« お笑い芸人は「法律のことはわかりません」で許されると思いこんでいる太田光の甘え | トップページ | ジャンクフードの地点からポストコロナを見据える »

2021年1月18日 (月)

茂木氏は鼻だしマスク男を「包摂」せよと言う 意味がわからぬ

 大学入学共通テストで不正行為があったと多くのメディアが報道した.
 日本経済新聞《共通テスト、マスクで鼻覆わず失格 6回注意》[掲載日 2021年1月17日 21:58] から関連個所の一部を引用する.
 
大学入学共通テストを運営する大学入試センターは17日、マスクを正しく着用するよう試験監督が再三指示したにもかかわらず従わなかった受験生1人を不正行為があったとみなして失格にしたと発表した。センターは新型コロナウイルス感染対策で、受験するにはマスクを正しく着用しなければならないと募集要項などで周知していた。
 担当者によると、受験生は16日の東京都内の会場で、試験中に鼻を出したままマスクを着けていた。地理歴史・公民から受験し、試験監督が鼻まで覆うよう6回注意したが従わなかったため、英語の試験中に不正行為とみなしたという。
 
 この事件について茂木健一郎氏は自分のツイッターで次のように述べた.(スポニチアネックス《茂木健一郎氏 鼻出しマスク失格問題で私見「杓子定規のロボット試験監督による人権侵害」》[掲載日 2021年1月18日 16:03])
 
20210118d
 
 新聞記事では詳しく書かれていないが,鼻だしマスク受験生は,試験監督者の注意に対して暴れて騒いだという.この騒ぎのおかげで,その会場の受験生たちは教室を移動して試験を受けねばならなくなった.これはその生徒の近くにいた複数の受験生たちがsnsに投稿しているから確かだろう.
 茂木氏は《鼻だしマスクの受験生の答案を無効にして試験官は何を守りたかったのか?》と言うが,試験会場で騒いでもペナルティがないとすれば,あらゆる試験というものが公正に行われなくなる.試験官が守りたかったのは,健全な社会常識であったと私は思う.
 続けて茂木氏は《非典型的な個性に向き合い、包摂することが本質。注意されたらおとなしく従うということが悪意ではなくできない個性もあります》と言うのだが,私には,この鼻だしマスク 馬鹿 受験生には,試験妨害をするという歴とした悪意があったと考える.もし悪意がなかったとすれば,悪意なしに暴れる個性に対しては,「包摂すること」ではなく,医療が必要なのではないか.
 この事件について,尾木直樹氏はブログに次の通りの主張をした.(スポニチアネックス《尾木ママ、鼻出しマスクで失格に「試験妨害は許されない」「周りの受験生に不快な思い」》[掲載日 2021年1月18日 15:25])
 
20210118f
 
 私は尾木氏の意見が健全な常識に則るものであると考える.
 尾木氏と対極にある茂木氏は,自分の講演で暴れて騒ぐ者がいた場合,その馬鹿者の人権を守るために「包摂する」のだろうか.どういうことが「包摂」なのかわからんが.w
 聴講者がみんなで会場から退出して別の会場で講演を続けるのが正しいというのが茂木氏の主張だが,多分自分のことになると掌返しするのではなかろうか.そういう人物だと私は以前から思っている.
 
 ちなみに当日の試験会場の様子を受験生たちが投稿している.《MAG2NEWS《試験場で大暴れ!? 共通テスト「鼻出しマスクで失格」に受験生らの本音は》[掲載日 2021年1月18日 12:14]》
 また,鼻だしマスク受験生の行状について毎日新聞がもう少し詳しく報道している.(毎日新聞《鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も》[掲載日 2021年1月18日 18:32])
 
20210118h
 
せき込むような仕草を見せることもあった》とのこと.これが周りの受験生に対するただの嫌がらせならいいけれど,本当に感染していたなんてことになると,話は大ごとになる.
 茂木氏の主張によれば,トイレに立て籠もった鼻だしマスク四十男に対して,出動した警察は「包摂する」ことが必要らしいが,実際には包囲されたのであった.w
 朝日新聞の報道によれば,この四十男は《これが自分の正しいマスクの着用である》《不正行為の指示はおかしい》と主張したと文科省が説明した.(朝日新聞《退去拒み他の受験生は別室に 鼻出しマスクの40代男性》[掲載日 2021年1月18日 21:00])
 この男のことが次第に詳しく報道されるようになっている.次は週刊誌がもっと詳しく,普段の行動とか近所の人の話などを伝えてくれるだろう.「そんなことをする人にはみえなかったです」とかね.
 この鼻だしマスク男が大学入学共通テストを受けた動機だが,大学入学が目的ではないだろう.この事件は,昨年の九月に航空機の乗客がマスク着用を拒否して運航妨害をしたという事件が続けて起きたが,その事件に似ている.
 当時の報道をDIAMONDonline《「マスク拒否」で相次ぐ旅客機での退去命令、乗客側の訴えに道理はあるか》[掲載日 2020年9月21日 4:27] から引用する.
 
1件目のトラブルがあったのは9月7日午後。北海道の釧路空港から関西空港に向かうピーチ・アビエーション機内で、マスクを着用していなかった30代男性に客室乗務員が求めたが「要請するなら書面を出せ」などと拒否。
出発が約45分遅れた上、飛行中も大声を出すなどして威圧的な姿勢が続き、機長が航空法の安全阻害行為に該当すると判断。新潟空港に緊急着陸し、男性に降りるよう命令書を交付した。
 男性は降機に応じ、その後、ピーチ機は関西空港に向けて出発。約2時間15分遅れで到着し、乗客120人に影響が出た。
 
 航空機運航妨害男がピーチ機に搭乗したのは関西に行くのが目的ではなく,機内でのマスク着用拒否が正当であるという主張をして世間を騒がすことが目的だった.この事件後,航空機以外にホテルでもマスク騒ぎを起こしているから,常習クレーマーの一種である.この男 (茨城県の明治学院大学非常勤職員の奥野淳也容疑者) は,客室乗務員の女性の手をつかむ暴行を加えて怪我させた上に乗務員らを大声で威圧して航空機を遅延させるなどピーチ社の業務を妨害した威力業務妨害と傷害などの疑いで大阪府警に逮捕されている.(奥野容疑者を非常勤講師と伝えた報道があるが,正しくは「特別ティーチングアシスタント」という名称の単年度契約非常勤職員である)
 
 今回の鼻だしマスク男も,おそらくマスクに対する反感が事件を起こした動機だろう.《これが自分の正しいマスクの着用である》を社会に訴えたかったのだ.
 茂木氏はこの男について,それでもなお擁護するのかしらん.後になって「取り消します」は如何せん恥さらしだが.w
 
[追記1]
 東スポWEB《茂木健一郎氏 〝鼻出しマスク〟受験生が40代の報道に「問題の本質は何も変わらない」》[掲載日 2021年1月18日 21:44] によれば,茂木氏は試験妨害男の擁護を堅持する姿勢である.それでこそ男だっ! がんばれ茂木健一郎!
 
[追記2]
 時事通信《鼻マスク注意の受験生逮捕=共通テスト、不退去容疑で―警視庁》[掲載日 2021年1月19日 12:58] 等によれば,既報で四十代とされていた鼻だしマスク男の年齢は四十九歳.また既報では「警察官によってトイレから退去させられていた」となっていたが,実は建造物不退去容疑で深川署に現行犯逮捕されていたことが警視庁への取材で判明した.立て籠もったのは午後六時頃から午後十時頃までの約四時間だったというが,この立て籠もり時間は報道によって異なっている.逮捕された男に対する茂木健一郎氏の容疑者擁護弁舌が待たれる.
 
[追記3]
 日刊スポーツ《茂木健一郎氏「言ってない」自身発言ネット反応否定》[掲載日 2021年1月19日 16:49] によれば,事件について以下のように茂木氏の考えを述べた.
 
もし大学入試センター側が運用上、多くの受験生に一番集中できる形で受験していただくことを最優先する運用だったならば、そういう非典型的な受験生がいたときに、今回のような対応では足りないということは理解しておくべきだった
 
非典型的な方がいらしたときに、通常の意味で『規定がこうなってますから守ってください』と言っても通じない場合があるということは当然、大学入試センター側は想定しておくべきだと思う
 
 つまり茂木氏は《非典型的な個性》が何をしでかすか,大学入試センターは事前に想定すべきだったとし,「どのように想定しておかねばならなかったか」については語らなかった.ひとを批判はするが自分の考えは持っていない人間が実社会で一番嫌われるタイプであることを,茂木氏は自ら明らかにしてしまったのである.何か言えば言うほどニッチモサッチモ行かなくなる.これを自縄自縛という.
 
[追記4]
 茂木氏は,大学入試センター側がなすべきだった対応について,次のようにSNSに投稿した.
 
繰り返し畳み掛けるように注意されると、追い詰められたような気持ちになって非典型的な行動に出る方は年齢に関係なくいらっしゃると思います。試験官側は、複数回注意して効果がなかった時点で、受験番号を控えて後に事情を聞くなどの対応をとるべきだったと考えます
 
 逮捕された容疑者は,試験中に咳をしていたとの証言があり,これは既に報道されている.
 鼻だしマスクの年配者が咳をしているという状況は,周囲の席に着いていた受験生たちに非常に大きな精神的負担を与えていたと思われる.
 しかるに茂木氏は《試験官側は、複数回注意して効果がなかった時点で、受験番号を控えて後に事情を聞くなどの対応をとるべきだった》と主張している.
 コロナ禍の初期の頃にあった実話だが,感染した男が自暴自棄になり,「うつしに行ってくる」と家族に言い置いて,接待と酒を伴う飲食店に入り,接待を行う従業員を感染させたという事件があった.(この男は後に死亡)
 思考実験として,新型コロナウイルスに感染した者が自暴自棄となり,多数の受験生に感染させてやろうとして,鼻だしマスクで試験会場に赴き,咳をしたとする.
 この場合でも,茂木氏の主張に従えば《試験官側は、複数回注意して効果がなかった時点で、受験番号を控えて後に事情を聞くなどの対応をとるべきだった》ということになる.とても常識ある人間の言い分とは思えぬ.
 
[追記5]
 深川署から釈放された鼻だしマスク男は,騒いだ時には鼻だしが「正しいマスクの着用だ」と言い張っていたはずだが,釈放後の毎日新聞の取材に対し,鼻を出していたのは眼鏡が曇るからだと騒いだ理由を変更し,掌を返した.(毎日新聞《鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は》)[掲載日 2021年1月20日 1:04]
 ちなみに私は不織布マスクを使用しているのだが,眼鏡が曇って困ったことはない.マスク上端に入っているワイヤーをきちんと顔に合わせて変形すれば,ハアハアとせわしくなく呼吸をするのでなければ,息はマスク上端から漏れない.これが不織布マスクの標準的な着用方法であり,正しい方法としてメーカーが推奨している.
 このメーカー推奨の着用方法によれば,私の場合は息が上に漏れないのであるが,他にも眼鏡の曇りを防ぐ方法は色々提案されている.そのうちで簡便なのは,ティッシュペーパーを折りたたんでマスクの上端と顔の隙間に挿入することかと思う.大事な試験の前だから,眼鏡をかけている受験生たちは,各自に合った方法を準備して試験に臨んだことと思う.鼻だしマスク男のように,その程度のことも調べずに受験に臨むのは馬 (以下略)
 茂木氏は,これまで鼻だしマスク男は《注意されたらおとなしく従うということが悪意ではなくできない個性》だとして悪意はなかったのだとしていた.またさらに大学入試センターの措置は人権侵害だと罵倒してきた.
 「鼻だしマスク男には悪意がない」と「大学入試センターは人権侵害」との主張を合わせれば,茂木氏は鼻だしマスク男を擁護しているとしか思われぬが,茂木氏は現在,鼻だしマスク男を「迷惑」と突然断言し,《はじめから擁護してきたつもりはない》と掌を返している.いかにも茂木氏らしい幕引きであると感心した.(東スポWeb《〝鼻出しマスク〟で異なる見解 尾木ママは「同情の余地なし」茂木氏は試験官の対応に疑問呈す》[掲載日 2021年1月19日 15:38])

|

« お笑い芸人は「法律のことはわかりません」で許されると思いこんでいる太田光の甘え | トップページ | ジャンクフードの地点からポストコロナを見据える »

新・雑事雑感」カテゴリの記事