« 潰したニンニクはスライスできない | トップページ | 冬は衣類で暖をとりましょう »

2021年12月 6日 (月)

私は,ティアラは借り物にした愛子さんに好感を持つ

 スポニチ《谷原章介 愛子さまのティアラに「どうかつくっていただきたいって残念な思いも抱いたんですけど…」》[掲載日 2021年12月6日 08:46] から引用する.
 
谷原は「愛子さまがティアラをおつくりになられないと聞いた時、本当に素晴らしいご決断だなと同時に、どうかつくっていただきたいって残念な思いも抱いたんですけど、今のお姿を見ると清子さんから引き継いだティアラ一式、そしてお母さまから引き継いだ素敵な図案の衣装。とてもいい形に収まったなと思いますよね」と言い、ローブデコルテには「つやがないことがさらに品の良さを際立ててましたよね」と自身の思いを話した。
 
どうかつくっていただきたいって残念な思い》と《ティアラをおつくりになられないと聞いた時、本当に素晴らしいご決断だなと》は正反対のことである.
 谷原さんは情報番組MCの中でもソツのなさでは一番である.
 テレビ番組の司会が本業ではないから,それでいいと思うが,あまりにあちこちの顔を立てようとすると,正反対のことを言う矛盾を抱えてしまって,まるで阿呆みたいになる.上の箇所がその例だ.こんなことを言うのなら,むしろこの件については口をつぐんだほうがいいと思う.
 そもそも愛子さんがティアラを借り物で済ませたことに関しては,結婚前の小室眞子さんに対する「税金で食ってやがるくせに」どうのこうのという秋篠宮家に対する誹謗中傷が前段としてあった.
 そういう連中 (女性誌) が,愛子さんがティアラを新調しないことを歓迎したかというと,支離滅裂に「伝統を受け継がない」どうのこうのという非難をしたのは国民周知のことだ.
 どうすりゃ喜ぶんだ,女性誌は.(毎日新聞も彼らの尻馬に乗った)
 女性誌 (と文藝春秋社) は,月刊誌時代からこのかたずっと,皇室の女性たちを罵倒することで自分たちの存在をアピールしてきた.
 かれらの攻撃の矛先が向かわないのは,皇族のうちで天皇ただ一人である.
 秋篠宮には「ごり押し結婚を認めるのは憲法違反だ」などという底抜け馬鹿丸出しの主張まで現れた.
 私は,象徴天皇制を廃し,皇族を一般国民と同列に戻してその基本的人権を回復させるべきだと考える人間だ.
 皇室の女性たちが,女性誌と文春の誹謗中傷を甘受せねばならぬ理由は一つもないと考える.

|

« 潰したニンニクはスライスできない | トップページ | 冬は衣類で暖をとりましょう »

新・雑事雑感」カテゴリの記事