« 清廉に鈍感な名古屋 | トップページ | キョエちゃんの正体 »

2021年8月12日 (木)

倒錯論理で河村たかしを擁護する森永卓郎

 東京五輪で金メダルを獲得した女子ソフトボール日本代表・後藤希友さんが名古屋市長表敬訪問に訪れた際に,河村たかし市長が金メダルをかじった.
 河村のこの狂人的振る舞いについては,致命的に人権感覚に欠けるタレント弁護士の北村晴男が「怒るほどのことではない」と述べて,河村を敢然と擁護したが,今日,二人目の擁護者が登場した.
 自称経済アナリストの森永卓郎である.
 森永は,河村とは長い付き合いだと述べたあと,「河村市長は,金メダルを渡したら噛んでしまうひとなんです」「だからあのとき,まわりの大人たちが後藤さんに,メダルを渡してはいけないと止めなければいけなかった」と,TBSテレビ《Nスタ》で述べた.
 これに対してMCの井上貴博アナが「あの状況でそれができたかどうか」と反論すると,森永は「私があの場にいたら後藤さんを止めた」と述べ,あくまで悪いのは河村が金メダルをかじった行為ではなく,メダルを河村に渡してしまったことがいけないのだと主張した.
 愚行を働いた河村が悪いのではない,河村はそういう人間なのだから,河村に愚行にやらせてしまった後藤さんの落ち度だとの主張である.
 これを聞いて私は呆れ,茫然とした.

|

« 清廉に鈍感な名古屋 | トップページ | キョエちゃんの正体 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事