« 二人目の坂本龍馬 かなあ… | トップページ | 模造甘酒 /工事中 »

2021年2月18日 (木)

キスとハグは違うぞ

 共同通信《自民・竹下氏「ハグ当たり前」 キス報道の橋本氏を擁護》[掲載日 2021年2月18日 21:25] から一部引用.
 
「スケート界で男みたいな性格なので、ハグなんて当たり前だ。セクハラと言うのはかわいそうだ」と党本部で記者団に語った。
 
 竹下元総務会長は,意図して橋下氏のセクハラ事件を歪曲しようとしているのか,あるいはハグという子供でも知っている言葉の意味を知らないのか,どっちだ.
 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長は,高橋大輔選手にキスを強要したのであって,ハグを強要したのではなかった.
 橋本聖子氏は,右手を高橋選手の肩から背中に回して引き寄せ,公衆の面前で高橋選手の唇を奪ったのであった.そのシーンを撮影した写真をメディアが報じたから,そんなことは全国民が知っている.
 その右手が,高橋選手の上着をギュッと掴んでいる写真もある.
 キスといっても,色々ある.異性に対する愛情表現のこともあるし,性の別を問わない親愛の表現のこともあるが,また醜い欲情の表れであることもある.
 あれは汚らしいキスだったなあ.まるでギャグマンガのような唇のつきだしかたが実にみっともなかった.
 あの時,まるでしゃれた映画のワンシーンのように,年上の女性が若いアスリートの唇をひらりと盗む,といった鮮やかさがあれば,セクハラだとは言われなかっただろうに.
 あの時は高橋選手に多くの国民が同情したと思われる.

|

« 二人目の坂本龍馬 かなあ… | トップページ | 模造甘酒 /工事中 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事