大好きであった.亜紀が私のことをどう思っていたかわからないが,私は彼女を愛していた.この年に「なみだ恋」の大ヒットで世に出た亜紀を,こんなにかわいらしいひとがこの世で他にいるだろうかとまで思った.八代亜紀に会ったことはないが.w
 同じく昭和四十八年,私は横浜の神奈川県民ホールへ,高校生の頃からファンだった青江三奈の歌謡ショーを見に行った.大ホールは満席で,舞台の青江三奈はもこの世のひととも思われぬ妖艶さであった.三奈が私のことをどう思って (以下同文)
 閑話休題
 冒頭の,小料理屋と居酒屋の境目だが,要するに料理の質ということになる.「居酒屋メニュー」という言葉があるほどで,これは業務用食品を多用する和民あたりの献立を思い浮かべて頂ければよい.

 さて,食べログの常連投稿者で,藤沢とか鎌倉の店のレポートを多数書いている「湘南の宇宙」という人がいる.この人が「ふじさわ厨房  紗紗」という店を激賞していたので,先日,ジムの帰りに寄ってみた.場所は以前から知っていたのである.
 時刻は夕方の五時過ぎ.引き戸を開けて入ると,既に四人の客がいた.
 店の内装は,殺風景なガランとした感じであった.前述の「上品な女将がやっている小料理屋」の範疇には決して属さない居酒屋そのものという店構えであった.
 私は入口から奥に伸びたカウンターの,その奥のほうの椅子に腰を掛け,置かれていた品書きを手に取って眺めたが,書かれていたのは「居酒屋メニュー」ばかりだった.しかも,そのうちのかなりのものが抹消線で消されていた.
 品書きに肴はあったが,酒は何があるのか,全く書いてない.料亭,割烹ならそれで通用するが,居酒屋は酒が売り物だから,どんな酒がいくらなのか品書きに書いていない店はダメである.この時点で,「湘南の宇宙」氏がどう言おうと,これはダメだと私は思った.
 カウンターの中にいたTシャツを着た女将,というか飲み屋のおばさんは,私に「お飲み物は?」とかの一言も言わずに,先に来ていた常連と思しい客と話をしていた.初めての客を歓迎していないのがあからさまだった.
 さりとて来たばかりで席を立つわけにもいかず,仕方なく「ハイボールはありますか?」と訊ねると彼女は「チタですけどいいですか」と答えた.
 チタって何だ,と思ったが,はいと私は答えた.
 彼女が手に取ったボトルを見ると,ラベルに「知多」と書かれていた.
 私は国産ウイスキーに疎い.あとで調べたらそれはサントリーのハイボール用ウイスキー「知多」だった.
 ここで前置きから本題に移る.
 Amazon に掲載されている「知多」の商品紹介 (文責はサントリー) から一部を引用する.

■サントリーウイスキー「知多」とは
「軽やかな風」をイメージしたグレーンウイスキー
サントリーウイスキー「知多」は、愛知県にある知多蒸溜所で生まれたグレーンウイスキーのみをブレンドしてつくられるウイスキーです。
……》
 
 グレーンウイスキーと書くと如何にももっともらしいが,つまりは連続式蒸留法で製造するエチルアルコールに加水した焼酎甲類である.これを樽で貯蔵することにより着色したものをサントリーは「グレーン原酒」と呼ぶらしい.

 しかるに驚いたことには,「知多」は,米国の食文化において重要な地位を占め,同様の手法で製造されるバーボンウイスキーよりもずっと高いのである.
 サントリーは長らく大衆酒である「角瓶」のハイボールを,テレビCМで消費者に広告宣伝してきた.それを高価格帯に誘導しようというわけだろう.
 それでも,バーボンのワイルドターキーのように,炭酸水で割っても,炭酸に負けない強い個性のウイスキーなら文句はないが,「ふじさわ厨房 紗紗」の知多ハイボールは薄くて,そこら辺の居酒屋チェーンで出される角ハイボールと大差ない色付き清涼飲料水だった.

 ここで本題から「ふじさわ厨房 紗紗」の話に戻る.
 私はハイボールを注文したあと,続けてメカブと烏賊の一夜干しを頼んだ.しかしTシャツのおばさんは先客との雑談に興じていて,小鉢に盛り付けるだけのメカブが出てきたのは注文から十五分後,焼くだけの一夜干しが届いたのは注文の三十分後であった.
 しかも烏賊の一夜干しは,何の飾りもあしらいもなく,切っただけのものが皿に乗っていた.腹の底が煮えくりかえりつつあった私は,酒はもう空になっていたが,一夜干しを黙々と食べて,「お勘定して」とTシャツおばさんに言った.
 この店は,酒がダメなら食い物も接客もダメなのであった.しかも勘定をしてもらって内訳を暗算したら,件の水っぽいハイボールは一杯千円なのであった.ヘレン・ケラーも裸足で逃げ出す四重苦である.結論を述べる.「ふじさわ厨房 紗紗」は,私が知る限り藤沢駅近辺で一番ダメな居酒屋であるといっていい.女将が美人なら高くて遅くても別に文句は言わないが.ヾ(--;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

黒糖焼酎を買いに

 大正八年生まれだった私の父親は島倉千代子のファンであった.
 貧しい生活だったから昔の言葉の「ステレオ」なんかはなくて,ラジオから流れる島倉千代子の歌声に聞き惚れる程度のファンではあったが.
 島倉千代子の歌謡曲歌手としてのデビューは昭和三十年 (1955年) 三月,十六歳のときであった.デビュー曲は『この世の花』で,島倉千代子と同世代であり,かつ時代の同伴者であった美空ひばりを凌ぐ早熟の歌唱であった.
 その島倉千代子の生涯の代表曲の一つが昭和三十二年 (1957年) の『東京だョおっ母さん』である.彼女はまだ十九歳であったが,レコード売上枚数は百五十万枚といわれた.
『東京だョおっ母さん』の歌詞は宮城と靖国神社,浅草寺を詠み込んだものであるが,昭和天皇の戦争のために人生の大切な時期を失った私の父は,島倉千代子のファンではあったが『東京だョおっ母さん』を口ずさむことはなく,生前遂に宮城と靖国神社を訪れることはなかった.
 私は骨の髄から戦後民主主義者であり,反昭和天皇であったから,齢六十八のこの歳まで,皇居と靖国に足を踏み入れることはなかったのだが,昨日,とうとう皇居の中に入った.主義,心境の変化があったわけではない.皇居の中でしか買えない特製焼酎を飲みたかったからである.牛にひかれて善光寺参りだ.ヾ(--;) チガウ

 宮内庁は一日に二回,皇居一般参観 (ガイド付きツアー) を実施している.各回,事前申請手続の定員が二百人,当日受付の定員が三百人となっているが,さすがに季節がよくないので,昨日の午後一時過ぎに「桔梗門」前に集合した参加者は,おそらく三百人くらいで,定員に達する程の数ではなかった.
 桔梗門前で職員に手続きをすると,まとまった人数ごとに係員に案内されて,門をくぐり,待機場所である窓明館まで行く.

20180719a
 
 ここには大きなディスプレイがあって,参観コースの凡そを見せてくれている.さらにツアーガイドから日本語と英語で参観の際の注意事項が説明された.日本語ガイドと英語ガイドの二つのグループにわかれて参観するのである.
 英語のガイド (女性) は日本人ではなく,発音を聞くとネイティブスピーカーでもなく,もしかすると中国人観光客に対応するために中国語もできる人なのかも知れない.いかにも東洋人的な英語だった.
 参観出発は 13:40 だが,それまでの時間は「窓明館」の奥にある売店でお土産をどうぞとガイドが言うので,というか皇居土産が目的である私は勇躍して売店に行った.
 売店はとても狭く,JR駅構内のコンビニよりずっと小ぶりの店舗であったが,驚いたことに,ここで買い物をする参観客はほんの一握りで,ガラガラなのであった.多分,窓明館でしか買えない土産物の購入が目当てでやってきたのは私だけかも知れないと思った.
 で,買ったのは長期保存奄美黒糖焼酎「御苑」,桐紋入りの打ち菓子,菊紋のタオルハンカチと同じく菊紋の夫婦箸である.焼酎は自分用だが,あとは人様に差し上げようと思ったものである.
 
20180720b
 
 黒糖焼酎「御苑」は宮内庁生活協同組合が発売元で製造元は町田酒造 (鹿児島県大島郡龍郷町) である.価格は二千六百円 (720ml) で,私が日頃飲んでいる焼酎 (1800ml の紙パック) や泡盛が千五百円前後だから,私にしてはかなりの高級酒である.もったいないから正月に開封することにした.

 さて参観に出発した日本語ガイドのグループは二十人くらいの少人数だったが,若いカップルと三十過ぎと思われる男を除くほぼ全員が高齢者であった.
 また,高齢者の女性が,もはや歩くのが困難な自分の母親を車いすに乗せているという二人連れが三組であった.
 この車いすの女性たちが大変に不届きな連中で,急に進路を変えたり,追突してきたりするので,この連中から距離をとって参観コースを歩く必要があった.その中の一組が,窓明館の出口で私のアキレス腱のあたりに車いすをぶつけてきて,私が「痛っ」と声を上げて転倒しそうになったのに,無視して通り過ぎて行った.
「失礼じゃないかっ」
と声を荒げたら
「あらそうですか?」
と言って,この馬鹿女はソッポを向いた.参観のしょっぱなから実に腹の立つことであった.

 さて参観コースは,窓明館から出ると「皇宮警察本部」(↓) の建物を右に見て左に進む.

20180719b
 
 幕府の命により実際に江戸城を建設したのは,石垣や櫓などの工事を分担したり石材を提供した大名たちであるが,各藩は家紋を石垣に残しているのだそうである.東京に高層ビルがなかった時代には富士山が望めたであろう「富士見櫓」の手前,桔梗門脇にある石垣には,丸に十の字の島津藩の紋が刻まれていた.(画像の黄色い↓の位置)

20180719c

20180719d
 
 富士見櫓 (↑) を通り過ぎた正面に宮内庁 (↓) がある.戦後の一時期,この建物の最上階が宮殿に転用されていたことがあるそうだ.

20180719l
 
 ここを左に進むと,左手に坂下門,右手に割と急こう配勾配の「塔の坂」がある.
 
20180719i
 塔の坂を上がったところが宮殿東庭で,正月の参賀はこの東庭に面した長和殿に設けられるガラス張りのベランダで皇族の皆さんが「お手振り」をされる.テレビ報道を見るとベランダは高い位置にあるような印象だが,実際は低いところにある.
20180719j_3  
 
 参観ガイドはライトグレーのシャツを着た宮内庁の職員 (帽章は桐) だが,皇居内の要所要所にライトブルーのシャツを着用した皇宮護衛官 (帽章は桜) が歩哨に立っている.日頃の厳しい訓練に耐えている護衛官は大したもので,この日の猛暑炎天下にもかかわらず,シャツに汗染み一つないのであった.

 進路の途中あちこちでガイドが「ここは左側を歩いてください」などと参観者たちに注意を促すのだが,その中の三十過ぎの男が無視して右側に行こうとした途端,近くにいた護衛官の裂帛の「ヘイッ!」という叱責 (参観者は外国人が多いから「ヘイッ」なのであろう) が響き渡った.ガイドの宮内庁職員はソフトな人物の印象だったが,護衛官は極めてハードなのであった.
 宮殿東庭を過ぎると参観コースの折り返し地点「正門鉄橋 (いわゆる二重橋) 」である.
 二重橋の名の謂れと沿革は Wikipedia【二重橋】に譲る.
 そこら辺の知ったかぶりブログに「二重橋は正式名称正門鉄橋を指し,正門石橋のことだと誤解している人が多い」なんて書かれているが,「二重橋は正門鉄橋と正門石橋の総称でもある」が宮内庁の見解である.ガイドの職員さんがそう言っていた.
 ここで冒頭に書いた島倉千代子の件を回収する.
『東京だョおっ母さん』の第一連で,老いた母の手を引いた娘は二重橋 (この歌の流行した当時は実際に木造二重橋であった) を背景にして記念写真を撮る.遠い昔の記憶であるが,正門石橋前の広場には記念写真屋がいたのである.
東京だョおっ母さん』を始めとする彼女の歌唱は「泣き節」と呼ばれた.米国六十年代ポップスを代表する歌手であったコニー・フランシスの歌も泣き節と呼ばれたが,島倉千代子の震えるような泣き節は,コニー・フランシスに劣らないと私は思う.

 閑話休題
 さて正門鉄橋から振り返ると,櫓の中で一番姿が美しいといわれる伏見櫓が遠くに見える.
このあと参観客は引き返して,宮内庁の後ろ側を迂回して出発地点に戻って解散した.
20180719k
 
 私は再び桔梗門から外に出て東京駅まで歩いた.
 藤沢駅に戻ってカフェで休憩したあと,夕刻五時少し過ぎに,以前から気になっている酒場を訪ねた.その店は「ビストロ酒場 Del Crocus's (デル クロッカス) 」という.
 
20180719w

 店を開けたばかりであったから客は私一人であった.カウンター席に着いてシェフにハウスワインの赤と燻製の盛り合わせを頼んだところ,ややあって到着した燻製がこれ.
 
20180719x

 何と呼んでいいのかわからないが,自作の道具に金串が四本吊り下げられている.左から合鴨,ハーブソーセージ,秋刀魚そしてサーモンである.
 燻香は微かに仕上げられており,ワインの香りを邪魔することなく,なかなかいい塩梅の料理であると思った.
 シェフが「いつもはスタッフがいるんですが,みんな夏バテして今日は私一人です」と言った.
 私が「一人で来るならこの時間帯がいいですか」と訊ねると,ウチは一人のお客さんが多いから,もっと遅くても大丈夫ですと言う.そして「女性のお一人が多いです」と力を込めて言った.
 シェフは私の顔を見て,女性客が多いと言えばリピーターになる客だと判断したのであろう.
 そこまで言われれば仕方ない.また近いうちに来ることにしよう.ヾ(--;)

20180719m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

テキトー・イタリアン

「男子厨房に入る」を信条とする現代日本の国民に問う.と,森田美由紀さんのキメ台詞風に書き始めてみたが,貴兄が酒肴にカルパッチョを作るとして,材料に何を用いるか.
 おそらく本格イタリアンのカルパッチョではなく,そこら辺の和洋折衷イタリアンの定番である鯛か蛸,もしくは鮭ではあるまいか.
 和洋折衷イタリアンに異論はさらさらない.それどころかもっと和風に近寄せて,鰹でもビンチョウ鮪でも,かなりいける.要するにスーパーに出かけて,その日に安く売られている鮮魚を調達すればよろしいと私は思う.

 クックパッドでカルパッチョを検索すると,鮭の刺身を皿に並べてマヨネーズとわさび醤油をかけたものとかが掲載されていて,こうなるとどこがカルパッチョなんだかわからない.もはや何でもありで,他国ではどうか知らないが,日本ではカルパッチョは無国籍料理の範疇に属するかも知れない.
 カルパッチョを話題に持ち出したのは,この「何でもあり」のテキトー感が家庭料理として都合がよろしいからである.とにかく薄切りの鮮魚とオリーブオイルがあれば,あとは好きなように調味して,カルパッチョだと言い張ればいい.たとえそれがワサビ醤油マヨネーズであろうともだ.
 だが私はめんどくさいことはせずに,さらに手抜きして市販のカルパッチョソースをかけたものをカルパッチョと称している.
 先日の晩酌の肴に作ったカルパッチョが下の画像で,生蛸とビンチョウ鮪を用いた.ソースはキューピーの製品だ.従って「こんなのはカルパッチョじゃない」というクレームはキューピー株式会社お客様相談室が承る.

20180720a

 このカルパッチョソースは,酢を加えるとかアレンジすればサラダのドレッシングにも使えるので,私は常備している.このソースの糖質量は不明 (包装上の表示は炭水化物のみ) だが,おそらく普通の使用量なら 1g そこそこではなかろうか.従って糖質制限中の酒肴としておすすめする.
 飾ってあるのはグリーンオリーブで,これも一粒あたりの糖質は 0.1g 以下で,ほとんど糖質を含まない.特に肴を拵えず,オリーブの果実だけで酒を飲むのもいいかと思う.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

おいしい糖質制限タイカレー

 糖質制限を実行していると,日本風のカレーは敬遠せざるを得ない.食べていけないということはないが,日本風カレーは,ジャガイモを使わない場合でもかなり糖質が多いし,そもそも米飯と一緒に食べるものだ.
 インド風のカレーは,日本風に比較すれば糖質は少ないが,少量のカレーソースでナンあるいは米飯を食べるので,結局いずれも糖質が過大になってしまう.
 その点でタイカレー,中でもグリーンカレーはカレースープみたいなものだから糖質制限食にぴったりだ.
 タイカレーを一から自作するのは材料調達が面倒なので,レトルト製品がいいだろう.

 入手のし易さでは,実店舗の店頭で買える成城石井ブランドのもの (製造者はやまもり株式会社のタイ工場) が推薦できる.ただし店頭価格は四百円弱で,ちょっとお高い.ネット通販,Amazon やローソンだとこれより数十円は高くなる.マージンを取るから当然だが.

 タイカレーにはレトルトや缶詰など色々の商品があるなかで,成城石井ブランドのグリーンカレーが一番おいしいと私は思うけれど,庶民的価格とは言い難い.

 だが不屈の老人は諦めない.解決策はある.
 三菱食品が展開する低糖質食品カテゴリー「からだシフト」のアイテムに,グリーンカレーがあるのだ.(製造者は宮島醤油株式会社;一食=150g あたりの糖質量は 2.8g と大変に優秀)
 このグリーンカレーは成城石井ブランドのものよりやや辛いが,味はおいしい.難点は具がとても少ないので,一回の食事のメインにするにはわびしさが募る.上の商品紹介ページに掲載されている画像には右下に小さく《イメージ写真》と書いてあるが,ほとんど嘘に近い.w
 
おいしいけれど,嘘は罪.実際には小さな鶏肉はカレースープの底に沈んで見えない.だが,タイカレーらしくなるように鶏肉を足せば,立派な一皿の料理になる.
20180717a

 成城石井のより百円も安いから仕方ない.ww
 しかしそれならそれで,食べたいだけ鶏肉を足せばよろしい.クックドゥ (Cook Do) みたいなものだと思えばいいのだ.この記事は,上のイメージ画像程度になるよう鶏もも肉を足してみたものである.

 昨日,スーパーで「唐揚げ用鶏もも肉」の一番小さいパックを買ってきた.カットされたもも肉が六個入っていた.
 その二個を三つずつに切り分けると一口大になる.残りは冷凍する.
 一口大の鶏もも肉をボウルに入れ,ラップをして電子レンジで加熱する.
 鶏肉からはおいしいスープが出るので,煮たり焼いたりしてからタイカレーに加えるよりも電子レンジ加熱が優れている.
 で,鍋に少量の水とレトルトのグリーンカレーを入れて湯を沸かす.湯が沸いてからレトルトを鍋に入れるより,この方がガスの節約になると思う.
 沸騰したらレトルトを取り出し,開封してボウルの鶏もも肉にかける.これで主菜のできあがり.唐揚げ用の鶏もも肉をそのまま使い,食器はボウルでなく中皿にすれば,パッケージに描かれた ほとんど嘘の イメージ (w) 画像に近い外観になるし,鶏肉はもっと入れてもいいかと思う.
 さて副菜は,Pasco (敷島製パン) の低糖質イングリッシュマフィン・ブラン (一個あたりの糖質量は 15.6g ) を二つに割ってトーストし,これにレタスを挟んだサンドイッチだ.(糖質制限食には穀物食を「主食」にするという概念がない)

20180717lunch

 イングリッシュマフィンは,横二つ割りにしてトーストするのが正しい食べ方であるのは各位既に御案内の通りである.
 というのは,イングリッシュマフィンは焼きあがる少し前に焼成窯から取り出すからである.従って完全に焼成する食パンやフランスパンよりもかなり日持ちが悪い.
 Pasco の低糖質イングリッシュマフィン・ブランは,日持ちを少しでも良くしようというわけで,パッケージの中にアルコールを揮散する保存性向上シートを同梱しているため,このまま食べるとアルコール臭がする.それ故,トーストは必須である.
 トースト必須だが,二枚に割って焼いて,しかるに何も挟まないのは無駄骨を折ったような感じがして虚しいし,ブランパン類は水分を吸収する性質があってボソボソした食感だから,水気のあるものを何か挟まないと食べにくい.今回はレタスだけを挟んでみたが,これにハムか,卵一個のサニーサイドアップを追加すれば,豪華な昼食になる.副菜としてもう一皿,野菜だけのサラダを添えれば,言うことなしである.老人の昼飯にはこれで充分だ.御馳走様でした.
 あ,飲み物にはトップバリューの低糖質豆乳飲料ココア味 (一個あたりの糖質量は 0.9g で,優れている) か,からだカルピスを推薦する.
 主菜+レタスサンドイッチ+豆乳の,計算できる糖質量は全部で 19.3g である.一日の三食をこの程度の糖質量に抑えれば,おやつにグリコの低糖質クッキー「SUNAO 発酵バター」を一袋 (糖質量 9.1g) と,さらに果物やトマトを食べてもだいじょぶだ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

鎌倉 プランデルブ北鎌倉

 三月は私の誕生月で,毎年の私の誕生日には娘が店を予約して,息子にも声をかけて二人で食事会をしてくれる.我が子ながら本当に優しい娘で,手放しで自慢したい.
 今年は北鎌倉のフレンチ「レストラン プランデルブ北鎌倉」だった.娘はこの店に何度か来ているようであったが,私は初めてである.
 
 大船から北鎌倉に通じる途中に梶原という地域がある.ここは鎌倉時代の智将として今に名を遺す梶原景時の所領だった土地である.梶原氏は,鎌倉氏一族の鎌倉景通 (藤原景通) の嫡男である景久が,相模国鎌倉郡梶原に拠って梶原氏を称したことに始まる.
 この料理店の所在地は梶原と記されているが,大船から北鎌倉へ抜ける道から「プランデルブ北鎌倉」は外れている.徒歩なら北鎌倉の駅から三十分ほどだろうか,食事前に積極的に歩きたいと思う距離ではなく,そのため予約客は駅前から店まで送迎してくれる.
 
 さて私たちを乗せた送迎車が玄関 (元は純日本風邸宅だった建物を改装したという) に到着すると,ブラックフォーマルのギャルソンが恭しく出迎えてくれた.もうこのあたりで好感度は最高である.
 席へ案内されて店の中をみると客は誰もいない.私たちがランチタイム一番乗りだったようだ.それからやや間をおいて,ギャルソンが注文を取りにきた.
 ランチコースのメインをチョイスする段で,ギャルソンが「実は今日,大変よい仔牛が入っております」と言った.しかし二人前しかないので早い者順である.一番乗りだった私たちに最初に案内するということだった.
 そういうことなら魚を選ぶ理由がない.私は仔牛のローストにした.
 
 シェフ自ら接客するようなフレンドリーでカジュアルな料理店ならば,年寄りが料理の写真を撮りながら食事してもどうということはなかろうが,「プランデルブ北鎌倉」はちょっと慎んだほうがよさそうだったので写真は撮らなかった.従って料理の紹介はしないが,総じて評判通りの美味と心地よいサービスだと思う.
 特にこの日は,デザートのアイスクリームが素敵だった (訊きそびれたのだが,そのアイスクリームはこの料理店の定番デザートかも知れない).岩崎恭子さんなら「今まで生きてきた中で一番おいしい」と言うだろうに違いない.言いませんね.はい.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

RF1「海老カツレツと鶏そぼろご飯のお弁当」 (一)

 昨日の記事に,東京は中央線国分寺駅ホームにある立食い蕎麦屋で,鼻炎男の狼藉を目撃した話を書いた.今日の記事もその日のことである.

 その日,所用を済ませての帰路,東京駅で弁当を買って帰ることにした.
 先月にも同様のことがあった折は,《2017年5月26日 たいめいけんチキンライス弁当》に書いたように,大丸デパートの地下食品売場に出店している「洋食や三代目たいめいけん」でチキンライス弁当を購入したのだが,これが呆れるほどまずい弁当だったので,もう大丸では弁当を買わないことにしたのである.
 きちんとしたデパートでは,例えば「洋食や三代目たいめいけん」に単に場所を貸して,後は放置という商売はしない.各フロアで販売されている商品に関してデパートが顧客に対する品質 (この「品質」の意味するところは商品ジャンルによって異なるが,食品であれば味や衛生度やコスパなどである) 責任を果たすことになっている.
 しかるに「洋食や三代目たいめいけん」のチキンライス弁当は,コンビニ弁当より高くて,しかし味は更にまずかった.
 これは即ち,大丸東京店の弁当担当社員が無能であることに他ならない.無能というのは,自分の職責を果たさず「洋食や三代目たいめいけん」の阿漕な商売を放置しているからである.
 ま,消費者に対する「洋食や三代目たいめいけん」の不埒な態度については別件があるので,稿を改めてまた触れることにして,ここは東京駅で買った弁当のことに戻る.

 東京駅の改札内商業施設,地下一階の GRANSTA (グランスタ) は,改札内であるため,都民以外に近県の人々や旅行者にも馴染み深い.
 ここで私は菓子類は購入したことがあるが,現役時代の出張の際の駅弁は,駅構内一階の中央コンコースに面した「祭」でいつも買っていた.グランスタで販売されている弁当を物色するのは初めてだ.
 ウロウロとあちこちの店の弁当を見比べながら検討したところでは,先日の大丸の弁当がガッカリものだったので気のせいかどの店のも旨そうだったが,結局これが良さそうだと気に入ったのはRF1 (ロック・フィールドのブランド名) の店頭に並べられていた「海老カツレツと鶏そぼろご飯のお弁当」であった.
 何もわざわざ東京に出てきてRF1の弁当を買わんでも,と思われるかも知れない.自宅最寄りの藤沢駅北口,さいか屋デパート地下にもRF1の店舗はあり,そこであれこれの惣菜を買って帰れば,同じテイストの一食を調えることができると思われるからである.
 しかしそこはそれ,弁当には弁当の食べる楽しさというものがあるから,私はRF1の弁当でも一向に構わぬのである.

 さて私は《2017年5月26日 たいめいけんチキンライス弁当》に次のように書いた.

このブログで何度も書いたが,私は食品添加物を否定しない.使う必要がある時は使用すればよいという考えを持っている.だが「たいめいけんチキンライス弁当」は度を超している.
 一般論として,保存性を向上させることを目的として使われる添加物は食材の味を損ねるものが多い.上の「たいめいけんチキンライス弁当」がこれほどまずいのは,調味料(アミノ酸等),pH調製剤,酸味料の使い方が拙劣,あるいは使用量が多すぎるからだと考えていいのである.

 そこで比較のためにRF1の「海老カツレツと鶏そぼろご飯のお弁当」も,原材料表示を以下に転記してみよう.
 弁当に関しては,消費者庁《加工食品品質表示基準Q&A (弁当、惣菜関係)》に次のような記述がある.

問9
小売店の店内で弁当、惣菜を作って、容器包装に入れて販売する場合は、加工食品品質表示基準に基づく表示が必要なのですか。バックヤードや店舗と同一敷地内の施設で作って容器包装に入れている場合や、別の場所にあるセントラルキッチンから配送されたものを販売する場合はどうなりますか。

 答
1.加工食品品質表示基準に基づく表示は、容器に入れ、又は包装された加工食品に対して適用されますが、飲食料品を製造し、又は加工し、一般消費者に直接販売する場合は、表示の必要はありません。
2.したがって、 ①小売店の店内で弁当、惣菜を作って、容器包装に入れて販売する場合
②バックヤードや店舗と同一敷地内の施設で作って、容器包装に入れている場合
は、製造又は加工をした者が一般消費者に直接販売しており品質について説明できると考えられるので、表示の必要はありません。
3.しかしながら、別の場所にあるセントラルキッチンから配送されたものを販売する場合一般消費者に直接販売しているとはみなせないので、表示が必要となります。

 従って法的には,店舗のバックヤードで製造している「海老カツレツと鶏そぼろご飯のお弁当」には原材料を表示する義務はないのであるが,包装紙の一部に食品添加物だけ表示されていた.表示義務がなくとも消費者が知りたいことを書いておくのは,まことによい心掛けである.それは以下の通りであった.(ちなみに「たいめいけんチキンライス弁当」は上記「答」の3に該当する)

【食品添加物】・調味料 (アミノ酸等)・酸味料・着色料・ (ウコン、カラメル、カロチン)・水酸化Ca・pH調整剤・乳酸(Na)・トレハロース・糊料 (加工デンプン、増粘多糖類)

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

藤沢 彩り酒場

 過日,映画『美女と野獣』を観に行ったときに『メッセージ』の予告編が上映された.
 なんだか懐かしいタイプのSF映画のようだったので,公開されてから少し経ったが,一昨日辻堂のテラスモール湘南に出かけて,予備知識なしで鑑賞してみた.
 期待通りの秀作だと思ったが,ストーリーを深く理解するには原作を読んでおくのがよいらしい.そこで遅ればせながら『メッセージ』の原作を含む短編集『あなたの人生の物語』(ハヤカワ文庫SF) をアマゾンで注文したら,在庫切れで入荷時期未定になっていた.みんな考えることは同じで,原作を読もうとしているようだ.
 この映画は,粗筋を書いたりするとまだ観ていない人に先入観を与えてしまうのでそれは避けるが,人間の意志あるいは思考と,言語との主従関係もしくは支配関係とでもいったものを改めて考えさせる.原作の趣を映画がどれだけ伝えられているか,原作を早く読んでみたいものだ.

 SF映画の一ジャンルには違いないだろうが,最近は騒々しいアメコミヒーロー映画が全盛で,『メッセージ』のように思索的で,いかにもSFらしい作品は少ないような気がする.
 と思ったら,あの名作の続編『ブレードランナー 2049』がもうすぐ公開だというではないか.しかも前作の主演ハリソン・フォードが同じリック・デッカード役で出演する.
 さらに,これは観るべき作品かどうかわからないが,ファンタジー作品『キング・アーサー』も公開間近である.
 映画ファンはこの夏が楽しみだ.

 さて映画を観た後,藤沢駅に戻っていつものように昼酒.
 違う.『メッセージ』のストーリーに難解な部分があったので,酒を飲みながら静かに作品が意図したものの余韻に浸ろうとしたのである.
 店は蕎麦屋でもいいのだけれど,午後三時過ぎとか四時過ぎとか,そんな時間帯ならともかく,真昼間に酒だけ飲んで蕎麦を注文しないというのは少し憚られる.
 軽い蕎麦前ではなく腰を据えて飲むのなら,南口の大通りに店を構える磯丸水産が二十四時間営業だが,ここも昼飯時は客のほとんどが海鮮丼などで腹を満たすためのご来店であり,一人で昼酒する客は,藤沢店では (私以外には) いないようである.おいおい.

 だがしかし,そんな時に便利な昼酒専門店が藤沢駅の近くにいくつかあるのだ.
 彩り酒場はその一つ.

 藤沢駅の南北を結ぶ地下道から駿河銀行の地下へ行く途中に,居酒屋「村さ来」と回転鮨「昭和匠寿司」と立食蕎麦屋「新月」と「彩り酒場」があって,ここは知る人ぞ知るチープ感溢れる一角だ.
 ここの村さ来には私は入ったことがないので紹介できないのだが,新月は私の青年時代から営業している古い店だ.この蕎麦屋の蕎麦はツナギが多いために,うどんの親戚状態であるが,それが却って腹持ちがいいというわけで,ファンが多いと聞く.私もたまーに入るが,ジャンクフードってのは,KFCが代表各だが,時々無性に食べたくなる.あれだ.(笑)
 昭和匠寿司は,カウンターに置かれている無料のガリだけを肴にして酒を飲んでいる客がいたりする.これは私も一度やってみたいのだが,その勇気がない.

 彩り酒場はこの一角では新参で,最近ようやく地域に根付いたか,客が増えてきたようである.
 彩り酒場の経営方針は,酒肴を安くして酒で稼ぐということらしい.だから酒を何杯も飲むと,かなりの金額になる.せいぜい焼酎のロックを三杯と肴を二品くらいが財布にやさしい飲み方で,私のお勧めである.
 焼酎は黒霧島のロック一杯が三百六十円で,三杯飲めば千と八十円.
 肴二品は何がよろしいか.私のお勧めはハムカツ (二百八十円) とザーサイ (百五十円) である.五百円玉ワンコイン也.これで焼酎三杯は余裕で飲める.
 酒が千八十円,つまみが二品で四百三十円だから,結構腹が満たされてお勘定は千五百十円.これは安い.

20170528a

 ところでハムカツといえば,テレビ朝日『じゅん散歩』で高田純次が商店街を散歩していると,肉屋とか惣菜屋の店頭に旨そうな揚げたてのハムカツが置かれていることがある.
 その際に,無類のハムカツ好きである高田純次は大抵ハムカツを買い求め,店頭で立食いしながら,よく「ほんとはハムカツって言うけどソーセージなんだよねー」と言う.
 それはその通りで,高田純次や私のような団塊の世代が少年だった頃から存在する伝統的ハムカツはハムのカツではなかったのである.
 であるからして,Wikipedia【ハムカツ】の記述

ハムカツは切ったハムに小麦粉・卵・パン粉をつけて揚げたカツレツである。

は食肉加工品業者の言い分を丸写しにしたものであり,百科事典の記述として相応しくない.以下にその意味を記す.

 昔も今も正真正銘のハムとは「伝統製法で作られたボンレスハム」を指す.これに比較すると日本独自の食肉製品であるロースハムは,保水性の高い副原料と食品添加物入りの調味液を注射 (インジェクション) して重量を大幅に水増し (参考ウェブページ《肉より重くて安いハム?その正体のカギは“水” 》 ; この記事に書かれていることは概ね事実である) したものが多く,そのため安価な薄切りのロースハムはフライパンで焼くと半分くらいにチリチリと縮んでしまったりする.
 この重量水増し製法は,ロースハムよりさらに低品質であるプレスハムも同様であり,それどころか昭和三十年代のプレスハムには,豚屑肉だけでなく馬,ウサギやカンガルーなどの雑肉も原料に使われていた.
 それでも平均的国民の肉類摂取量が現在よりも極度に少なかった昭和中期には,プレスハムが庶民にとっての高級ハムだった.
 ところがプレスハムよりさらに低品質な食肉加工製品があって,粗挽きした豚屑肉,雑肉,脂肪などを練ってケーシングしたもので,製法上はソーセージであるが,昭和当時の日本人は偽装表示なんぞは屁でもなくて,これが堂々とハムと称して売られていた.
 それは平成の世にも生き残っていて,例えば通販で入手できる《昔なつかしい 赤ハム ハムカツ用に。ハムカツ用 赤ハムブロック 1本 2キログラム 》である.
 この商品説明に

豚肉の荒く挽いたミンチを使用し

と書かれているように,正真正銘のソーセージであるにもかかわらずハムと称している.
 商品名「赤ハム」というソーセージです,という言い訳は食品偽装であるが,食肉業界はそんなことは気にしないのである.
 ともあれ,高田純次が「ほんとはハムカツって言うけどソーセージなんだよねー」と言うように,ジャンクフードの一つ「ソーセージカツ」を「ハムカツ」と呼ぶことは,昔からの既成事実として,これからも生き続けるだろう.

「お飲み物は~?」
「とりあえず黒霧のロックとザーサイとハムカツね」
「はーい」

 ジャンクフードってのは,時々無性に食べたくなるものだ. もし貴兄が藤沢の彩り酒場に行くことがあったら,ザーサイとハムカツをどうぞ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

たいめいけんチキンライス弁当

 所用で東京に出かけた.
 用事を済ませての帰路,昼過ぎだったので,東京駅の大丸に寄って弁当を買うことにした.大丸地下一階の弁当売場「弁当ストリート」が,この辺りの会社の女性社員や旅行者に人気だとテレビのバラエティ番組で紹介されていたので,一度見てみようと思ったからである.
 件の弁当売場は惣菜店のある一角に隣接 (大丸 B1F フロアガイド) していて,ネット検索すると「全長60mの通路にお弁当屋さんがひしめいている」とか書いているブログがあるが,私には意外に狭いなーという印象である.
 フロアガイドから店舗名を抽出すると以下の通り.

叙々苑,ミート矢澤,ブラッカウズ,大雲,洋食や三代目たいめいけん,たまひで からっ鳥,両国鳥幸,つきじ鈴富,ベーカリーPAUL,柿安牛めし,日本橋弁松総本店,なだ万,銀座天一,日本橋伊勢定,とんかつ まい泉,味の梅ばち,牛たん かねざき,タキモト,蝦夷前知床鮨,平島,セレクトスイーツ2,崎陽軒,築地 魚弁 味の浜藤,地雷也,神田明神下 みやび,浅草田甫 草津亭,神田志乃多寿司,築地 青木,銀座萌黄亭,米八,サンドイッチハウス メルヘン

 弁当ストリートをぶらぶら歩きながら,ショーケースの弁当サンプルをちら見したのだが,おお!と食欲をそそるようなものがない.この弁当ストリートの弁当は全体的に茶色っぽいなとの印象を受けた.こんなことなら東京駅の中で買えばよかったという後悔の念が湧いたと正直に書いておく.
 それで東京駅に行こうと思ったとたんに「洋食や三代目たいめいけん」のカウンターにいた販売員の娘さんに「この時間帯は,もうここにあるだけで終わりで~す (にこり)」と声をかけられた.
 正直に告白するが,女性から声をかけられるなんて定年後は絶えてなかったことなので,私は大いに感動して「たいめいけんチキンライス弁当」(税込 1,180円) を即決購入した.
 代金を払うと「今日の五時までのお召し上がりとなりま~す (にこり)」とのことであった.

 さて帰宅したのは午後二時過ぎだった.
 「たいめいけんチキンライス弁当」の箱を開けると,中に割箸と樹脂製のスプーンと小さなお手拭き (小袋包装) が入っていたのだが,それらはチキンライスや鶏唐揚の上に直接置かれていた.
 駅弁などでは,内容物の上に透明フィルムを置き,その上に箸とかお手拭きを載せるものだと思うが,「たいめいけんチキンライス弁当」では直置きであった.これってこういう仕様なのだろうか.透明フィルムの一枚くらい,大したコストではないと思うが.
 チキンライスの飯粒がいくつも貼りついた小袋入りのお手拭きは取り除いて捨てたが,ちょっと感じが悪い.いや違う.かなり感じが悪い.

[食レポ]
 チキンライスの量はかなり少ない.箱は大きいが内容量は少なめで,この弁当がターゲットしている購入客セグメントは「老人」「ダイエット中の女性」と考えられる.
 チキンライスは,まずい.食品添加物「グリシン」の味がする.グリーンピースが六粒載っている.具材は,小指の爪以下の大きさの鶏肉が三粒入っていた.それだけで他に具材は使用されていない.
 エビフライは悲しいくらいに細い.小さな樹脂カップにマヨネーズ状のものが入れられており,原材料表示に「タルタルソース」書いてあるのが,これらしい.しかしこれを食べて「タルタルソースだ」と言う人はいないと思う.食品添加物によると思われる異様な酸味がある.
 鶏唐揚はバサバサである.まずい.
 付け合わせにキャベツの酢漬けのようなものが入っていた.原材料表示に「コールスロー」と書いてあるものがこれらしいが,これを食べて「コールスローだ」と言う人は少数派ではなかろうか.食品添加物によると思われる異様な酸味がある.

 あとはもう省略するが,こりゃだめだ,というのが食べた感想である.
 それで,ネットで「たいめいけんチキンライス弁当」を検索してみた.
 すると,大丸のサイトではなく,「ごちクル」という宅配弁当やケータリングの情報サイトに「たいめいけんチキンライス弁当」が掲載されていた.製造者 (実際の製造工場) は不明.流通経路は異なるが,販売者は同じ「株式会社たいめいけん」と考えられる.

 で,このサイトに掲載されている「たいめいけんチキンライス弁当」の画像を見て驚いた.リンク切れになる可能性があるから,商品説明ページをブラウザに表示させて画面のコピーを取り,トリミングしたものを,証拠として下に掲載する.(画像を取得した日はこの記事を掲載したのと同じ日である)
20170526b

 この画像によると,チキンライスに缶詰のマッシュルームが入っているようであるが,私が大丸で購入したものにはマッシュルームは一切れも入っていなかったのである.大丸で売られているやつをチキンライスと呼ぶのはかなりの勇気が必要だと思う.チキンレースかよ.←自分で自分に座布団一枚.
 ただし,この「ごちクル」に掲載されている「たいめいけんチキンライス弁当」は税込 1,300円であり,大丸で売られているものは税込 1,180円である.

 結論として,「たいめいけんチキンライス弁当」の味のレベルは,コンビニ弁当以下だと思う.久しぶりにこれ程まずい弁当を食べたので,有名デパ地下の弁当なのに,こんなのが大手を振ってまかり通っているのだなあと,珍しいものを口にした私は少し感心した.こんなものを売るなんて,きっと大丸B1F のバイヤーは,この弁当を試食したことがないのだろう.

 もしかしたらこの弁当を買ってしまうかも知れない消費者のために,原材料表示を下に示す.

[原材料名]
チキンライス(国産米),鶏唐揚げ,えびフライ,えびグラタン(ナチュラルチーズ入り),ナポリタンスパゲッティ,コールスロー,フライドポテト,ミニトマト,タルタルソース,ピクルス,加工澱粉,トレハロース,調味料(アミノ酸等),増粘剤(増粘多糖類,加工澱粉),pH調製剤,乳化剤,セルロース,酸味料,着色料(カラメル,ウコン),乳酸Ca,リン酸塩(Na),香辛料抽出物,酸化防止剤(V.C,亜硫酸塩),イーストフード,V.C,発色剤(亜硝酸Na),保存料(亜硫酸塩)

 このブログで何度も書いたが,私は食品添加物を否定しない.使う必要がある時は使用すればよいという考えを持っている.だが「たいめいけんチキンライス弁当」は度を超している.
 一般論として,保存性を向上させることを目的として使われる添加物は食材の味を損ねるものが多い.上の「たいめいけんチキンライス弁当」がこれほどまずいのは,調味料(アミノ酸等)pH調製剤酸味料の使い方が拙劣,あるいは使用量が多すぎるからだと考えていいのである.
 それから,加工澱粉にも要注意.稿を改めて書きたいが,この添加物はロクなもんじゃないのである.食品添加物肯定派の私が言うのだから当ブログの読者は心して頂きたい.

「ごちクル」に掲載されている「東京 日本橋 三代目 たいめいけん」のコンテンツ《★こだわり》には次のような記述がある.

創業80余年、現在は三代目の茂手木浩司氏が調理場を仕切る「東京 日本橋 三代目 たいめいけん」。
その茂出木氏監修のお弁当(「ごちクル」では委託製造)は、「おいしい」「また食べたくなる」「特別な味はしないのに、後味までしみじみおいしい」と言っていただけます。

 そうですか,と言う他はないが,私なら「まずい」「もう食べたくない」「グリシンと酸味料の味がするので,後味までしみじみとまずい」と言いたい.
 ところがこの「たいめいけんチキンライス弁当」は,大丸「弁当ストリート」で売上トップテンに入る人気なのだという.(東京駅大丸の弁当年間ランキング!2016年に一番売れた弁当はコレだ!)
 みんな,この弁当が本当においしいと思ってるわけ?
 コンビニ弁当ならもっと安く同等の味のものが買えるのに,「たいめいけん」ブランドの威力なんだろう.これが悲しいかな一般消費者の味覚レベルなのだ.と,女性店員さんに声をかけられただけで「たいめいけんチキンライス弁当」を即決購入した私が言う.まことに年甲斐のないことで,済まぬ済まぬ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

横浜中華街 山東

 会社員時代の同期の男から,横浜辺りで昼飯を食おう (酒を飲もうという意味) とのメールがあった.
 彼は東京が生活圏で,滅多に横浜まで来ることはない.横浜なら私に土地勘があるから店は私が選ぶことにし,ミシュランガイドの横浜・川崎・湘南版 (2015年) を探すと,安くてよい店として中華街の「山東」が掲載されていた.私には勝手知ったる横浜中華街であるが,「山東」に入るのは初めてなので,この店に決めて返信.

 石川町北口改札で待ち合わせ,西門から善隣門へ抜け,中華街大通りを東へ歩く.聘珍樓の手前の薬局の角を左折すると「山東一号店」(本店) がある.その向こうに「山東二号店」があり,二号店のほうが店構えは大きい.
 私たち二人のすぐ前を歩いていたグループ客が,ぞろぞろと一号店に入った.入口ドアから中を覘くと店はかなり狭く,グループ客で満杯になりそうだったので「二号店に行こう」と店の前を通り過ぎたら,ドアが開いて後ろから「だいじょぶよー」と声を掛けられた.グーループ客は二階に案内したから,一階でよければ客はいなくて空いていると言う.
 席に着くと店員さんがメニューを持ってきたが,そもそもの目的が酒だから,あれこれ料理を選ぶのは面倒くさい.
 それでメニューには記載がなかったが「ランチのコースはありますか」と訊いたら,二千円でできるとのこと.料理はそれに即決して,「あと,紹興酒をボトルでください」と注文した.時刻はちょうど午後一時で,「山東」では本格的な昼酒客は少ないらしく,店員さんの顔には少々驚いたような色が浮かんだ.
 そりゃそうだろうね.中華料理店は居酒屋じゃないのだから.
 でも,仕事に追われて老後の趣味を持てなかった団塊の爺たちが,今や定年で暇を持て余しているこれからの時代は,料理店においても昼酒がニッチからメジャーになりつつある.場合によっては朝酒のビジネス展開すらありうるとも言われている.誰が言っているかというと私だ.
 新しい日本の昼酒黎明期を目前に,私たち二人が,横浜中華街のミシュランガイド掲載店「山東」にとって黒船であるかも知れぬ.時代の夜明けを「山東」従業員の皆さんと共に寿ぎたい.

 さて前菜盛り合わせ (かなり盛りがよい) と瓶ビール一本でまずは乾杯し,それから直ちに紹興酒に移行する.
 ネットで下調べした情報では水餃子が「山東」のウリであるらしい.確かに,なかなかの美味であったし,他にも定番中華料理である海老のチリソースなども結構なお味であった.
 料理がうまいと話しも弾む.
 だが昔会社員だった人々は,仕事がらみの昔話をすると,現役のときの社内序列,地位がどうであったかを避けて通れぬことが多い.
 だから負け組の会社員だった私は昔話が嫌いだ.ヾ(- -;) こらこら
 それで私たちはこの日,病気の話で大いに弾んだのである.ヾ(- -;) おいおい
 ガンだの心筋梗塞だの,お互いの術後経過を話し終えたあとは,北朝鮮問題に話題が移ったのであるが,私たちが飲み食いを始めてからずっと隣のテーブルにかなり年輩の御老人がいて,私たちの話に耳を傾けていた.
 初めは客かと思っていたのだが,そのうち御老人が料理を運んできたりしたところをみると,どうやら「山東」の人のようであった.かといって,オーナーは女性だと公式サイトに書かれているから御主人ではなさそうで,よくわからない.

 結局この日の午後一時から日暮れるまで延々六時間,私たちは紹興酒のボトルを何本も空にして飲み続けた.料理はランチコースに少し追加したかも知れぬが記憶がない.
 そろそろ帰ろうと勘定を済ませて道路に出ると,御老人が玄関の外に出てきて手を振って見送ってくれた.私たちは酔った勢いで,ありがとうござましたーおいしかったでーすと大きな声を上げ,「山東」を後にしたのであった.

20170420a

 横浜の中華街には,中小規模の店で時として極めて接客態度の悪い店があり,そんな店に入ってしまうと大変に不愉快な思いをすることがある.
 ことがある,どころではなく,三十年ほど前は小さい店の半分は中国式接客の無礼な店だったと思う.釣銭を放り投げてよこすとかね.
 「海員閣」は漫画『美味しんぼ』で傲慢な店として描かれたことで知られているが,その程度の店は他にいくつもあった.
 私の経験では,ある日家族揃って某店 (今はもうない) に入り,ランチを注文したあと「薬を飲みたいのでお水をください」と言ったら,ふてぶてしい顔付きの女店員に「水だってただじゃないよ.うちはお金払えばお茶だすよ」と言われたことがある.
 また関帝廟通りに面したS風楼なんか,初めて入った時に店員の無礼な態度にカッときて,皿を叩き割ってやろうと思ったくらいだ.こんな店に「食べログ」で高評価点を付けてありがたがっている連中の気が知れない.
 横浜中華街は,飲食店の接客の点で非常に低水準であり,そんな有様だから,ミシュランガイドに掲載されているのは「山東」一軒しかない.
 これまで大切な食事の際は,そこそこ安心できる老舗の大きな店を選んでいたのだが,小さな店でも「山東」のように良いところがあるとわかったのは収穫だった.また寄せてもらいます.ごちそうさまでした.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧