« 60年代のジャズ喫茶 /工事中 | トップページ | お勧め出汁パック »

2022年1月18日 (火)

お気楽「経済アナリスト」

 中日スポーツ《森永卓郎さん、朝のNHK番組で「賃金が上がらないのは消費税のせい」と明言 「公共放送で堂々と流れたことは非常に喜ばしい」の声も》[掲載日 2022年1月19日 12:59] から引用する.
 
また将来の年金について、「もらうことはできますが…支給額は大幅に減る」と予想。現在、標準世帯の夫婦合計で月額21万円の厚生年金が、30年後には月13万円と、38%減少すると明かした。加えて老後資金は「年金が下がるなら5000万円近い資金が必要」とも述べ、「生活費を半減させるか、亡くなるまで働き続けるしか解決の方法はない」と断じた。都会と田舎の中間に住み、自給自足の生活をする「トカイナカ」という考えも示した。
 
 この時の放送を私は聴いたが,これだから富裕層は世間知らずなんだ,と思った.
都会と田舎の中間に住み、自給自足の生活を》しながら,どうやって五千万の老後資金を作れと言うのか,この馬鹿は.
 本人はわずかな家庭菜園をやっている (テレビ画面に写真が出た) のだが,それが自給自足だと本気で思っているのなら,救いがたい馬鹿である.農業をなめるな.
 森永卓郎は《亡くなるまで働き続けるしか解決の方法はない》とも述べたが,「健康寿命」という概念を知らぬのか.私たちは死ぬ数年前に健康を失うのである.
「ピンピンコロリ」という言葉がある.庶民の切ない願望を言い表したものだ.
 ほとんどの人は,亡くなる前に働けなくなる.それだけならいいが,働けなくなった挙句に寝たきりになるくらいなら,いっそ早めに死んでしまいたい,というのが「ピンピンコロリ」である.
 そういう低所得庶民の願いなんか知らぬ顔で,テレビとラジオで稼いだ巨額のあぶく銭を趣味に投じて遊んでいる森永という男の正体を,私たちは知るべきだ.
 この森永のたわごとを聞いた桑子真帆アナが首を傾げて「誰にでもできることじゃありませんね」と軽い嫌味のニュアンスで感想を述べたのには全くの同感であった.
 

|

« 60年代のジャズ喫茶 /工事中 | トップページ | お勧め出汁パック »

新・雑事雑感」カテゴリの記事