« 問題を解決しようとしない性格に問題がある | トップページ | 牡蠣の手抜きグラタン »

2021年1月22日 (金)

この父にして

 昨年九月に航空会社ピーチ・アビエーションの旅客機内でマスク着用を拒否して騒ぎ,客室乗務員に怪我を負わせるなどし,航空機の運航を妨害した威力業務妨害と傷害,航空法違反の疑いで大阪府警に逮捕された明治学院大学非常勤職員の奥野淳也容疑者についてコメントした.
 報知新聞《岩井志麻子さん、マスク着用拒否で逮捕の男は「きっと今の自分の境遇がすごく不満なのね」》[掲載日 2021年1月21日 17:28] から岩井さんのコメントを一部紹介する.
 
彼は今の自分の境遇がすごく不満なのね。もっと自分は偉い人と思われるべき、もっと自分は世の中に求められるべきだ、自分はこんなに優秀なのに世間が俺様を評価しない、下に見るみたいな不満がずっとあって。そのこと自体を解決しようとか、その事を向き合おうとせずに外でケンカして紛らわすというかね」と続けた。
 
 奥野容疑者に対して,多くの人が岩井さんと同じ感想を持ったと思われる.
 満たされない他者承認欲求だ.
 他者承認欲求は誰にもあるが,これが高じると肥大した劣等感,情緒不安定,異様な自己顕示といった形をとる.
 奥野容疑者が留置場へ護送されて行く場面をテレビで見ると,笑っている.
 多分,満たされた自己顕示欲で彼の精神は高揚しているに違いない.
 
 さて,奥野容疑者が本当に健康上の理由でマスク着用が困難であるとすれば,昨秋に奥野が起こした航空機運航妨害事件は,秩序違反行為として非難されるべき行動であったとしても,犯罪としては情状酌量の余地があると思われる.
 警察は穏やかな処置をする気だったかも知れない.ところが,普段の奥野は外出に際してマスクをしていることが判明した.奥野容疑者の周辺から情報提供があり,警察が聞き込み捜査を行って明らかになったのだという.(共同通信《逮捕の男、事件後マスクで外出か》[掲載日 2021年1月20日 10:00])
 こうなると状況は急転だ.
 あの事件は偶発的なものではなく,奥野が「健康上の理由でマスクを着用できない」と装って計画的に行った犯行だというセンが出てくる.
 そして逮捕に至った.
 ここで私が「?」と思ったのは,奥野の逮捕を聞いた父親の反応だ.
 週刊女性PRIME《“マスク着用拒否男”が逮捕! 父親は怒りをあらわに「裏で大きな力が働いている」》[掲載日 2021年1月20] から一部を下に引用する.
 
私立大学の臨時職員をしているわが子の発信はよく見ているという父親。
 息子と同じ19日に逮捕が報じられた、大学入学共通テストで鼻だしマスクをしていた49歳の男を引き合いに、こう言葉を強めた。
「あれもそうやと思うけど、息子が逮捕されたのも、ちょうどコロナで緊急事態宣言になったから、そのための見せしめですやん! 過剰反応だと思うわ。なんか裏で大きな力が働いているような気がするなぁ」》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 《…過剰反応だと思うわ》まではいいが,《なんか裏で大きな力が働いているような気がするなぁ》は明らかに妄想の域に入っている.
 奥野容疑者の,平気で嘘を吐くという異様な性格は,妄想タイプの父親譲りなのかも知れない.

|

« 問題を解決しようとしない性格に問題がある | トップページ | 牡蠣の手抜きグラタン »

新・雑事雑感」カテゴリの記事