« コソ泥舛添の嘘「介護」について | トップページ | 虹の橋を渡る準備 »

2022年3月 1日 (火)

朝ドラでは窃盗は不問に付します (皆様のNHK)

 NHK朝ドラ《カムカムエヴリバディ》のシナリオライターが最近まで「最終回までに,これまでの伏線をすべて回収してみせる」と豪語していたが,結局嘘であることが判明した.
 MANTAN Inc.《カムカムエヴリバディ:サンタが「大月」へ まさかの結末、視聴者も驚き(ネタバレあり)》[掲載日 2022年3月1日 08:16] から引用する.
 
サンタ(濱田岳さん)が商店街に姿を現し、ひなたの案内で回転焼き屋「大月」へ。道中、「ひなたちゃん見てると妹を思い出すんじゃ」などと話していると、店に到着。店先で錠一郎(オダギリジョーさん)がるい(深津さん)の名を呼び、2人が話している会話が聞こえてくると、サンタは「るい……」とつぶやき、岡山にいたころ、幼いるいと過ごした日々の記憶がよみがえった。
 ひなたが「おかあちゃん、このおっちゃんに回転焼き焼いたげて」というと、ひなたの方へ振り返ったるいは「どのおっちゃん?」と返答。そこにサンタの姿はなく、「それきりサンタは、ひなたの前に姿を現しませんでした」とナレーションが流れた。
 サンタのまさかの結末に、SNSでは「算太! ここまで来て、逃げた!」「え……算太、なんで……」「さんたあああ!おめええええ逃げるなあ」「また逃げるのか算太」「やっぱり会わないんか~そんな気もしてたけど」「そりゃー顔出せんわなー」と驚きの声が多数上がっていた。》(引用文中の文字の着色強調は当ブログ筆者が行った)
 
また逃げるのか算太》などと驚いている場合か.
 何の脈絡もなく唐突に二代目モモケンの親友という設定 (二人が親友になったのは映画館で「偶然」出会ったからというお手軽さだ) で再登場した算太は,また姿を消し,もう登場しないというのである.(引用中の赤字部分)
 ドラマというものは,必然性が織りなすものだ.例えばミステリーで「偶然に」が出てきたら駄作に決まっている.
 さて算太に係る伏線とは何か.初代のヒロイン安子と二代目ヒロインるいの生き別れの原因となったのは,安子が貯めた和菓子屋「橘」の再建資金を算太が盗んで逃走したことである.
 その算太が窃盗した多額の資金はどうなったのか.何に使い果たしたのか.シナリオライターはなんにも説明しないというのだ.
 これほど視聴者をバカにしたドラマがあってよいものか.
 しかも,このままではNHKは,朝ドラを観続けてきた青少年に「朝ドラでは窃盗は不問に付します.犯罪ではありませーん」と言っているに等しい.公序良俗に反することを「皆様のNHK」がやるのだ.
 もう一度言う.《そりゃー顔出せんわなー》などと驚いている場合ではないのだ.妹の資金でも,盗んだら犯罪だからである.
 しかし妹の財産なら盗んでも法の裁きを受けなくてもよいと「皆様のNHK」は言うのだ.
 
 この調子では,何の説明もなく唐突にトランペットを吹けなくなった大月錠一郎が,るいのヒモになり,遊んで暮らす「働かないおじさん」になった理由も説明なく終わるのだろう.
 ラジオ英会話の話はどうなった.
 和菓子屋再建の話はどうなった.
 渡米した戦争花嫁の安子の運命はどうなった.
 女中に手を付けて妊娠させた下半身ゆるすぎの馬鹿義弟はどうしている.
 二代目ヒロインるいと三代目ヒロインひなたの,名前の元になったルイ・アームストロングが演奏する“On the Sunny Side of the Street”の話はどうなった.戦後日本におけるジャズの話はどうなった.
 もう放送は一ヶ月しかない.とてもじゃないが,伏線は回収されないだろう.インチキドラマにつき合わせてまことに申し訳ないと視聴者に謝らんか,このドアホ.

|

« コソ泥舛添の嘘「介護」について | トップページ | 虹の橋を渡る準備 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事