« 生存戦略 /工事中 | トップページ | 野田聖子さんは菅義偉が嫌いであると思う »

2021年9月29日 (水)

最低の醜聞/WHO

 コロナ禍で信頼を失ったWHOについて,おぞましいニュースがあった.
 NNN24《WHO職員ら コンゴで地元の人に性的虐待》[掲載日 2021年9月29日 20:21] から引用する.
 
独立調査委員会の報告書によりますと、エボラ出血熱が流行していたコンゴ民主共和国で、2018年から去年にかけ、WHOの支援活動に関わった83人が、地元の人に性的虐待をしていたということです。
このうち21人は、WHOに直接雇用された職員で、仕事を与える見返りに、性的な関係を強要するなど立場を悪用していました。被害者の中には、13歳の少女が妊娠したケースもあったということです。
WHOは、関係者の処分を検討するとともに、再発を防止するため構造改革を進めるとしています。
 
 直接雇用の二十一人の国籍を明らかにすることができなければ,「構造改革」はない.話はそれからだ.

|

« 生存戦略 /工事中 | トップページ | 野田聖子さんは菅義偉が嫌いであると思う »

新・雑事雑感」カテゴリの記事