« 「プーチンの正義」を小原ブラスは語った | トップページ | ユニセックスで素晴らしい生活水準の灰皿 »

2022年4月 8日 (金)

ロシア兵は鬼畜である

 私は昨日の記事《「プーチンの正義」を小原ブラスは語った》で次のように書いた.
 
欧米メディアの取材者が撮影した映像を私は観た.ブチャの道路に放置された遺体があった.
 その死者は,犬のリードを繋いだ自転車に乗って,犬の散歩に出たところを射殺されたものと考えられた.
 横転した自転車にリードを繋がれたままの犬は,帰らぬ主人の側に伏せの姿勢で待ち続けていた.また散歩に連れて行ってもらえるのを,何日も何日も.その映像を観て,私は泣いた.
 
 もしかすると,上に書いたロシア兵に殺害された遺体は,ドイツのシュピーゲルが報道した記事に書かれている死者かも知れない.
 ロシア兵が民間人殺害について話し合う無線通信をドイツの情報機関が傍受したとの報道である.
 テレ朝news《ロシア兵“ピースサイン”笑顔で攻撃「毎日こんな感じ」 ※動画視聴の際ご注意下さい》[掲載日 2022年4月8日 10:43] から下に引用する.
 
■無線で傍受…ロシア兵「銃撃して殺害」
 虐殺を巡る新情報も出てきました。
 ロシア兵が、民間人殺害について話し合う無線通信をドイツの情報機関が傍受したと、同国のメディア「シュピーゲル」が報じたのです。
 ある兵士の会話です。
 ロシア兵の会話:「自転車に乗っていた人を銃撃して殺害した」「その場にいる民間人には、まず尋問し、その後、銃撃すべきだ」
 ロシア軍が、無抵抗の民間人を殺害したことを示唆する、新たな証拠になる可能性があります。
 
 名もなき死者の無念の死を,世界中の人々が悼んでいる.
「プーチンが悪いのであってロシア人は悪くない.情報操作されているだけなのだ」と主張する愚か者どもが日本のテレビに出ている.そんなことがあるものか.
 映像を見てくれ.ロシア兵たちはカメラに向かってピースサインをしながら殺人を楽しんでいる.
 プーチンに騙されたことにすれば,彼らは思い切り殺人を楽しむことができるのだ.
 暗殺,拷問,血の粛清,ジェノサイド,略奪,女性凌辱 etc..自由主義先進諸国ではこれらの犯罪とされることが,ロシアではレーニン以来の正義なのである.
 
 ウクライナ東部と南部を侵略している鬼畜どもは,戦場に移動式焼却炉を運び込み,銃であるいは砲撃で殺した民間人の遺体を次から次に焼いていると報道されている.
 ブチャで行われた殺戮の証拠として,衛星写真に写った遺体の映像が公開されたからである.
 その失敗を繰り返さぬための証拠隠滅だ.憎まれ軽蔑され呪われるべきこの鬼どもは,きっとピースサインをしながら遺体を焼いて,灰をどこかに撒いているのだろう.
 愚かなことだ.その焼却炉で何が行われているかも衛星写真で撮影されているからである.
 ウクライナの人々は,ロシアに殺された親兄弟,友達の遺体を埋葬することもできない.死者たちはこの世にいなかったことにされた.
 
 ロシアは完全にナチス化した.プーチンは,ヒトラーとスターリンが憑依した化け物だ.焼却炉の隣にガス室が建設中かも知れぬ.
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« 「プーチンの正義」を小原ブラスは語った | トップページ | ユニセックスで素晴らしい生活水準の灰皿 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事