« 優先席 | トップページ | 「スギは増えていないのに花粉症は増えた」という川口友万の嘘八百について »

2023年4月20日 (木)

鶏肉の低温調理はリスクが高い

 E-TALENTBANK《高畑充希、撮影現場で作っている食べ物に驚きの声「すごすぎる!」「よぎりません?」》[掲載日 2023年4月19日 20:45] から下に引用する.
 
4月18日、テレビ朝日系『家事ヤロウ!』に、高畑充希が出演。撮影現場での“ある行動”を明かし、出演者を驚かせた。
 番組中、高畑は“低温調理器にハマっている”として「塩麹ぶっ込んだ鶏肉ぶちこんで、40分ぐらい置いといたらサラダチキンみたいな」「塩麹味のが出来るんですけど、中が薄ピンクみたいなので食べれるから。現場とかでも(電源)さしておけば作れるから」とコメント。
 他の出演者が「現場で作るんですか!?」と驚きの声をあげると、高畑は「昼休前に、あと1時間ぐらいで昼前終わるかなと思ったら(電源)さしといて、昼ぐらいにちょうど食べ頃」と説明した。
 
 この日の《家事ヤロウ!》を私は観ていたのだが,高畑充希さんの発言を聞いて「困ったものだなあ」と思った.
 私はこのブログで何度も書いたのだが,鶏肉のタタキはもちろんのこと,焼鳥でも加熱不足だとカンピロバクター食中毒を起こす確率が高い.
 厚労省もカンピロバクター食中毒について啓蒙 (下図) しているのだが,一向に減らない.
 
20230420a1
 
 加熱しない鶏肉 (鳥刺) あるいは表面だけ加熱した鶏肉 (鳥タタキ) を食べる習慣がある鹿児島県や宮崎県では,カンピロバクターが検出されないように製造した特別な鶏肉が流通しているが,それでもカンピロバクター食中毒は発生する.
 ましてや九州を除く地方に流通している普通の鶏肉は,加熱不足な調理で食べると,かなり危険である.(厚労省のデータによると60%以上が汚染されている)
 下痢などの単純な食中毒ならまだしも,テレビ番組で時々紹介されるギランバレー症候群を希に発症することがあり,大ごとになる.
 
 高畑さんがハマっている低温調理機で調理する場合,加熱温度の設定によるが,60℃程度では100分の調理が必要である.70℃超でも70分以上が必要である.(参考;PRESIDENT Online《「7割の鶏肉には食中毒リスク」自家製サラダチキンでは"新鮮な肉も危険"といえるワケ 「火を止めて放置」では殺菌できない》[掲載日 2022年2月11日 10:00])
 低温調理を行うには食中毒についての知識が必要だが,《家事ヤロウ!》での発言を聞いた限りでは,高畑さんにはその知識がない.高畑さんがカンピロバクター食中毒になって,仕事に穴をあけることがないように祈りたい.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)



|

« 優先席 | トップページ | 「スギは増えていないのに花粉症は増えた」という川口友万の嘘八百について »

新・雑事雑感」カテゴリの記事