« 黙秘権を行使します | トップページ | 受信料の二重払いに気を付けて »

2022年11月24日 (木)

「愛人」の読みは

 ウェブ上に,漢字検定みたいなコンテンツがいくつかある.その一つ,現代ビジネス《【難読漢字】「二合半」って読めますか?「にごうはん」ではありません》[掲載日 2022年11月23日 6:00] を紹介する.
 
突然ですが「二合半」という漢字、読めますか?
 炊飯以外に思いつきませんでしたが、違います。
 気になる正解は…
 正解は「こなから」でした!
 わかりましたか?
 
 いわゆる難読漢字は,大半が当て字である.俺様は当て字を知っていると自慢するのはとても恥ずかしい.
 上の「二合半」はちょっと複雑で,「にごうはん」と読むのが正しくて,そう読めばもちろん当て字ではない.
 しかし「こなから」とよむこともあって,その場合の「二合半」は当て字である.
 説明は以下の通り.
 
「半 (読み;なから)」は「半分 (読み;はんぶん)」と同じ意味である.そして昔は,一升の半分すなわち五合を「半 (なから)」と言うことがあった.現代では隠語あるいは死語に等しい.
 そして「半 (なから) の半分」つまり二合五勺に,「小 (こ)」+「半 (なから)」という字を当てた.これが変じて,二合五勺を意味する「二合半」にも「小 (こ)」+「半 (なから)」という字を当てた.
 これは「当て字の当て字」というむちゃくちゃな話なので,《正解は「こなから」でした!》と得意げに書くのはいささか恥ずかしい.正解は「にごうはん」と「こなから」の二つあるからだ.
 
 関西の三代目桂米朝の噺に,愛人を「こなから」と読むくすぐりがある.
 愛人は「二号はん」だから,「二合半」つまり「こなから」というシャレだ.
 そういうことを背景にして,
 
 突然ですが「愛人」という漢字,読めますか?
 テレサ・テン (動画) 以外に思いつきませんでしたが,違います.
 気になる正解は…
 正解は「こなから」でした!
 わかりましたか?
 
 という出題なら拍手してあげたのだが,「二合半」を「こなから」と読むだけなら芸が足りないと言うべきだろう.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« 黙秘権を行使します | トップページ | 受信料の二重払いに気を付けて »

新・雑事雑感」カテゴリの記事