« 新幹線をうな重に喩えてどうする | トップページ | 我関せず »

2022年11月29日 (火)

鬼畜

 J-CASTニュース《新宿御苑のアリ「殺し合い」見たさで採取...物議の人気YouTuber謝罪 ルール知らず「反省しています」》[掲載日 2022年11月28日 17:24] から下に引用する.
 
騒動の発端となったのは、登録者約148万人のYouTuber・ジュキヤさんのチャンネル「ジュキぱっぱ」で11月19日に公開された動画だ。酒を飲んで雑談するなか、話がペットについて及ぶ場面があった。
 そわんわんさんは嫌なことが起きないか不安になるため飼えないとする一方、この間までアリを飼育していたとする。8月13日の動画では、友人と捕まえたアリを飼育キットに入れて観察を楽しんでると明かしており、「可愛い!もう可愛いって思う」などと伝えていた。
 しかし「これはちょっと...お話するの怖いんですけど」と切り出し、異なる群れのアリ同士が殺し合う姿を見たいという強い欲求により、可哀想に思う気持ちもありながら、新宿御苑で何匹ものアリを採取し、ペットのアリと同じ容器に放したとする後日談を明かした。
 結果は、「殺し合いして、みんな死んだ。みーんなアリが死んじゃって。でもそれを見れたから満足なんやけど」。「怖いね」と驚くジュキヤさんには、笑いをこぼして「怖いよなぁ」と応じた。》(引用文中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 野鳥にボウガンを撃ち込むとか,野良猫を改造銃で射殺するとか,そういう衝動を抑えられない人間がいることを私たちは知っている.
 たまたまこの女はアリの《殺し合う姿を見たい》と思って《殺し合いして、みんな死んだ》のを見て快感を覚えて《満足》し,笑ったのであるが,アリの次は野鳥を,その次は猫を殺したいという衝動にかられるだろう.最後は人を.
 動画を観た者に不快な思いをさせたという点を謝罪したと報道されたが,ペットの死を悲しむのではなく快感を覚えるという自分の異常な性質に対しては何も感じていない.カンダタ以下.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« 新幹線をうな重に喩えてどうする | トップページ | 我関せず »

新・雑事雑感」カテゴリの記事