« ある友情の終わり | トップページ | コウモリ野郎 »

2022年3月24日 (木)

唐揚げでバッグにシミが

citrus《【注意喚起】用意周到な手口にゾッとする…から揚げ屋さんが遭遇した "詐欺未遂" の内容が話題に》[掲載日 2022年3月23日 19:00] から下に引用する.
 
3月8日、詐欺が来店。手口を公開しますので、防犯の為に拡散要請。
 20代らしき男が来店し、いわく。
「昨日、唐揚げを買ったが、唐揚げを入れる茶色の紙袋にいつものシールが貼られていなかった為、レジ袋の中で唐揚げが散乱し、レジ袋の中にいれておいたエルメスの財布60万円相当に油シミがべっとり付いた。財布はエルメスに持っていき、修理の見積もりを待っている所だが、シミは抜けないだろう、と言われている。どうしてくれる?」
 この発言から分かることは、事前の店舗観察、ストーリーの構築に用意周到性があることだ。最後の「どうしてくれる」も金品の直接要求でない点で手慣れていてあちこちの店舗で詐欺をしている可能性が高い。
 私は対応を検討し後日連絡しますと言い、名前と電話をきいて帰ってもらった。その後、記録を調べてみるとその男は昨日、来店していなく、男の言う構成で唐揚げを買った人がいない事が判明した。
 警察を呼ぶと、詐欺未遂罪に該当する可能性が高いと言われ、今後は、そういう者が現れた時点で、即110番せよ、とのこと。民事不介入でだめなんじゃないかとか考えずに躊躇なく110番せよ、と。
 狙われやすいのは個人商店風の店。オーナーの一存で数万円払って和解としてしまうことが多いからだ。特に唐揚げ店は油による汚れの因縁もつけやすい。
 
 詐欺の被害に遭いそうになった唐揚げ屋さんの注意喚起については,業者の皆さんで共有して頂くとして,私の話は,逆に唐揚げ屋に被害を受けたこと.
 藤沢市の中心部に藤沢橋交差点がある.箱根駅伝第三区のテレビ中継でお馴染みの遊行寺坂を下りきったところだ.
 この交差点を江ノ島方面に進むと大きな交差点 (郵便局前交差点) があり,右側向こうの角に藤沢郵便局がある.
 藤沢橋と郵便局前の中間点あたりの左側に「からあげ専門店 加納商店藤沢店」がある.(食べログはここ)
 この店は藤沢駅北口の商店街からちょっと離れていて立地は悪いのだが,開店してから既に一年くらい商売を続けている.
 ひょっとしたら,うまいのかも知れぬ.
 そう思った私は,ある日,唐揚げを買いに店に入ってみた.
 
 店の中では若い男が唐揚げを揚げている最中だった.
 店内の壁には品書きがやたらにたくさん貼ってあったが,どれが何やら全くわからぬ.
 そこで「初めてなんですけど,一番の売れ筋はなんですか?」と訊いてみた.
 すると店員 (店長かも?) は「清原醤油からあげっす」と言った.
 清原醤油からあげ?
 なんのことかわからぬが「じゃそれを六個ください」と私は注文した.
 普通,スーパーやデパートの惣菜では「鶏もも唐揚げ」とか「鶏むね唐揚げ」など鶏の部位ごとに商品の種類をわけているが,この店はKFCの「オリジナル」とか「レッドホット」などのように,揚げ方 (味付け) で分けているようだ.
 
 あとで調べたところ,湘南一帯にいくつも店舗展開している居酒屋チェーンがあり,唐揚げ屋の加納商店はその系列の惣菜店らしい.
 チェーン店本部の公式サイトを探して読んでみると,「清原醤油からあげ」は,茨城県竜ケ崎市にある醤油会社清原醤油の製品を下味に用いた唐揚げという意味のようだ.清原醤油が,唐揚げのカンムリにするほど有名で特別な醤油なのかどうか私は知らないが.
 さて注文を受けた店員は,フライヤーから揚げたての「清原醤油からあげ」を六個,油切りバット (商品例@アマゾン) に取り出した.
 そして透明なスチロール樹脂製の通称「フードパック」(商品例@アマゾン) に入れてテープでフタを留めた.私はそれをレジ袋に入れてもらった.
 唐揚げを入れたレジ袋は,いつも買い物バッグに使っている帆布のトートバッグに入れ,帰宅した.
 
 家に戻って,件のレジ袋から唐揚げを取り出そうとして私は愕然とした.
 唐揚げが入っていたフードパックは,唐揚げの熱でクシャクシャに変形していた.スチロール樹脂の耐熱性は低く,80℃である.スーパー惣菜のコロッケなどもフードパックに入っているが,あれは粗熱を取ってから入れるのだ.
 そして,私が買った唐揚げはよく油切れしてないうちにフードパックに入れたので,かなりたくさんの揚げ油がしみ出た.残っていた油は,ざっと目分量で10mlくらいはあったろう.
 フードパックから漏れ出た油の量はわからないが,私のお気に入りのトートバッグに直系10cmくらいの大きなシミを作った.
 しかし私の帆布トートバッグは色がネイビーブルーなので,洗剤で染み抜きしてから洗濯したら目立たなくなった.まあ,その程度の被害で済んでよかった.
 
 そこで冒頭に示した引用文中の《唐揚げを入れる茶色の紙袋》のこと.
 この袋はクラフト紙製で,内面は耐油性処理がされており,焼鳥屋とか揚物屋でよく使用されている包材だ.耐熱性も高いので,鶏唐揚げには最適だと思うのだが,揚げたてをフードパックに入れて売っているという点で,加納商店はシロートと言わざるを得ない.この店の唐揚げは,味がよいならともかく,味もB級なのでリピートなしに決定!
 
 
*********************************************
ウクライナに自由と光あれ
Pics2693_20220307154501
(国旗画像は著作権者来夢来人さんの御好意により
ウクライナ国旗のフリー素材から拝借した)


|

« ある友情の終わり | トップページ | コウモリ野郎 »

外食放浪記」カテゴリの記事