« 棄民政治/ワクチンを予約するために役所に詰めかける老人たち | トップページ | 雑事四題 »

2021年2月16日 (火)

日本国民は五輪開催強行を望んでいない

 スポーツニッポン《石黒賢 森会長の後任「なぜ誰も手を挙げないの?」その心は「失敗しても誰も責めませんよ」》[掲載日 2021年2月15日 10:33] に,石黒賢という俳優が愚かなことを発言したことを伝えている.結構,有名な俳優だが,世の中のことはあまりわかっていないようだ.
 
石黒は「“私がやります”っていう人はなんで出てこないんですか?」と首を傾げ、小倉智昭キャスター(73)が「出てこないでしょう」と言うと、「僕すごくいいチャンスだと思うんですよ。だってこんなに世界中がパニックの中で、こんなイベントに手を挙げて、失敗しても誰も責めませんよ」と話した。小倉氏の「まだやれるかどうか分からないところの会長職で、その言動によって動く可能性だってあるわけ。これは本当に大変」には、「責任が重すぎますかねえ、俺はうまくいかなくても“お前のせいじゃないよ”“お前よく手を挙げた。頑張れよ”って、俺は応援するけどねえ」と自身の考えを述べていた。
 
 石黒の言う「失敗」とはなにを意味しているのだろう.
 多くの国民が五輪開催を望まなくなっている現状を知らないのだろうか.
 現在,我が国の国民でワクチンの接種を望んでいるのは少数派である.多数派は「様子見」だ.接種した場合に深刻な副反応が起きて命の危険があるのではないかと疑っている.いくら副反応の確率が低いと政府や専門家が太鼓判を押しても,確率というものは,ゼロでない限り必ず起きるのだということを意味している.これは高校数学の知識だ.
 その数万人に一人の副反応が自分に起きない保証は全くないし,日本人の場合のワクチンの有効性は治験が終了したが,副反応の発生率は全く治験が行われていない.だから国民は「様子見」なのである.
 一般国民どころか,簡易調査によれば,医師ですらワクチン接種をしないと言明している者が無視できないくらいいるのである.(日経の調査によれば,おそらく三人に一人)
 政府は莫大な国費を投じてワクチンを確保したが,実はその半分は余ってしまう可能性が現状では高い.しかしそんな状況にもかかわらず,多くの医療従事者の皆さん (これも日経の調査によれば三人に一人) は,一般国民に先駆けて積極的にワクチンの接種をすると仰っている.
 テレビで見たのだが,ある看護師は「自分にできることはすべてやります」と,きっぱりと述べていた.
 このような医師や看護師の皆さんは,いわば人柱を買って出ているのだ.
 私は思わず目がしらが熱くなった.高貴な職業とはこれである.
 
 私自身は順番が回ってきたら,必ずワクチン接種をする.いつになるかと待ち遠しいくらいである.
 なぜなら,私は基礎疾患持ちの高齢者なので,新型コロナウイルスに感染したらかなり高い率で死ぬ.たぶん致死率で言うなら二十パーセント位だろう.
 それに比較すれば,ワクチンの副反応の発生率なんてのは,先行している各国の状況を見るに,無視できるのは間違いない.
 過去にアナフィラキシーの経験がなければ,まず大丈夫である.
 今回のワクチンを接種しておけば,高齢者が感染した場合の重症化率,致死率を大きく下げることが期待されている.
 いざよき敵ござんなれ.引退老人である私にもできることはすべてやる.老骨に鞭打って,高齢者の副反応に関する人柱を買って出る所存である.
 
 さて五輪を強行したときの「失敗」とは何か.
 まず一つは,海外から参加したアスリートたちを日本で感染させてしまうことだ.その責任は誰がとる.
 もう一つは,海外からの五輪観光客が,日本国内における新たな感染爆発のリスクをしょってくることだ.世界中から,既知,未知の新型コロナウイルス変異株が持ち込まれるだろう.そうなったら,責任は誰がとる.
 ワクチン接種が,現状では五輪開催前には日本では普及しないことが明らかだ.従って,五輪が原因で日本国中にまた緊急事態が発出される可能性がかなり高い.
 もしそうなったら,多くの国民の反対にもかかわらず五輪を強行した組織委員会は,全国民から「お前のせいだ」と断罪されることになる.
 その場合でも,石黒は《“お前のせいじゃないよ”“お前よく手を挙げた。頑張れよ”》と言うのであれば,石黒賢,お前が頑張れ.お前が森会長の後任を引き受けるがよい.自分は安全地帯でひとに「頑張れよ」はないぞ,この愚か者めが.

|

« 棄民政治/ワクチンを予約するために役所に詰めかける老人たち | トップページ | 雑事四題 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事