« 相模屋の総崩れ豆腐 w | トップページ | 目糞が鼻糞を »

2021年2月28日 (日)

家事の不得意な家事コンサル

 扶桑社が発行しているESSEって,昔から程度の低い雑誌だったっけ?
 先日のESSEに載っていた料理記事のレシピに「ミツバを一束」なんて書いてあるので,「店頭で販売されているミツバ一束ってのは,量が決まってないのだよ.三十グラムのこともあれば百グラムのこともある」と呆れた.買い物をしたことがないやつがレシピを書くな,と思った.
 これにまたまた続いてESSE《鍋でご飯を炊くのが習慣に。でも、あえて炊飯器を捨てない理由とは》[掲載日 2021年2月27日 20:00] に爆笑記事が載っていた.下に一部を引用する.

たいていの家に一台はある、炊飯器。ご飯を炊飯器以外で炊いたことのない人も多いのではないでしょうか。 一方、土鍋や鍋で炊く派も増えてきたうえ、その方がおいしいという声も。
「わが家のご飯事情は、炊飯器と鍋と両刀使いです。あえて使い分けています」と話すのは、ライフオーガナイザーの高田舞子さん。 基本的に鍋派という高田さんが、あえて炊飯器を捨てずにいる理由を伺いました。
 
 上の記事の冒頭からして,一昔前に現役を引退した老人である私は理解できない言葉にぶち当たった.
「ライフオーガナイザー」てなんだ?
 どうせそこら辺の阿呆が思いついただけのインチキ和製ビジネス英語なんだろうと多寡をくくってネットにあたってみたら,法人が存在していたので驚いて腰が抜けた.
「一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会」という法人が実在したのである.
 そこで,Google検索した「一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会」のサイトにアクセスしたら,
 
接続がプライベートではありません
 攻撃者が、jalo.jp から個人情報 (パスワード、メッセージ、クレジットカードなど) を盗み取ろうとしている可能性があります。
 
というメッセージが画面にデカデカと表示された.「jalo」は「日本ライフオーガナイザー協会」のことだろう.
 このメッセージは,何者かが「日本ライフオーガナイザー協会」のサイトに侵入していて,このサイトにアクセスした人から個人情報を盗もうとしている場合に表示されるらしい.
 もうこれだけで呆れてしまったが,検索結果に表示されている概要は次の通りだ.
 
ライフオーガナイザー®は、家事代行型の整理収納サービスとは一線を画す、本格的な思考の整理からはじめるコンサルティング型の片づけ支援サービスを提供するプロフェッショナルです
 
 つまり,ライフオーガナイザーとは,うちの中の片づけをしてくれるのではなくて,片付けかたを教えてくれる人だというのである.
 でも,同じカネを払うなら,エラソーに片付けの指導をするコンサルよりも,実際に片付けをしてくれる家事代行サービスの人のほうがありがたいと私は思う.
 実際のところ,仕事はからきしできないがコンサルは得意だという食わせ者が世の中にいることを,会社員諸兄は既に御存知の通りである.
 それと,似たようなので「整理収納アドバイザー」てのもあるが,どう違うんだ?
 というようなことをドンドン深く掘っていくと,ライフオーガナイザー協会についての怪しげなビジネスに関するネガティブな評価が出て来るが,そういうことに私は関心がないので,先に進む.要するにESSEの記事に登場する高田舞子さんは インチキ女 怪しげな肩書の人かも知れないという予備知識があれば充分だ.
 で,高田舞子さんは米の飯を炊くならストウブ鍋 (ピコ ココット ラウンド 20cm) がよいと仰る.カラバリがあるが,一例はこれだ
 いいですなあ,おフランスの鍋.
 女優さんが自宅のキッチンで得意料理を作ってみせるなんて企画のテレビ番組 (人気番組「家事ヤロウ」とかだ) があるとする.
 例えば小柄な篠田麻里子さんなら二十人は入れるかという広大なアイランド型のシステムキッチンの中をカメラがパンすると,例えば篠田麻里子さんの背後にさりげなく置いてあったりするのがフランス鍋だ.ここで例えに篠田麻里子さんが出てくるのは,私が彼女のファンだからで,他意はない.だから,安藤なつさんなら充分に五人は入れる広さのキッチンと言い換えてもいい.
 このおフランスの鍋を買うなら,間違っても私のうちの台所で一番高価な T-FAL みたいな一桁安い安物はいけない.私が愛用するパール金属の片手鍋なんかは論外だ.
 例えば篠田麻里子さんクラスの女優さんが使う鍋釜は万単位の価格でなければいけないのである.キッチンにアイリスオーヤマの製品があってはならぬのだ.
 それはともかく,高田舞子さんがおフランス鍋について垂れた講釈を見てみよう.以下,引用文中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った.
 
私が炊飯器が不便だと思うポイントは、スイッチを入れてから何分後に炊き上がるのか? がいまいちわからないこと。
今の炊飯器は進化しているので、いろいろなモードがあります。 白米、極うま、エコ、炊き込み、などさまざまなシーンを想定してはくれていますが、それぞれで炊き上がり時間が異なるので、いったいいつスイッチを押せばいいのか迷ってしまいます。 早炊きだと20分程度で炊き上がりますが、それでもスイッチを入れてから何分で炊飯完了になるのかは、炊飯器にゆだねられていますよね。
鍋で炊くと、その点は明解。なので、私は基本的に鍋派です。
 
それぞれで炊き上がり時間が異なるので、いったいいつスイッチを押せばいいのか迷ってしまいます》という家電音痴のために,炊飯器にはタイマーが組み込まれているのだと私は思うが,違うのか.
 何分で炊き上がるかは,どうでもいいことで,「いつ炊き上がるか」がわかればいいのだ.
 今日の夕飯は夜六時半に食べようと思ったら,玄米飯だろうが,白飯だろうが,炊き込み御飯だろうが,そのモードにして炊きあがり時刻 (「何時間後に」ではない.タイマーの付いている炊飯器には時刻を設定できるのが普通だ) を六時半に予約すりゃいいだけのことだ.そうすれば熱々の炊きたてが食べられる.
 炊き上がり予約機能のある炊飯器が登場してから,既に数十年が経っている.
 しかるに,この機能を理解していない自称「家事コンサルタント」が我が国にいることに腹の底から驚く.
 どこの家電メーカーでも,公式サイトと取説に書いてあることだが,ここではパナソニックの炊飯器の予約機能についての説明を紹介しておく.あまりにも基本的なことなので,Q&Aの回答も次の通りに簡潔だ.
 
よくあるご質問
 予約時間は「炊き上がる時間」なのか、「スタート」する時間なのか
 予約時間は、炊き上がる時間です。
 
 もしかすると,高田舞子さんちの炊飯器は,炊き上がり時刻指定をすると自動的に「普通の白飯を炊く」モードになってしまう安物である可能性があるが,もしそうなら買い替えたほうがいい.それは昭和後期の製品を思わせるレトロ家電であるから,そのような製品を使用している人は,おフランスの鍋に比較すると《炊飯器が不便だと思う》だなどと家電について無知をさらけだして論評してはいけないのだ.
 
 そのうえで高田舞子さんは,炊飯器を捨てない理由として,こんなことも言っている.
 
炊飯器も捨てがたい
 じゃぁ炊飯器は断捨離対象だね! いらないね! というと、それもまた違います。 鍋で炊くのは、あくまでも私。母親が不在の日に夫や子どもに「鍋で炊け」なんていうとハードルが高すぎます。
 炊飯器であれば、ちょっと洗米して分量の水をいれてスイッチONですから、子どもにとってもお手伝いしやすい道具。それはそれで活躍します。
 また、お出かけして帰宅が遅くなる日は炊飯器です。そう、炊飯器の長所は「予約」ができること!
 
 驚ていたことに高田舞子さんは炊飯器にタイマーが付いていることを知っているのだ.
 それなのに《それぞれで炊き上がり時間が異なるので、いったいいつスイッチを押せばいいのか迷ってしまいます》と書いている.
 もうこの支離滅裂な文章を読んでいる読者は,情けなくて涙がちょぎれるわい.
 しかるにその阿呆な頭で,炊飯器は《子供にとってもお手伝いしやすい道具》とほざいて,炊飯器ユーザーを子供扱いしている.ならば炊飯器の使い方を知らない貴女は,子供以下である.
 
 こういう人が,他人に家事をコンサルしようというのだから,世も末であるなあ.

|

« 相模屋の総崩れ豆腐 w | トップページ | 目糞が鼻糞を »

新・雑事雑感」カテゴリの記事