« いつ死んでもいい定額サービス | トップページ | 県境を越える移動はしてくれるなと政府と自治体が言っているのに »

2021年5月 5日 (水)

鬼畜中国共産党

 中国を純粋に漢民族の国家とすべく少数民族の絶滅に取り掛かった史上最悪の独裁者習近平は,香港を制圧したのちの侵略目標を台湾に定めている.
 その次の敵は第二次大戦後に武力衝突を続けているインドであり,さらにその次の侵略目標は東南アジア諸国と韓国および日本である.
 習近平は,米国との最終的な衝突を巧妙に避けつつ,インド洋,太平洋を制圧しつつある.
 世界史的に振り返れば,朝鮮半島の王朝は中原の覇者に右顧左眄することを旨としてきたが,インド,カンボジア,ベトナムと日本は,漢民族および中原を支配した民族によるアジア支配に抵抗してきた.
 だが今,日本政府の中枢は親中国派二階幹事長が抑えている.暗愚宰相菅義偉は二階幹事長の傀儡だ.
 経済的にも日本は,親中国を隠そうともしないブラック企業ユニクロの商品を,嬉々として若者たちが着用している始末である.
 米国大統領は,そのような日本国民を信用していない.訪中した菅首相の食事にハンバーガーしか出さなかったのがいかにも露骨であった.
 日本の弱腰はともかく,インドが中国共産党に屈する可能性はかなり低い.国境において対峙してきた歴史的な背景があるからだ.
 中国も,インドが相手では慎重になっている.
 というのは,かつての毛沢東の軍事思想によれば,戦争の帰趨は敵味方の人口の多寡による.
 従って中国共産党が宿敵インドに勝つのは容易ではない.だから現状では,中国共産党はインドを挑発するにとどめている.
 だがその挑発が浅ましい.人にあらずだ.
 ここで NHK NEWS WEB《インドの感染状況をやゆするような画像SNSに 中国共産党組織》[掲載日 2021年5月5日 4:16] の冒頭を引用する.
 
中国共産党の組織がインドで新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の火葬の様子とみられる写真をロケットの打ち上げの画像と並べて国内のSNSで掲載し、感染が収まらない状況をやゆしたとも受け取れるとして物議を醸しています。
 この投稿は、中国共産党で治安や司法部門を管轄する中央政法委員会が中国版ツイッターのウェイボーの公式アカウントで今月1日に掲載しました。
 
 新型コロナウイルスのインド型変異株が猛威を振るっている.二十二万の死者を荼毘に付す光景は全世界に伝えられ,これを見た人々の胸を締め付けたろう.
 ところがしかし中国共産党は,多くのメディアが今日報じたように,インドにおいてコロナ禍に倒れた無辜の死者を嘲ったのである.
 奸智に長けた中国共産党は,挑発記事をウェイボーに掲載したあと,拡散を確認してから削除した.
 あとは放っておけば中国国民がどんどん拡散してくれるからだ.
 NHKによれば《投稿はその後削除されましたが、ウェイボー上で投稿内容が拡散していて、中には「中国の感染が深刻だった時インドはどう風刺したか忘れたのか」などと投稿を支持する声も見られます》という.
 これが党組織によるステマであればよいが,もしも若い一般中国人だとしたら,暗然とするしかない.

 
 
 

|

« いつ死んでもいい定額サービス | トップページ | 県境を越える移動はしてくれるなと政府と自治体が言っているのに »

新・雑事雑感」カテゴリの記事