続・晴耕雨読

本や映画などについて.

2019年7月22日 (月)

『天気の子』 / テラスモール湘南「梅蘭」/工事中

『天気の子』を観てきた.
 前作『君の名は。』に続いて“Boy Meets Girl”のストーリーである.ただし,いい意味で.
『君の名は。』は物語にSF的な設定を施すことで,ストーリーの解釈に多様性あるいは膨らみとでもいったものを持たせることに成功していたが,今作『天気の子』は,SF風味を全く削ぎ落して,軽いファンタジーに仕立てている.
“Boy Meets Girl”モノというのは,少年と少女 (あるいは青年と乙女;特殊な例では『マジソン郡の橋』など) のあいだに何かしらの「試練」がなければいけない.その試練を二人が乗り越えて (あるいは乗り越えられないことで) 初めて物語が設立するのである.試練が何もなければ,よかったよかった,の一行で話は終わってしまう.
『天気の子』のストーリーは一本道で,「そうだったのか!」と驚くような仕掛けはない.それに粗筋はWikipedia【天気の子】に書かれているので,何を書いてもネタバレというほどのことはない.そこで書いてしまうが,『天気の子』では東京を襲った異常気象が,今作『天気の子』の“Boy Meets Girl”における「試練」となるのである.
 
 家出して上京した高校一年生の森嶋帆高は,小学生の弟と暮らす中学生の天野陽菜と知り合う.この陽菜は,天空と地上の人間界を繋ぐ巫女として描かれる.『君の名は。』の宮水三葉と同じである.おそらく巫女は,新海誠監督にとって少女という存在が持つイメージなのだろう.
 東京を襲った異常気象,すなわち降り続いて止まぬ「異常な連続降雨」は,このファンタジーにおける災厄である.「異常な連続降雨」が起きた理由は説明されない.これはファンタジーのお約束だ.そして陽菜はこの「異常な降雨」を局所的かつ一時的に停止する「晴れ女」の能力を持っている.しかしそれは陽菜の真の能力ではない.
 ファンタジーの世界では,真の能力とは,この世において与えられた使命を意味する.使命とはこの世の災厄を祓うことである.


 
 --------------------------
20190722a

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

トラック島 /工事中

 この七月末日で,吉村昭が亡くなってからもう十三年も経つ (平成十八年七月没).
 先日,アマゾンで何か面白そうな本はないかと探し回って,吉村昭『海軍乙事件』(Kindle版) が眼にとまったので購入した.
 これには「海軍乙事件」の他に「海軍甲事件」「八人の戦犯」「シンデモラッパヲ」の四篇が収録されている.
 海軍甲事件とは,太平洋戦争中の昭和十八年 (1943年) 四月十八日,連合艦隊司令長官山本五十六海軍大将の搭乗機がアメリカ軍戦闘機に撃墜され,山本大将が戦死した事件である.(Wikipedia【海軍甲事件】)
 海軍乙事件は,山本海軍大将戦死の翌昭和十九年の三月三十一日,山本大将の後任として連合艦隊司令長官に任ぜられた古賀峯一海軍大将が,搭乗機の墜落により殉職した事件である.(Wikipedia【海軍乙事件】)
 山本司令長官の戦死は正真正銘の大事件であったが,海軍乙事件は,大事件というよりも大不祥事というほうが適切かも知れない.
 事件当時,拠点としていたトラック島 (後述) から退避した連合艦隊はパラオ (現パラオ共和国のコロール島) を拠点にしていたが,パラオも米空軍の空襲の標的となったため,パラオからさらにミンダナオ島のダバオへと退避することとした.
 三月三十一日,古賀大将ら艦隊司令部要員が搭乗した飛行艇二機 (二式大艇) は低気圧に遭遇し,古賀大将の搭乗した一番機は行方不明となり,連合艦隊参謀長福留繁中将以下の連合艦隊司令部要員が搭乗した二番機はセブ島沖に不時着したが,親米ゲリラの捕虜となった.この時,東條英機の「戦陣訓」にある「生きて虜囚の辱を受けず」  (*ブログ筆者の註) が彼らの頭にあったかどうかはともかくとして,福留中将らは,いとも易々と最重要機密書類 (連合艦隊の作戦計画書,司令部用信号書,暗号書など) をゲリラの手に渡してしまった.
 
(*ブログ筆者の註)
 東條は皇軍兵士に「捕虜になるくらいなら死ね」といっておきながら,ポツダム宣言を受諾して日本が敗戦した昭和二十年八月十五日以降もずるずると一ヶ月近くも過ごした.八月十五日には現職の陸軍大臣阿南惟幾が割腹自決した.宇垣纏海軍中将は玉音放送後に特攻した.東條の娘婿であり,宮城事件 (徹底抗戦派軍人によるクーデター未遂事件) の首謀者のひとりであった近衛第一師団の古賀秀正少佐も自決した.しかるに東條に自決する気はさらさらなく,裁判で所信を述べると語った.しかも連合軍が自分を捕虜 (逮捕) ではなく戦争指導者として処遇することを望んだという.何様のつもりであったのだろうか.
 しかし九月十一日,当然のことながら米軍が東條の私宅に来て逮捕令状を示すと,ようやく逃れられぬことを悟り,応接間で椅子に座り,拳銃自殺 (未遂) を図ったのである.しかもこの自殺未遂は,左手で左胸を撃つという,本気が疑われるものであったため,情けなくも,死ななかったのである.
 ちなみに,宇垣中将は自分が搭乗した彗星43型艦上爆撃機一機で特攻せず,特攻隊合計十一機二十三名を道連れにして特攻した.宇垣機は米空母発見を打電したあと,敵艦に損傷を与えることなく洋上に墜落したとされる.
 
 さてセブ島でゲリラの捕虜となった福留中将であるが,捕虜となることには何らの問題もない.しかし機密書類を敵の手に渡したことは,高級軍人として極めて無様なことであった.仮に自分より下級の軍人がそのようなことをしたら,死をもって償えと要求したであろう.しかし皇国日本の指導部層の精神性は悲しいかな「他人に厳しく自分に甘く」であった.
 福留はゲリラから解放されたあと海軍に戻ったが,一向に反省せず,自決によって責任をとろうとはしなかった.福留の扱いに困った海軍は,この件は「なかったもの」とした.すなわち福留を第二航空艦隊司令長官に任命し,海軍の要職に留めたのである.この不祥事を海軍乙事件と呼ぶ. 
 福留は戦後になっても全く反省をせず,機密を敵に渡したなどというのは事実ではないと主張していたそうである.半藤一利がそう書いている.
 
 上に記した海軍甲事件と乙事件は有名であるが,もう一つ海軍丁事件というのがある.これは昭和十九年二月十七日から十八日にかけて,米軍機動部隊が日本軍の拠点トラック島への攻撃を行い,日本軍に大打撃を与えた空襲を指す. 海軍甲事件と海軍乙事件は,甲乙丙丁の甲乙だが,海軍丁事件の丁はトラック島の頭文字をとったもので,海軍T事件とも書く.
 詳細はWikipedia【トラック島空襲】に譲るが,

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

灰かぶりのエラ

 買ったまま放置してあるDVD,BDがいくつもある.その中には,もったいないから観ようと思って観始めるのだが,いつもすぐに寝てしまう作品がある.こういうのはどうしようもないが,理由なく放置のものもあり,これは何とか消化せねば.
 ということで,ディズニー映画『シンデレラ』(2D,字幕版) をようやく鑑賞した.この作品は公開時,米国でも日本でも,大ヒットの部類に入る興行成績を上げ,映画賞受賞もなかなかの成績だったのである.
 私が購入したのは『シンデレラ MovieNEX 』で,これ以外に他のエディション (例えばよくあるのは「ディレクターズ・カット・エディション」とかだが) はないはず (日本では販売されていない) だ.しかし,Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】を読むと,書かれている粗筋に微妙な齟齬がある.もしかすると,Wikipediaの記述は劇場公開版に基づいているのかも知れないが,その場合でも,実写版BDの字幕の翻訳文は多少変えられても,英語の台詞まで変えられてしまうことはないはずだ.劇場公開版とBDとで英語の台詞が異なっているとすれば,それはもはや編集の域を超えて別の作品ということになってしまうからである.エディションごとの違いは,撮影後に確定した版から,あるシーンをカットするか残すか,の違いであるから,Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】とBDのあいだで,ストーリーが異なるという点は,どうにも腑に落ちない.以下に,不審な点の一部を列挙する.《 》はWikipediaの「ストーリー」から引用した箇所である.(なお,BDの英語台詞と字幕翻訳文に大きな食い違いはないことを確認してある)
 
(a); 
遠い昔、ある裕福な家に一人の女の赤ちゃんが生まれた。エラと名付けられたその赤ちゃんは、両親の愛情を一身に受けて美しく聡明で優しい娘に成長する。
 しかし病により母親が亡くなった後、エラ(リリー・ジェームズ)の将来を案じた父親は二度目の結婚相手としてトレメイン夫人(ケイト・ブランシェット)と、その連れ子であるアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)とドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)を迎え入れる。
 
 Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】には《エラ (リリー・ジェームズ) の将来を案じた父親は 》と書いてあるが,それは1950年公開のディズニーアニメ『シンデレラ』の設定だ.アニメの冒頭に,そのようにナレーションがされる.
 しかし実写版BDでは父親の再婚理由が全く異なっている.父親がエラに再婚したいと打ち明けるシーンの会話を下に示す.
 
[ナレーション:時が流れて悲しみが思い出に変わりました.エラの心は変わらず,約束〈病気で死んだ母親との約束のこと;下記 (c) を参照〉を忘れませんでした.勇気と優しさを.しかし父親は人生に変化を求めました]
…屋敷の居間でエラが,声に出して小説を読んでいるシーン.エラは本をパタンと閉じて言う…
エラ「今日はここまで.ハッピーエンドが好き」(註;「ハッピーエンドが好き」は“I do love a happy ending, don't you? )
父親「私もそうだよ」
エラ「そうよね」
父親「エラ,私は決心した.新しい人生の扉を開こうと思うんだ」
エラ「そうなの?」
…ここで父親はエラに,亡くなった知人が残した未亡人と結婚したいと告げる…
エラ「私のことは心配しないで.自由に決めて.お父様が幸せなら」
父親「きっと幸せになれる.最後のチャンスに賭けてもいいかな? その女性との再婚に」
エラ「もちろんよ,お父様」
 
 このように,父親は自分が再婚したかったのであり,《エラの将来を案じた》からではない.Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】は勝手にストーリーを創作している.呆れてものが言えない.
 ちなみに,このWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の「ストーリー」項目では,映画の冒頭部分 (エラが幼い頃) を「遠い昔、… 美しく聡明で優しい娘に成長する」と一行で片づけているが,実はここに大事な最初の伏線が張られている.“シンデレラ 実写 ネタバレ”で検索し,「ネタバレ」と自称するブログを幾つも読んでみたが,この伏線に触れたブロガーはいなかった.若い連中は,みんなこの映画のどこを見ているんだ.チコちゃんなら「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱るところだ.
 その伏線とは,旅から戻った父親がエラにお土産を渡すシーンだ.エラが箱を開けると,中に入っていたのは蝶 (フランス語で「パピヨン」) のおもちゃだった.この伏線がどのように回収されるかは後述する.ついでだが,エラの幼い頃を演じた子役のエロイーズ・ウェブの愛らしさは絶賛モノだ.
 
20190618a
(上の画像は,テレビでBDを再生した画面をデジカメで撮影したものであり,BDから抽出複製したものではない.以下に掲げるいくつかの画像も同じである)
 
 もう一つ,ちなみに.上記のエラと父親の会話にある“I do love a happy ending, don't you?”という台詞は,この映画の二つ目の伏線である.この伏線がどのように回収されるかは,本稿の最後で示す.
 
 
(b);
新しい家族が出来たことに喜ぶエラだったが、今度は父親が旅先で病によって亡くなってしまった。すると継母は本性を表し、美しい義理の娘のエラには辛くあたり、自分に似て心の醜い意地悪な二人の娘だけを可愛がるようになった。そして継母や義姉たちが財産を浪費し、長らく家に仕えていた使用人達も次々に辞めさせてしまったため、瞬く間に屋敷は落ちぶれてしまった。
 
 文字を赤く着色したこの箇所は,実写版BDの物語進行と全く異なる.実写版BDでは,再婚相手のトレメイン夫人は,エラと父親が住む屋敷に初めてやってきた時,既に悪女オーラを放っていたし,連れ子の娘二人も育ちの悪さ丸出しだった.そして夫人は,たちまちパーティー漬けの浪費生活を始めたのである.父親が亡くなってから継母が本性を現したのではない.
 新しい妻に幻滅したエラの父は,この再婚が失敗であったと悟る.そして最後となった商談の旅に出る前日,父親はエラに問いかけた.
 
父親「お土産は何がいい? 義理の姉たちはパラソルとレースをせがんだ.エラは?」
エラ「お父様の肩が最初に触れた木の枝を」
父親「変わった土産だな」
エラ「持ち歩く間,ずっと私を思ってくれるから.その枝を持って早く戻って.私のお願いよ」
父親「エラ,新しい母親や姉たちと仲良くするんだよ.たとえ3人に不機嫌な時があっても」
エラ「約束するわ」
父親「この家に私の思い出を残していくよ.いいね.目には見えないが,お母さんの面影も宿ってる.至る所に.だからお母さんのために家を大事にするんだよ」
エラ「お母さまが恋しい.お父様は?」
父親「恋しいよ」
 
 エラにとって不幸なことに,この会話は偶然,継母のトレメイン夫人に盗み聞きされた.継母は,夫の愛情が死んだ先妻とエラにあることを知り,心中に黒い嫉妬を燃え上がらせた.そして父親が旅に出たその日から,エラを虐待し始めたのである.Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】に書かれているような「夫が旅先で病没したあと」ではない.夫が死んだあとトレメイン夫人が本性を現した,というのは1950年のアニメ『シンデレラ』の冒頭でナレーションが語った設定である.実写版『シンデレラ』を観もせずにテキトーな粗筋を書いたりするから,こんな嘘をでっち上げてしまうのだ.
 で,虐待の開始だが,エラの父親が旅に出た直後に継母は,自分を「お義母さま」と呼ぶエラを制して言う.
「奥様,とお言い」(字幕ではなく,当ブログ筆者による和訳;字幕では「奥様」ではなく「マダム」だが,それでは「今日からお前は使用人なんだ」というトレメイン夫人の意図がわからない.この字幕台詞は英語台詞のmadamを片仮名にしただけであり,これでは翻訳としては誤訳といっていい.というのは,使用人は主人の妻を「奥様」と呼ぶ,ということを踏まえて翻訳しなければいけないからである)
 これはエラが,屋敷の主の正統な娘の地位から,使用人の立場に転落した瞬間であった.そしてエラは屋根裏部屋に追われた.
 ちなみに,「お父様の肩が最初に触れた木の枝」は,グリム童話『灰かぶり姫のものがたり (青空文庫) 』に出てくるアイテムの「ハシバミの枝」だ.少し長いが,ハシバミの枝が出てくる箇所を引用する.文中のアッシェンプッテルは英語でシンデレラである.
 
ある日のこと、お父さんがおまつりに行くことになりました。まず、今のおくさんのむすめたちに、なにがほしい、とききました。すると、上の姉がこういいました。
「きれいなドレスがいいわ。」
 いっぽう、下の姉はこういいました。
「しんじゅと、ほうせきがたくさんほしい。」
 さいごに、じぶんのじつのむすめの、アッシェンプッテルにききました。
「おまえは、いったいなにがほしいんだい?」
 アッシェンプッテルはこういいました。
「おまつりからのかえりみち、お父さまのぼうしに、いちばんさいしょにひっかかった小えだでかまいません。」
 お父さんはおまつりで、ふたりの姉がたのんだとおり、きれいなドレスと、しんじゅにダイヤをかいました。そしてかえりみち、ばしゃにのって、林をとおりがかったときに、ぼうしがハシバミの木にひっかかって、取れそうになってしまいました。ですから、その木のえだをおって、もってかえることにしました。いえにかえるなり、その木のえだをアッシェンプッテルにあげました。アッシェンプッテルはハシバミのえだをもって、お母さんのおはかへ行き、そばにうえました。アッシェンプッテルがいつもながす、たくさんのなみだが、水やりのかわりになったので、ハシバミのえだはすくすくそだち、ついには、りっぱな木になりました。まいにち、さんかいはおはかへ行きました。そのたびにいつもないていると、ふと、小鳥があらわれました。木の上にすをつくり、アッシェンプッテルとおはなしをするようになりました。小鳥はアッシェンプッテルをやさしく見まもって、アッシェンプッテルののぞみなら、なんでもかなえてくれました。
 
 閑話休題
 上述の,夫がどこにいるかと笑顔で家の中を探していた継母トレメイン夫人 (ケイト・ブランシェット) が,夫とエラの会話を盗み聞きしたシーンがすばらしい.トレメイン夫人は,浪費家で享楽的な性格ではあったが,彼女なりにうまくやろうとは思っていたのだ.ところが夫とエラの会話で,自分がもはや愛されていないことを知った.この「女がダークサイドに堕ちる瞬間」を演じた大女優ケイト・ブランシェットの表情の変化は,美しいだけに怖い.この映画の中で特筆されるシーンだ.
 BDには特典映像として,[監督]ケネス・ブラナー,[脚本]クリス・ワイツ,[製作]サイモン・キンバーグ,アリソン・シェアマー,デヴィッド・バロン,[出演者]リリー・ジェームズ,ケイト・ブランシェット,リチャード・マッデンらへのインタビューが収録されている.
 その中で,脚本のクリス・ワイツは次のように言っている.
 
意地悪なまま母,舞踏会,時を告げる鐘,ガラスの靴,…,そうした基本的な要素は残しながら,物語の空白部分を埋めたかった
 
「物語の空白部分」とは何か.クリス・ワイツは言う.
 
これは現代 (映画) の傾向と言えるかも知れないが,悪人の行動には何らかの動機が求められる.原作 (1950年のアニメ) では,まま母というだけで意地悪な理由として通用したが,本作ではもう少し書き加えた.どんな役柄もこなすケイトにふさわしくね
 
そのケイト・ブランシェットはこう言う.
 
意地悪なまま母を演じるに当たり,その動機を考えたわ.完全な悪者なんて誰一人いないもの.何が人間を邪悪にするのか探りたかった
 
 続いて製作のアリソン・シェアマーは,何が継母を邪悪にしたかについて語った.
 
まま母は自らの喪失に苦しみ,心を痛めてる.それに怒りで対処してるの.そのうえで悪のイメージを膨らませていった
 
自らの喪失 》とはアイデンティティーの喪失という意味だが,具体的に何を指すかは,もう少し後で述べることにする.
 
 さて,エラの父は旅先で病没した時,エラと約束した旅の土産,「肩に最初に触れた木の枝」を遺品として遺したが,妻とその連れ子二人には遺言も遺品も残さなかった.父の死を伝えに戻ってきた従者のジョンは,エラに枯れた木の枝 (ただし画面に映ったのはハシバミではない;下の画像の赤↓) を手渡してこう言った.

ジョン「最期まであなたとお母さまの話をしてました」
 
20190620a
(画像中の赤↓が枯れた葉である.不鮮明ではあるがハシバミとは形が違うことがわかる)
  
 これを聞いたトレメイン夫人の憤怒の形相がすさまじい.死んでいく夫から,一片の別れの言葉ももらえなかった女の怒りである.
 継母の連れ子二人は,義父の死を悼むどころか,自分たちへのお土産はどうなったのかと心配する有様.そこでトレメイン夫人は娘たちに言う.
 
「分からないの? 身の破滅よ.どう生きろと?」
 
 既に怒りによってダークサイドに堕ちたトレメイン夫人には,夫の死を悲しむことよりも,これからの生活費のことがまず第一の心配なのだった.
 この有様に,ジョンを「ありがとう.あなたも大変だったわね」と労ったあと,エラは泣き崩れた.
 このシーンに続いてナレーションが入る.
 
[ナレーション:生きるのは大変.まま母は倹約のために使用人をクビにしました.まま母と娘たちはエラにつらく当たり,だんだん使用人のようにこき使い始めました.家事はエラ1人の役目.でも「悲しみを忘れるには働くのが一番」,まま母はそう言いました.彼らは大きな顔をして山のような仕事をエラに押しつけたのです]
 
 Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の「ストーリー」項目には《そして継母や義姉たちが財産を浪費し、長らく家に仕えていた使用人達も次々に辞めさせてしまった 》と書いてあるが,実写版BDには,エラの父の死後,トレメイン夫人と娘たちが財産を浪費したという描写はない.さらに,上に引用したナレーションでは,トレメイン夫人がむしろ倹約のために使用人を解雇したと言っている.そりゃそうだ.収入がなくなったのに財産を浪費をする馬鹿はいない.トレメイン夫人はそこまで馬鹿ではない.というか,ファンタジー作品にとって大切なのは,リアリティである.稼ぎ頭を失った遺族が浪費生活をしたのでは,映画の観客は席を立ってしまう.
 ここで英語版Wikipedia【Cinderella (2015 Disney film) 】を調べてみた.するとその“Plot”には次のように書かれている.
 
Ella and her parents live a humble but happy life until her mother falls ill. Ella promises to follow her mother's dying wish: to have courage and be kind. Years later, Ella's father marries Lady Tremaine, who has two unpleasant daughters, Drisella and Anastasia. Ella's father leaves on business, and Lady Tremaine reveals her cruel and jealous nature, pushing Ella to give up her bedroom to the stepsisters and move to the attic. When Ella's father unexpectedly dies, Lady Tremaine dismisses the household staff to save money and forces all chores on Ella. Seeing Ella's face covered in cinders after sleeping by the fireplace, her step-family mockingly dubs her "Cinderella".
 
 英語版Wikipediaでは,きちんと物語通りに,“to save money” と書かれている.ついでに言うと,この映画のキーワードである“ to have courage and be kind” が早々と2センテンス目に明示されているのも,この箇所の編集者が有能であることを示している.
 
20190620b
(森の中で初めて王子と出会ったエラの言葉.エラの心優しさと美貌に王子が一目ぼれするシーンだ)
  
 ということは,Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の「ストーリー」を執筆した者は,この映画の解説に関しては本家本元でありリファレンスともいうべき英語版Wikipediaを参照していないのである.これは理解に苦しむことだ.
 
 
(c);
しかし彼女は亡き母から繰り返し教えられた、いつかは希望の虹が見えてくる、いつかは夢が叶うという言葉を信じて希望を失わなかった。
 
 BD版の英語ナレーションでも英語台詞でも,エラの母親は《いつかは希望の虹が見えてくる、いつかは夢が叶う 》などとは一度も言っていない.Wikipediaにこんな嘘を書いた奴は,一体どこからこの言葉を引っ張り出してきたのだろうかと不思議に思ったら,実はWikipedia【シンデレラ (1950年の映画) 】に,
 
しかし、シンデレラはきっと幸せがやってくる、いつかは夢が叶うと信じ、明るさと希望を失わなかった。
 
という一行があるのだった.つまりWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の「ストーリー」は,Wikipedia【シンデレラ (1950年の映画) 】から剽窃したものだと考えられる.だが剽窃したのはいいが,実写版を観ずに粗筋を書いた 間抜け 無能な執筆者は,実写版とアニメ版ではシナリオがかなり違うということを知らなかったので,結果的にこんなことになってしまったのだ.
 となると《亡き母から繰り返し教えられた 》と《いつかは希望の虹が見えてくる 》が,どこから剽窃したものであるかが興味深い.実は実写の『シンデレラ』はディズニー作品以外にもあり,そちらのストーリーからコピペしたものの可能性があると私は見ている.暇な時に調べてみようと思う.
(6/22に判明したところによれば,《いつかは希望の虹が見えてくる 》の初出は,《ディズニー長編アニメーション映画一覧》というまとめサイトに含まれる「この記事」(←2012年に書かれた) である.Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】は,ここから剽窃したものと考えられる)
 
 まとめると,Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の記述は大嘘で,本当は母親は亡くなる前にエラを傍に呼び,遺言として次の言葉を言ったのである.下の「 」に日本語字幕を引用する.
 
母親「愛しい子,話しておくわ,人生の試練を乗り切るための秘訣を.覚えておいて,勇気と優しさを持つことを.エラは誰よりも優しい心を持っているわ.あなたの大きな力になるはずよ.魔法の力よ」
エラ「魔法?」
母親「そう.勇気と優しさを忘れないで.約束して」
エラ「約束する」
母親「よかった.ママはもうすぐお別れなの.許してね」 
 
 これ以後,母親の最後の言葉「勇気と優しさを忘れないで」を巡って実写版の物語は進行するのである.
 
(d);
継母はエラに、もし全ての仕事を済ませ、舞踏会に着ていくに相応しいドレスを用意できたら行ってもいいという。
 
 再びWikipedia【シンデレラ (1950年の映画) 】から下に引用する.
 
《そんなある日のこと、お城の王子であるプリンス・チャーミングの花嫁選びを兼ねた帰国祝いの舞踏会を開くことになり、シンデレラの家にも招待状が届いた。義理の姉達は大はしゃぎし、自身も行きたいと願うシンデレラに継母は、全ての仕事を片付け、ドレスを用意できたら舞踏会に行ってもいいという。
 
 すなわち,ここでもまたWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】は,Wikipedia【シンデレラ (1950年の映画) 】からパクッている.いくらパクッても辻褄があっていれば,まあ実害はないようなものだが,辻褄が合わないのにパクるという恥知らずな若者たちがいることは,例の小保方晴子事件で広く世の知るところとなった.このWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】も,そのような世代の者が執筆したのであろう.
 Wikipediaからコピペするのは日本の大学生の日常風景としても,Wikipediaそれ自体の中でもコピペが行われていたとは w
 しかもコピペしたのは大失敗だったという ww
 洋画作品のWikipedia項目で稀にあるのだが,劇場公開の前に項目が立てられ,そこに粗筋が書かれていることがある.どうすれば劇場公開前に粗筋を書けるのか私は知らないが.
 想像するに,このWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】もそうだったのかも知れない.執筆者は,実写版とアニメ版のシナリオが異なるとは思いもせずに,Wikipedia【シンデレラ (1950年の映画) 】からコピペして粗筋を書いたのだろう.ところが公開後に,その粗筋が嘘だとバレて,他の執筆者たちによって手を入れられたのだが,修正から漏れて残ってしまった間違いがある,そういうことなのではなかろうか.
 
 実際の実写版BDで舞踏会当日までのお話がどのように描かれているかについて,ここで簡単に説明する.
 アニメ版では郵便屋が登場し,この郵便屋が若い娘のいる家庭に宮廷舞踏会への招待状を配達するが,実写版では違う.国王からの使者が,村の広場で「お触れ」を読み上げるのである.エラは帰宅して「お触れ」の内容をトレメイン夫人らに報告する.すると夫人はエラに,ドレスを三着注文してこいと命令する.義理の姉二人とエラの服のことかとエラは喜ぶが,夫人は自分のドレスだと言い放つ.森で出会った素敵な青年に恋をしていたエラは,宮廷舞踏会に行けばあの青年 (エラは彼が王子であることを知らない) に再会できるかもと思い,屋敷のネズミたち (*) の手を借りて亡き母のドレスを手直しする.(ここまでの描写でエラは,料理裁縫家事万端に長けて,音楽の才能があり,しかもフランス語ができるという教養ある女性であることが描かれる.シンデレラ・ストーリーは一攫千金の話ではないのである w)
 
 舞踏会の夜,支度が出来てトレメイン母娘の三人が出かけようとすると,かつて母が着ていた淡いピンクのドレスを着たエラが屋根裏部屋から降りてくる.どう見ても,義姉二人は容姿的にエラに完敗 (**) である.逆上した母娘たちはエラのドレスを引き裂き,ボロを着た小娘を舞踏会に行かせるわけにはいかないと夫人は言う.トレメイン夫人は,エラを行かせたくない本当の理由 (実の娘たちの出来の悪さ) を死んでも口に出したくないので,ドレスがボロだからという口実のためにエラの服を引き裂いたのである.
 
20190620c
 
(註*) ディズニー映画自身によるディズニー・プリンセスのパロディ作品『魔法にかけられて』では,ヒロインを助けるのはニューヨークのドブネズミたちである.シンデレラに出てくるヨーロッパ産の家ネズミについては,ネット上に資料が見当たらず,よくわからない.
(註**) 実写版BDの特典映像に,義姉を演じたソフィー・マクシェラとホリデイ・グレインジャーが出ている.二人共,チャーミングな女優さんなので私は驚いた.
 
20190620d
 
 大切にしていた母のドレスを引き裂かれたエラは,とうとうポッキリと心が折れてしまう.
 この実写版を観た人は,この映画で使われている“courage”が日本語の「勇気」よりも広いニュアンスであることを知るだろう.「勇気」は危険を怖れないという意味合いが強いが,この映画における“courage”は,不幸に屈しない強い心,というニュアンスである.それが上の画像の台詞だ.何も信じられなくなったエラが庭の噴水のところですすり泣くアニメのシーンは,今作にも受け継がれた.
 ここで満を持してフェアリー・ゴッドマザーが現れ,エラに魔法をかけるのだが,この場面はアニメ版をはるかに凌ぐファンタスティックで,かつ重要なシーンである.
 カボチャの馬車やネズミの馬を作ったフェアリー・ゴッドマザーは,エラにドレスを新調しようとするが,破られてしまった母の思い出のドレスを直して着たいと言う.舞踏会へ母と一緒に行きたいのだと.
 納得したフェアリー・ゴッドマザーは,派手ではないそのピンクのドレスに魔法をかけ,超ゴージャスなブルーのドレスに変える. なぜブルーなのかということについて,花嫁を幸せにしてくれる四つのものの一つ,something blue であるとの説があるが,これが欧米人にとってどれくらい説得力のある話なのかは知らない.それよりも1950年代以降,ブルーはシンデレラ物語のシンボル・カラーなのだと考えておけばいいように思う.実際にこの実写版では,少女から花嫁以前の若い娘に成長したエラは,ずっと淡く青いワンピースを着ているからである.
 さて,フェアリー・ゴッドマザーがエラのドレスに魔法をかけると,たくさんのパピヨンが現れてエラの周りを舞う.そしてパピヨンはブルーのドレスの胸元を飾るのだ.
 
20190621a
 
 さらに,ガラスの靴にもパピヨンが飾られる (下の画像の赤→).パピヨンは,この稿の(a)で述べたように,エラが少女の頃に父がプレゼントしてくれたものであり,大切な家族の思い出を象徴している.これはつまり,お父さんお母さんと一緒に舞踏会へ行ってらっしゃいというフェアリー・ゴッドマザーからのメッセージである.こうしてこの物語の第一の伏線が回収された.
 
20190620e
 
 宮廷舞踏会以降の実写版物語の進行はアニメ版と大きく異なる.エラは,森で出会った初恋の青年が王子であることを知るが,舞踏会から戻ったあと,夢のような出来事の思い出のために,残ったガラスの靴の片方を木箱に入れ,大切に床下にしまう.その木箱には父からもらったパピヨン,父の遺品の枯れた木の枝,そして母の小さな肖像画が入っていた.
 ところがこれがトレメイン夫人の知るところとなり,以下のように屋根裏部屋で夫人とエラは対峙し,本作のクライマックスを迎えることになる.このシーンこそが,特典映像に収録されたインタビューの中で脚本のクリス・ワイツが《物語の空白部分を埋めたかった 》と語った,そのことである.
 
 ある日,エラが馬に乗って屋敷に駆け戻る.表情は明るい.ナレーションによる説明はないが,「ガラスの靴の王女」を探す一行がエラたちの村にやって来ることを知ったからだろう.あれは素敵な夢だったのだと諦めていたけれど,もしかしたら王子様に再会できるかも知れない.そう思ってエラの胸は希望に膨らんだ.
 エラは屋根裏部屋に上がり,床下に隠してある宝物の箱を開けた.しかしそこにあるはずのガラスの靴がなかった.狼狽するエラに,部屋の隅から継母の声が問いかけた.「捜し物はこれ?」
 
継母「この靴にはどんな物語があるのか聞かせて.嫌なの? だったら私が話してあげるわ」(註*)
継母「昔々,ある所に美しい娘がいました.愛する人と結婚して,2人の娘に恵まれました.幸せな毎日でしたが,ある日,夫が不運にも亡くなりました.彼女は娘たちのために再婚.でも二番目の夫も他界したのです.彼女はその夫の娘 (註;エラのこと) を毎日世話するハメ (註;これは嘘) に.望みは,美人で (註;これも嘘) で愚かな実の娘が王子と結婚すること.でも王子はガラスの靴の小娘に夢中.そして私はずっと不幸な一生を送りました…」
継母「でもそうはならない.次はお前が話す番よ.靴を盗んだの?」
エラ「いえ,もらった靴よ」
継母「もらった? お金がないと手に入らないわ」
エラ「違います.優しさも愛もお金じゃないわ」(註:英語は“Kindness is free, love is free.”;「優しも愛も無償よ」)
継母「愛はタダじゃない.王子と結婚するなら恩を返して頂だい.親のいない使用人が名乗り出ても誰も信じないわ.私のような立派な後見人がいれば別だけど.結婚後は私を女官長にしてもらうわ.2人の娘は有力者に嫁がせ,私はあの若造 (台詞では“boy”) を操るの」
エラ「若造じゃないわ」
継母「偉そうに.王国を支配するつもり? 私にまかせれば悪いようにはしないわ」
エラ「断るわ (註;台詞では“No”) 」
継母「断る?」
エラ「王子と王国をあなたから守ります.私がどうなっても」
継母「とんでもない間違いよ」
…激情にかられたトレメイン夫人は部屋の出口の柱にガラスの靴を叩きつけて割った …
エラ「ひどい! どうして? どこまで意地悪なの? 優しくしようと努力したのに」
継母「優しく?」
エラ「そうよ.どれだけいじめれば気が済むの? なぜなの? なぜ!」
継母「なぜ? お前は若くて清らかで素直だからよ! でも私は…」(註**)
 
20190622d
(トレメイン夫人は複雑な怒りの表情でドアから出て鍵をかけ,エラを屋根裏部屋に閉じ込めた;ケイト・ブランシェットの眼の演技に凄みがある)
 
(註*;「だったら私が話してあげるわ」は日本語として曖昧.これではトレメイン夫人の話が「ガラスの靴の物語」だと受け取られかねない.英語台詞を素直に訳せば「だったら私がお話を一つしてあげるわ」とするところである.「お話」とは夫人の身の上話である)
(註**;《でも私は… (もう若くはなく,清らかでも素直でもない.だからお前が憎い) 》がこのシーンのクライマックスだ.この場面のケイト・ブランシェットの演技こそ,彼女がインタビューに答えて《意地悪なまま母を演じるに当たり,その動機を考えたわ.完全な悪者なんて誰一人いないもの.何が人間を邪悪にするのか探りたかった 》と語ったことの解答である.彼女の演技によって,このファンタジーは大人の鑑賞に耐える作品になった)
 
 トレメイン夫人にはわかっていた.エラにはあって,しかし自分が失ってしまったものを.
 失った理由も明らかだった.彼女は,二人の子を抱えて寡婦となったとき,経済力のある男と再婚する以外に生きる術を知らなかったのである.だが自分に「娘たちのため」と言い聞かせ,愛のない再婚 (エラの父と) をした時,彼女は自分の生きる意味を喪失した.そして自分を捨ててまで再婚したのに,その二番目の夫も死んでしまった.私の人生は,いったい何だったのか.やり場のない怒りが彼女を邪悪にしたのである.このトレメイン夫人の人物造形について,プロデューサーのアリソン・シェアマーが《まま母は自らの喪失に苦しみ,心を痛めてる.それに怒りで対処してるの.そのうえで悪のイメージを膨らませていった 》とインタビューに答えて語ったのは既に述べたところである.

  
(e);
エラがそれに応えるように足を入れると、ピッタリと一致した。城に向かう途中、義姉達は今までの意地悪と非礼を詫び、これ以上彼女達を責めても無意味なことを知るエラは、それを許した。
 
 Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】に書かれている上の引用箇所 (赤い文字の部分) は,実写版BDの描写と全く異なっている.
 Wikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の記述がストーリーに関しては全くデタラメなので,記述の嘘を指摘すると共に,物語のクライマックス周辺の少し詳しいストーリーを以下に紹介してみる.
 
 さて,エラを屋根裏部屋に監禁したトレメイン夫人は,砕けたガラスの靴のヒール部分を持参して,国王の次の地位にある大公 (Grand duke) の館を訪問した.舞踏会の夜,大公が,王子とスペイン領サラゴサの王女との政略結婚を強引に画策していることを知ったからである.夫人は大公に,ガラスの靴の持ち主を監禁しておくと申し出て,大公は夫人と結託した.邪悪な欲望にまみれたトレメイン夫人が大公に要求した報酬は,夫人を伯爵夫人 (Countess) にする (註;つまり伯爵と結婚できるように計らってもらう.下の爵位では嫌だし,公爵侯爵では拒否されるかも知れないという心理だろうか) ことと,二人の娘を有力者に嫁がせることだった.愛はタダじゃない,と言い切る夫人にとっての生き甲斐は,金に困らぬ上流階級に仲間入りすることだった.

 大公は新国王に,国中から「ガラスの靴の王女」を探すから,もし見つからなかったらサラゴサの王女 (この王女は,無礼にも大国であることを鼻にかけ,舞踏会の時に高慢な言葉遣いをした) と結婚するよう進言し,国王は「ガラスの靴の王女」を探すために,表面上はこの進言を受諾した.
 こうして王国中の女という女にガラスの靴を試着させるという大捜索隊が宮殿を出発した.捜索隊の指揮は国王の側近 (護衛隊長) である大佐 (実写版『シンデレラ』の登場人物には,姓名のある者と役割名で呼ばれる者がいる) が執るが,これに大公が責任者として同行した.しかし大公を信用していない新国王は,密かに兵士の姿で捜索隊に加わっていた.
「ガラスの靴の王女」はトレメイン夫人が監禁しているから見つかる心配はないと安心しきっている大公は,捜索の最後にトレメイン夫人の屋敷を訪れる.
 もちろん夫人の娘二人の足はガラスの靴に入らない.ガラスの靴はエラ以外のどんな女の足にもフィットしないのだ.エラの足が小さいのではなく,ガラスの靴はエラの守護妖精が作った魔法の靴だからである…という設定ならとてもよかったのだが,エラの足はとても小さいという条件を,アニメ版から踏襲してしまったことは残念であった.本人にはどうしようもない肉体的器質に女性性的な意味をもたせるのは現代的でないと思う.
 それはともかく屋敷の一階で,捜索隊の持ってきたガラスの靴に,なんとか足を入れようと娘二人が必死に頑張っている時,屋根裏部屋に監禁されているエラは,夢のような舞踏会の夜を思い出しながら一人で踊ったり,幼い頃に母が歌ってくれた子守唄を歌ったりしていた.エラは,楽しい思い出があればそれで充分なのであり,王妃になりたいなどということには関心がなかったのである.
 しかしトレメイン夫人のいじめから抜け出す折角のチャンスなのだから,何とかしたいと考えた屋敷に住むネズミたちは,協力して窓の取っ手を回して,窓を開いた.するとエラの歌声が外に流れ出た.昔,エラの母が歌ってくれた子守唄だ.
 ♪グリーンやブルーのラヴェンダー 私を愛してね あなたを愛するわ
  私が王様ならばあなたは王妃 小鳥たちが歌い羊が飛び跳ねる
  ここなら安心よ (字幕から引用)
 
 大公とトレメイン夫人は想定外のアクシデントに狼狽したが,捜索は終わったと言い張って城に帰ろうとする.
 だが指揮官の大佐と,兵士に扮装していた新国王の耳にエラの歌声は届いた.新国王は扮装を解いて,大佐に屋敷の捜索を命じる.
 “Captain, would you be so kind as to investigate?”
 “It would be my pleasure, Your Majesty.”

 私見だが,物語の流れを見誤らないためには,BDに吹替版が入っているので,まずはそれを鑑賞するとしても,これ以降のお話のクライマックスは英語の台詞を聴きながら画面を観たいものだ.新国王とエラの再会場面は大変に聞き取りやすい英語で,今の中学生なら理解できる程度である.“Captain, would you…”と“It would be my pleasure…”は基本文型だ.w
 屋根裏部屋にやってきた大佐に,トレメイン夫人はエラを下働き女だと偽る (英語台詞は“I told you it was no one of any importance.”;ここは字幕より吹替版の翻訳が正しい) が,この時既に夫人と大公の陰謀を見抜いていた大佐は「私は国王の司令官だ.邪魔をするな」(英語台詞は“Who are you to stop an officer of the king? Are you an empress? A saint? A deity?”) と厳しく夫人を追求する.
 夫人は“I'm her mother”とまた偽りを言うが,エラはきっぱりと否定する.
 “You have never been  and you never will be my mother.”
 夫人の虐待に耐えてばかりであったエラの勇気ある反撃である.
 大佐に促されて階下に降りながらエラは,果たして自分は王子に相応しいのだろうかと自問する.
 
 新国王がまだ王子だった時,エラは森に鹿狩りにきた王子と出会った.その時王子が「お嬢さん,君の名前は?」と訊ねたら,エラは「聞かないで」と答えた.何か辛い事情がありそうだと察した王子は,エラが気を遣わずに済むよう,身分を隠したのだった.
 舞踏会で再会した時,王子は身分を明かし,再び君は誰?と訊ねた.
 Why don't you tell me who you really are.
 エラはためらう.
 If I do, I think everything might be different.
 どういう意味か私にはわかりません.せめてあなたの名前だけでも教えてください.
 I don't understand. Can you at least tell me your name.
 私の名前は…そう言いかけた時,真夜中を告げる鐘の音が鳴り渡った.もう行かなければ.
 My name is … I have to leave. It's hard to explain.…

 あの時,エラには本当の自分を打ち明ける勇気がなかったのだった.でも,今度こそは.
 
[ナレーション:魔法には頼れません.最大の難関が待ち受けていました.ありのままの自分を見せるのです.勇気と優しさを忘れずに](註;字幕版では「勇気と…」の部分はエラの母の声である.)
 
 今度こそは自分が誰であるかを,ありのままに,あのかたにお話ししよう.
 そう決心して階下の居間に入ってきたエラに,新国王が三たび訊ねた.
 “Who are you ?”
 エラは,屋根裏部屋の寒さに耐えるために暖炉の前で横になり,暖炉の灰にまみれて生きてきた自分を,自ら「灰まみれのエラです」と勇気を持って名乗った.
 “I'm Cinderella.”
 陛下,私は王女ではありません.馬車もありません.両親もいませんし,持参金もありません.その美しい靴が私の足に合うかどうかわかりませんけれど,もし靴に足が入ったら,ありのまの私を受け入れて頂けますか.あなたを愛する正直な村娘を.
 “Your Majesty, I'm no princess. I have no carriage, no parents, and no dowry. I do not even know if that beautiful slipper will fit. But if it does, will you take me as I am? An honest country girl who loves you.”
 国王はエラの言葉“take me as I am”を繰り返すことで,これに応えた.
 “Of course I will. But only if you will take me as I am. An apprentice still learning his trade.”
 
 アニメ版『シンデレラ』が古色蒼然としていることは否めない.何しろ私が生まれた1950年に公開されたアニメなのだ.女性の生きかたについて,古い時代の影響を受けている.この点をディズニー映画は厳しく批判されてきた.女性差別の象徴とまで言われた.だがディズニー作品は批判に対して手をこまねいていたわけではない.
「玉の輿に乗る」ことを幸運と考えている点において,1950年のシンデレラは継母と同類であるが,しかし2015年のシンデレラは,愛した人が実はたまたま王子であったという設定だ.こうして2015年の『シンデレラ』は,原作にある古い恋愛と結婚の姿を六十五年後に修正したのである.そしてこのディズニー作品の新しいコンセプトは,2017年の実写版『美女と野獣』に繋がって行く.
  
 さて,この項の最初に掲げた《これ以上彼女達を責めても無意味なことを知るエラは、それを許した 》についてである.
これ以上彼女達を責めても 》では,エラが姉たちをある程度は責めたという意味になる.ところが実写版BDで,エラは全く姉たちを責めていないのである.そして《許した 》という描写もない.エラが許したのは姉たちではなく,彼女たちを意地悪な娘に育てた毒親のトレメイン夫人なのである.
 不思議なのはWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】に書かれている《これ以上彼女達を…それを許した 》が,そのパクリ元であるWikipedia【シンデレラ (1950年の映画) 】には書かれていないことだ.執筆者が一体どこからこの文章を引っ張り出したのか,調べてもわからない.謎だ.
 ちなみに,姉二人は毒親のトレメイン夫人のせいでエラに意地悪をしたけれど,根っからの悪人ではなかった.目の前で王妃が誕生したシーンに感激したのか,それまでの下品で意地悪な二人とは全く違う素直な笑顔でエラを見送ったのだ.姉二人を演じた女優さんたちが元々チャーミングなこともあって,これは好印象の演出だと思う.
 だが,エラが出ていったあと,階段の途中で崩れ落ちるように膝を折ったトレメイン夫人の顔は,真人間に戻ったようには見えなかった.悪人はそう簡単に改悛しないということか.ちなみにアニメ版『シンデレラ』には劇場公開されなかった続編があり,トレメイン夫人は反省しなかったということになっている.
 
(f);
後日、継母達と大公は国から姿を消した。追放されたのか、自ら去ったのかは明らかでない。
 
 この箇所の実写版ナレーションは次のとおりである.
 
“Forgiven or not, Cinderella's stepmother and her daughters would soon leave with the Grand Duke, and never set foot in the kingdom again. 
 
 このナレーションをそのまま翻訳すれば「許したとか許されなかったとか,そういうことではなく,継母とその娘たちは大公と一緒に姿を消して,王国に二度と足を踏み入れることはありませんでした」である.
 エラが国王にエスコートされて屋敷を出る時,エラは継母に“I forgive you”と言った.王妃が「許します」といったのだからお咎めがあったはずがない.にもかかわらずトレメイン夫人たちと大公は王国を去った.つまりシナリオの意図は,彼らは自分たちの打算的な生き方を恥じて去った,ということに決まっている.もっとも,大公の打算は私的な欲望とは異なるものだけれど.
 どこへ行ったかわからないけれど,もしかすると大公が母と娘たちを助けてくれて,母娘三人でどこかで平穏に暮らしていたらいいですね,というのがディズニー映画『シンデレラ』が用意したハッピー・エンディングなのである.
追放されたのか、自ら去ったのかは明らかでない 》などとWikipedia【シンデレラ (2015年の映画) 】の「ストーリー」に余計なことを書いた執筆者は,この映画のどこを観ていたんだ (これは遠慮勝ちな言い方である.執筆者は実は映画を観ずに粗筋を書いたのだと考えていい) と言いたくなるお粗末さである.ちなみに吹替版では“Forgiven or not”は訳されていない.許すかどうかなんてことはどうでもいいので省略する,という吹替版の翻訳姿勢に私は同意する.
 
 ファンタジーのオープニングに本を開く,エンディングで本を閉じるという演出がある.下の画像はアニメ版『シンデレラ』の冒頭とラストのシーンだが,本が閉じられる時,それはハッピー・エンディングでなければならない.これはもうほとんどウォルト・ディズニーの遺訓のようなものだ.
 
20190623d
(左,オープニング;右,エンディング)
  
 まだ父と二人で幸せな日々を過ごしていた時,エラは読んでいた本をパタンと閉じて,父親に“I do love a happy ending, don't you?”と言った.実写版『シンデレラ』の物語に幕が降りる時,それはハッピーエンドでなければいけない.古くから欧州に伝えられてきたダークでグロテスクな昔話を,このようなファンタジーに創り上げた監督,脚本家,俳優陣の功績は褒められて然るべきだと私は思う.わずかな瑕疵はあるけれど.
 
 実写版『シンデレラ』の劇場公開予告編の映像に「本当の魔法は あなたの勇気」とあった.映画の内容をよく表現した卓越したコピーである.(了)

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

ザゼンソウ補遺 あるいは弱者の戦い

 日本のザゼンソウ群生地の一覧を再掲する.
 
日本のザゼンソウ群落
--------------------------------------------------------
栃木県 大田原ザゼン草群生地      2月中旬~3月中旬 (?)
群馬県 菖蒲沢&針山群生地       4月上旬~下旬
群馬県 赤城山中腹           2月中旬~3月下旬
群馬県 草津ザゼンソウ公園       3月上旬~4月下旬
新潟県 原虫野のザゼンソウ       4月上旬~4月下旬
長野県 白馬ざぜん草園         3月下旬~5月上旬
長野県 落倉自然園           4月下旬~5月中旬
長野県 宮の森自然園          3月下旬~4月中旬
長野県 居谷里湿原           3月下旬~4月下旬
長野県 鷹山湿原ザゼンソウ群落     3月下旬~4月上旬
長野県 和田峠・湿原歩道        4月中旬~5月上旬
長野県 有賀峠「ザゼンソウの里公園」  3月下旬~4月中旬
長野県 阿智村寺尾座禅草群生地     3月下旬~4月下旬
長野県 伍和原の平禅草群生地      3月上旬~4月上旬
山梨県 竹森のザゼンソウ群       2月中旬~3月下旬
滋賀県 今津広川座禅草群落       2月下旬から3月
兵庫県 ハチ北高原           3月下旬~4月下旬
芦津渓谷                絶滅危惧状態

 日本のザゼンソウ群生地は,滋賀県を南限としてそれ以北にある.北限はどうか.北海道森林管理局のサイトにザゼンソウが一株,咲いている写真が掲載されている.撮影時期は2012年4月27日,撮影地は石狩地方と推察される.このように,ザゼンソウは北海道にも存在しているのだが,群生地という規模には繁殖していないと思われる.
 植物にとって,寒冷な地域は温暖な地域よりも厳しい環境であると断定してよかろう.なぜなら,あらゆる高等生物の生命維持はその細胞内の酵素反応によって行われているからである.酵素には至適温度 (Wikipedia【酵素】から引用《最適pHと同様に、酵素の活動がもっとも激しくなる温度が存在する。これを最適温度(optimal temperature)という。至適温度ともいう。ヒトの酵素の場合、通常は生理的温度である35℃から40℃付近とされる。》) があり,それ以下の温度では活性が低下する (高温では失活する).啓蟄という言葉も,毎年の春,桜前線に象徴される「花の便り」が北上するのも,まさにこのことを示している.
 ではなぜザゼンソウは,厳しい環境である寒冷地や標高の高い土地に群生地があるのだろう.繁殖地に南限があるということは,細胞の活動が不活発なところで繁殖することを意味している.すなわちザゼンソウ (だけでなく厳しい環境で繁殖する多くの植物) の性質は,植物本来の生命活動とは逆の方向を向いている.つまり,生命全体に押し広げていいかどうか私は知らないが,植物について言えば,必ずしも繁殖に良い環境で繁殖しているわけではないのだ.土壌や日照や大気温などはいわばインフラだが,それ以外の条件がある.それは競争と競争に勝つ戦略である.
 こういう分野の話について,一般向けに解説してくれる本はないかと探したら,静岡大学農学研究科の稲垣栄洋教授の著書に,植物の競争と競争戦略について論じた書物があった.
 『たたかう植物 ──仁義なき生存戦略』 (ちくま新書)
 『雑草はなぜそこに生えているのか』 (ちくまプリマー新書)
 『弱者の戦略』 (新潮選書)
等である.
 稲垣先生の論法には,生物の競争に関する考察を人間社会のことに外挿してしまうなど,いささか大胆すぎる記述が見られることと,進化を,結果ではなく合目的な変化であるかのように書いてしまっているところがある (もちろん一般人に理解しやすくするためだろう) ので,読む際には注意が必要だが,色々な生物,特に植物の競争について実例を挙げているところが,わかりやすくてよい.
 注意が必要なのは,もう一つは専門用語の問題.稲垣教授の本には,定義のはっきりしない用語が出てくる.
 例えば『たたかう植物 ──仁義なき生存戦略』には次のような記述がある.
 
ジョン・フィリップ・グライムは、植物の成功戦略を三つに分類した。それがCSR戦略と呼ばれるもので、植物の成功戦略には、C、S、Rという三つの戦略があるというものである。》(Kindle版の位置No.285)
 
 まず,書名に含まれている「生存戦略」は,実は生物学で用いられる言葉である.Wikipedia【戦略】に以下のように書かれている.

生物学における戦略
 生物学の分野、特に生態学の個体群生態学や行動生態学の分野では「個々の生物種あるいは個体が複数の行動を取りうるときに、それぞれの行動や行動の組み合わせ」を戦略と呼び、以下のように用いる:
 生存戦略
 繁殖戦略
 繁殖戦略の中の小卵多産戦略
 捕食行動における待ち伏せ戦略
 個体群増加に関するr-K戦略
 最適戦略
 生活史戦略
 生物学における「戦略」は生物自身の意思や自主性を含意しない。つまり意図的にその生物が特定の戦略をとっているのではなく(そのような場合もあるかもしれないが)「そのような行動を促す遺伝子が自然選択によって広まる(広まった)」という意味で用いられている点に注意が必要である。》(引用文中の文字の着色は当ブログの筆者が行った)
 
 その一方で,《ジョン・フィリップ・グライムは、…》に出てくる「成功戦略」はビジネス界でよく用いられる用語であるが,植物学ではあまり用いられない.なぜかというと,「生存戦略」の意味は明確だが,植物にとっての「成功」が何を意味するかはっきりしないからだ.実際,「成功戦略 × 植物」でネット検索すると,稲垣教授の著書関連の資料が上位にヒットする.つまり「(植物の)成功戦略」は,おそらく稲垣教授が植物の戦略を説明する際に,ビジネス用語を援用して定義なしに用いている言葉である.
 このように稲垣教授の著作には,読者の誤解を招きかねない比喩 (植物の競争を人間社会の競争に喩えている) が多々あるのだが,それを指摘した上で,以下に引用する.
 
弱い植物が、強い植物に勝てる条件というのは、どのようなものなのだろうか。
 野球やサッカー、テニスなどのスポーツの試合を考えてみるとわかりやすいが、条件が良い場合には、番狂わせは起こりにくい。恵まれた好条件であれば、誰もが実力を出すことができる。そして、実力どおりの結果になるから、実力のない弱者には勝つ見込みがないということになる。
 逆に、条件が悪かったとしたら、どうだろう。雨が土砂降りで、強風も拭いている。けっして良いコンディションとはいえない。こんな環境で勝負をするのは、誰だっていやである。しかし、番狂わせが起きるとすれば、得てして条件が悪いときだ。
 そもそも、実力のあるチャンピオンは、わざわざそんな実力も出せないような条件の悪いところでゲームはしたくないと思うだろう。そうなれば、実力のない弱者が不戦勝である。
 そこで、弱い植物は、自ら強い植物が力を発揮できないような悪条件を選んで生えている。それが、S戦略とR戦略の植物である。
 S戦略は、「ストレス・トレランス(ストレス耐性型)」と呼ばれる。植物にとってのストレスとは生育に対する不良な環境のことである。たとえば、水が不足したり、光が不足したり、温度が低いことなどは、植物にとってストレスとなる。このような環境では、競争に強い植物が勝つとは限らない。とても競争をしている余裕などないのだ。このようなストレス環境に耐える力を持ち、過酷な環境を棲みかとしているのがS戦略の植物なのである。
 たとえば、水の少ない砂漠に生きるサボテンや、氷雪に耐える高山植物は、S戦略の典型である》(引用文中の文字の着色は当ブログの筆者が行った)
 
氷雪に耐える高山植物は、S戦略の典型である 》は,「C-S-R三角形」仮説 (稲垣教授はこの仮説を「CSR戦略」と呼んでいるが,それは一般的ではなかろう) の立場からすれば,そういう解釈になる.そして《実力のあるチャンピオンは、わざわざそんな実力も出せないような条件の悪いところでゲームはしたくないと思うだろう 》は妥当な比喩であることになってしまう。
 だが,そうだろうか.“「強い植物」は条件の悪いところでゲームをしたくない”から悪環境では生えないのだろうか.この理屈は,「強い植物」はどこでも強いという前提に立っている.しかしそうではなくて,稲垣教授が言うところの「強い植物」でも,自分にとって条件の悪いところにおいては単に「弱い植物」に過ぎないから生えないとする方が自然ではないか.
 どの植物も「自分が他の植物よりも強い環境」で生えている,とする考え方がある.「棲み分け」とか「競争排除」と呼ばれる考え方である.Wikipedia【ニッチ】から下に引用する.

棲み分け
生物を見れば、同じ場所で同じものを食べているように見えても、種類が違えば何かしら違ったやり方で食べたり、時間をずらしたりして、互いの活動が完全にぶつからないようになっていることが多い。これは、一見同じニッチに見えても、それぞれ少し異なるニッチを占めていると見ることができる。
同じようなニッチを占める2種が、少し場所をずらせることで共存する場合がある。たとえば、渓流釣りの対象となる魚であるヤマメとイワナはいずれも上流域に生息するが、イワナの方がやや冷水を好む。それぞれが単独で生息する川ではどちらの魚も上流域を占有するが、両者が生息する川では混在することなく、最上流域をイワナが、そして上流域のある地点を境に、それより下流をヤマメが占有する。
このように、活動範囲を分けることで2種が共存することを棲み分けという。
生態学者の今西錦司は、河川の水生昆虫の分布からこのような生物種間で生息域をずらせる現象を指摘して棲み分けと呼び、独自の棲み分け理論を展開した。

競争排除
棲み分けは微小な環境差を使い分けることで2種が共存する仕組みであるが、共存するためにはそのような環境の差が存在する必要があるとも見える。逆に、共存しているよく似た2種は、環境に対する要求に何らかの差を持っているはずだとも言える。
一般に同じ資源(餌や営巣のための場所など)を必要とする生物同士は、一か所に長期間共存することはできないと言われる。1つのニッチを複数の種が共有することはできないため、その環境によって適応した種が生存し、環境への適応という点で劣る種は排除されてゆく。この過程ないし現象を競争排除といい、競争排除が起こるメカニズムのことを競争排除則(ガウゼの法則)という。
 
 ザゼンソウの繁殖地に南限があるのは,緯度がそこよりも低いところでは,ザゼンソウの開花期には他の植物も活動を活発にしていて,ザゼンソウは生存あるいは繁殖に必要な資源の獲得競争に勝てないからである.
 寒冷地の冬の終わりにザゼンソウが群生して開花するのは,気温が低すぎて資源の獲得競争に他の植物が参加できないからだろう.
 同じ湿地帯に生えるザゼンソウとミズバショウについて考えると,この二つは長い年月をかけて,開花期を少しずらすことで競争排除を回避したのであると私には思われる.逆に言うと,ミズバショウと開花期が重なるバリエーションのザゼンソウは滅んだのだ.
 
 尾瀬一帯でザゼンソウがレアな植物であるのは,ザゼンソウにとって不幸なことに,尾瀬では五月の前半も深い積雪が残っているからである.五月後半に雪が解け始めると,ミズバショウの開花が始まる.本来の開花期に出遅れたザゼンソウは,昆虫などの資源をミズバショウと争わねばならないが,ミズバショウの大群落にはとても勝てない.雪解けの尾瀬では,そのような現象が起きているのだと思われる.
 私が少年期に,尾瀬でザゼンソウの花を見ることができなかったのは,今にして思えば上のようなことがあったからだろう.あれから五十年後に,ようやく納得できたように思う.(了)

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ /工事中

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた.『シン・ゴジラ』のような深読みをする余地は全くない単純明快なストーリーだが,しかしゴジラ映画としては,大変によい出来だと私は思う.ゴジラ映画最高峰の『シン・ゴジラ』に対置してもいいくらいだ.シリーズ前作の『キングコング 髑髏島の巨神』が恐ろしくお粗末だったので,あまり期待はしていなかったのだが,予断は裏切られた.

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

チャップリンの音楽 (二)

 昨年秋 (十月) に《チャップリンの音楽 (一) 》を書いたのだが,横須賀海軍カレーにまつわる嘘の数々を指摘する記事を連載しているうちに,《チャップリンの音楽 (二) 》をアップするのを忘れてしまった.ヾ(--;)
 で,以下は続き.

『ライムライト』は,他のチャップリン作品と同じく,忘れがたい台詞がちりばめられている.
 例えば,脚がマヒしたと思い込んでいるヒロインのテリーに,カルヴェロ (チャップリン) が語る台詞,《人生に必要なものは勇気と想像力と少々のお金だ 》(Pioneer LDCが出版したDVDの日本語字幕から引用;「少々の」には,引用者によって「少しの」「少しばかりの」「ほんの少しの」などの変化形がある) は,多くの場合,出典を示さずに (カルヴェロの言葉だと誰でも知っていることを前提にしているから) 引用されることの多い言葉だ.つい最近のCМにもあった.このCМスポンサーの事業を《人生に必要なものは…》が実によく説明している.まれに見る傑作CМだと私は思う. 
 それはさておき,映画『ライムライト』には不思議なことがいくつかある.主題歌とされている「エターナリー」のことである.
 Wikipedia【エターナリー】から下に引用する.
 
「エターナリー」(Eternally)は、チャールズ・チャップリン監督・主演による1952年公開の映画『ライムライト』の主題歌。チャップリンの自作曲で、作詞はジェフリー・パーソンズ(英語版)、ジョン・ターナー(英語版)。第45回アカデミー作曲賞を受賞した。「テリーのテーマ」(Terry's Theme )の別称もある。
 
 不思議なことの一つ目.
 この既述に続いて《カバーをした主なアーティスト 》として,チャップリンと交流のあった李香蘭ほか,エンゲルベルト・フンパーディンクなど何人かの歌手がリストアップされている.しかし「カバー」というからには当然,オリジナルの歌手がいるはずだが,それが誰であるかが Wikipedia には書かれていないのである.
 さらにいうと,そもそも映画の中では「エターナリー」は歌われていないのだ.つまり「エターナリー」は,おそらく映画の主題曲 (劇中曲)「テリーのテーマ」に後から歌詞を付けた歌で,映画公開時にはなかったのである.
 現代の私たちの感覚では,そういう歌を映画の「主題歌」と呼ぶのに違和感があるが,ところが実は『モダン・タイムス』(1936年公開) の「スマイル」(1954年発表) も,主題曲に歌詞を後付けして作った主題歌なのである(後述).
 しかも「エターナリー」も「スマイル」も,作詞者はジェフリー・パーソンズとジョン・ターナーの二人であると日本版 Wikipedia に氏名だけが記載されているが,二人の人物像の詳細は不明である.それどころかジェフリー・パーソンズとジョン・ターナーがどのような人物だったかは英語版 Wikipedia にも事典項目自体が存在せず,謎である.
 第二次世界大戦前後の映画では,映画公開後に主題歌が作られることがよく行われたのだろうか.
「スマイル」の場合は,主題曲にあとから歌詞が付けられた「主題歌」を最初に歌ったのがナット・キング・コール (←オリジナル) であることは記録があってはっきりしている.彼がこの曲歌うに至った経緯も知られている.そしてナット・キング・コールのあとで,多くの歌手たちがカバーしたのだ.
 しかし「エターナリー」は,どういう経緯で映画主題曲に後から歌詞が付けられたのか,そしてそれが主題歌とされたのはなぜか,誰の歌唱がオリジナルなのかが不明なのである.
 
 不思議なことの二つ目.
『ライムライト』のオープニングクレジット (英語;ディスクケースのジャケットに邦訳が記載) には,主題曲の作曲者はチャップリンであること,編曲はレイ・ラッシュとチャップリン,指揮はキース・ウイリアムズであると記されているが,Wikipedia【ライムライト】には以下のように記述されている.
 
メインスタッフ
監督:チャールズ・チャップリン
製作:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
撮影:カール・ストラス
音楽:チャールズ・チャップリン、ラリー・ラッセル、レイモンド・ラッシュ
 
 たぶん「レイ・ラッシュ」と「レイモンド・ラッシュ」は同一人物で,チャップリンが作ったメロディを譜面に写し,かつ編曲およびオーケストレーションを手伝った人と思われる.
 次に,オープニングクレジットに記載されていない「ラリー・ラッセル」とは誰なのか,詳細がわからない.私の推測だが,『ライムライト』には“テリーのテーマ”以外にも何曲かの器楽曲があるので,その作曲者ではないだろうか.
 
 不思議なことの三つ目.
 オープニングクレジットに「指揮はキース・ウイリアムズ」と記されているのだが,『ライムライト』において「指揮」とは何を指しているのかがよくわからない.
 キース・ウイリアムズはジャズ奏者であり,自分のオーケストラを持っていたらしく,探すと“Keith Williams And His Orchestra”とクレジットがあるジャズの録音盤が見つかる.ただし同姓同名のジャズ奏者がいるので,間違いやすい.
 で,『ライムライト』の一場面で,舞台の下 (オーケストラピット;客席より一段下に沈んでいる ) でオーケストラが演奏している様子が描かれる.ここで指揮棒を振っているのがカメオ出演しているキース・ウイリアムズなのだろうか.あるいは彼は劇中には登場せず,映画音楽の録音の際の指揮者だったのか.それがわからない.
 もちろん,そのようなディテイルを知らなくても『ライムライト』を鑑賞して感動することは可能だ.しかし,映画のメイキングを知ることは,例えばチャップリンがどのような考えで映画を作ったのかを知る材料になる.これは,町田智浩氏の映画批評の方法でもある.最近の映画DVDには,メイキングを記録した特典盤が付いてくることが多いが,それはこのような理由があるからなのである.
 現代映画は,エンディングで長々と数分間にわたってクレジットが流れる.そこには映画の制作に関与したすべての人々の名前と役割が記されている.これがチャップリン時代の映画と,現代の作品の大きな違いなのである.(了)

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

薔薇ノ花

 私たちの国は,四季折々に咲く花に恵まれた.花が咲くのは日常普段のことだから,何が咲いて何が散ったか,気もつかぬうちに四季は過ぎていく.
 
 北原白秋の大正三年の詩集『白金之独楽』(金尾文淵堂) に「薔薇二曲」がある.
 青空文庫には入っていないようだが,国立国会図書館デジタルコレクションに収載され,原著は保護期間満了であるとして公開されている.同詩集の五十四ページと次ページにある「薔薇二曲」を下に引用する.原詩はもちろん縦書きである.

一 薔薇ノ木ニ
  薔薇ノ花サク。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。
 
二 薔薇ノ花。
  ナニゴトノ不思議ナケレド。
  照リ極マレバ木ヨリコボルル。
  光リコボルル。
20190520b  
(国立国会図書館デジタルコレクションから引用) 

 字面だけなら,薔薇の木に薔薇の花が咲くのは当たり前なのだけれど,「ナニゴトノ不思議ナケレド」は,薔薇の花を見た白秋の感動を表現している.何の不思議はないけれど私の心は打ち震えた,と言っているのだ.
 それに,この部分は「薔薇ノ木ニ」がなくても成立する.「薔薇ノ花サク。」だけで白秋の感動は読み手に伝わる.それは,季節巡りて,咲くべき時に花が咲く自然の営みに心驚く詩人の感性である.
 そのことは,第二連に繋がる.時が来れば花は咲き,そして時過ぎれば花は散るのだと詩人は歌ったのである.
 
 さて徒然にネットを彷徨していたら,《国語の先生のブログ 》と題したブログがあった.ブログタイトルのキャプションに,

Lan-Lan教育研究所を開設いたしました。
教育の新しい形をめざして、情報、意見を発信してまいります。
また、プロ国語教師として、国語教育についても語りたいと思います
 
とある.
「プロ国語教師」とは何か.この文脈からすると「アマチュア国語教師」と対語を成すと思われるが,それでは両者の違いは何か.広く通用しているわけではない言葉を何の説明もなく用いる「国語教師」が仮にいるとして,それは本当に教師に値する人物なのだろうか.
 ま,それはさておいて,そのブログ記事から下に一部を引用する.
 
北原白秋の作品にこんな詩があります。
 
 一 薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク
   ナニゴトノ不思議ナケレド
 
 二 薔薇ノ花ナニゴトノ不思議ナケレド
   照リ極マレド木ヨリコボルル
   光リコボルル
 
         北原白秋 「薔薇二曲」『白金ノ独楽』
 
国語の先生のブログ 》の筆者は,間違いなく白秋の「薔薇二曲」を読んでいない.
 なぜなら,この人 (女性) は,原詩にはある句点を,引用文中では書き落としている.
 次に,原詩の改行位置を勝手に改竄している.常識として,元の詩の改行位置を変えてはいけない.
 果ては「照リ極マレ」を《照リ極マレ》にしてしまった.これでは意味が違ってしまう.
 余りの酷さに呆れて,記事の続きを読んだら,

私が理事を務める「社団法人日本Webライティング協会」授与の資格。お勧めです。
 
と書いてある.なーんだ.「教師」を自称するからには学校の先生かと思ったら,「国語」を金儲けのタネにしている人だった.
 その程度の人じゃあ,白秋の詩をズタズタにしても平気なのは当たり前で,なるほどね,と腑に落ちた.
 
 続いて白秋の「薔薇二曲」の改竄について調べてみたら,《きらびやかでもないけれど 》というブログも《照リ極マレ》としていることがわかった.きっと《国語の先生のブログ 》は,《きらびやかでもないけれど 》からコピペしたのだろう.そういう人物がやっている団体「社団法人日本Webライティング協会の授与する資格は,持っているのが恥ずかしい資格に違いない.

| | コメント (2)

2019年5月17日 (金)

天は二物を与えり

 昨日放送されたTBS系列全国ネット/MBSの特番『プレバト!! 3時間SP』はよかった.この番組は長く視聴しているが,録画を二度も再生して観たのは,今回が初めてである.
 何がよかったか.いつもの夏井先生による芸能タレントたちの俳句の才能査定は,前にも書いたがこれは大喜利みたいなもので,一種のお笑い番組である.生け花と料理の盛り付けも,エンタメ路線だ.しかし水彩画 (査定は野村重存先生担当),消しゴムはんこ(田口奈津子先生担当) は,素人芸の域を超える腕前を,芸能人の皆さんが披露してくれるので,私はもうテレビ画面を観て感嘆しているのみである.
 そこへもってきて今回は,楽器演奏の才能を査定するというのだから,おもしろくなかろうはずがない.他の企画と異なって,楽器演奏の才能査定は,若い人の言葉でいう「ガチ」である.出場者の受けるプレッシャーはかなりのものだったろうと想像に難くない.
 最初に登場した小倉優子さんはフルートでG.ビゼー『アルルの女』,元AKB48の松井咲子さんはピアノでピアノ協奏曲第五番『皇帝』,女優の黒坂真美さんはバイオリンでジュール・マスネ『タイスの瞑想曲』,立川志らくはハーモニカでレモ・ジャゾット『アルビーノのアダージョ』を演奏した.オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団,指揮は三ツ橋敬子さんである.
 最初の演奏は小倉優子さん.このきゃしゃな人が,演奏の前半は不出来だったが後半は持ち直して,見事「才能あり」の評価を獲得した.続く松井咲子さんには驚いた.音楽大学卒とはいえ,アイドルとして多忙な日々を過ごしてきた人が,三ツ橋さんの評価もオケの皆さんの評価も高く,テレビのこちら側として,このお二人には,天は二物を与えたり,と驚くしかない.
 残念だったのは,黒坂真美さん.素人目にも間違いなく緊張に負けていらっしゃって,著しく音程が不安定だった.査定は「才能なし」だったが,これは御気の毒だった.
 残る立川志らくは,そもそもクラシックの演奏は無理だったようで,まるで演奏になっていなかった.初めてだったのではなかろうか.
 今回の楽器演奏の才能査定は,芸人だとかそこら辺の人間を集めて来ればいい俳句の才能査定とは違うから,半年に一度の特番が制作できればいい方だろう.しかし,もう一度この企画を観てみたいものだ.オケの指揮はもちろんキュートな美女,三ツ橋敬子さんに決まりである.
 

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

自然科学書はやはり最近の書籍がよろしいかと…

 別稿のザゼンソウに関する記事はまだ未完だが,動物でも植物でも細胞が熱を産生するのはミトコンドリアの機能だ.私はもう来年には齢七十であり,ミトコンドリアがどうのこうのという基礎的な科学の勉強から遠ざかって久しい.ザゼンソウの記事を書きながら思ったのだが,忘れてしまったことが多いから,また少し勉強し直してみようという殊勝な考えを持つに至った.
 ミトコンドリアについて書かれているネット上の資料をいくつか読んだら,参考図書として『ミトコンドリアが進化を決めた』(みすず書房) を挙げている大学の現役研究者がいた.定価4,104円 (本体価格3,800円) という少々お高い本である.それで古書を買うことにしてAmazonを検索すると,配送料込で3,296円で評価「中古品 - 非常に良い」の出品が見つかった.早速注文して,それが昨日届いた.
 梱包を解き,本を手に取って「オヤ?」と私は思った.「中古品 - 非常に良い」というより,これは読んだ形跡がないのである.みすず書房宛の読者カードはもちろん,書店の注文伝票までが挟まれているではないか.
 
20190516a
 
 不思議に思いつつ読み始めたら,まだ本論に入る前の「序 ミトコンドリア ― 世界を操る陰の支配者」の,一ページ目の終わりから,次のような記述があった.
 
《… ミトコンドリア遺伝子は母系の姓ののような役目を果たし、そのおかげで、征服王ウィリアムや、ノアや、ムハンマド (マホメット) まで父系の出自をたどろうとするように、母系の祖先をたどれるわけである。最近ではこうした考えの一部に異論も出ているが、おおかたこの見解は有効となっている。もちろん、これを利用すると、われわれの祖先がわかるばかりか、どれがわれわれの祖先でないのかも明らかになる。ミトコンドリア遺伝子を分析した結果によれば、ネアンデルタール人は現代のホモ・サピエンスと交雑しておらず、ヨーロッパの縁 (ルビは「へり」) で絶滅に追い込まれてしまったのである。
 
 ここまで読んで私はガックリとうな垂れた.なぜなら,今からもう十年近くも前 (2010年) に,ネアンデルタール人と現生人類は交雑していたらしいとのことが,DNA分析の結果で認められたからである.(Wikipedia【ネアンデルタール人】)
『ミトコンドリアが進化を決めた』の奥付をみると,2007年に第一刷が出版されていた.そのたった三年後に,著者が書いた《ミトコンドリア遺伝子を分析した結果によれば、ネアンデルタール人は現代のホモ・サピエンスと交雑しておらず、ヨーロッパの縁で絶滅に追い込まれてしまったのである 》はひっくり返ってしまったのだ.これからこの書物で説かれるだろうミトコンドリア遺伝子の分析の信憑性に,疑問が生じたわけである.
 こうなると,『ミトコンドリアが進化を決めた』は内容が古いから,「これは正しい」「これは「誤り」と,書かれていることの正誤を一つ一つ判断しながら読まなければいけないことになる.しかし,それは最新の論文誌に目を通している現役の研究者でなければ無理な相談である.つまり私のような門外漢は,最新の出版物を買って読むべきだったのである.
 ところで,私が購入した『ミトコンドリアが進化を決めた』は読まれた形跡がないと上に書いたが,もしかすると,この本を古本屋に売った人も「序」のネアンデルタール人の交雑の箇所を読んでガックリし,それ以上は読まずに売り払った可能性が高い.w
 さて私はどうするか.読者カードと注文伝票を挟み込んで再度売るか,あるいは書かれていることを他の資料にあたりつつ慎重に読んでみるか,いま思案中である.

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

本件、隠蔽せよ (三) /工事中

「東京建電」が犯した企業犯罪をかい摘んで説明する.

| | コメント (0)

より以前の記事一覧