« 童話世界の猫 | トップページ | 連載「お箸の国の人なのに」(十六) »

2021年12月18日 (土)

巣ごもり飯がうまい

 私は現在,食事は主に自炊しており,自作の料理と,スーパーやデパートで買ってきた惣菜類とを併用している.
 以前は外食も結構していたのであるが,このコロナ禍の二年間は完全に外食をしていないので,自炊比率がかなり高い.
 私の他にもそういう人は多いらしく,「巣ごもり需要」と呼ぶらしいが,食事が外食から自炊へシフトした結果,キッチン家電 (調理家電) や料理道具の売れ行きが好調だと聞く.
 私も二年前に巣ごもり生活に入ったとき,ティファールのフライパンを購入した.
 これは私としては高級な調理道具なので,取り扱いには充分に注意をしてきたのだが,もう表面処理がだめになって,卵が焼けなくなっている.
 目玉焼きもオムレツも,貼り付いてしまう.
 もしかしたらティファールのフライパンて,品質が悪いんじゃないかと思う今日この頃である.
 通販番組でフライパンを観ていると,箸もフライ返しも使わずに,フライパンを傾けるだけで薄焼きの玉子がスルスルと皿に滑って行く.
 あの映像を観ると,つい注文してしまいそうになるのだが,問題は表面処理の耐久性なのよね.
 
 炊飯ジャーの高価格化も甚だしい.海老蔵親子が「土鍋でなければご飯が許さぬ」と断言する「タイガー魔法瓶 (TIGER) 5.5合 土鍋圧力IH式 土鍋ご泡火炊き JPL-G100K」はタイガーの最高峰モデル (内釜は実際に土鍋) で,アマゾン価格は十万円を超す.(メーカー公表の販売価格は十三万円超)
 アイリスオーヤマ製の普及品は一万円以下だから,この価格差は尋常ではない.
 タイガー JPL-G100K と,超高級土鍋 (価格は数万円~十数万円) でガス炊きするのと,どっちが旨い飯が炊けるのか,どっかのテレビ番組で試験してみてくれないかと思う.
 それを観ながらサトーのごはんをレンチンして食べたいものだ.
 
 先日放送 (12/10) されたテレビ朝日《林修の今でしょ!講座 最高にうまいお米の炊き方》で,米の飯のプロたちが,うまい米飯の炊き方を指南していた.それによると,充分に吸水させた米を炊飯器の早炊きモードで炊くのが最高に旨いとの結論だった.
 番組ではその方法をプロの秘伝のように紹介していたが,それって常識なんじゃないか?
 私が使っている炊飯器は二十年前に購入したパナソニックの製品で,とっくの昔に製造終了したモデルだが,吸水させた米を炊くモードがあって,それは早炊きだ.
 ま,常識だとはいえ,先日のあの放送は,充分に吸水させて早炊きするのがいいのだと,若い人たちに教える意味はあっただろうと思う.
 
 ところで,私は長いこと米は山形の「つや姫」を好んで食べてきたのだが,今年の新米は福島の新しい品種「福、笑い」を試しに通販で買ってみた.(公式サイト《福島県の新しいお米「福、笑い」》)
 震災から十年の歳月を経た今年,震災前から開発に取り組んできた新品種がようやく市場に出たのである.
 原発事故以来,福島の米は低価格に抑えられてきた.しかし「福、笑い」は,他県のブランド米に優るとも劣らぬ食味であると私は評価する.他県産米と同価格帯で戦える品質だ.
「福、笑い」の食味は「つや姫」と甲乙つけ難く,これから先どっちを買うか迷うところである.
 

|

« 童話世界の猫 | トップページ | 連載「お箸の国の人なのに」(十六) »

外食放浪記」カテゴリの記事