« 唐揚げでバッグにシミが | トップページ | 前歯工事中 /工事中 »

2022年3月25日 (金)

コウモリ野郎

 日刊スポーツ《ロシア出身タレント小原ブラス「ロシアの愚かさを見て選挙に参加することの大切さに気づいて」》[掲載日 2022年3月24日 10:50] を読んで呆れた.
 
ロシア出身のタレントでコラムニストの小原ブラス(29)が23日、ツイッターを更新。「ロシアの愚かさを見て、選挙に参加することの大切さに気づいて欲しい」と呼びかけた。
 小原は「『どーせ私の1票の投票ではなにも変わらない。』『政治は遠い世界のことだから自分には関係ない』こういう意識が生んだのがプーチンという恐ろしい独裁者。(選挙の不正もあったけど)」とした上で、「ロシアの愚かさを見て、選挙に参加することの大切さに気づいて欲しい」と訴えた。
 
 私のブログで既に書いたことだが,小原ブラスは,プーチンの戦争が始まる前はプーチン支持者だった.テレビ《中居正広のニュースな会》で「ロシアとウクライナは兄弟国であり,ウクライナの人は親戚がロシアにいる人が多い.だからプーチン大統領は絶対にウクライナに侵攻しない」と述べ,プーチンは正しい判断をするはずとたたえたのである.
 だが,プーチンはウクライナを兄弟国と見做していないことが,プーチンの戦争によって明らかになった.
 兄弟どころか,かつてソ連=ロシアのスターリンは,ウクライナの人々をジェノサイド (Wikipedia【ホロドモール】を参照のこと) せんとした.それほどまでにソ連=ロシアはウクライナを憎んでいたのだ.
 その事実を隠蔽 (日本人はソ連=ロシアの暗黒歴史を知らないに違いないと多寡をくくったのだろう) して,小原ブラスはプーチン支持をぶちあげたのである.
 そして,それだけではあきたらず,つい最近の事件でも反ウクライナの主張を行った.ロシアの国営テレビの職員であったマリーナ・オフシャンニコワさんが生放送中にニュースキャスターの後ろに写り込んで反戦を訴えたことに関して,小原ブラスは,あれはヤラセだと主張したのである.(MCの太田光も同調した)
 それが一体どうしたことだ.
 突然に態度をヒラリと変えて,日刊スポーツの記事で《プーチンという恐ろしい独裁者》と言ってのけたのだ.
 機を見るに敏,日和見,無定見,コウモリ野郎,卑劣漢,etc.
 私たちは小原ブラスを蔑もうではないか.
 
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)



 

|

« 唐揚げでバッグにシミが | トップページ | 前歯工事中 /工事中 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事