« ロシア軍の不穏な動き | トップページ | 小原ブラスの世渡り術 »

2022年10月 6日 (木)

飼い主になついていない犬は逃走する

 朝日新聞DIGITAL《犬が小田急電車に乗車、駅員かむ 散歩中に逃走 飼い主が見失う》[掲載日 2022年10月6日 21:30] から下に引用する.
 
6日午前7時20分ごろ、神奈川県秦野市の小田急線鶴巻温泉駅の駅員から「電車に犬が入り駅員がかまれた」と秦野署に通報があった。散歩中の犬が逃走し、何らかの原因で電車に乗車したとみられる。一部の電車に約10分の遅れが出たという。
 秦野署によると、同日午前7時ごろ、同駅に到着した秦野発新宿行き普通電車に茶色の中型犬が乗車。駅員2人が車外に出そうとしたところ、にらみ合いになり1人が指の付け根をかまれ、応急処置を受けた。乗客にけがはなかったという。
 犬は駅員が捕獲し、「拾得物」として近くの交番に届けた。同15分ごろ、別の交番に「散歩中にリードが外れて犬がいなくなった」と市内の高齢男性が訪れていた。犬は男性に引き渡されたという。》(引用文中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
散歩中にリードが外れて犬がいなくなった》とこの男は述べているが,間違いなく嘘だ.実際は「リードを外した」のだ.首輪やハーネスとリードを接続するパーツには金属製のものと樹脂製のものがあるが,いずれも意図して外さない限り,外れない構造になっているからである.
 犬の脱走は,ダメな飼い主が,飼い犬の首輪をゆるくして散歩した場合に起きることがあるが,上の新聞記事の犬は写真を見ると首輪をしているから,そういうアクシデントではなく,飼い主がわざとリードを外したに違いない.
 犬を飼う能力のない不届きな飼い主は多い.最もけしからぬのは,散歩の途中で広い野原があったりすると,リードを外して犬を自由に遊ばせてしまうバカだ.このバカはたいていジジイで,リードを外された犬がはしゃいで走り回る様子を,阿呆な顔をして眺めていたりする.
 前に新聞沙汰になったことだが,こういうジジイに対して誰かまともな人が,犬をノー・リードにするのをやめるように注意すると「犬は自由に走りまわる生き物なんだ,文句を言うな!馬鹿やろうっ」などと逆切れする.
 
 それから根本的なことだが,飼い主と犬との間に信頼関係がないと,犬は脱走する.この信頼関係というのは,飼い主が「群れ」(飼い主と犬からなる集団) のリーダーの地位にあり,飼い犬は「群れ」の一員であるという関係だ.
 しかるに犬が「群れ」のリーダーの地位にあると,当然,飼い主の指示に従わない.リードを外せば逃走する.
 
 新聞記事によると,逃走した犬を駅員が車外に出そうとしたところ,駅員にかみついたという.
 これは想像だが,この犬は飼い主に,躾と称する暴力をふるわれていたのではないか.「群れ」の子分のくせにリーダーに暴力をふるう人間を,犬は嫌う.そのため人間に対して敵対感情を持っていたのではないか.そんな気がする.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« ロシア軍の不穏な動き | トップページ | 小原ブラスの世渡り術 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事