« 半世紀前 | トップページ | 神奈川県は大感染流行地帯だ »

2021年7月24日 (土)

アスリート諸君は競技に専念して頂きたいものである

 今朝のNHKニュースを観ていると,どういう取材をしたのかよくわからぬが,テレビ画面に出てきた人々は「色々あってもオリンピックは始まったんだから,やっぱ選手を応援したい」などとインタビューに答えている.
 こうしてあと数日も経てば日本国民はこぞって「感動をありがとう!」とか言いつつ盛り上がるんだろうなあ.
 日本選手が活躍すれば,渋谷の路上では飲み会で大騒ぎとなるだろう.
 そうして首相が「な,日本人てのはこの程度なんだよ」とほくそ笑んで,総選挙後の次期内閣構想を練り始めるのであろう.
 
 それにしても,ニュースで開会式の様子を観た限りであるが,全然ソーシャル・ディスタンスを無視している選手団があったのには驚いた.
 選手団の行進はまだしも,行進の外側にいる連中は完全に密状態じゃないか.
 かつそのことにNHKのアンウンサーが全く触れないのはどういうことだ.
 
 触れないといえば,NHKも民放も触れないタブーが一つある.
 それは組織委員会がアスリートと大会関係者らに配った避妊具だ.
 その数量たるや驚くべきものがある.(これについては作家の青沼陽一郎が詳しく報告しているので,御興味あるかたは検索して頂きたい.その数量の異常さがわかるだろう)
 いくら若くても,過ぎたるは体に悪いぞ.
 これから始まる大事な競技の前に,そんなことやあんなことをしていていいのかと,私はアスリートたちに問いたい.
 そもそも避妊具を使用するということは,感染対策としてソーシャル・ディスタンスを取らないということである.
「安全安心なオリンピック」の開催前に一部のメディアから,避妊具では飛沫感染を防げないと問われた組織委員会は,避妊具は東京オリンピック中に使用するものではなく,記念に持ち帰って頂くものだと答えた.
 平和の祭典の記念品が避妊具というのは,下品だなあ.しらんけど.

|

« 半世紀前 | トップページ | 神奈川県は大感染流行地帯だ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事