« 誰の言葉か知りたい | トップページ | ロシア兵は鬼畜である »

2022年4月 7日 (木)

「プーチンの正義」を小原ブラスは語った

 在日ロシア人でタレントの小原ブラスは,いわゆる「プーチンの正義」について語った.
 神戸新聞NEXT《ロシア出身、姫路育ちの小原ブラスさん ウクライナ侵攻に「未来考え、世論つくることが大切」》[掲載日 2022年4月4日 08:30] から引用する.
 
例えば『ウクライナの民間人が犠牲になっている』という事実を一つとっても、西側は『ロシア軍の攻撃によって亡くなった』と伝えている。一方、ロシアは『ウクライナ軍が人間の盾として民間人を使い、犠牲になった』と報じている。一つの出来事が全く違うものとして、捉えられています。私たちの視点が正しいかどうか、別の見方があるということを常に意識しておくことが必要です。
 
 事実と「視点」とやらを一緒くたにしてしまう知能程度では,どんなデマでも正しいことになる.
 欧米メディアの取材者が撮影した映像を私は観た.ブチャの道路に放置された遺体があった.
 その死者は,犬のリードを繋いだ自転車に乗って,犬の散歩に出たところを射殺されたものと考えられた.
 横転した自転車にリードを繋がれたままの犬は,帰らぬ主人の側に伏せの姿勢で待ち続けていた.また散歩に連れて行ってもらえるのを,何日も何日も.その映像を観て,私は泣いた.
 小原ブラスは,自転車に乗って散歩にでた市民を「人間の盾」だという.小原が言う「人間の盾」は散歩をするというのだ.
 
 別の取材者に対して,ブチャで生き残った老婦人は「市民たちが建物に集められ,そこに立て籠もったロシア兵がウクライナ人を無差別射撃した」と証言した.
 小原ブラスよ,これを人質=人間の盾と呼ぶのではないのか.
 私たちの健全な常識では,「視点」は複数あっても,事実は一つだ.
 しかし小原ブラスは「視点」ごとに別の「事実」があると言う.それを「プーチンの正義」と呼ぶのだ.
 
いつかロシアが自由な国になったら、思い出の場所を訪れてみたいです
 
 ロシアは,中世以来このかた,一度たりとも自由の国であったことはない.
 かつてはロシア皇帝が農奴を暴力で支配した.次は共産党書記長という皇帝が暴力で市民と農民を支配した.
 大統領制が敷かれたあとは,大統領が独裁する国となった.
 これからもロシアは,大統領という皇帝が支配する国であり続けるだろう.
 いずれの日にかプーチンが倒されるのも暴力によるに違いない.そして今度は将軍という皇帝が独裁する.
 かくも暴力で血塗られたロシアの地で「自由」なのはロシア人だけだ.小原ブラスは,そこで思い出にひたるがよい.

|

« 誰の言葉か知りたい | トップページ | ロシア兵は鬼畜である »

新・雑事雑感」カテゴリの記事