« ヒジャブのこと /工事中 | トップページ | 故人を悼むよりもワタシを見て!という女 »

2022年9月28日 (水)

異様な「捧げ銃」の光景

 神奈川新聞《台風被害の静岡救え 神奈川からできる支援とは》[掲載日 2022年9月28日 05:55] から下に引用する.
 
台風15号で記録的な大雨に見舞われた静岡県内の被災地を支援しようと、神奈川の災害ボランティアが活動を始めた。大規模断水が続く静岡市清水区の住民に飲料水などを提供するほか、これから本格化する浸水住宅の復旧作業などへの協力を視野に、継続的な支援の方策を探っている。
 
 私は会社員生活の半分以上を静岡県の中部 (現静岡市清水区) で過ごしたので,今でも知人が多い.
 台風15号で静岡市が被災したとテレビの報道で知り,何か必要なものがあれば送りたいと思って清水区の知人に連絡を取った.
 知人たちが済む清水区には,市の東部を流れる興津川の下流から取水して上水道にしている地区と,そうでない地区がある.興津川から取水している上水道は清水区の八割に及ぶという.
 清水区 (旧清水市) は鄙びた土地柄で,住民は昔から住んでいる人々である.人口は減る一方で,そのために県庁所在地の静岡市に吸収された歴史がある.(年寄りは「静岡市と合併したんだ」と言い張るが,どうみても吸収だ w)
 それだけに,何かあった時には古くからの地縁血縁が頼りになる土地柄である.
 私の知人は「飲料水は,断水していない地域に行けば知り合いに分けてもらえるし,給水車も来るから困っていない」と言った.
 風呂はどうかというと,市内の温泉施設が無料開放してくれたりしているし,件の私の知人はスポーツクラブで風呂に入っているそうだ.
 そこで一番困るのは,トイレである.防災の心得として,バスタブに常に水をためて置けとはよく言われることだが,これがなかなか実行できないようだ.
 
 さて清水区の北部は海抜が低い土地で,五十年近く前の私が若い時,集中豪雨による洪水で床上浸水になったことがある.(SBSテレビ《【アーカイブ#02】1974年7月7日 静岡県内を襲った七夕豪雨》[掲載日 2022年7月7日])
 五十年近く前というと実に古い話なのだが,それくらい静岡県は災害の少ない地方なのである.
 その洪水の時,私は会社の独身寮 (現清水区の南側の地域) に住んでいて,洪水被害には全く遭わなかったのだが,雨がやんだあと,会社の指示で清水北部の被災地区へ復旧支援に出動した.
 三日間の救援ボランティアで知ったのであるが,床上浸水被害の厄介なところは,畳がダメになることだ.
 特に夏場は,すぐ腐る.この腐った畳の片付けも大変だが,家屋内の泥を洗い流したとしても,きれいになった部屋に敷く新しい畳は簡単には手に入らないのである.
 かつての七夕洪水の時でも,畳は近隣の県からの援助が必要だった.
 冒頭の記事に《継続的な支援の方策》とあるが,畳の緊急増産はその一つである.これは毎年のように水害に見舞われる九州各地でも事情は同じだろう.
 
 ところで,静岡市の水害に関する報道が少ないという声がある.なんとなく安倍元首相の「国葬」があるから災害報道が自粛されたんじゃないかというのだ.
 だが,私はヒマでテレビをよく観ているので言うが,NHKは民放とは異なって一日のうちに何度もニュースの時間があるけれど,頻繁に静岡市の被災について報道をしていたと思う.水害の規模からすると,今回の水害報道は過不足なかったと思う.
 ところがスポーツニッポン《東ちづる 静岡の被害状況より国葬一色の報道に危機感「情報が満遍なくフラットに伝わるって、大事なこと」》[掲載日 2022年9月27日 17:43] には次の記述がある.
 
女優の東ちづる(62)が27日、自身のツイッターを更新。国葬中継番組にまつわるエピソードをつづった。
「ある待合室のテレビ。国葬の中継番組だった。50代と60代の女性が『立派ねえ』『ほんとねえ』と見入っていた」と記述。「隣の私が『静岡は大変なことになっていますね』」と呟いた。すると『あら、何かあったの?』『どうしたの?』と。おふたりに事実だけを伝えた。何だか悲しくなってきて、その場を去った」と明かした。
 国葬開催の一方で、台風15号による影響で大規模な断水、停電などが発生し、厳しい状況が続く静岡。「情報が満遍なくフラットに伝わるって、大事なことだ。知らないと気づけないから、思考できない。それは恐ろしいことだと思った」と追記し、国葬一色の報道に危機感をのぞかせた。
 
 スポニチの記事は,東ちづるさんは《国葬一色の報道に危機感をのぞかせた》というのだが,東さんの意見に私は少し違和感を抱く.私は安倍「国葬」に反対の意見を持っているが,しかし私にはメディアが《国葬一色の報道》には思えなかったのだ.
 東ちづるさんが目撃した,ある待合室のテレビで《『立派ねえ』『ほんとねえ』と見入っていた》二人の女性は,国葬があろうとなかろうと,災害なんかに関心はない人々だと私には思われる.地方のどこかで地震が起きようが洪水になろうが,そういうことに関心を持たない人々は確実に存在していて,テレビ番組を見て《『立派ねえ』『ほんとねえ』》なんてことを言っているに違いないのである.
 あの「国葬」中継を見て「立派ねえ」という感想を述べることからして,件の二人の女性は頭がカラなのである.皇室の行事や,英国王室の行事のテレビ中継を見て「立派ねえ」ならわかるが,武道館に建てられた安倍「国葬」の祭壇は,拍子抜けするくらいお粗末だったと私は思う.政府は「国葬」ではなく「国葬儀」だと言い張ったが,ともかく葬儀に「国」が付くのだから,もうちょっと立派な造作にならなかったのか.安倍「国葬」反対派の私から見ても,貧相な祭壇だった.
 だが祭壇のお粗末さよりも,式次第に問題があった.参列者が会場に揃ったあと,自衛隊の儀仗隊が入場して「捧げ銃」を行ったのだ.異様な光景であった.
 自衛隊最高指揮官は総理大臣であるが,これは「充て職」である.総理大臣が交代すれば自衛隊最高指揮官も交代する.従って現職の総理大臣に「捧げ銃」を行うのは理にかなっているが,安倍晋三は銃撃死した時には総理大臣ではなかった.つまり自衛隊は自衛隊と無縁の人物に「捧げ銃」をしたことになる.この演出に違法性はないのか.これをメディアは問題視すべきである.
 
 余談だが,静岡市の水害にからんで浅ましいことをした輩がいる.愛知知事選挙立候補予定者を自称する山下俊輔という男である.
 この六月の参議院選挙で愛知県選挙区に立候補して惨敗した泡沫候補である.
 この男は静岡市の水害に無関係であるにもかかわらず,水害でてんてこ舞いをしている静岡県災害対策課に電話して非常識な迷惑をかけた.
 そして以下の文章をツイートした.
おはようございます。
 現在、台風被害で愛知県の隣県,静岡県静岡市清水区で断水状態により多く方が大変困っておられるとのことです。未だ自衛隊災害派遣がなされていない状態の様です。自衛隊法第83条を根拠法とする静岡県知事による自衛隊災害派遣要請が待たれます。日本再建。頑張ります。
 國體護持 午前8:27 · 2022年9月26日
 
20220929a
 
 文末の「國體護持」が,若造のくせにアナクロの馬鹿丸出しである.そして自称「行動する愛国者」だとさ.(この男の個人サイトはここ)
 たぶんこいつは,西日本で水害が発生しても,県庁に電話するに違いない.選挙運動のつもりなのだ.情けない.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)



|

« ヒジャブのこと /工事中 | トップページ | 故人を悼むよりもワタシを見て!という女 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事