« お飾りMC | トップページ | 製糸女工に関する,あるブログ記事の誤りについて »

2023年4月15日 (土)

四十三年前の水中花

 御都合主義のインチキヒロインが活躍したNHKの朝ドラがようやく終わって,次は牧野富太郎をモデルにした《らんまん》が始まり,よかったよかったと思ったのだが,視聴者の評判がよろしくない.
 東洋経済オンライン《朝ドラ「らんまん」早々に不評の声が飛び出すワケ あえて“地味"で“差別"の物語が選ばれた背景》[掲載日 2023年4月14日 18:00] から下に引用する.
 
多くのネットメディアが「近年の朝ドラで最も視聴率が低い」ことを報じているほか、ネット上に「つまらんまん」という批判的なダジャレが書かれるなど、厳しいスタートとなってしまったことは間違いないでしょう。
 もちろん、「やっぱり実在した人物の話は安心して楽しめる」「こういう落ち着いた感じの朝ドラもひさびさでいい」「たくましい女性主人公の朝ドラが多かったけど男性主人公の物語も面白い」などのポジティブな声も多く、何よりまだ始まったばかり。ここまで書いてきたようにネガティブな声の理由となっていた「差別」「地味」も、作り手の意図あってのものだけに、継続視聴を迷っている人は、もう少し長い目で見続けていいのかもしれません。
 NHKは第3週から本格的に登場する神木隆之介さんへの期待感を高めるべく、14日深夜にこれまでの2週分を再放送したほか、15日深夜にも神木さんの主演作「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(NHK)も放送。さらに16日にも「ダーウィンが来た!」(NHK)で「ようこそ!牧野富太郎の植物らんまんワールド」、「趣味の園芸」で「牧野富太郎 植物への愛」(NHK Eテレ)を放送するなど、「らんまん」を全力で盛り上げていこうという姿勢がうかがえます。
「日本の植物学の父」と言われる牧野富太郎さんがモデルの作品であるため、植物の監修も徹底的に行っているようですし、「本気のNHK」という点でも、どんな作品に仕上げてくれるのか楽しみです。》(引用文中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
「ダーウィンが来た!」で「ようこそ!牧野富太郎の植物らんまんワールド」、「趣味の園芸」で「牧野富太郎 植物への愛」》を放送して,NHKは《らんまん》を盛り上げようとしていると筆者の木村隆志は書いているが,一つ見落としている.
《グレーテルのかまど》の《牧野富太郎の百合(ゆり)ようかん》[初回放送日: 2023年4月10日] だ.
 この放送の中で,牧野富太郎の妻,壽衛が旅先の夫に宛てた巻紙の手紙が紹介された.
 その中で壽衛夫人は,富太郎を牧チャンと呼んでいる.私はこれは初耳だったので大層感動した.あの時代にチャン付けだ.
 そして富太郎は,新種のササに亡くなった妻の名を与えた.これで朝ドラとしての骨格は,富太郎と壽衛の夫婦愛を軸に展開することが決定である.
 壽衛の死後を描くとすると,富太郎を憎んで富太郎の業績を妨害したことで知られる松村任三教授をヒールとして登場させねばならず,これはモデル問題が起きかねない.というわけで,ドラマは壽衛の死までを描くと予想する.
 
 さて,ドラマ制作陣は,高齢者へのサービスも怠りない.
 言わずと知れた松坂慶子さんだ.私より少し若い七十歳.
 富太郎の母は若くして亡くなるが,「富太郎が当主になるまで死なん!」と言い切った旧家の大黒柱を演じる.
 これまでにも時代劇の端役で武家の妻を演じたことはあるが,今回はまことに堂々たる風格で,これを観た全国の爺さんたちは,彼女が花も恥じらう二十七歳の時の大ヒット曲「愛の水中花」を検索して動画を観て 落涙し 感動したに違いない.YouTube《愛の水中花 松坂慶子(27歳)》である.
 
 当時の松坂慶子さんの人気は凄かった.
「愛の水中花」のリリース前年に発売されたハウス食品の袋麺「本中華」は,「愛の水中花」がヒットしたあとは「愛の本中華」と呼ばれて,これも売れた.
 ラーメンは彼女に関係ないかも知らんが,思い出したので書いて置く.
   
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« お飾りMC | トップページ | 製糸女工に関する,あるブログ記事の誤りについて »

新・雑事雑感」カテゴリの記事