« 元日テレビ三昧 | トップページ | 新年迎えてすぐ涙腺崩壊 »

2021年1月 3日 (日)

この世で不要な商売 /工事中

 世の中の酒飲みには,酒が好きな人間と,飲み屋が好きな人間がいる.
 
 昨年の大晦日の深夜,渋谷の交差点には馬鹿者たちが密集していた.マスクをしていないやつが散見された.
 テレビ局のスタッフがその中の,あごマスクの一人に「カウントダウンのイベントは中止になっているに,なんでここに?」とインタビューしたら,そいつは「カウントダウン・イベントのない渋谷は珍しいから,その記念に写真を撮りにきた」と答えた.こいつは何がなんでも渋谷に来ないと気が済まぬのだろう.この馬鹿者めらは「ゴジラ第三形態が品川から渋谷に向かって移動しています!」と聞けば,数千人が手に手にスマホをかざしてハチ公前に集まるに違いない.
 こいつらの中から,多くの感染者がでるに違いない.そうして,この感染者たちの治療のために,医療従事者の皆さんや,日頃から額に汗して働いている様々な職業の国民が納めた税金がつかわれるのだ.
 暮れも正月もなく働いている医師や看護師他の医療関係者の無念は,いかばかりであろう.いつも感染防止に最大限の注意を払っている善意の国民の嘆きはいかばかりであろう.
 それを思えば,都知事は大晦日の晩,全都の警視庁機動隊精鋭を渋谷に大挙出動させ,ソドムの魔都もかくやあらんとばかりに催涙弾の雨あられを降らせ,ジュラルミンの盾で殴り掛かり警棒をふるって非国民どもを蹴散らすべきであった.私たちが守るべきは,渋谷で遊んでいる馬鹿どもではなく,エッセンシャル・ワーカーの皆さんなのである.
「エッセンシャル・ワーカー」は,ほとんどの日本国民が,昨年初めて知った言葉だと思う.
 これは私たちの社会が成り立つために必須の職業というほどの意味で,定義はない.ウェブ上を検索すると,かなり多くの職業がヒットする.
「エッセンシャル・ワーカー」を最も狭い意味に取ると,テレビのニュース等では「医療従事者など」としているが,広く列挙すると例えば《人事・労務キーワード集》に下のように書かれている.
 
・医療福祉関係(例:医師、看護師、薬剤師、介護士)
 ・保安関係(例:警察官、消防士)
 ・運輸交通関係(例:公共交通機関の職員、配送ドライバー)
 ・小売、販売業(例:スーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンド等の店員)
 ・教育、保育関係(例:教師、保育士)
 ・公共インフラ関係(例:電気、水道、ガス、電話)
 ・その他、金融、郵便、清掃業務、一次産業従事者など
 
 しかしこれでも不十分で,上に挙げられていないが必須な職業の代表的なものは,市役所・区役所などの自治体職員である.上記の一覧にはないが,自治体職員のうちで保健所職員は一部が医療福祉関係のワーカーでもある.
 また上の引用文中には《一次産業従事者》とあるが,食糧自給率の点からすれば,輸入食糧に関与する政府職員などは,農業従事者よりもっと重要な役割を果たしている.もしも小麦や大豆,トウモロコシの輸入手続きがストップしたら私たちの食生活はその日から危機に瀕するからである.その一方で,ひと房数千円もする国産高級フルーツの生産者は,いなくなっても私たちは全く困らない.
 私たちの国土は毎年甚大な災害に見舞われるので,被災地の復旧に従事する建設労働者は非常にエッセンシャル度が高い.自衛隊員も同じ.
 こうしてみると様々な職業が,エッセンシャル度に差はあるものの,私たちの社会を維持するのに必要であることがわかる.
 そして重要なことだが,各種職業の存在意義には,エッセンシャル度だけでは測れない側面がある.例えば非常にニッチだが,伝統美術工芸に携わる職人,あるいは音楽家,プロアマのアスリートその他.こういったものは,社会生活の維持に必須とはいえないが,文化的に重要な意義を持っている.
 誰もやろうとはしないが,そして実際にやると問題があるが,縦軸を職業の社会的必須度,横軸を職業の文化的意義として,二次元平面に全職業を位置づけることが思考実験として可能だ.
 さあ,必須度が極めて低く,かつ文化的意義がない職業はなんだろう.
 この時まず,職業を,ある産業の従事者という観点で評価するのがわかりやすい.その作業には,不完全だが「日本標準産業分類」を用いる.
 天変地異や疫病大流行という災厄に国が見舞われた時に,真っ先に淘汰される産業は何か.私は飲み屋と性風俗店であると考える.
 専ら男性の性欲を利益源とする営業について私は関心も知識もないので議論の横に置く.
 問題は,日本標準産業分類で「飲食店」とされている産業である.
 健全な社会人の感覚では,これは大雑把すぎる分類だ.「食事を提供する営業」と「酒を提供する営業」は本質的に異なるビジネスだから,「飲食店」はこの二つに分類すべきなのであるが,なぜか行政法 (食品衛生法等) はこの二つを一緒くたにしている.ここに大きな混乱の原因があるのだ.
 

|

« 元日テレビ三昧 | トップページ | 新年迎えてすぐ涙腺崩壊 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事