« 東洋経済のおふざけ記事 | トップページ | 結局宅配鮨が便利 »

2021年11月10日 (水)

刻み揚げの混ぜご飯

 発作的にこしらえた食べ物が,意外に旨かったので紹介する.
 
 関東ではあまり一般的ではないが,熱々の出汁の関西風うどんに,刻んだ油揚げをトッピングすると,なかなかうまい.
 そういううどんのトッピングにすぐ使える刻んだ油揚げが,「刻み揚げ」などという名称でどこのスーパーでも売られている.
 これを冷蔵庫に常備しておくと,うどんの他にも味噌汁とか煮物とか色々と応用がきくので便利だ.
 さて先日,常備の刻み揚げの消費期限が切れそうだったので,これで混ぜご飯を作ろうと思った.
 
 刻み揚げ一袋 (うちの冷蔵庫にあったのは内容量110グラム) とシメジ (ブナシメジ;約100グラム) を鍋に入れる.
 今が旬のレンコン (小さめの一節;80グラムくらい) を薄いイチョウに切って,鍋に入れる.
 めんつゆ (100cc) と水 (200cc) を鍋に入れて火にかける.めんつゆは,メーカーによって希釈倍率が色々なので,そこらへんは味をみながら調節する.
 初めは具材が多すぎるように見えるが,すぐに煮汁がヒタヒタになる.めんつゆを加えずに煮て,カサが減ってからめんつゆで味付けしてもよい.
 数分煮て,刻み揚げと野菜に味がついたら,火を止める.
 
 米二合を炊飯する.
 炊き上がったら,煮ておいた刻み揚げと野菜を,白飯の上にぶちまけて,よく混ぜる.
 この時,煮汁も入れてしまうと飯がぐしゃぐしゃになるので,よく味のしみた具だけを入れること.
 
20211110a
 
 実際に食べてみると,レンコンをもっとたくさん入れてもいいようだ.レンコンの歯触りがよくて,なかなかおいしい.

|

« 東洋経済のおふざけ記事 | トップページ | 結局宅配鮨が便利 »

外食放浪記」カテゴリの記事