« フォークの背にライスを乗せて食べる方法は誰が考案したか /工事中 | トップページ | 私のカスハラ懺悔 /工事中 »

2024年6月 7日 (金)

鬼畜教員 /工事中

 読売新聞《生徒の恐喝行為を知りつつ放置、さらにわいせつ行為を迫ったうえで隠蔽も図った男性教諭免職》[掲載日 2024年6月日] から下に引用する.
 
香川県教委は4日、生徒の恐喝行為を把握しながら対応を怠った上、加害生徒にわいせつな行為を迫るなどしたとして、高松市立中学校の男性教諭(26)を懲戒免職とした。
 発表では、男性教諭は2022年10月から勤務先の女子生徒とSNSでやり取りしていた。その中で女子生徒が昨年6月以降、別の生徒に金を要求し、支払わせていることを知りながら、校長に報告するなど対応せず、放置していた。被害額は数十万円に上るという。
 被害生徒の保護者は昨年10月、学校に相談し、警察に恐喝容疑で被害届を提出した。警察による捜査の過程で、男性教諭と女子生徒のやり取りが発覚。同8月には教諭が女子生徒にわいせつな行為をするよう迫っていたことや、やり取りを削除するよう求めて 隠蔽(いんぺい) を図っていたことも明らかになった。
 県教委の調査に対し、男性教諭は「女子生徒と友達のような感覚で接していた」と説明。恐喝行為には「被害生徒からおごってもらっていると思い、恐喝とは考えなかった」と話したという。
 淀谷圭三郎教育長は記者会見で「事案を知った段階で適切に対応しておけば、さらなる被害を防止できた。信頼回復に向けて全力で取り組む」と陳謝した。
 県教委は5日、市町教育長と小中学校長の臨時会を開き、綱紀粛正と児童・生徒とのSNSでの私的なやり取りの禁止を改めて通知する。
 県教委は4日、5月に旅行で利用した高速バスの車内で、隣の席にいた男性の股間を触るなどしたとして、丸亀市立中学校の男性講師(38)を停職6か月の懲戒処分にした。男性講師は4日付で依願退職した。》(引用文中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 香川県教委は,懲戒免職になった二十六歳の鬼畜教員の言い分を認めて,何の処分もせずに済ませていたわけだが,警察が乗り出してくるとは思わなかったんだろうね.
 
 学校側が「いじめではない」と親を脅せば被害生徒の親が警察に届けを出す.
 警察の調べには自白 

|

« フォークの背にライスを乗せて食べる方法は誰が考案したか /工事中 | トップページ | 私のカスハラ懺悔 /工事中 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事