« 動物虐待激増の背景に何があるか | トップページ | 老いたクマ »

2023年5月 5日 (金)

横浜中華街にあるゲス店

 NHK《テレビ70年 柳田邦男×池上彰×大学生 テレビジャーナリズムを語る》の中で,池上彰が次のようなことを大学生たちに言った.
「私のパソコンは,ウクライナ情勢とかの情報がズラーっと並んでいるわけです.ところがある日,テレビ局でパソコンを借りて使ってみたら,芸能ニュースばっかりなんですね.それでわかったのは,私たちは自分で情報を取捨選択しているつもりになっているけれど,実はアルゴリズムに支配されているということです」
 これではわかりにくいので番組の文脈から註釈を加えると,池上彰が言っているのは,ニュース・フィーダーのことである.
 一般にニュース・フィーダーは,閲覧者の閲覧履歴を基にして,ニュースを取捨選択して掲載する.
 池上彰は国内外の政治情勢を頻繁に閲覧するから,彼のパソコンのニュース・フィーダーにはウクライナ情勢がズラーっと並ぶことになっているのだ.
 一方,池上が某テレビ局で借りたパソコンは,ディレクターかADか知らぬが持ち主の知的レベルを反映して,芸能ニュースばかりになっていたわけだ.
 それで我が身を顧みると,ニュースフィーダーに芸能ニュースがかなり掲載されている.まことに年甲斐もなくお恥ずかしいことだが,しかし人はパンのみにて生きるにあらず.不倫報道はパンよりおいしいのである.
 というわけで,いま世間では上路雪江という鉄面皮恥知らず芸能リポーターの不倫が話題になっておる.
 この騒動で古傷をほじくり出された原田龍二,立憲民主党・米山隆一衆院議員のお二人はいい迷惑だろうが,私には関心がない.
 それより SmartFLASH《W不倫の上路雪江、事務所退所で復帰絶望、吹き荒れる批判…金子恵美は「排除したい」と断罪》[掲載日 2023年5月3日 15:30] の一節が気になった.
 
4月上旬、上路は、横浜・中華街でA氏と手つなぎデート。中華街の名店「清風楼」から出た2人は、近くのシティホテルへとチェックイン。それから6時間半後、再びフロントに現れた2人はチェックアウトを済ませ、手をつないで駅へ向かっていく姿を本誌は確認している。
 
 この記事で名店と書かれている「清風楼」について,もう三十年近く前の話を思い出した.
 ある日,私と会社の同僚たちの計四人で「清風楼」で飯を食おうということになって,連れ立って出かけたのである.
 私の勤務先は食用油脂製造業だったが,中華惣菜を製造している子会社があり,同僚の三人はその子会社の商品開発に携わっている人たちだった.
「清風楼」は焼売が有名なのでそれは外せないが,雲吞もうまいと聞いていた.
 注文を取りにきたおばさんに「とりあえず瓶ビールと焼豚ね」と言ったら,すごい剣幕で怒られた.
 ばばあ おばさん店員は「うちのルールを知らないのか.注文は一回しかダメ.だから最初に全部注文する.それ知らないで清風楼来るな」と大声で言った.
 あまりに高圧的な態度にビビッた私たちは,焼豚,雲吞,焼売と瓶ビール一本とコップ四つを頼んだが,それ以後は会話もできずに気まずい状態で,料理ができてくるのを待った.
 やがて注文した品ができてきたのだが,まず焼豚,雲吞,焼売がテーブルに並べられて,それらを食べ終わったら瓶ビールが出てきた.
 瓶ビールなんて,栓を抜くだけじゃないか,なんでそれが最後に出てくるのか.
 これは,「清風楼」ルールを知らなかったシロートの私たちに対する嫌がらせだと私たちは思った.
 
 そんなことがあったので私は,「清風楼」に行ったことのない人から「清風楼の焼売って有名ですけど,やっぱりおいしいですか」と訊かれたら,「評判ほどの味じゃないし,第一すごく店員が威張ってるので,行かないほうがいいよ」と言うようにした.
「清風楼」は,店名の「清風」とは正反対の不愉快なゲス店である.w不倫のゲス男女にふさわしい.
 昔,マンガ『美味しんぼ』に,接客態度が著しく傲慢な店として「海員閣」が登場した.
「清風楼」と「海員閣」は横浜中華街で最悪な店の代表格だった.今はどうか知らぬが.
 
 さて,《旅行や観光スポット・グルメ・アウトドア情報を発信するおでかけメディア》を自称する Travel Note の記事,《海員閣は美味しんぼで一躍有名になった横浜中華街の名店!人気メニューは?》[掲載日 2020年10月8日] から下に引用する.
 
横浜の中華街には、メディアにも頻繁に登場するような、超有名店が数多く存在します。そんな数多くある名店の中でも、特にグルメ好きの間で有名なのが、今記事でご紹介する「海員閣」です。
 何故グルメ好きの間で、この海員閣が特に有名なのかと言うと、あの有名なグルメ漫画「美味しんぼ」で登場しているからです。美味しんぼに登場して以来、美味しんぼのファンだけでなく、グルメ好きの間でも海員閣の評判は広まり、海員閣は中華街の中でも大人気店へとなりました。》(引用文中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 上の文章を書いたやつは,『美味しんぼ』を読んでいないことがバレバレだ.
 「『美味しんぼ』に登場して以来,『美味しんぼ』のファンだけでなく,グルメ好きの間でも海員閣の評判は地に落ちて,海員閣は中華街の中でもサイテーの店として有名になりました」と書くのが正しいからだ.
 こういう嘘情報を載せるメディアを信用してはいけない.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)



|

« 動物虐待激増の背景に何があるか | トップページ | 老いたクマ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事