« キレるバカ | トップページ | 家事をしないやつが絶賛する家事グッズ »

2024年4月 4日 (木)

煮ても焼いても川勝知事は

 毎日新聞《川勝平太知事、報道は「発言のキリトリ」と釈明 6月辞職の意向表明》[掲載日 2024年4月2日 23:59] から下に引用する.
 
県によると、川勝氏は新規採用職員への訓示で「県庁はシンクタンク。野菜を売ったり、牛の世話をしたり、モノを作ったりとかと違い、基本的に皆さんは頭脳、知性の高い人たち」と発言。県庁には「1次産業従事者への職業差別ではないか」などと批判の声が430件(2日午後5時現在)寄せられたという。
 川勝氏は発言の趣旨を説明するとして2日、県庁で「職業に貴賤(きせん)はない。(県庁の仕事は)ものづくりとは違う仕事なので、知性を磨いていかないといけないという意味だった。不愉快な思いをされたとすれば申し訳ない」と釈明した。そのうえで発言に関連する報道を「キリトリだ」と指摘。「こういう風潮に憂いを持っている」と話し、6月の県議会閉会後に辞職する意向を示した。ただ、辞職理由について詳しい説明はなかった。
 
 川勝知事といえば,全国の首長の中でもずば抜けて品格に欠ける人物として有名だ.
 品格もなければ知性にも欠ける.
 そして平気で嘘を吐く.(知事の嘘についての各論は検索されたし)
 恐ろしいのは,静岡県の新聞社やテレビ等が,川勝知事の嘘をそのまま垂れ流し,静岡県民は洗脳状態に陥っていることである.
 私は知人が静岡県に多いので,たまにリニア中央新幹線の現状について話をすることがあるが,知人たちの現状認識は,他県人の認識と全く異なっていることに驚く.多くの県民はローカル新聞とか読まないし,ローカルテレビしか視聴しないからである.
 そういう状況では,川勝知事の信者である県民に事実 (川勝知事の嘘) を知らせてもケンカになるだけだから,私は「あ,そうなんだ」と受け流している.w
 
 私はかつて二十年ほど清水市 (現静岡市清水区) に住んでいたので,静岡県人の県民性は知っている.
 静岡県民は「勝ち馬に乗る」のが大好きだ.「お山の大将」に憧れている.「寄らば大樹」がモットーだ.
 だから選挙になると,県政に無関心な県民たちは怒涛の勢いで川勝知事に投票する.知事の政策なんかどうでもいい.当選確実な候補者に投票するのだ.そして選挙が終わると「オレのおかげで知事は勝った」と満足する.
 川勝県政について何の知識も見解も持っていない川勝支持者たちは,川勝知事がJR東海を屈服させて,予定されたリニア開業計画を断念させたものだから,嬉しくて嬉しくてたまらない.さすがオレっちの知事だ!というわけだ.
 来る六月県議会閉会後に辞職する (五月辞職ではボーナスが支給されないが六月なら支給されるから) 意向だというが,六月はまだ先だ.この二枚舌知事にしてみれば「辞職」というアドバルーンを上げた気かもしれないのだ.
 つまり辞職を思いとどまるよう説得する知事の取り巻き連中の動きを見てから最終決断するのではないか.
 SNSでは川勝批判派が圧倒的だが,静岡県の世論は特殊なのである.
 六月県議会までまだ少し日数がある.六月になって川勝知事が辞職意向を撤回したら,次期県知事選で圧勝する可能性が高いのである.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« キレるバカ | トップページ | 家事をしないやつが絶賛する家事グッズ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事