« 倒錯論理で河村たかしを擁護する森永卓郎 | トップページ | トイレが近い老人は 行動時間に余裕を持て »

2021年8月14日 (土)

キョエちゃんの正体

 昨日放送された《チコちゃんに叱られる!》のエンディングで,完成した番組挿入歌「江戸川慕情」(視聴者による作詞作曲;奥田民生プロデュース) のレコーディング風景が流れた.
 現在も番組キャラクター「キョエちゃん」の正体は,制作関係者外には極秘事項だと言われているが,レコーディングしていた歌手 (声優) の上半身がチラと写りこんでいた.
 
 下の画像のうち,(A) は録音スタジオのブース内部を撮ったものだ.
 コントロール・ルーム (奥田民生がいる) とブース (歌手やバンドが入ってリアルタイムの演奏をする部屋;キョエちゃんの人形がある) とは防音ガラス窓で仕切られているが,そのガラス窓の内側にキョエちゃん人形が,コントロール・ルームを向いて置かれている.
 アップでキョエちゃん人形が撮られているが,その向こうに歌手 (キョエちゃんの声優) がわずかに写り込んでいる.
 
20210814a
(放送画面をカメラで撮影した画像A)
 
 黒いTシャツを着ているが,幅の広い肩紐が背中でクロスしている (下側の赤矢印) ところをみると,白いエプロンあるいはエプロンドレスのようなものを,その上に重ねて着ているようだ.
 そして肩まである髪を,髪ゴムでまとめている.(上側の赤矢印)
 髪の毛はポニーテールにするほどは長くなく,普段はおろしているセミロングの髪を,何か作業をするなどの必要なときに,後ろで一つに結んでいるのだと思われる.
 ちなみに男性の長髪では,いつも決めた髪型にアレンジしてまとめている (2ブロックでこうするのが最近の流行り) か,あるいは常におろしている (お笑い芸人の永野鈴木Q太郎) かであって,結んだりおろしたりはしないのが普通.
 余談だが,私はコロナ禍始まって以来,床屋に行くのをやめた.今はいつも長髪の髪をゴムでまとめて後ろにたらしている.

 つぎの画像 (B) は,奥田民生がいるコントロール・ルームから,歌手 (キョエちゃんの声優) がいるブースを見たところである.
「江戸川慕情」のサビで,拳を握って左腕を,ドアをノックするように振ってリズムを取っている.(下の画像で,赤矢印で示した)
 このフリは,男性演歌歌手 (細川たかしとか) がよくやるもので,女性歌手でこういう歌い方をするのは珍しい.都はるみくらいのものだ.
 というか,スタジオ録音のときに演歌のフリをつけて熱唱しているところを見ると,キョエちゃんの声優は歌の素人ではないような気がす  る.フリを付けて歌うことが自然に身に付いている人に違いない.
 録音は一発で奥田民生のOKが出て,take2はなかったという.アニメ声優には歌唱力のある人が多いらしいから,そっち方面の女性の可能性もある.
 
 20210813a
(放送画面をカメラで撮影した画像B)
 
 ネット上では,キョエちゃんの正体についてあれこれ推測記事が書かれている.
 吉岡聖恵さんだと書いている人が多いが,現在のキョエちゃんは二代目で,初代が吉岡さんだったとしている人もいる.
 初期のキョエちゃんと現在のキョエちゃんは声が異なっている (今は地声を加工してダミ声にしている) というのが二代目説の根拠だが,奥田民生が一発OKを出してキョエちゃんの歌唱力を激賞しているので,今もキョエちゃんは吉岡さんだという説は説得力がある.
 もともと吉岡さんは髪がかなりロングであり,今回の放送にチラと見えた後ろ姿はセミロングだから,その点は異なっているのであるが,髪を切ったのかもと思って最近の吉岡さんの映像を探したのだが,よくわからない.
 実は二代目キョエちゃんは水田わさび (ドラえもんの声優) さんだという説が有力で,言われてみればナルホド,ドラえもんの声とキョエちゃんの声は同じパターンだ.しかも水田わさびさんは髪型がセミロングで,上の画像のブース内で歌っていた女性と髪型が似ている.
 今回の放送で,またキョエちゃんの正体探しが盛り上がるかも知れない.

|

« 倒錯論理で河村たかしを擁護する森永卓郎 | トップページ | トイレが近い老人は 行動時間に余裕を持て »

新・雑事雑感」カテゴリの記事