« 消費者をだます気満々の蕎麦 | トップページ | 置き配の通販荷物が雨に濡れて »

2021年3月10日 (水)

寄り添わない /工事中

 神奈川新聞《生活保護巡り区役所窓口で誤説明、横浜・神奈川区が抗議受け謝罪 女性は申請断念》[掲載日 2021年3月9日 23:56]
 
横浜市神奈川区の生活支援課の職員が2月下旬、生活保護の申請に訪れた20代の女性に対し、「ホームレスの場合は施設に案内する」などと誤った説明をして、申請を受け付けていなかったことが9日、支援団体などへの取材で分かった。支援団体は同日、再発防止を求めて市に申し入れを行い、区側は説明の誤りなどを認め、「(申請者に)寄り添わない対応は不適切だった」と謝罪した。
 
 日本国憲法条文中で,もっともよく知られている条文の一つが第二十五条だ.小学校でも教えるかも知れない.
 
第二十五条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。
 
 昭和二十年に始まる占領統治下,米国の民主主義者たちは,日本を民主国家にすべく様々なことを行った.
 この第二十五条に基づいて制定された「生活保護法」(条文の全文) について,Wikipedia【】

|

« 消費者をだます気満々の蕎麦 | トップページ | 置き配の通販荷物が雨に濡れて »

新・雑事雑感」カテゴリの記事