« お気に入りの黄色い上着 | トップページ | ロイヤルな喪装 /工事中 »

2022年9月14日 (水)

女王陛下の松花堂

 故エリザベス女王が1975年に来日された時,東京での歓迎式典終了後は関西方面の観光が日程に組まれた.
 Wikipedia【エリザベス2世】から抜き書きすると以下の通りである.
 
1975年、旧交戦国最後の訪問地として一度のみ、フィリップ王配と夫妻で訪日している(5月7日-12日)。5月7日夜に昭和天皇主催の皇居での宮中晩餐会に出席し、8日にはNHK (日本放送協会) を訪問、大河ドラマ『元禄太平記』の収録を見学した。9日には都心でパレードをして東京都民の歓迎に応えた。女王はこの後、京都御所や伊勢神宮を訪問し、東海道新幹線で東京に戻った後、12日に離日した。日本訪問の際、エリザべス2世は、昭和天皇から立憲君主のあり方について教示を受け、強い印象を受けたとされる。
 
 上記のように女王一行はまず京都に移動し,翌日は近鉄で三重に移動して伊勢神宮と鳥羽の真珠養殖を観光する予定が組まれた.
 京都観光当日の宿泊は新都ホテル (女王来日の直前の三月に開業/現都ホテル八条) が選ばれたが,近鉄と都ホテル始まって以来の国賓接待体制が準備されたと聞く.
 宿泊当日のことは詳しい資料が見つからないのだが,翌日の移動日,近鉄は,伊勢に向かう特別仕様に仕立てた車両を用意すると共に,新都ホテルは車中で女王御夫婦が召し上がる昼食を用意する大役を仰せつかった.当時のニュース画面にも映っているが,この食事はコースではなく弁当が提供された.
 
 最近の《YAHOO!知恵袋》に,この時の弁当に関する質問が投稿されている.
 
2022/9/9 15:02
 エリザベス女王陛下が日本に来られた時、京都から近鉄特急で賢島へ行かれました。その時、車内で特別弁当を召し上がられました。
覚えている方いますか?
 
 この質問に回答が一つ載せられた.
 
2022/9/9 15:12
 私の母親が叔母とたまたま京都駅八条口で新都ホテルから近鉄に乗られるところに遭遇したのですが、まさに、前日に近鉄特急に乗り弁当を食べたばかりで、それの豪華版を召し上がられたのかなあ、と創造 (ママ) したらしいです。》(引用文中の文字の着色は当ブログの筆者が行った)
 
 女王と夫君殿下の弁当は,あとにも先にも一度切りの特別弁当であった.新都ホテル渾身の献立であったという.考えなくてもわかるが,通常品の駅弁の豪華版であったはずがない.w
 さて新都ホテルは,そこらの駅弁のように,蓋を開けたらおかずが片側に寄っていた,などということがあってはならぬと考え,二人分の弁当 (献立は不明だが,松花堂弁当の形だったとの当時の資料を見た覚えがある) を運ぶために,畳一枚ほどの大きさの担架のような道具を製作した.ただし弁当を載せる部分は帆布製ではなく板であった.
 この担架に弁当と水準器を載せ,新都ホテルから近鉄の車両まで,四人がかりで,水準器で水平を保ちつつ運んだと伝えられる.
 資料を失って今は手元にないが,映画評論家であり料理を能くした荻昌弘が,この時のお弁当のことを書き遺しているはずである.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« お気に入りの黄色い上着 | トップページ | ロイヤルな喪装 /工事中 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事