« 報道の正確性について | トップページ | 誰の言葉か知りたい »

2022年4月 5日 (火)

ロシアによって再び行われたジェノサイド

 ウクライナ北部,キーウ周辺で行われたロシア軍によるジェノサイドが明らかになりつつある.
 ロシアによるウクライナ侵略の直前から私はこのブログで何度も書いてきたが,プーチンの戦争の目的はウクライナのNATO加盟阻止だとか,ロシアの安全保障だとかではない.ジェノサイドだ.スターリンの嫡流たるプーチンの戦争目的は,英雄スターリンが成しえなかったウクライナのジェノサイドを完遂して,スターリンを越えるロシア英雄になることだ.
 
 あたかもヒトラーとスターリンがキメラとなって甦ったかのような怪物がプーチンである.
 この人獣の目的は,殺戮だ.
 プーチンが軍に「ウクライナ人は殺せ」と命ずれば,血に飢えたロシア兵たちは魔物のようにウクライナの市民たちに襲い掛かる.
 男たちの耳を切り取り,歯を抜き,子供を拷問し,子を連れた女性はその子の眼前で凌辱される.
 満蒙開拓団の悲劇が繰り返されたのである.
 ロシア兵に襲われた満蒙開拓団の凄惨な体験談 (先日亡くなった俳優宝田明さんはその語り部の一人であった) を,私たち高齢者は子供時代に満州引揚者から聴いた.日本軍部と新聞は鬼畜米英と叫んだが,本当の鬼畜は露だったのである.
 ロシアは,キーウ周辺の殺戮はウクライナがやったことだと宣伝している.
 ロシア=ソ連は,自らが手を下した虐殺を,他者がやったと宣伝して犯罪をなすり付ける.これはロシアの卑劣な伝統戦術だ.私たちはカティンの森事件を思い起こさねばならない.
 
 私たちは知っている.殺戮と凌辱は,第二次大戦前からのロシア人の原罪だ.ロシア人は,ウクライナ人を地上から殲滅するまで侵略を続けるだろう.彼らの願いはホロドモールを完成することだからである.
 従って,ウクライナ南部からロシアに連行された一般市民たちの安否が強く案ぜられる.
 しかるにデマゴーグ橋下徹は,ウクライナ市民は連行されたのではなく,ロシアの親戚のところに連れて行ってもらったのだと語った.恥を知れ.
 
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« 報道の正確性について | トップページ | 誰の言葉か知りたい »

新・雑事雑感」カテゴリの記事