« 無教養散歩 | トップページ | 葉唐辛子のお握り »

2021年10月28日 (木)

宮根誠司はバッシングを継続するだろう

 眞子さんと小室圭さんの結婚が皇統譜に書きこまれて,これでようやくこの件の区切りがついた.
 その筈だが,坂上忍が《バイキングMORE》で案じていた.(《眞子さん問題は「ノーサイドにならないパターン」と坂上忍「『いわれのない事実』って言われた相手って想像付くよね…相手もプロだから」》[掲載日 2021年10月27日 13:46])
 坂上の心配通り,これからも女性週刊誌三誌と週刊文春,テレビでは宮根誠司《情報ライブ ミヤネ屋》による小室夫妻へのバッシングは続くだろう.
 デイリースポーツ《眞子さん夫妻に「愛は大事だけど、愛だけじゃたくわん1本買えない」とおおたわ氏がエール》[掲載日 2021年10月27日 18:18] から引用する.
 
そして、自身が若いころに言われ続けたという「愛は大事だけど、愛だけじゃたくわん1本買えない」という“格言”を紹介し、「実際にこれからの生活っていうのは、経済的にも人間的にも自立しながら生きていかないと。愛だけでは乗り越えられないことがある、とテレビ見てるおじさん、おばさんはだいたいの人は分かってますから。お2人はほんとに頑張ってもらいたいなと思います」と皇室を離脱し、ニューヨークで新生活を送る眞子さん、小室さんへの激励の思いを語った。
 司会の宮根誠司も「『愛してます』、これを堂々と冒頭に言われてしまうと」と感心していた。
 
 デイリースポーツの記事のタイトルは「おおたわ氏がエール」と書いてあるが,これはエールではなく嫌味を述べたのである.
 これは,今後も《情報ライブ ミヤネ屋》,というより日テレは局をあげて小室夫妻バッシングを続けるぞという宣言みたいなものだ.
 おおたわ氏は《愛だけでは乗り越えられないことがある、とテレビ見てるおじさん、おばさんはだいたいの人は分かってます》と訳知り顔に語ったが,それでもなお,「愛よりもたくわん」を得たくはない.たとえ飢えても人生に愛は必要だと,爺さんは思う.
 古い流行り歌だが,最後に愛は勝つ.

|

« 無教養散歩 | トップページ | 葉唐辛子のお握り »

新・雑事雑感」カテゴリの記事