« 映画は独りで観る | トップページ | ウクライナ軍があと一週間踏みこたえれば »

2022年2月25日 (金)

狂気のツァーリ

 昨日,ロシアは,クリミアとウクライナ東部およびベラルーシの三方から,ウクライナへの進軍を開始した.ウクライナの11都市がロシア軍の攻撃にさらされ,複数の民間人死者も出た.
 ウクライナへの全面侵略の開始と同時に,プーチンは核戦争の可能性に言及した.(HUFFPOST《プーチン大統領「ロシアは強力な核保有国」と強調》[掲載日 2022年02月24日 15:34])
 報道によれば,ロシアの軍人筋は,ポーランドやハンガリーなどへの侵略の可能性にも触れた.ウクライナからポーランド国境を越えて難民も発生している.
 こうなるとプーチンは,もはや狂人である.プーチンが率いるロシアは,かつてのナチス・ドイツ以上に危険な国家となった.
 西側諸国には「核戦争は回避すべきだ」という理性があるが,プーチンにはない.プーチンは核戦争を恐れない.核戦争で生き残るのは,広い領土を有するロシアだ.欧州全土が放射能汚染されても,ロシアにはロシア人が住むところは残るからだ.
 プーチンは,核戦争開始のスイッチに指をかけながら西側諸国に後退を迫り,東西冷戦時代の旧ソ連版図を回復するまでロシアの周辺国侵略は続くに違いない.ツァーリと呼ばれるこの狂人の目的は偉大なロシア帝国の再建だろう.プーチンの狂気に比べれば,現代社会におけるもう一人の皇帝である習近平が穏健に見えてくるから不思議だ.
 
 テレビの情報番組では,準レギュラーのコメンテーターとしてロシア人や親ロシアのウクライナ人が出演し,プーチンを支持することがある.《中居正広のニュースな会》などだ.テレビは,彼ら日本在住ロシア人の現状認識と核兵器使用に関する見解を質すべきだと思う.プーチンによる核戦争開始の脅しについて,彼らがいささかでも支持するなら,被爆国日本のメディアの良識として,彼らをテレビから追放しなければいけない.プーチンの宣伝塔を買って出た恥知らずの本田圭佑もだ.

|

« 映画は独りで観る | トップページ | ウクライナ軍があと一週間踏みこたえれば »

新・雑事雑感」カテゴリの記事