« お勧め出汁パック | トップページ | 出汁パックと紙おむつ »

2022年1月21日 (金)

卑劣漢大月錠一郎w

 NHK《カムカムエヴリバディ》にハマった私がばかでした.
 
 るいにプロポーズしたジョーこと大月錠一郎にダメ男フラグが立ちました.
 東京に行ったまま音信不通のジョーの身を案じるるいからの手紙に返事も書かず,それを諫めた社長令嬢の奈々を,るいと別れるための言い訳に使うという卑劣さには驚きました.
 嘘吐きを愛してしまった哀れなるい.略奪女という濡れ衣を着せられた可哀そうな奈々.
 娘をよろしく頼むと頭を下げたクリーニング屋の竹村のメンツ丸つぶれ.
 死ね,このどあほ.ひとに受けた恩を仇で返すな.なーにがサニーサイドじゃ.
 岡山編の下半身ユルすぎ男 (安子の義弟勇) とか,安子の金を持ち逃げした盗人野郎 (安子の兄算太) の次,大阪編では嘘吐きサイテー男錠一郎かよ.このドラマは,品性が悪すぎ.
 
 ストリート・ピアノのドキュメンタリ番組を観ていると,かつてピアニストになりたいと熱望していたが,運か才能か,あるいはその両方かで,ピアニストへの道を断念した人たちが登場する.
 彼らは潔く撤退して,ピアノ塾の先生になったり,趣味としてピアノを続けたりしている.
 ピアノに限らず,才能の枯渇なんて其処らへんに掃いて捨てるほどある話だ.
 だから人間の価値は,挫折後の人生にある.
 例えば私がジョーだったら,まずクリーニング屋の竹村に詫びに行く.
 そして,トランペットは捨てますが,るいは捨てません,よろしくお願いしますと頭を下げる.
 ついては,るいと一緒にクリーニング屋を始めたいので色々教えてくださいと頼む.
 竹村夫妻は大喜びで引き受けるだろう.
 自分の夢なんぞより大切なのは伴侶だ.年寄りになるとそれがしみじみとよくわかる.
 和菓子店の次はカムカムクリーニング店がよいと思う.話の収拾がつかないが,まあいいや.

|

« お勧め出汁パック | トップページ | 出汁パックと紙おむつ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事