« 鶏とクスクスのグラタン | トップページ | 百日の説法屁ひとつ »

2022年6月24日 (金)

実用的なものには生活感があるのだ

 ウェブ・マガジンの《イチオシ》に載っていた記事《【ニトリ】ガラスジャーで米びつの生活感ゼロへ!おしゃれキッチンの作り方》を下に引用して紹介する.
 
《イチオシ編集部;
 優秀な収納アイテムが揃う「ニトリ」のアイテムから、プチプラの生活雑貨に詳しいYouTuberの「暮らし。すきなもんちゅーぶ」さんが米びつにもなる「ガラスジャー」を紹介してくれました。米びつっぽくなくて、生活感のない見た目がお気に入りなのだそう。
ニトリの「ガラスジャー」をYouTuberの「暮らし。すきなもんちゅーぶ」さんがご紹介。0.7L容量で、約5kのお米が入るそう。蓋にはパッキン付きで、米びつとしての使いやすさも◎みたいです。
・価格:1314円(税込)
 
 YouTuberすきなもんちゅーぶ;
 ニトリの「ガラスジャー」をご紹介。0.7L容量で、米びつにもなるんです。
 見えるところにおいても、あまり生活感を感じない見た目が◎。パッキン付きの蓋で密閉できるのも嬉しい。
 気になった方は、ぜひ店頭でチェックしてみてください。
 
《イチオシ》に載っている“すきなもんちゅーぶ”さんのプロフは次の通り.《アラフォー主婦。YouTubeチャンネル【暮らし。すきなもんちゅーぶ】では、掃除・収納・100均購入品。暮らしの中で好きな物だけを配信。為になる動画を撮りたく整理収納アドバイザー1級・クリンネスト1級を取得しました。
 YouTubeに載っている動画には“すきなもんちゅーぶさん”の,きれいにネイルされた掌が撮られている.
 その動画も紹介する.《【ニトリ購入品】知らないと後悔する!収納に使える優秀アイテム|スリコ・IKEA》だが,この動画は十万回以上も視聴されている.
 このYouTuberさんは《為になる動画を撮り》《暮らしの中で好きな物だけを配信》しているわけだ.
 さて,この為になる動画を視聴した誰もが首を傾げるに違いない.
“すきなもんちゅーぶ”さんは《ニトリの「ガラスジャー」をご紹介。0.7L容量で、米びつにもなるんです》と書いているが,《0.7L》のガラス瓶は700ミリリットルだから,料理に標準的に用いられる香川綾式計量カップ (200ミリリットル) で三カップ強しか入らない.炊飯に使用される米の計量カップ (180ミリリットル) でも四カップは入らない.
 ところが“すきなもんちゅーぶ”さんが《為になる動画》としてネットに載せた《ニトリの「ガラスジャー」をご紹介。0.7L容量》はかなり大きい.ラッキョウとか梅酒を漬けるのにちょうどよい大きさだ.とても《0.7L容量》には見えない.
 下の画像は当該動画のスクリーン・ショットである.
 
20220624b
 
 もうおわかりであろう.“すきなもんちゅーぶ”さんは容積とか体積とかが感覚的に理解できないのである.
 彼女は7Lのガラスジャーを見て《0.7L》だと思い込んでいるのだ.まるで小学生以下だが (以下略)
 もちろん昔の人は料理をする時にすべて目分量という計量方法を用いていた.w
 容積とか体積とかの単位もへったくれもない.w
 しかし今の若い人は,食材の量 (重量または体積) を記載してあるいわゆる「レシピ」を参考にするだろう.
 少しでも料理を作った経験のある人は,食材の量を「一カップというのは,これくらいの量だ」と感覚的に把握できる.十倍も間違うことは絶対にない.
 つまり食材の量というものを感覚的に,直感的に理解できていない“すきなもんちゅーぶ”さんは,言い換えれば料理をしたことがないのである.
 ならばこういう人は,普段は米を炊いたこともないのに,どんな動機で米の容器を動画に撮ってネットに上げたのであろう.
 彼女の動画は大した視聴回数ではないから,たぶんカネ儲けにはなっていないだろう.だとすると彼女は,そこら辺のYouTuberのようにカネ欲しさではなく,純真な気持ちで,おしゃれなインテリアをみんなに紹介したいのであろう.ねえみんな見て見て,私のキッチンはおしゃれなのよー.
 
 ところで,実生活で炊飯をする人には常識だが,自分の食生活にとって都合の良い白米量 (ex.一合,二合,三合 etc.) を予め計量してジップロックなどのジップ付食品保存袋に分け,冷蔵庫保存するのがよい.
 小分けする理由だが,店頭販売されている時のパッケージ (二キログラム入りなど) をそのまま冷蔵庫に入れて保存すると,炊飯しようとして冷えた白米を計量するときに,パッケージの中の白米が結露してしまうからである.
 
 テレビによく出演されるタサン志麻さんの台所は,料理をしない人には「おしゃれ」に全然見えないだろうが,とても実用的である.生活感満載だ.
“すきなもんちゅーぶ”さんは《見えるところにおいても、あまり生活感を感じない見た目が◎》と書いているが,重い米を重いガラスジャーに入れるのは常識に欠ける思い付きだ.重いということが,どんなに使いにくいか,実際にやってもいないからこんな動画を撮ったのだ.
 実用に適さないものには生活感がない.そのことがわからないなら,おしゃれな生活道具を捨ててミニマリストの道を進まれるのがよかろう.

|

« 鶏とクスクスのグラタン | トップページ | 百日の説法屁ひとつ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事