« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月29日 (金)

町田徹氏は喫煙者なのに首尾一貫せず

 新型コロナウイルス感染症は,中国で感染が拡大していた頃は,ヒトが日常的に感染する風邪の病原体が四種のコロナウイルスであることとの混同から「コロナはただの風邪だ」「コロナは陰謀だ」と主張する愚か者があちこちで「ノーマスクデモ」を実行したりした.(HARBOR BUSINESS Online《「コロナはただの風邪」と叫ぶ集団が渋谷で「ノーマスク」集会して大炎上。主催の「国民主権党」党首とは何なのか?》[掲載日 2020年8月14日 13:53])
 また医師の中にも愚か者がいて,昨年の初め,若い連中にネットで英雄のように持ち上げられた神戸大学医学部の岩田健太郎教授は,日本テレビ《情報ライブ ミヤネ屋》に出て「コロナウイルスよりインフルエンザウイルスのほうが遥かに怖い」「マスクは無意味でありカネの無駄遣いだ」「私はインフルエンザが流行している時に満員電車の中でもマスクをしたことがない」と述べた.
 さらにまた,テレビに露出の多い元厚労省医系技官の木村盛世氏はテレビ朝日《ビートたけしのTVタックル》に何度か出て「マスクが有効だとのエビデンスは存在しないし,ウイルスは不織布マスクを通過してしまうから無意味だ」と述べ,新型コロナウイルス感染症の感染経路が飛沫感染だと知られていたのにもかかわらず,恰も空気感染であるかのような主張をした.この女も 木村盛世氏も岩田教授と同じく,マスク着用を勧める感染症専門家を「基礎ができていない」と馬鹿にしていたのが思い出される.
 新型コロナウイルス感染症を怖がらないノーマスク男が今もあちこちにいるのは,岩田健太郎,木村盛世の二人の罪が大きいだろう.
 もしも,ノーマスクを扇動したこの二人が,現在はこっそりとマスクをしていたら,捧腹絶倒のお笑いぐさである.
 
 さて新型コロナウイルス感染症を怖がらない少数の連中とそうでない多くの人々の間に深い溝ができているという. 
 そのことについて,NEWSポストセブン《コロナを「怖がる人」は「全く怖がらない人」にどう対処しているか》[掲載日 2021年1月29日 7:05] から一部を下に引用する.

一丸となってコロナと戦っていたはずが、いつの間にか人と人とがいがみ合っている。コロナを「とても怖がる人」と「全く怖がらない人」の対立は、それほど深刻である。
 
自分と考え方が異なる人々と、どう接していけばいいのだろう。
 メディアで慎重な行動をするようにと注意を呼びかけている「怖がる派」の識者たちは、実生活で対立派に出会ったとき、どう折り合いを付けているのか、聞いてみた。
 
経済ジャーナリストの町田徹氏は、「『勝負の3週間』は明らかに敗北した…後手後手すぎる菅総理の『コロナ対策』」(現代ビジネス)といった記事を執筆、政府のコロナ対応について警鐘を鳴らしてきた。町田氏には、「怖がらない人」に接したときのルールがあるという。
「日常から妻と別のテーブルで食事をするくらい気をつけていますし、私生活や仕事でも、その部屋に何人滞在できるかということには気をつけています。なかでも“3密”になりがちな喫煙室は人数制限が課されていますが、超過することを気にしないで入って来る人もいる。そういう場合には、ニコッと笑いかけて『人数制限がありますよ』と伝えたりしています。キツイ言い方にならないように注意しています」》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 NEWSポストセブンの記事では,「怖がる派」として経済ジャーナリストの町田徹氏の見解を取り上げているのだが,この記事によれば町田氏は喫煙者である (上の引用文中の文字着色箇所).
 喫煙が新型コロナウイルス感染症のリスクを高めることは既にかなり明らかになっている.私たちヒトの様々な臓器の細胞表面にはACE2 (概説資料;アンジェラ・ジョウ《ACE2の標的化 - COVID-19の細胞への侵入を防ぐ》;国立感染症研究所・田口文広《コロナウイルスの細胞侵入機構:病原性発現との関連》) という受容体が存在し,新型コロナウイルスはこの受容体と結合することで細胞内に侵入するのであるが,喫煙者の肺細胞にはACE2が多いことがわかってきた.これはすなわち,喫煙が感染可能性を増加させるということを意味している.(ACE2と喫煙については論文を検索されたい)
 さらに,ACE2が多いということから,感染初期に体内で増殖した新型コロナウイルスが効率よく他の細胞に感染していくことが推測される.
 喫煙は重症化リスク要因のひとつであるらしいことが判明しているが,これは喫煙によるACE2増加と関係があるかも知れない.
 いうまでもなく,喫煙者にACE2が多いということは,長年にわたる喫煙習慣によるものであって,いまさら急に禁煙したとてACE2が減るというものでもなかろうとは考えられる.
 しかし,日々日常の喫煙が感染と重症化のリスクを増大させる (これは既に広く知られているから,町田氏が知らないはずはない) ことを知りながら,それでも平気で喫煙を続けていくというのは,町田徹氏が「コロナを怖がらない」人であることの証左である.
 以上のことから,経済ジャーナリストの町田徹氏は,自分に都合のいい場面では「コロナを怖がる人」を演じて政府を批判するが,そうではない場面では突如勇猛果敢な「コロナを怖がらない人」になるのである.なんとまあ勝手な調子のよい人なのであろうか.w
 とはいうものの,町田氏が重症化して死んでも,それは町田氏が自分の意思で引き受けるリスクだ.私たちにはどうでもよいことである.従ってここは,町田氏が首尾一貫しない人物であることを批判しない HARBOR BUSINESS Online 誌の無定見を批判すべきかも知れない.
 
 余談だが,町田氏は自分が喫煙するだけで,他人に喫煙を勧めているのではなかろうと思う.ところが今時,喫煙を勧める馬鹿がいるのである.超絶大暗愚宰相菅義偉が,安倍内閣に引き続いて内閣官房参与に招聘した怪物飯島勲である.小泉内閣時代に北朝鮮の代理人となったといわれるこの怪人は,喫煙は健康にいいと以前から週刊誌(週刊文春) で書き殴っており,望まない受動喫煙の防止を目的として改正健康増進法と東京都受動喫煙防止条例が制定されようとした時,飯島勲は東京都小池知事を強く批判した.そこまでして他人に受動喫煙をさせたいのかと世人は驚いた.
 そこに今度のコロナ禍である.これをチャンスと見た飯島は,喫煙がいかによい生活習慣であるかを再び世に訴えた.雑誌プレジデント誌に掲載された記事を同誌がネットに転載したPRESIDENT Online《「タバコ喫煙者はコロナ感染から守られる」決定的証拠 タバコが救う人間の命》[掲載日 2020年8月14日 9:00] は,トランプ前米国大統領が裸足で逃げ出すフェイク・ニュースである.事もあろうに《タバコが救う人間の命》ときたもんだ.東京都受動喫煙防止条例を罵倒攻撃した飯島の本領発揮である.
 繰り返すが飯島は菅義偉のスタッフである.菅義偉の後ろ盾である飯島勲が,厚労省を張り倒さんばかりの勢いで書いた怒涛の大嘘を抜き出してみよう.一読して腰が抜けるほど情けないところは文字を着色した.
  
パリのピティエ・サルペトリエール病院の調査では、入院患者343人に対して、喫煙者は15人と4.4%だった。フランス全体の喫煙者率32.9%に対して圧倒的に少なく、研究チームは、この結果は統計的に有意であるとして、喫煙者は感染から守られると結論づけた。

ウイルスはヒトの細胞の表面にある受容体と結合して細胞内に侵入して増殖し、さまざまな症状を引き起こすものだが、同病院の研究チームでは、ニコチンが受容体に付着して、ウイルスが細胞に侵入拡散するのを阻止する可能性があると提唱しているという。

タバコによって感染がここまで抑えられるのであれば、吸ったほうが明らかに良いと結論付けてもいい印象を受けた。禁煙活動家は都合のいいときは、ワーワー騒ぎ、都合が悪くなると途端に黙る。それでは信用されない。禁煙運動に励んでいる人は、自分たちにとって都合の悪い話もきちんと受け止めることだ。ましてや、フランスの医療論文で、明確に、「喫煙者はコロナ感染から守られる」と結論付けられているのだ。喫煙者の私が言っているのではない。権威ある医学論文の結論なのだ。つまり、「タバコは百害あって一利なし」は、完全にデマなのだから撤回すべし。ワクチンのないコロナの感染を守るという (引用者による註;感染を守ってどうする w,「感染から守る」または「感染を防ぐ」が正しい日本語だが,飯島は週刊誌に連載記事を書いていたときも小学生のような幼稚な日本語を書いていた w)「一利」は、あることが判明したのだ。いずれにしろコロナが終わるまで禁煙活動は一旦休止しないと、禁煙活動のせいで、コロナ患者を増やす(=死者を増やす)可能性すらあるということではないのだろうか。

タバコはそれほど悪いのか。立ち止まって考えてみてほしい。コロナを倒す特効薬が開発されるかさえも怪しい今、私は、コロナから自分を守るためにタバコを吸う。現代医学が出した結論からすれば、当たり前の話だ。

一面的な正義を振りかざして「タバコを吸うな」というのは、最近の自粛警察やマスク警察と似たようなものだと思うが、禁煙警察だけはなぜか批判されない

だからこそ、フランスの研究が成功してほしい。そして、コロナ後のニューノーマルでは「タバコを吸えば感染リスクが低下する」という常識が広まって、喫煙者の人権も認めてもらえるのではと期待している。とりあえず、私は、タバコを吸いながら第2波に備えようと思う。これが私にとって何よりの対策であろう
 
20210130b
(あんまりにもおもしろいので,スクリーン・ショットを撮ってみた)
 
 まず,《パリのピティエ・サルペトリエール病院の調査では、入院患者343人に対して、喫煙者は15人と4.4%だった。フランス全体の喫煙者率32.9%に対して圧倒的に少なく、研究チームは、この結果は統計的に有意であるとして、喫煙者は感染から守られると結論づけた。》から検討してみよう.
 この「結論」を得たと称する原著論文には重大な欠陥がある.というのは,このナンチャッテ病院の研究チームは,入院患者を対象に調査したのである.この点が,ほとんど阿呆としか言いようがない.新型コロナウイルス感染症の研究が緒に就いたばかりのこととはいえ,レベル低すぎ.研究というものの基礎ができていない.
 なんとなれば,《入院患者343人に対して、喫煙者は15人と4.4%だった。フランス全体の喫煙者率32.9%に対して圧倒的に少なく、研究チームは、この結果は統計的に有意である》という事実を得た場合,普通の研究者であれば,「では病死者の喫煙歴はどうであったか」と考えるからである.
 まさに死者に口なしとはこのことだ.
 コロナ禍から一年を経た今日現在では断定していいだろう.喫煙者は,その喫煙歴のためにほとんどがすぐに重症化して死んでしまったのである.
 そのため,生き延びた入院患者の喫煙率が低く観察されているのだ.
 どこをどう捻じ曲げれば《喫煙者は感染から守られる》という結論が出てくるのか,このナンチャッテ病院の研究チームとやらを膝詰めで小一時間ほど説教してやりたい.w
ニコチンが受容体に付着して、ウイルスが細胞に侵入拡散するのを阻止する》に至っては,ウイルスの受容体とは何かを全く理解していないあまりにも阿呆な論文だったので,発表されてすぐに,まともな研究者たちから馬鹿にされた.当該論文を書いた者たちは,受容体ACE2にベットリとタバコのヤニが貼り付いているイメージを抱いたのではなかろうか.w
 この馬鹿論文を知って (飯島勲が論文を読めるはずがないから,ネットニュースを読んで知ったのであろう) 喜んだのは飯島勲くらいなもので,この論文の結論を信じた喫煙者がそれほど多くなかったのは幸いであった.当たり前のことだが,喫煙者のほとんどは禁煙したいと切に思っているからである.
 再々度,私は繰り返す.新型コロナウイルスに喫煙で立ち向かおうではないかと主張する飯島勲は,超絶激甚大暗愚宰相菅義偉が教えを乞う後ろ盾なのである.
 この国の不幸は,菅義偉が宰相の地位に就いたことである.菅義偉が飯島勲の指導で「喫煙推進法」を制定を言い出さなきゃいいがと思う今日この頃である.
 
 さて上に書いたように,私はヘビースモーカーの飯島勲を馬鹿にしているが,何を隠しましょう,私はかつて愛煙家だったのである.
 今と違って私の学生時代は,喫煙者のほうが多かった.大学生のたまり場である雀荘の客はほぼ全員が喫煙者だった.
 学生寮の先輩に煙草の吸い方を指南されて喫煙人生をスタートし,最初はショートピースだったが,一日に一箱吸うようになってハイライトにグレードダウンした.
 このニコチンとタールの多い煙草からスタートしたのが響いたか,ずっと一本でタール10mgのものを吸い続けた.
 煙草が健康に悪いことは認識していたが,「死ぬときは肺がんだろうなあ」程度のことしか考えなかった.
 しかし本当の煙草の怖さは,肺がんではなかったのである.
 喫煙は動脈硬化を促進する.全身の血管にダメージを与える.これがどれほど重大なことかを,私は心臓バイパス手術を受けるまで深刻に反省していなかったのだ.それまでも一時的に禁煙したことはあったが,完全に紫煙と縁を切ることができたのは,心臓手術で一ヶ月の入院をしたときだった.遅かりし由良助.
 それでも,心臓へのダメージはまだ救いようがあるが,脳はだめだ.脳出血して死ぬリスクと,血流が阻害されて緩慢に馬鹿になっていくリスクの両方があり,馬鹿になると最後は飯島勲のように《感染を守る》などと書くようになってしまうのだ.w
 そして,新型コロナウイルスだ.こいつは,長年の喫煙習慣によってボロボロになった血管を破壊する.
 感染判明後に入院することができず自宅療養していた人が脳出血で突然死したなどと時折報道されることがあるが,この脳出血は新型コロナウイルス感染症関連死だろう.
 新型コロナウイルスが循環器を破壊することが明らかになったからには,すべての喫煙者諸兄は,最大限の注意を払って,感染せぬような生活をする必要がある.町田徹氏は《なかでも“3密”になりがちな喫煙室は人数制限が課されていますが、超過することを気にしないで入って来る人もいる。そういう場合には、ニコッと笑いかけて『人数制限がありますよ』と伝えたりしています》と悠長なことを言っているが,喫煙時に肺から吐き出される紫煙は,粒子径が小さいが,物理的な構造は飛沫と同じものなのだ.もしも無症状の感染者が喫煙室で煙草を吸ってたら (煙草を吸って煙を吐き出す時はマスクをしていない) 室内の未感染者は大変な感染リスクにさらされているのである.従って町田氏が喫煙したいなら,喫煙室ではなく,感染から身を守るためには屋外での喫煙を強く勧める.
 
 最後に余談だが,北朝鮮金王朝の独裁者は喫煙者だ.
 飯島勲は,我が国で「煙草は健康にいい」と主張するたった一人の人間であるが,これは朝鮮労働党と人民の偉大な指導者である金正恩の指示による日本破壊工作ではないかと私は密かに思っているのだと言うにやぶさかではないと言えないでもないと (以下略)

|

2021年1月28日 (木)

非科学的で不合理かつ異常な主張をする矢部史郎 /工事中

 REUTERS《与党議員による夜のクラブ通い、「大変申し訳ない」=菅首相》[掲載日 2021年1月27日 9:54] の記事は重要である.
 
菅義偉首相は27日午前の参院予算委員会で、自民党の松本純・国会対策委員長代理や公明党の遠山清彦・前財務副大臣が、緊急事態宣言下の夜に銀座のクラブなどに通っていたとの報道に対し、「夜8時以降の外食・飲食や不要不急の外出をしないように協力をお願いしている中、このような事態が発生し大変申し訳ない」と陳謝した。徳永エリ委員(立民)に対する答弁。
 
 富農のせがれに生まれておきながら勉強が嫌いで高校を出ても大学に進まず,集団就職を装って一人で上京したが,しかし金持ちの生まれであるから下積み低賃金労働の現実に嫌気がさし,ちょっとまずかったと思ってやおら法政大学に入り直したものの,当時の法政大学は教育を受けられるような状態ではなく (都内では立教大学を除く他の大学もすべて酷い状態だった),大学でも全く勉強せずに卒業して世の中に出てみたら,政治家は口先三寸で生きていけることに気が付き,秘書からスタートして「苦労人」と嘘を吐きつつ一国のトップに上り詰めた超大暗愚宰相菅義偉が官房長官の頃であれば,ここは「自民党の松本純・国会対策委員長代理や公明党の遠山清彦・前財務副大臣が緊急事態宣言下の夜に銀座のクラブなどに通っていたとの報道があるが,これは不要不急の外出であるというのは中らない (あたらない)」と徳永委員に対して突っぱねるところだ.
 簡単に陳謝してしまうところがもう菅の「心が折れて」いる状態を示しているのではないか.
 前の総理大臣も,優秀であるとは言い難い大学で遊んでばかりいたのかディベートが不得意で,国会答弁では「あたらない」を連発する男だったが,菅も記者会見では「あたらない」を連発する官房長官だった.
 この二人に共通しているのは,相手が何を聞きたがっているのかを瞬時に理解する能力だ.だから国会で事前通告されている質問でも,事前通告内容と少し異なった方向に野党議員の質問が逸れると,もう答えられない.そこで「○○という指摘はあたらない」と言って答弁回避をするのであった.
 それでも,前首相は声が大きいだけマシだった.
 というのは,超絶大暗愚宰相菅義偉は,ロレツが回らない上に声が小さくて,自分の発言を国民に聞いてもらいたいという意思が感じられないのである.
 簡単に言うと,菅の発言は何をいってんのかよくからんのに,上のロイターの記事に限らず他のメディアも,実際の菅の発言を国民に理解できるように勝手にリライトしてしまう.そのため,ネット記事やテレビ映像では実際の菅の答弁と違うニュアンスの報道がなされていることを,NHKの国会中継を視聴している人は知っているが,そうでない人は知らない.
 参院予算委員会で野党議員の質問に,「第三次補正予算は」と言わんとして菅は「だんじほせいよさん」と発音した.なんだよ「だんじ」って.w
「医療機関に対する」と言おうとして「いろうよさんにたいする」と発音をした.なんだよそれは.「慰労機関」なのか「遺漏機関」なのか意味不明だ.ww
 別に早口ではないのだから,口をちゃんと開けてものを言え.国民は情けなくて全身から脱力するぞ.
 
 ところで,世の中には素っ頓狂なことを言う者がたまにいて,その一つが,ハーバー・ビジネス・オンライン《いまだ飲み歩く人やノーマスクの人だけが断罪されるべきなのか。不合理な行動の背後にある「合理性」とは?》[掲載日 2021年1月27日 8:33] を書いた矢部史郎という男だ.(Wikipedia【矢部史郎】)
「泥棒にも三分の理」という諺がある.どんな悪事でも屁理屈を付けて正当化しようとする者がいるというほどの意味だ.
 矢部という男は,アナーキストなのかテロリストなのかあるいは時代錯誤的に遅れてやってきた新左翼活動家なのか知らぬが,暴力的なテロも正当化が可能だ考えているらしい.どんな人物かはネットに資料があるので検索して頂きたい.
 その矢部はまず,公然とマスク着用を拒否して「ノーマスクデモ」を大衆運動化しようとする者たちがいることを挙げて,彼らの行動は非科学的で異常ではあるが,彼らだけを断罪するのは「フェアでない」と主張する.彼らがマスク着用を拒否するのは,彼らにとって「合理的な行動」であるからだという.矢部は,どんな行動でも,非常識だろうがなんだろうが,屁理屈を付けることができれば非難するのは「フェアでない」というのだ.
 矢部は,かつて法政大学の学生運動家が暴力行為に及んだとき,理屈が付けば暴力行為自体は構わないとした.
 矢部の論理に従えば,外国でたまに発生する銃乱射大量殺戮テロ事件でも自爆テロでも,テロリストから犯行声明が為されれば正当だということのようだ.ま,私のような常識人にはチンプンカンプンな話だが,矢部は次の通りのことを寄稿文で述べている.
 
感染予防対策のために手洗い・消毒を励行するということには、大きな反発はうまれていません。人びとの反発を招いているのは、外出や会食の制限です。不要不急の外出・会食は控えましょうと呼びかけられる。
 象徴的な事例としてあげられたのが、東京・新宿の飲食店街のありようでした。客観的に見れば、未知のウイルスが市中感染を引き起こしている渦中で飲み歩くなど、まったくどうかしている、という話です。そんな遊びは不要だし不急であろうと考えられるのです。
 しかし、飲み歩いている当事者にとっては、外で飲み歩く行為は不要でも不急でもなかったのです。少なくとも、政策決定者が考えるほど不要不急ではなかった。「夜の街」は、都市生活にとって欠かすことのできない重要な器官になっていたのです。
 わたしについていえば、外出を控えて自宅に引きこもる生活は苦もないことです。もともと放射能汚染の問題を警戒して外食は控えてきましたし、50歳の身体で「夜の街」に出るのもだんだん億劫になってきています。わたしにとって、「夜の街」での会食は、不要不急です。
 しかし世の中、そういうおっさんばかりではないのです。若者にとって、「夜の街」の制限は大問題です。たとえば20代後半ぐらいの、結婚を意識するようになった未婚の男女にとっては、不特定多数の人びとと出会う飲み会など、大変重要でしょう。コロナウイルスが収束するまで飲み会を我慢してくれと言っても、聞かないでしょう。感染が収束するころには30歳を越えていたなんてことになりかねません。これは当事者にとっては死活問題です。
 若者に限定しなくても、「夜の街」を不可欠とする人々はいます。家族がいないとか、家族はあるが不仲であるとかいった事情があって、行きつけのバーに指定席をもっている人がいます。
 都市生活者というのは定型的な家族構成ではない人びとを多く含んでいて、そうした人たちにとって、「夜の街」は単なる遊び場ではなく、暮らしそのものなのです。》(引用中の文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)

 つまり矢部は,政府や自治体からの「不要不急な行為を行わない」との要請に関し,何が不要不急であるかの判断に客観性とか健全な社会常識は適用できないと言う.ある人間が欲求の赴くままに,健全な常識では「不要不急」で異常な行動したとしても,本人にとって合理的な行為であれば不要でも不急でもなく正当な行為であるとする.
 下世話なことを持ち出すが,昨年四月の緊急事態宣言の時に,当時立憲民主党の衆院議員であった高井崇志が,新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言中に東京新宿歌舞伎町の特殊性風俗店を訪れていたことが報道された.
 同党は,世間の糾弾を浴びた高井が提出した離党届を受理せず,除籍処分とした.しかしこの不祥事は,矢部の論理に従えば,同党が高井を除籍処分したのは不当であることになる.なぜなら,高井にとって性欲処理は不要不急のことではなかったからである.
 高井にとって性欲の処理は不要不急ではなく,我が国の命運よりも大切な重大事であったのだ.ならば,国民が衆院議員高井の行動を恥知らずであると非難するのは不当であることになる.
 私なんかには,自分の人生を投げうってでも処理したい性欲というものがどうにも理解できないのだが,



 
 余談だが,徳永委員の質問は追及がぬるい.せっかく菅が質問に対して《自民党としても幹事長の下でしっかりと対応したい》と答弁したのだから,二階幹事長に対応方針を説明させればよかったのである.そうすれば「高級クラブがどうなんてアホらしいね」と答える可能性があったのだ.
 二階幹事長は例の高級ステーキ会食に関するメディアの報道を「アホらしい」と切って捨てた.従って与党幹部が銀座の高級クラブで酒を飲んだかどうかの追及も「アホらしい」はずだからである.
 ちなみに自民党の松本国対委員長代理は高級クラブへ陳情を受けに行ったのであり,酒を飲みに行ったのではないと主張している.
 酒は出たが,それはお茶代わりに出してくれたものだそうだ.それならそれで,お茶を欲しいと言えばよかったのだ.w

|

2021年1月27日 (水)

スルメイカと里芋の煮物

 ちょっと前のフジテレビ《所JAPAN (2021/1/18 放送)》 に,番組の準レギュラー扱いで気象予報士の芦原瑞文 (株式会社ウェザーマップ所属) という人が,日本近海の海水温が上昇したために,色々な異常現象が起きているということを述べた.
 芦原氏は,まずイカの漁獲量が激減していると述べて,タレントの井上咲楽さんと一緒に伊豆の伊東漁港に出かけた.
 伊東漁港で芦原さんは漁協関係者にインタビューした.「今年のイカはどうですか?」
 テレビ番組の内容紹介サイト (上掲) から下に引用する.
 
芦原瑞文と井上咲楽は海水温上昇を一番深刻に受けている伊豆を訪れた。伊豆は金目鯛を始めとした新鮮な海の幸に恵まれた観光スポット。芦原瑞文によると黒潮暖流が押し寄せる伊豆半島は海水の上昇を最も受けやすいという。
上昇が止まらない海水温度を2人は体感することにした。11月下旬の海水に入った2人は「思ったほど冷たくない」とコメントした。伊豆半島の海水が30年前に比べ2℃~3℃上昇した。芦原瑞文は魚の1℃は人間の10℃に匹敵すると説明した。その影響で異変を引き起こし、さんまの不漁が典型で三陸沖の海水が上昇しさんまが下りてこなかった。
 
2人は伊東魚市場を訪れた。いとう漁業協同組合の石井さんはイカが旬だと説明するが10分の1しか収穫できないとコメントした。原因は海水の上昇でイカは水温に敏感でここ数年まとまって入らないという。イカの価格が5年前と比べピーク時で2倍に上昇した。また金目鯛が獲れないという。海が温かく冬になっても夏の魚が獲れることもある。現在、金目鯛に変わる伊豆名物のシイラだという。
 
 地球温暖化という現象の理解は非常に難しい.
 まず,地球は温暖な時期と寒冷な時期を繰り返して現在の状態にあるのだが,この温暖・寒冷のサイクルをどれくらいのスパンで私たち人類が考察するかによって,印象が大きく異なる.
 地球に与えられるエネルギーは太陽からやってくる.太陽は活動状態が変動するので,地球の地表と大気はそれに連動して温度変化サイクルが生じる.それとは別に,太陽からのエネルギーを受け取る地球側の条件が変動することも,温暖・寒冷のサイクルに影響する.(概説はWikipedia【氷河時代】を参照)
 大気も含めた地球全体を一つの系として [太陽から受け取るエネルギー - 宇宙に放出するエネルギー] がプラスであると地球という系の温度は上昇するわけだが,これが複雑な現象として現れる.
 増えたエネルギーの多くは海水が吸収すると言われている.本当かどうかはわからないが,国連の気候変動に関する政府間パネル (IPCC) は90%以上を海が吸収すると主張している.
 ところが海は地球上に均一に分布しているのではない.大陸が海の上に顔を出しているし,海底も深浅不均一だ.鍋に水を入れてガスなり電気で加熱すれば鍋の中で水の対流 (熱の分布が均一になるように水が動く) が起きるが,これは熱源が水 (鍋) の下にあるので小学生でも理解できる.しかし地球の場合は熱源は太陽で,エネルギーは上からやって来る.この状態でどのような対流が起きるのかは,もう私たち一般人には皆目わからぬ.たぶん研究者はスーパーコンピュータでシミュレーションを試みているのだろう.
 ともあれ事実として海には海流が観測される.(下図)
 
20210129a
(海流図;Wikimedia Commons から引用,パブリックドメイン,File:Corrientes-oceanicas-en.svg)
 
 上図の右端に南から黒潮が,北から親潮が描かれているが,日本列島近海には,1.黒潮 2.黒潮続流 3.黒潮再循環流 4.対馬暖流 5.津軽暖流 6.宗谷暖流 7.親潮 (千島海流) 8.リマン寒流が流れている.
 黒潮は貧栄養であるが,親潮は栄養に富むので豊かな水産資源を我が国にもたらしていることは私たちによく知られている.
 さてここから本題.
 気象予報士の芦原瑞文さんは伊東魚市場で漁協の人に「イカはどうですか?」と訊ねた.
 これはまた随分とアバウトな質問だ.伊豆沖の漁場ではヤリイカ,スルメイカ,アオリイカなど色々なイカ類が獲れるのだそうだが,番組では「イカ」で押し通した.視聴者としては「単なるイカなんて生き物はいないぞ,海にいるのはヤリイカとかスルメイカとかで,みんなそれぞれ違う生き物だ」と思うのだが,芦原さんの食材知識のレベルが低いのだと諦めるしかない.
 そこで近年のイカ類の不漁について文献に当たってみると,漁協の人は《イカは水温に敏感で》と言ったが,それはちょっと違うようだ.例えば北海道大学大学院の桜井泰憲氏の論文「スルメイカの繁殖生態と再生産機構」によれば《スルメイカは15-23℃の暖流水域の中層以浅で産卵し、卵塊はその水域内に滞留し、卵発生とふ化が生ずる》とのことだから,割と広い水温域に適応しているようだ.またこの水温域は産卵に適した温度域であり,個体はもっと広い温度域に耐えるらしい.北海道水産試験場のサイトに掲載されているデータ (下のスクリーン・ショット) によると約3~25℃の水温域に分布しているという.つまりイカ類は水温の変化に強い.伊東の魚市場関係者が《イカは水温に敏感で》と言ったのは,伊豆の沿岸で獲れるイカ類漁獲高が海水温によって影響されるという意味であり,別にイカ類の棲息に打撃があるということではないようだ.
  
20210131b
 
 一般店頭には出ずに料理店で消費される高級品のアオリイカは個体の棲息に適する水温はやはりスルメイカと同じようだが,ヤリイカは低温を好む.そのため,沖合を流れていた暖流 (黒潮) が沿岸に近寄って来ると,より水温の低い北へと移動するらしい.漁業関係のニュースを調べると確かに伊豆ではヤリイカが獲れなくなっているというが,ヤリイカの群れは暖流に乗って北上しているのだろうと思われる.ヤリイカの近年の漁場情報は探してもヒットしなかったが,ヤリイカに似ているケンサキイカは宮城県沖が今は豊かな漁場になっているそうだ.
 ただ,スルメイカは全国的に深刻な不漁だ.その理由に海水温上昇を挙げる人がいるが,国の研究機関である水産研究・教育機構 (水研機構) の調査によると,原因はそれだけではないという.
 この分野の研究者によると,中国のスルメイカ漁獲高は日本の十倍近いらしい.
 実は近年,日本の経済的主権が及ぶ排他的経済水域 (EEZ) 内にある日本海の好漁場「大和堆」周辺で中国漁船の違法操業が急増している.これがスルメイカ不漁の真の原因だとする説がある.
 中国漁船は水産資源が激減しようがスルメイカが絶滅しようがお構いなしに乱獲する.これはもうあの国の国民性なのであろう.厄介なのは,中国政府がこの違法操業を後押ししていることだ.
 中国には「海警法」というものがあり,最近改正されたこの法律が今月から施行されるのだが,日本の漁業水域に侵入して違法操業を続ける漁船を中国海警局の武装警備艇が援護したり,日本の漁船を威嚇するようになるかも知れない.さすがは中華帝国,古の時代に仁と礼を説いた孔子を不遇のうちに世を去らせた民族ではある.自分良ければすべて良し.嫌な世の中だ,と言いたいところだが,我が国にはマグロと捕鯨というウィークポイントがあって,中国による水産資源乱獲を正々堂々と非難できないのではある.それに,上に「中国によるスルメイカ漁獲高は日本の十倍」と書いたが,彼我の人口を勘案すれば,日本のスルメイカ漁も充分に乱獲だと言わざるを得ない.w
 
 ところで,不漁のせいだろうが,イカ類は高い.スルメイカなんかは一杯が七百円近い.ヤリイカも発砲スチロールのトレーに三杯入ってやはりこれも六百円くらいのお値段である.夫婦二人に食べ盛りの子供二人の家庭では,イカ類の料理はなかなか食卓に出しにくいものではないか.イカってのは煮たり焼いたりすると身が縮んでしまうから,料理すると「えーっ,こんなちっちゃいのー!」と子供はがっかりしてしまう.その意味では,ヤリイカはイカ刺にするのがよろしい.
 だが,イカ刺の味を覚えた子は,味覚が酒飲みになる方向に育ってしまう可能性がある.
 そこで登場するのがサトイモである.
 家庭料理というのはおもしろいもので,その国その土地で長い時間をかけて食材に選択圧が働き,もうこれしかない,という食材の組み合わせができあがったといえる.
 その一つの例が,土井善晴先生の言い方なら「スルメイカとサトイモの煮たん」である.
 サトイモだけなら味噌味にするのもなかなかおいしいが,イカと煮るなら醤油味にすると決まっている.
 スルメイカだけを煮たのでは家庭の食事としてはコスパが悪いが,サトイモを使うことで,副菜として家庭経済的に満足いくおかずになるだろう.
 作り方は何もむずかしいことはない.サトイモの皮を剥くのがめんどくさい (ピーラーが使えない) だけであるから,それが嫌なら冷凍のサトイモを使えばよろしい.ただし冷凍サトイモの食感は生のイモを煮た場合より数段落ちるが,これはおそらく,瞬間冷凍してもサトイモは組織が破壊されやすいからだろう.生のサトイモはコトコトと煮ても大きさは変わらないが,冷凍サトイモは煮ると小さくなっていくし食感はふにゃふにゃになるので,やる気がある時は生のサトイモを求めよう.
 下の写真は,やる気のない時に作ったやつで,冷凍サトイモを使った.
  
20210131e
 
 味付けは濃縮麺つゆが最強だ.甘めのものと,あまり甘くないものと二種類あればなおよい.
 私は最近,ヤマサ醤油の麺つゆを使っている.
 サトイモは色が濃く仕上がっても薄い色になっても,そこは各自の好みだ.
 上の写真のものは,おでんのスープ (具をヒガシマルのうどんスープで煮た) が鍋に残っていたので,それを使ってサトイモを煮た.
 冷凍サトイモ (一袋 280g) は,丼に入れ,レンチン (500W, 10min) して解凍して使う.これを煮立った汁に投入し,あとはコトコトと煮る.
 スルメイカ (一杯, 輪切り) は長い時間かけて煮ると身が小さく縮んで固くなるので,火が通ったら (脚が縮んだら) さっと引き上げるのだが,それでもちゃんと味が入るように麺つゆを濃いめに薄めた汁で煮るといい.つまりサトイモとスルメイカは別の鍋で煮るのである.
 あとは,小鉢の副菜にはハシリの菜の花のおひたしはどうだろうか.主食のバーボンの水割りに,合うと私は思う.

|

2021年1月22日 (金)

牡蠣の手抜きグラタン

 家庭で作れる料理のうちでメンドクセーものの代表がグラタンではないか.
 メンドクセー原因はホワイトソースだ.
 ハインツから缶詰のホワイトソースが出ているから,これを使えば簡単だが,缶詰の内容量が多い.家族向けだ.
 じゃあ加工食品を使って手抜きしようということになるが,私が愛用しているのはハウス食品の マカロニグラタンクイックアップ <ホワイトソース2皿分> だ.
 これは確かに,まともな作り方よりは簡単なんだが,出来上がりはマカロニグラタンであり,応用がきかない.またパッケージに書かれている「作り方」に従うと,同梱のマカロニが硬く仕上がる.マカロニは軟らかいのが好き σ(^^;) という人は,マカロニを別茹でするとか,焼く前に電子レンジで加熱するとかの手間が増えて,それがちょっと気に入らない.
 で,スーパーの棚で発見したのがハインツの かけて焼くだけグラタンソース である.ハインツ公式サイトに表示されている原材料は以下の通り.
 
植物油脂調製品、たまねぎ、ショートニング、小麦粉、生クリーム、牛乳、全粉乳、とうもろこし油、マッシュルーム水煮、食塩、バター、乳脂肪調製品、砂糖、チキンエキス、バター調製品、たん白加水分解物、ナチュラルチーズ、酵母エキス、たん白加水分解物調製品/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香辛料抽出物、香料、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉・ゼラチンを含む)
 
 増粘剤に加工デンプンを使っているのが気に入らないが,あとは特に指摘することはない.
 これを使って手抜きの牡蠣グラタンを作ってみる.
 
[作り方]
* ジャガイモ (中一個,150gくらい) をピーラーで皮剥きし,五ミリ厚の扇形にカットする.
* これを耐熱皿に並べて敷く.ラップをかけて電子レンジで加熱する.ラップがプーと膨らんでから一呼吸すれば火が通っているはず.爪楊枝を刺して確認.
* 牡蠣 (150gくらい) をストレーナーとか笊に入れて水洗いする.
* 適当な大きさのボウルに洗った牡蠣を入れ,ハインツのソース (一人前100g) を加えて混ぜる.これにラップをかけて電子レンジで加熱する.ラップがプーと膨らんでから一呼吸すれば火は通っているはず.
* 牡蠣から出汁が出て身と分離しているので,ソースとよく混ぜる.
* 耐熱皿に入れたジャガイモの上に,ソースまみれの牡蠣を均等に並べる.
* とろけるタイプのスライスチーズを二枚,ちぎって材料の上に並べる.
* オーブン・トースターに入れて,チーズが焼けるまで加熱する.
 
 下画像が出来上がり.耐熱皿は二人前用である.あとは上にパセリの粉を振り,タバスコをビシャビシャ振って夕飯に食べた.
 このハインツのソースを使えば全く手間いらずでマカロニ以外のグラタンができる.牡蠣の代わりに,拍子木にカットしてあるベーコン (スーパーにある) とブロッコリとか,思いつくもので試したらどうだろうか.
 
 20210122a

|

この父にして

 昨年九月に航空会社ピーチ・アビエーションの旅客機内でマスク着用を拒否して騒ぎ,客室乗務員に怪我を負わせるなどし,航空機の運航を妨害した威力業務妨害と傷害,航空法違反の疑いで大阪府警に逮捕された明治学院大学非常勤職員の奥野淳也容疑者についてコメントした.
 報知新聞《岩井志麻子さん、マスク着用拒否で逮捕の男は「きっと今の自分の境遇がすごく不満なのね」》[掲載日 2021年1月21日 17:28] から岩井さんのコメントを一部紹介する.
 
彼は今の自分の境遇がすごく不満なのね。もっと自分は偉い人と思われるべき、もっと自分は世の中に求められるべきだ、自分はこんなに優秀なのに世間が俺様を評価しない、下に見るみたいな不満がずっとあって。そのこと自体を解決しようとか、その事を向き合おうとせずに外でケンカして紛らわすというかね」と続けた。
 
 奥野容疑者に対して,多くの人が岩井さんと同じ感想を持ったと思われる.
 満たされない他者承認欲求だ.
 他者承認欲求は誰にもあるが,これが高じると肥大した劣等感,情緒不安定,異様な自己顕示といった形をとる.
 奥野容疑者が留置場へ護送されて行く場面をテレビで見ると,笑っている.
 多分,満たされた自己顕示欲で彼の精神は高揚しているに違いない.
 
 さて,奥野容疑者が本当に健康上の理由でマスク着用が困難であるとすれば,昨秋に奥野が起こした航空機運航妨害事件は,秩序違反行為として非難されるべき行動であったとしても,犯罪としては情状酌量の余地があると思われる.
 警察は穏やかな処置をする気だったかも知れない.ところが,普段の奥野は外出に際してマスクをしていることが判明した.奥野容疑者の周辺から情報提供があり,警察が聞き込み捜査を行って明らかになったのだという.(共同通信《逮捕の男、事件後マスクで外出か》[掲載日 2021年1月20日 10:00])
 こうなると状況は急転だ.
 あの事件は偶発的なものではなく,奥野が「健康上の理由でマスクを着用できない」と装って計画的に行った犯行だというセンが出てくる.
 そして逮捕に至った.
 ここで私が「?」と思ったのは,奥野の逮捕を聞いた父親の反応だ.
 週刊女性PRIME《“マスク着用拒否男”が逮捕! 父親は怒りをあらわに「裏で大きな力が働いている」》[掲載日 2021年1月20] から一部を下に引用する.
 
私立大学の臨時職員をしているわが子の発信はよく見ているという父親。
 息子と同じ19日に逮捕が報じられた、大学入学共通テストで鼻だしマスクをしていた49歳の男を引き合いに、こう言葉を強めた。
「あれもそうやと思うけど、息子が逮捕されたのも、ちょうどコロナで緊急事態宣言になったから、そのための見せしめですやん! 過剰反応だと思うわ。なんか裏で大きな力が働いているような気がするなぁ」》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 《…過剰反応だと思うわ》まではいいが,《なんか裏で大きな力が働いているような気がするなぁ》は明らかに妄想の域に入っている.
 奥野容疑者の,平気で嘘を吐くという異様な性格は,妄想タイプの父親譲りなのかも知れない.

|

2021年1月21日 (木)

問題を解決しようとしない性格に問題がある

 東スポWEB《全国で急増〝マスクしないオジサン〟の正しい対処法》[掲載日 2021年1月20日 11:15] から一部を引用する.
 この記事は《“マスクしないオジサン”が、身近にいたらどうするべきか。昨年9月にマスク着用を拒否して飛行機を降ろされた大学職員、奥野淳也容疑者(34)が19日、大阪府警に威力業務妨害などの容疑で逮捕された》と書き出している.続いて下のスクリーン・ショットだ.
 
20210121b
 
 大学入学共通テストの受験生に嫌がらせをしようと企み,試験会場で咳をするなどして騒いで結局東京深川署に逮捕された件の鼻だしマスク男のことは既に書いた.
 この下司野郎と同じ年の会社員は取材に対して「アレルギー性鼻炎なので不織布マスクをすると息が苦しい.それで鼻だしマスクをしている」のだという.慢性の鼻炎だと鼻腔が詰まり気味であるため,
 (1) マスクの最も重要な機能は,自分の呼気に含まれる飛沫を周囲に放散しないことにある.
 新型コロナウイルス感染症は,感染後に無症状だったり自覚症状があまりないうちにそのまま寛解することが多い.これがこのウイルス感染症の厄介な点だ.しかも自覚症状がない感染者にも,対他人感染力があるため,発症者をいくら隔離してもそれだけでは感染拡大を防ぐことができない.
 そこで最も有効な策がマスクなのである.つまりあるテリトリーの中で全員が不織布マスクを着用すれば,誰が感染者かわからない状況下でも,感染が拡大する可能性を大きく低減できることになる.
 東アジア諸国 (中国,韓国,台湾,日本) が欧米諸国に比較して感染の抑圧によい成績をおさめているのは,マスクによる飛沫拡散防止効果によるところが大きいと考えられる.
 (2) 次が顔面のウイルス汚染防止効果である.私たちの手指が日常生活の中でウイルス汚染される可能性はかなり大きい.その手指で目や鼻の付近を無意識のうちに触ってしまう (→ 接触感染する可能性がある) ことは,昨年あるテレビ番組で検証していたので,記憶している人は多いだろう.
 (3) その次が他人が放散した飛沫を吸い込む可能性を低減する効果である.
 マスク着用の重要性は (1),(2),(3) の順である.
 鼻だしマスクでは,マスクの最も重要な機能 (1) が発揮できない.テレビによく御登場される昭和大学医学部の二木芳人客員教授がそう断言している.
 さて,「アレルギー性鼻炎なので不織布マスクをすると息が苦しい.それで鼻だしマスクをしている」人には同情すべきだろうか.
 そんなことはない.話が逆だ.
 私の実体験からして,アレルギー性の慢性鼻炎に対しては不織布マスクが非常に有効であると断言する.
 以下はその理由.
 アレルギー性鼻炎は,希なケースを除くと (a) 季節性アレルギー性鼻炎,(b) 通年性アレルギー性鼻炎の二つに大別される.(参考;アレルギー性鼻炎のはなし~症状・原因・メカニズム~)
 季節性アレルギー性鼻炎は,主に花粉が原因で,次が黄砂の季節に問題となるPM2.5だ.いずれも対策は確立しており,住居の外から内に原因物質を持ち込まないことと,外出時にはマスクを着用することだ.原因が花粉の場合は普通の不織布マスクでよいが,黄砂が飛来すると途端に鼻炎が起きる場合はPM2.5が原因の可能性が高い (耳鼻科で確認してもらえる) ので,「PM2.5対応」等と表示してある不織布マスクが勧められる.
 私は黄砂には感受性がないが,スギ花粉,ヒノキ花粉,オオアレチノギク (通称ブタクサ) など色々な花粉に感受性がある.そのためコロナ禍以前は,ステロイド系の鼻炎薬 (商品名「リノコートパウダースプレー鼻用」) を冬から春にかけて使用していた.(← オオアレチノギク花粉では症状は激しくなかったので)
 この鼻炎薬は局所的に噴霧する外用薬で,私の場合は副作用が全くない上に効果は抜群である.万が一副作用が出た人の場合だが,この系統の他の鼻炎薬もあることだし,現在では花粉症の鼻炎対策はステロイド系鼻炎薬が定番となっている.ステロイド系鼻炎薬が優秀なので,花粉症の症状で困るのは鼻ではなく目だと言っていい.
 で,花粉症になってから十年近く,リノコートスプレーを愛用してきたのだが,ある時を境にして耳鼻科のお世話にならなくなった.
 同病の人から「花粉症対策は不織布マスクでキマリ!」と聞いたので,試してみたのである.
 すると,全くその通りであった.外出時に不織布マスクを着用すると,鼻炎が起きなくなったのである.なんとまあ,呆れるほどの明らかな効果であった.
 このコロナ禍以前は,ある種の接客業の人 (特に女性;美容関係等) は,たとえ花粉症であっても勤め先の上司からマスク着用を禁止されるなどの不当な労働環境下に置かれていた.現在もそういう怪しからぬことが行われているかも知れないのだが,一般的にはかなりマスクをすることは社会的に許容されてきたように思われる.従って季節性アレルギー性鼻炎に関しては,私はマスク着用が最善だと言い切っておく.
 
 次に通年性アレルギー性鼻炎は,主にハウスダストが原因である.これの対策も実は確立している.要は居室の整理・整頓・清潔・清掃である.特に寝具と布張りの家具 (ソファ等) はダニ対策をきちんとすることだ.逆に言うと,ハウスダストが原因でアレルギー鼻炎を発症するという人は,整理・整頓・清潔・清掃の「しつけ」,すなわち「5S」ができていなかったのである.
 発症した理由をあれこれ悔やんでも意味はないが,遅くはないから自分の環境の5Sを実行すれば,鼻炎症状は軽快するはずだ.
 そしてこれが肝心だが,ハウスダストにもマスクは有効なのである.部屋の掃除が嫌いなら部屋の中でマスクをすればいい.それで解決だ.

 上に記した「アレルギー性鼻炎なので不織布マスクをすると息が苦しい.それで鼻だしマスクをしている」は,はっきり言えば嘘である.
 マスクが嫌いなので,その言い訳にアレルギー性鼻炎がどうのこうのと言っているのである.
 なぜなら,不織布マスクはアレルギー性鼻炎の有効な対策だからである.話が逆なのだ.
 
 街を歩いていると,たまに鼻だしマスク男を見かける.(女性の鼻だしマスクを私は見たことがないが,たぶん鼻だしマスク顔はあまりにも間抜けなので,女を捨てる覚悟が要るからだろう)
 スーパーの店内で鼻だしマスクをしているやつは,周囲にひとがいなくなると顎マスクにしたりする.マスクは嫌いだが,かといってマスク着用を拒否して航空機の運航妨害で逮捕された奥野淳也容疑者ほどの度胸はない.
 こういう男はエクスキューズのために耳からマスクをぶら下げている.
 要するにこういう鼻だしマスク男の頭の中には世間体しかないのである.そして何かをしないことの言い訳 (つまり嘘) を考えるのが大好きだ.仕事ができない男の典型である.
 東スポの記事に出てくるアレルギー性鼻炎を理由にマスクをしなかった男性会社員は,上司にフェイスガードを禁止されたと述べているが,そりゃ上司は「仕事もロクにできない馬鹿野郎がわざとらしくフェイスガードなんぞしやがって,その前にアレルギー性鼻炎をなんとかしろっ」と言いたくなるだろう.私は,無能な鼻だしマスクの中年部下を持った上司に同情する.
 多くの人は,何か問題に直面した時,その問題を解決しようと試みる.ところが,一部の無能者は,どうしたら問題から逃げることができるかを考える.
 アレルギー性鼻炎で鼻が詰まって鼻呼吸がしにくい.それならウレタンマスクをするならまだしも,わざわざ不織布マスクを鼻だし着用するという思考の在り方がまさにそれである.
 鼻炎の症状を軽快させれば,不織布マスクを着用するのに何の問題もないのに,鼻炎の治療をしようとは思わない性格の持ち主がいる.常人には理解できない性格だとしか言いようがない.

|

2021年1月20日 (水)

「ほうとう」のうどん化

 山梨県名物の「ほうとう」は,うどんと異なり,塩を加えずに打つ.日本農林規格では「ほうとう」を「うどん」の一種に分類しているが,それは法律上の便宜的な措置であり,山梨県人は「ほうとう」は「ほうとう」であって「うどん」とは違うと思っている.若い人はどうか知らないが,年配者はたぶん「ほうとう」に誇りを持っているようだ.
 現在のような「ほうとう」が甲府盆地で食べられるようになったのは,おそらく室町時代以後であるが,その頃は日本の製塩技術は未発達 (瀬戸内で入浜式塩田が発達したのは江戸時代に入ってから) であり,塩は貴重な食材であったと考えられている.
 従って日常食である「ほうとう」に,貴重品である塩を入れないのは理の当然であった.
 また製麺の観点からすると,小麦粉と水に塩を加えて麺帯を作るのは,小麦タンパクのグルテン化を進行させて「コシ」を生じさせるためであるから,必然的に麺帯を作ってから暫く「寝かせる」ことになる.しかしこれでは,農家が忙しい作業の合間に食べる日常食としてはあまり感心しない.
 このような事情から,甲府盆地の「ほうとう」に限らず,現在の群馬県,埼玉県,長野県地方の一帯で,農家の日常食として塩を入れない麺が食べられるようになり,現在に伝えられている.これらの地方は内陸で,関東地方沿岸や北陸の揚浜式塩田で生産されて塩が流通しにくかったことも背景にあったと思われる.
 余談であるが,黒澤はゆま『戦国、まずい飯!』は,永禄十年 (1567年) 六月,駿河の今川氏真は相模の北条氏康の協力を得て甲斐への塩止めを敢行した事実を述べている.これは,内陸部では塩が貴重だったということを意味している.
 
 一方,小麦粉と水に塩を加えて製麺する方法は江戸時代に発達した.加水量や打つときの圧力,また「寝かせる」時間などを工夫することで特徴ある食感の麺が各地で作られ,洗練された様々な「うどん」として発達した.
 さて上に述べた「ほうとう」に類似する麺が「うどん」と大きく異なる点は,「茹でない」ことである.「ほうとう」類は,生地を打ち終えたらすぐ,打ち粉が付いたまま,野菜などを具にして煮た汁に投入して煮込むのだ.こうすると打ち粉が汁に溶けるし,麺帯はグルテン化が進んでいないのですぐ煮溶ける.そのため汁はドロドロになる.上州の農村部に伝えられてきた「お切込み (おきりこみ,おっきりこみ)」もこれと同様だ.
 それでも甲斐の「ほうとう」は基本的に味噌仕立ての上にカボチャをいれたりするもんだから,ドロドロがあまり目立たない.
 しかし「おきりこみ」は味噌仕立てと醤油仕立ての両方があり,醤油で味付けした汁はドロドロがあからさまで実に見た目がわるい.栃木県の「しもつかれ」が見た目の悪さでは日本最強の郷土食であり,「おきりこみ」や「ほうとう」はそれには及ばないものの,インスタ映えとは対極にある食べ物である.
 見た目が悪いけれど食べたらおいしいかというと,そうでもないのが困ったところだ.w
 Wikipedia【ほうとう】には《うまいんもんだよ、カボチャのほうとう》と書かれているが,これは「ほうとう」愛する山梨県人であるが故のことで,他県では「名物にうまいものなし カボチャのほうとう」のほうが広く知られている文句だろう.
 この「ほうとう」は関東地方の「おきりこみ」類よりも早く観光食化されたように思う.私が青年時代には既に観光地に「ほうとう」専門店があり,山梨県の観光資源となっていた.
 だが,そうなると他県人にも受け入れられるような変化が「ほうとう」に生じたようだ.上に紹介した『戦国、まずい飯!』には,次のことが書かれている.
 著者の黒澤はゆまは,「ほうとう」を自分で打って食べてみたが,これが本物の「ほうとう」だとの自信がなかったため,山梨に実際に行き,地元の「ほうとう」を食べてみた.
 
甲府駅前にある某有名チェーンのほうとうを食べたが、正直、私が作ったものとどっこいどっこいの味だった。
 次に山梨料理が売りの居酒屋で頼むとけっこう待たされた。
 手持ち無沙汰な感じが伝わってしまったのか、マスターが苦笑いしながら、
「ほうとうには一つ欠点がある。くたくたになるまで煮込まないと、ほうとうじゃないから、出すまで時間がかかるんだよ」
 と言った。
 客も多い時間帯に汗だくで汁の具合を見てくれて、少し申し訳なかったが、その甲斐もあって、出されたほうとうは美味しかった。
 丁寧に作られているようで、麺は形もそろっているし、食感はつるつるシコシコで……あれっ、これはもうきしめんなんじゃない?
 どうも昨今の流行りにあわせて、寝かせる時間や、塩の量を調節しているらしく、そうすると、どうしてもうどんの食味に近づいてしまうようである。
 本当の郷土料理を食べるというのもなかなか難しいものだ。》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 というわけで,もはや昔からの「ほうとう」は,「うどん」化して滅びつつあるのかも知れない.
 実は私の郷里である群馬県の「おきりこみ」も,「ほうとう」と同じ運命を辿っている.県の観光当局が「おきりこみ」の観光資源化を図り,昔ながらの郷土食「おきりこみ」を,普通の煮込みうどんに変えてしまったようなのである.そのことはこのブログの《売るためなら嘘でも平気…富岡の「はや味」》に書いた.食文化的には残念であるが,うまいものではないから致し方ないかも知れない.

|

2021年1月19日 (火)

ジャンクフードの地点からポストコロナを見据える

 いささか旧聞に属するが,Engadget日本版《KFC、チキン保温庫内蔵ゲーミングPC「KFConsole」正式発表。Cooler Masterと提携》[掲載日 2020年12月23日 14:50] が伝えたところでは,KFCはゲーミングコンソールKFConsoleを発表した.記事から下に一部を引用する.

チキンを熱々に保つため。筐体下部に配置された電源やGPUなどの廃熱と気流システムを利用してチキンを保温できる世界初のチキンチャンバーを搭載しており、ゲームプレイの合間に冷めてしまったチキンでがっかりすることもありません。
 
 同記事にはKFConsoleの筐体写真が掲載されているが,残念ながらKFCらしさが欠けている.
 ここは一つ,カーネル・サンダースの顔画像を筐体の前面にプリントして欲しかった.
 もう一つ気になるのは,このPCがフライドチキンのキャンペーン景品になるかも知れないと記事に書かれていること.
 もっと広く販売して欲しいものだ.きっと売れると思う.
 
 さて,普通の鶏の唐揚げはジャンク食品とは言われないが,KFCのフライドチキン (特にオリジナルチキン) は昔からジャンクフードの王者であった.
 なぜかというと,あの旨そうな匂いが最強にジャンクだからである.
 ほかほかのKFCオリジナルチキンの箱を持って公共交通機関 (とりわけバス) に乗ると,車内にあの匂いが立ち込める.乗客の一人二人が「あ,ケンタッキーだ」という顔で振り返ったりする.
 だがしかし,特徴的なジャンクな匂いの点では,カーネル・サンダースが裸足で逃げ出す食品がある.551蓬莱の豚まんである.
 私が現役会社員だった頃,関西出張の折には,東海道新幹線新大阪駅にある蓬莱の売店に列を作って並び,豚まんを土産に買ったものである.
 で,蓬莱の豚まんの箱を持って新幹線の車両に乗り込むと,豚まんの匂いが車両中に立ち込める.
 JRによると,新幹線車両の換気性能は優秀で,六~八分で社内の空気を入れ替えることができるという.(《新幹線・在来線特急車両の社内空気循環について》)
 しかしこれを鵜呑みにするのは危険である.
 
 例えば私が東海道新幹線の小田原駅で東京行きに乗ったとする.
 その際に車内の誰かが蓬莱の豚まんの箱を網棚に載せていたとする.
 私が自動ドアを開けて車内に入ったとたん,私は豚まんの匂いに気づく.
 これがどういうことを意味しているかというと「連続的に放散される豚まんの匂い成分は,どんなに優れた換気システムが稼働していても,車内で一定の濃度を保ち続ける」ということである.
 さらに言うと,仮に大阪出張帰りのおっさん二人が缶ビールを開けてガハガハと笑いながら会話していたとすると,マイクロサイズの飛沫は車内に浮遊し続けることになる.おっさんが新型コロナウイルス感染者だった場合,非常に感染リスクの高い状態だ.
 これと同じく飲み屋などでも,例えば「当店の換気装置は二十分で店内の空気を入れ替えています」と貼り紙がしてあったりするが,飛沫発散源が店内にいる限り,換気システムは無意味なのである.
 つまり感染対策として換気装置が有効であるためには,飛沫発生源が店内にいる時間を可及的に短くする必要がある.客が店を出てからようやく空気中の飛沫量は減少し始めるからだ.
 言い換えれば,新型コロナウイルス感染対策としては,飲食店の営業時間を短縮するよりも,客の店内滞留時間を短くするほうが遥かに有効である.
 一人客が黙って飯を食うなら十五分もあれば足りる.しかも飛沫放散は少ない.客の感染リスクは,現状の飲食店の状態よりも大きく減少するだろう.そしてこれなら営業時間を短縮制限する必要はなかろう.
 となれば飲食店は腹をくくる必要がある.漫然と今までと同じやり方で商売していたのではだめだ.
 ポストコロナの競争社会で生き残る飲食店は,客を一人客 (会話しない,滞留時間が短い) に限定する店だ.
 このことを消費者に「安全な店」として訴求すればいい.この付加価値は大きい.
 また政府の対策分科会も,営業時間短縮要請なんてことを考える必要はない.複数人で行う「会食」(会食に酒は付き物だ) を事実上の禁止として感染リスクを大きく低減すれば,営業時間を制限する必要はないのである.つまり「お一人様」の消費税は10%だが,二人以上の客が酒を注文して食事した場合の消費税を例えば500%とすればいい.国民は誰も会食しなくなるだろう.
 緊急事態宣言後,店の入り口に「黙食」と貼り紙した飲食店のことが報道された.この店の主人はいいセンスをしている.客が会話せずに黙々と食事すれば感染リスクはかなり低くなると専門家も言っているからである.
 
 このようにジャンクフードの王者KFCのゲーミングPCは,新型コロナウイルス対策にまで私たちの思考を導いてくれる.ヾ(--;)
 発売が待たれるところだ.ヾ(--;)ヾ(--;)

|

2021年1月18日 (月)

茂木氏は鼻だしマスク男を「包摂」せよと言う 意味がわからぬ

 大学入学共通テストで不正行為があったと多くのメディアが報道した.
 日本経済新聞《共通テスト、マスクで鼻覆わず失格 6回注意》[掲載日 2021年1月17日 21:58] から関連個所の一部を引用する.
 
大学入学共通テストを運営する大学入試センターは17日、マスクを正しく着用するよう試験監督が再三指示したにもかかわらず従わなかった受験生1人を不正行為があったとみなして失格にしたと発表した。センターは新型コロナウイルス感染対策で、受験するにはマスクを正しく着用しなければならないと募集要項などで周知していた。
 担当者によると、受験生は16日の東京都内の会場で、試験中に鼻を出したままマスクを着けていた。地理歴史・公民から受験し、試験監督が鼻まで覆うよう6回注意したが従わなかったため、英語の試験中に不正行為とみなしたという。
 
 この事件について茂木健一郎氏は自分のツイッターで次のように述べた.(スポニチアネックス《茂木健一郎氏 鼻出しマスク失格問題で私見「杓子定規のロボット試験監督による人権侵害」》[掲載日 2021年1月18日 16:03])
 
20210118d
 
 新聞記事では詳しく書かれていないが,鼻だしマスク受験生は,試験監督者の注意に対して暴れて騒いだという.この騒ぎのおかげで,その会場の受験生たちは教室を移動して試験を受けねばならなくなった.これはその生徒の近くにいた複数の受験生たちがsnsに投稿しているから確かだろう.
 茂木氏は《鼻だしマスクの受験生の答案を無効にして試験官は何を守りたかったのか?》と言うが,試験会場で騒いでもペナルティがないとすれば,あらゆる試験というものが公正に行われなくなる.試験官が守りたかったのは,健全な社会常識であったと私は思う.
 続けて茂木氏は《非典型的な個性に向き合い、包摂することが本質。注意されたらおとなしく従うということが悪意ではなくできない個性もあります》と言うのだが,私には,この鼻だしマスク 馬鹿 受験生には,試験妨害をするという歴とした悪意があったと考える.もし悪意がなかったとすれば,悪意なしに暴れる個性に対しては,「包摂すること」ではなく,医療が必要なのではないか.
 この事件について,尾木直樹氏はブログに次の通りの主張をした.(スポニチアネックス《尾木ママ、鼻出しマスクで失格に「試験妨害は許されない」「周りの受験生に不快な思い」》[掲載日 2021年1月18日 15:25])
 
20210118f
 
 私は尾木氏の意見が健全な常識に則るものであると考える.
 尾木氏と対極にある茂木氏は,自分の講演で暴れて騒ぐ者がいた場合,その馬鹿者の人権を守るために「包摂する」のだろうか.どういうことが「包摂」なのかわからんが.w
 聴講者がみんなで会場から退出して別の会場で講演を続けるのが正しいというのが茂木氏の主張だが,多分自分のことになると掌返しするのではなかろうか.そういう人物だと私は以前から思っている.
 
 ちなみに当日の試験会場の様子を受験生たちが投稿している.《MAG2NEWS《試験場で大暴れ!? 共通テスト「鼻出しマスクで失格」に受験生らの本音は》[掲載日 2021年1月18日 12:14]》
 また,鼻だしマスク受験生の行状について毎日新聞がもう少し詳しく報道している.(毎日新聞《鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も》[掲載日 2021年1月18日 18:32])
 
20210118h
 
せき込むような仕草を見せることもあった》とのこと.これが周りの受験生に対するただの嫌がらせならいいけれど,本当に感染していたなんてことになると,話は大ごとになる.
 茂木氏の主張によれば,トイレに立て籠もった鼻だしマスク四十男に対して,出動した警察は「包摂する」ことが必要らしいが,実際には包囲されたのであった.w
 朝日新聞の報道によれば,この四十男は《これが自分の正しいマスクの着用である》《不正行為の指示はおかしい》と主張したと文科省が説明した.(朝日新聞《退去拒み他の受験生は別室に 鼻出しマスクの40代男性》[掲載日 2021年1月18日 21:00])
 この男のことが次第に詳しく報道されるようになっている.次は週刊誌がもっと詳しく,普段の行動とか近所の人の話などを伝えてくれるだろう.「そんなことをする人にはみえなかったです」とかね.
 この鼻だしマスク男が大学入学共通テストを受けた動機だが,大学入学が目的ではないだろう.この事件は,昨年の九月に航空機の乗客がマスク着用を拒否して運航妨害をしたという事件が続けて起きたが,その事件に似ている.
 当時の報道をDIAMONDonline《「マスク拒否」で相次ぐ旅客機での退去命令、乗客側の訴えに道理はあるか》[掲載日 2020年9月21日 4:27] から引用する.
 
1件目のトラブルがあったのは9月7日午後。北海道の釧路空港から関西空港に向かうピーチ・アビエーション機内で、マスクを着用していなかった30代男性に客室乗務員が求めたが「要請するなら書面を出せ」などと拒否。
出発が約45分遅れた上、飛行中も大声を出すなどして威圧的な姿勢が続き、機長が航空法の安全阻害行為に該当すると判断。新潟空港に緊急着陸し、男性に降りるよう命令書を交付した。
 男性は降機に応じ、その後、ピーチ機は関西空港に向けて出発。約2時間15分遅れで到着し、乗客120人に影響が出た。
 
 航空機運航妨害男がピーチ機に搭乗したのは関西に行くのが目的ではなく,機内でのマスク着用拒否が正当であるという主張をして世間を騒がすことが目的だった.この事件後,航空機以外にホテルでもマスク騒ぎを起こしているから,常習クレーマーの一種である.この男 (茨城県の明治学院大学非常勤職員の奥野淳也容疑者) は,客室乗務員の女性の手をつかむ暴行を加えて怪我させた上に乗務員らを大声で威圧して航空機を遅延させるなどピーチ社の業務を妨害した威力業務妨害と傷害などの疑いで大阪府警に逮捕されている.(奥野容疑者を非常勤講師と伝えた報道があるが,正しくは「特別ティーチングアシスタント」という名称の単年度契約非常勤職員である)
 
 今回の鼻だしマスク男も,おそらくマスクに対する反感が事件を起こした動機だろう.《これが自分の正しいマスクの着用である》を社会に訴えたかったのだ.
 茂木氏はこの男について,それでもなお擁護するのかしらん.後になって「取り消します」は如何せん恥さらしだが.w
 
[追記1]
 東スポWEB《茂木健一郎氏 〝鼻出しマスク〟受験生が40代の報道に「問題の本質は何も変わらない」》[掲載日 2021年1月18日 21:44] によれば,茂木氏は試験妨害男の擁護を堅持する姿勢である.それでこそ男だっ! がんばれ茂木健一郎!
 
[追記2]
 時事通信《鼻マスク注意の受験生逮捕=共通テスト、不退去容疑で―警視庁》[掲載日 2021年1月19日 12:58] 等によれば,既報で四十代とされていた鼻だしマスク男の年齢は四十九歳.また既報では「警察官によってトイレから退去させられていた」となっていたが,実は建造物不退去容疑で深川署に現行犯逮捕されていたことが警視庁への取材で判明した.立て籠もったのは午後六時頃から午後十時頃までの約四時間だったというが,この立て籠もり時間は報道によって異なっている.逮捕された男に対する茂木健一郎氏の容疑者擁護弁舌が待たれる.
 
[追記3]
 日刊スポーツ《茂木健一郎氏「言ってない」自身発言ネット反応否定》[掲載日 2021年1月19日 16:49] によれば,事件について以下のように茂木氏の考えを述べた.
 
もし大学入試センター側が運用上、多くの受験生に一番集中できる形で受験していただくことを最優先する運用だったならば、そういう非典型的な受験生がいたときに、今回のような対応では足りないということは理解しておくべきだった
 
非典型的な方がいらしたときに、通常の意味で『規定がこうなってますから守ってください』と言っても通じない場合があるということは当然、大学入試センター側は想定しておくべきだと思う
 
 つまり茂木氏は《非典型的な個性》が何をしでかすか,大学入試センターは事前に想定すべきだったとし,「どのように想定しておかねばならなかったか」については語らなかった.ひとを批判はするが自分の考えは持っていない人間が実社会で一番嫌われるタイプであることを,茂木氏は自ら明らかにしてしまったのである.何か言えば言うほどニッチモサッチモ行かなくなる.これを自縄自縛という.
 
[追記4]
 茂木氏は,大学入試センター側がなすべきだった対応について,次のようにSNSに投稿した.
 
繰り返し畳み掛けるように注意されると、追い詰められたような気持ちになって非典型的な行動に出る方は年齢に関係なくいらっしゃると思います。試験官側は、複数回注意して効果がなかった時点で、受験番号を控えて後に事情を聞くなどの対応をとるべきだったと考えます
 
 逮捕された容疑者は,試験中に咳をしていたとの証言があり,これは既に報道されている.
 鼻だしマスクの年配者が咳をしているという状況は,周囲の席に着いていた受験生たちに非常に大きな精神的負担を与えていたと思われる.
 しかるに茂木氏は《試験官側は、複数回注意して効果がなかった時点で、受験番号を控えて後に事情を聞くなどの対応をとるべきだった》と主張している.
 コロナ禍の初期の頃にあった実話だが,感染した男が自暴自棄になり,「うつしに行ってくる」と家族に言い置いて,接待と酒を伴う飲食店に入り,接待を行う従業員を感染させたという事件があった.(この男は後に死亡)
 思考実験として,新型コロナウイルスに感染した者が自暴自棄となり,多数の受験生に感染させてやろうとして,鼻だしマスクで試験会場に赴き,咳をしたとする.
 この場合でも,茂木氏の主張に従えば《試験官側は、複数回注意して効果がなかった時点で、受験番号を控えて後に事情を聞くなどの対応をとるべきだった》ということになる.とても常識ある人間の言い分とは思えぬ.
 
[追記5]
 深川署から釈放された鼻だしマスク男は,騒いだ時には鼻だしが「正しいマスクの着用だ」と言い張っていたはずだが,釈放後の毎日新聞の取材に対し,鼻を出していたのは眼鏡が曇るからだと騒いだ理由を変更し,掌を返した.(毎日新聞《鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は》)[掲載日 2021年1月20日 1:04]
 ちなみに私は不織布マスクを使用しているのだが,眼鏡が曇って困ったことはない.マスク上端に入っているワイヤーをきちんと顔に合わせて変形すれば,ハアハアとせわしくなく呼吸をするのでなければ,息はマスク上端から漏れない.これが不織布マスクの標準的な着用方法であり,正しい方法としてメーカーが推奨している.
 このメーカー推奨の着用方法によれば,私の場合は息が上に漏れないのであるが,他にも眼鏡の曇りを防ぐ方法は色々提案されている.そのうちで簡便なのは,ティッシュペーパーを折りたたんでマスクの上端と顔の隙間に挿入することかと思う.大事な試験の前だから,眼鏡をかけている受験生たちは,各自に合った方法を準備して試験に臨んだことと思う.鼻だしマスク男のように,その程度のことも調べずに受験に臨むのは馬 (以下略)
 茂木氏は,これまで鼻だしマスク男は《注意されたらおとなしく従うということが悪意ではなくできない個性》だとして悪意はなかったのだとしていた.またさらに大学入試センターの措置は人権侵害だと罵倒してきた.
 「鼻だしマスク男には悪意がない」と「大学入試センターは人権侵害」との主張を合わせれば,茂木氏は鼻だしマスク男を擁護しているとしか思われぬが,茂木氏は現在,鼻だしマスク男を「迷惑」と突然断言し,《はじめから擁護してきたつもりはない》と掌を返している.いかにも茂木氏らしい幕引きであると感心した.(東スポWeb《〝鼻出しマスク〟で異なる見解 尾木ママは「同情の余地なし」茂木氏は試験官の対応に疑問呈す》[掲載日 2021年1月19日 15:38])

|

お笑い芸人は「法律のことはわかりません」で許されると思いこんでいる太田光の甘え

 RBB TODAY《太田光、飲食店名公表に反対「政治家が一番やってはいけないこと」》[掲載日 2021年1月17日 16:39] から下に引用する.
 
一方、1月に再発出された緊急事態宣言に伴い、営業時間短縮要請に従わない飲食店名を各都道府県知事が公表することも可能となった。
 太田は「政府はもうちょっと落ち着いて。政府がかぶらなきゃ行けない責任は罰則を強めることではない」と強調。緊急事態宣言下で都道府県知事による飲食店の店名公表が可能となった点についても、「それって国民に裁きを委ねるということだから、いちばん政治家がやってはいけないことだと思う。それをやったら政治家は終わりだ」と述べた。
 
 同趣旨のことをデマゴーク橋下徹も述べている.
 では他の法律はどうなっているか.一例として厚生労働省が所管する公衆衛生に係る法律である食品衛生法について説明する.
 まず,保健所所員のパトロールあるいは市民からの通報,および実際に食中毒が発生した等の場合,保健所は当該飲食店に対して設備改善等の指導を行う.当該飲食店がこの指導に従わない場合,書面をもって設備改善命令または営業停止または営業禁止の処分を行い,同時に当該飲食店の店名を公表する.
 厚労省所管および農水省所管などの法律で,この段階を踏む処分規定が行われている法律は多い.
 さて緊急事態宣言下における営業時間短縮要請は,食品衛生法等における「指導」よりも弱い措置であると考えられる.
 従って,今回の改正は他の法律との整合性からすると,まず酒を提供する営業を行う飲食店が「営業時間短縮要請に従わない」場合,まず「指導」を行い,当該飲食店がこの「指導」に従わない場合は書面をもって営業停止または営業禁止の処分を行い,同時に当該飲食店の店名を公表するという形が正しい.すなわち今回の改正 (案) について言えば,店名公表だけでは他の法律との整合性に問題があり,当該事業者の営業停止とセットにすべきであった.
 しかしいずれにせよ,公衆衛生行政に則る措置に不服従であれば,氏名や店名等は公表されるのが日本の行政法の仕組みである.なぜなら,店名等を公表することにより国民の健康を守ることは,公共の福祉だからである.
 
 一介の無知なお笑い芸人にすぎない太田光は知らないだろうが,店名公表や企業名公表はよくある行政法に係る措置なのである.
 従って《それって国民に裁きを委ねるということだから、いちばん政治家がやってはいけないことだと思う。それをやったら政治家は終わりだ》と大上段に振りかぶって知ったかぶりを言うのであれば,他の公衆衛生関係諸法の罰則規定改正をも主張する覚悟を持たねばいけない.それをしないのは,無知で許される話ではない.

|

2021年1月17日 (日)

ランチと昼食はどう違う /工事中

 会社員の経験がない橋下徹がランチについて騒いでいる.
 ランチとは何か.
 管理職が部下数人を率いて,昼飯を食いに飲食店に出かけることをいう.
 部長「今日のランチはどこだね?」
 若手のホープ「いい店を見つけました.肉豆腐定食が絶品です」
 部長「ふむ,君に任せておくといつもうまい昼飯が食えるなあ,うんうん」
 あるいは

|

煽りに煽るデマゴーグたち /工事中

 緊急事態宣言が出されたあと,酒を提供する飲食店には営業時間短縮の要請が行われた.
 飲食店にも色々あって,客が店の前に列を作って並ぶほどうまいラーメン屋とか,ミシュランのガイドブックに掲載されるくらい良質のレストランなどは,酒を売らなくてもやっていける.彼らのビジネスは料理を売ることだ.商品の付加価値はとても大きい.
 ところが,飲食店には飲み屋という「酒を売るしか能のない」店がある.というより,それが飲食店,とりわけ居酒屋の大半だ.
 彼らの料理にはほとんど付加価値がない.だから利益がでない.
 ところが酒は違う.業務用食品の焼鳥を一本焼いても百五十円ほどにしかならぬが,中ジョッキにビールを注げば売価何百円にもなる.利益が出る.ビールは仕入れて売るだけだ.自分で作るわけじゃない.濡れ手で粟とはこのこと.
 こうして「酒を売るしか能のない」飲み屋が繁華街に溢れる.(実は東京には酒の提供なしでやっていける焼鳥屋が何軒もある.そりゃもううまい焼鳥だ.献立は「おまかせのコース」だけだが)
 知事たちが営業時間の短縮を酒を提供する飲食店に要請したら,「酒を売るしか能のない」飲み屋が,昼飲みを宣伝し始めた.これなら夜の営業時間を八時まで短縮しても大丈夫だ,というわけ.
 能無しだけならともかく,根性までも腐っているのである.
 この状況に驚いた西村大臣は,自分のsnsアカウントに動画を上げると (1/11深夜) 共に,翌日に記者会見して国民に注意を喚起した.
 
20210117b

 (日テレNEWS24《西村大臣「昼間も不要不急の外出自粛を」》[掲載日 2021年1月12日 23:06])
 
 西村大臣は《昼食、ランチは皆と一緒に食べてもリスクが低いということはありませんので、昼間もできる限り不要不急の外出自粛をお願いしたい》と発言した.一週間前の三連休に,若い愚か者たちが昼酒に繰り出しそうな状況だったという文脈で,この発言は理解されねばならない.すなわちこの発言中の「不要不急の外出」とは昼酒をくらう飲み会のことだ.
 表面上の言葉通りに受け取ったとしても西村大臣は,何人も連れだって昼飯を食ってくれるなと言ったのであって,一人で店に入って黙って飯を食う分には問題はない.それなら感染リスクは非常に低いと以前から対策分科会の専門家も述べている.
 
 ところがこれに札付きのデマゴーグ弁護士の橋下徹 (橋下は公然と米大統領選でトランプを支持し,トランプ流のフェイクニュースはお手の物だ) が噛みついた.メディアでは下品なスポーツ新聞系が西村発言を歪曲して騒いだ.頭の悪い外食産業の一部経営者も西村発言を非難した.彼らは皆,西村大臣が「飲食店で昼飯を食うな」と言ったと歪曲したのだが,西村大臣はそんなことは一言も言っていない.
 もちろん政府の施策に一貫性がない (Go To イート,Go To トラベルを始めたり中止したり) のは批判されるべきだが,だからといってメディアや企業が,西村大臣が言ってもいないことを言ったと,嘘をついていいわけがない.
 嘘の例を挙げる.まずFNNプライムオンライン《西村大臣「昼間の外出を控えて」動画で発信しプチ炎上…飲食店「生活どうすれば…」》[掲載日 2021年1月12日 20:02] から.
 
昼間の外出自粛について街の反応
 西村大臣が不要不急の昼の外出自粛を求めたことをどう受け止めるのか?
40代女性:
 昼も夜も同じなんだろうけど…そこまでになっちゃうとストレスになりますかね。さすがに。
20代会社員:
 昼間の飲食まで自粛するのはどうかなと思います。夜が出れないので、昼間くらいは休みの日に息抜き、気分転換したいです。
40代女性:
 仕事は普段通りなので、ご飯もそうですし、そういった面で困っています。
 
20代会社員:
昼間の飲食まで自粛するのはどうかなと思います。夜が出れないので、昼間くらいは休みの日に息抜き、気分転換したいです。
 
「飲食」は辞書的には「飲むことと食べること」だが,政府は「不要不急の外出を自粛する」ことと「複数人で昼飯を食わないでほしい」と言っているのだ.昼飯を食わずに我慢してくれとは言っていない.
 それをこいつは,「不要不急の外出…」と「複数人で昼飯を…」を一緒くたにした上に,さらに言い換えて《昼間の飲食まで自粛》(この「飲食」は辞書的な意味の「飲食」) と歪曲している.
 完全な馬鹿である.
 この馬鹿者は,間違いなく西村大臣の訴え (動画) を観ていない.馬鹿どもの伝言ゲーム的情報の源は馬鹿者どもなので,こんなことになる.
 しかもこいつが《昼間くらいは休みの日に息抜き、気分転換したい》と言っている「飲食」は,辞書的な意味の「飲食」ではなく間違いなく昼酒を指している.
 そもそもこういう馬鹿者どもに対して一部の飲食店が「昼酒を飲もう」とアピールしたことが,ことの発端だ.


|

百人のうちの二十人は馬鹿である

 経験則だが,会社には二割の優秀な社員がいて,六割が普通の社員,そして二割がお荷物社員である.
 これは「フリーライダー問題」として知られている.
 この経験則をコロナ禍について敷衍すれば,私たちの周囲の二割の人々は感染拡大防止に注意を払っている.マスクはウレタンではなく不織布マスクをしているし,アルコールスプレーを常時携帯している人もいる.感染対策が不十分なのに混んでいる飲食店には入らない.
 六割が「コロナは怖い」と思っているが,やっている対策は雑だ.スーパー等の店頭に設置されている消毒用アルコールスプレーは,二回噴霧しないと必要な量が出ない設計なのに,一回噴霧してシャカシャカと掌をこすり合わせて「消毒した気」になっている.手洗いも雑だから,洗面所の蛇口経由で感染したりする.
 そして残りの二割の連中が,全くコロナ禍に関心がない馬鹿である.どれくらい馬鹿かというと,福岡市では緊急事態宣言前よりも宣言後のほうが街は混んでいるとニュースが伝えた.それくらい馬鹿である.
 
 NHKでも民放でも「緊急事態宣言がされたのに人出が減っていない」という報道を繰り返ししている.
 その報道では,テレビ局のスタッフや報道アナウンサーが街頭に出て人々にインタビューをするのだが,マイクを向けられた若い連中が「宣言前とあまりかわっていませんねー.もっと厳しくする必要があるんじゃないでしょうか」などと言う.
 人出が減らないのは,お前たちが出歩いているからだよ.
 知事たちがさらに強い措置をとっても,お前たちは出歩くだろう.
 自分は感染しない,感染しても重症化しないから大丈夫,だからコロナはひとごとだ,自分のせいで年寄りが死んでも知ったこっちやないと思っているお前たちは遊び歩く.そして飲み会に行く.
 NHKが街頭で行った調査によれば,二十代~三十代の連中がこの一ヶ月に行った会食 (飲み会) は平均で週に約二回,人数は平均五人弱である.
 
20210117c
(NHK《首都圏情報 ネタドリ!》1/16放送,感染拡大が止まらない “若い世代”に何が?)
  
 若いのに新橋のおやじサラリーマンより酷い.アルコール依存症じゃないかと疑うくらい回数も人数も多いが,これは街頭調査であることに理由がある.
 街頭で調査すれば,当然ながら回答者は,緊急事態なのに盛り場で遊び歩いている馬鹿ばっかりだからである.まともな若者はさっさと帰宅しているのだ.
 いい加減にテレビは,感染拡大に積極的に関与している馬鹿どもに街頭インタビューする愚かさに気づくべきである.(*註)
 
(*註) カズレーザーが「コロナに無関心な若い人たちが成人式で酒を飲んであばれたなんてことをテレビで報道しても意味はない」と述べた.その通りだと思う.《モーニングショー》《ミヤネ屋》や《Nスタ》がどれほど真剣にコロナ禍を報道しても,繁華街で飲み歩いている若い馬鹿どもは,そもそもテレビなんか見ちゃいないのだから.

|

戦国の食文化

 テレビを点けると,毎日のように食べ物に関する番組が放送されている.
 レストランやパン屋にタレントが出かけて行き,「まいうー」とか言うだけのことが多いが,林修先生が登場して「○○を食べると血液がサラサラになることが期待されます」とウンチクを語ることもある.
 林先生は「血液がサラサラになることが期待されます」とは言うが,「血液がサラサラになります」とは決して言わない.なぜかというと科学的根拠が乏しい (牽強付会なものが多いし明らかに嘘なのもある) からである.
 つい先日も「納豆を食べると免疫力の向上が期待されます」と言っていた.彼は一種の宗教家であり「期待されます」の伝道師だ.
 NHK《ガッテン!》は,林先生の番組よりは多少マシで,科学番組ではなく娯楽番組として視聴しておけばよいのだが,先日の大特番《《お取り寄せ不可!? 列島縦断 宝メシグランプリ 2021》は時間つぶしの娯楽にすらならなかった.
 今回の《宝メシ…》では,番組冒頭で,六人しか住んでいない離島の漁師が蛸を干して食っているのを紹介したのだが,ただそれだけなのだ.
 かつて沢山いた島民が,なぜ高齢者六人にまで減ってしまったのか,とか,本土側との食文化的交流を歴史的に調べてみるとか,干し蛸を作る地方は全国にどのように分布しているか等々,日本の食文化についていくらでも掘り下げた番組作りはできただろうに,干し蛸を料理人や評論家が食って,ただそれだけなのだ.こんな番組を作っていると菅首相が放送に介入するぞと言いたい.
 
 さて「食文化」の研究というと大仰だが,そんなことはない.私たちの身の回りの食べ物を取り上げて,それにまつわる歴史を調査・考察すれば,それが立派な研究になる.
 食文化的考察という点で,黒澤はゆま『戦国、まずい飯!』が滅法おもしろい.刊行されてから一年近くなるのに,私はこの本を知らなかった.
 著者は歴史小説作家で,この本では文献にある戦国武将のエピソードを多数紹介している.しかしそれだけに終わらず,実際に戦国時代の料理や食材を再現して実食しているところに感心した.
 例えば「ほしいい」だ.
 よくある間違いなのだが,「ほしいい (干し飯,糒)」には色々なものがあるのに,現在の災害時非常食として市販されているアルファ化米と混同されることがある.「ほしいい」とアルファ化米は乾燥工程に大きな違いがあるのだ.
 糒の最も洗練されたものは道明寺粉で,これも糒なのである.しかし洗練されているだけに製造に手間暇がかかる.
 そこで著者は,戦国時代の雑兵たちが作ったであろうやり方で「ほしいい」を作って食べてみた.この顛末が「第四章 干し飯」に書かれているが,話のオチもスマートで,楽しい読み物になっている.戦国小説のファンにおすすめの一冊.巻末の「参考文献/参考論文」が親切で貴重だ.

|

2021年1月16日 (土)

国難と戦争を同一視する馬鹿 /工事中

 スポーツ報知《片山善博氏、政府のコロナ患者受け入れ拒否の病院実名公表の動きに「とっても大きな違和感を覚えます」》[掲載日 2021年1月15日 13:26] から下に引用する.
 
この日の番組では、政府が新型コロナ患者受け入れ病床確保のために各医療機関に患者受け入れを勧告。応じない病院の実名も公表できるよう法改正に動いているという報道を紹介した。
 この件について聞かれたコメンテーターで出演の前鳥取県知事・片山善博氏(69)は「首をかしげざるを得ないですね」とポツリ。
「病院の皆さんには本当に一生懸命働いてもらわなければいけないんですよね。渋々じゃなくて本当にやっってもらわなければいけない。どうしたら、協力してもらうか、どう士気を高めるかがポイントなのに、言うこと聞かなかったら、血祭りじゃないけど、名前を公表してね。脅しをかけて、どれほど効果があると思っているんでしょうか?」
 
 片山善博氏に全面的に同意する.正論だ.
 別の法律だが,公衆衛生に係る行政法である食品衛生法においては,違反者の氏名公表は,制裁として実行される.
 例えば飲食店で軽微でない食中毒が起きたとする.
 保健所はその飲食店に対して,食中毒の再発を防止するために厨房設備の改善等を経営者に書面をもって指示するが,常習性が高い等,これに従わない場合は営業停止等の行政処分を行うとともに当該業者の名称を公表する.
 公表してもなお改善が見られない等の場合は,告発して刑事事件とする.
 このように,氏名名称の公表は,法に基づく処罰に至る過程の一部である.

|

2021年1月14日 (木)

「お母さん食堂」の杜撰

 竹下郁子というライターが,BUSINESS INSIDER JAPAN《ファミマ「お母さん食堂」の名前変えたいと女子高校生が署名活動、「料理するのは母親だけですか?」》[掲載日 2020/12/28 18:00] を書いている.
 同記事は,高校生たちが最近行った署名活動がネット上でバッシングされていることを紹介したものだ.
 
高校生が行った署名活動がネット上で大きな物議を醸している。いや、高校生の問題提起を大人たちが寄ってたかってたたいているというのが正しい表現かもしれない。
 署名サイトで賛同が呼びかけられたのは、「ファミリーマートの『お母さん食堂』の名前を変えたい!!!〜一人ひとりが輝ける社会に〜」というキャンペーンだ。2020年末までの期間限定で集められ、1万筆の目標には届かなかったものの、締め切りまでに7268筆が集まったことが報告されている(2021年1月4日現在)。
 署名の内容は、タイトルの通りで、大手コンビニチェーン・ファミリーマートのプライベートブランドである「お母さん食堂」の名称を変えてほしいというものだ。
 
 高校生たちが訴えたかったことを,竹下氏は次のように書いている
 
今の世の中は男女平等かのようにうたわれるが、実際は「性的役割分担」の意識は根強い。女の子は家事や料理など、いつか「お母さん」になるための準備の方が必要だという考え方は、社会の隅々に行き渡っている。逆に男の子には「妻子を養う男らしさ」が求められがちであり、男女双方の生き方の幅を狭めている。
 このことが、女性がいざ就職活動をするときに、「結婚・出産した後に仕事を続けるつもりはあるか」と聞かれるなど就職差別につながることがある。男女間の賃金格差や、非正規雇用に就く人の割合は言わずもがなである。
 たとえ男性と同じように真面目に勉強して就職活動に成功しても、結婚・出産後にキャリアを閉ざされる女性はいまだに少なくない。
 そして、このような男女間の不平等は、就職を考える時期までは気付きづらいのも事実だ。高校生たちが10代半ばの時点でこの事実に行き当たり、性的役割分担を内面化させる社会の刷り込みに問題提起したことは素晴らしいと感じる。
 
 私は,署名活動をした高校生たちを全面的に支持する.
 家事は女性の任務だとする思想は,戦前はもとより戦後民主主義の世の中で堅い岩盤のように男たちの精神を支配してきた.
 今でもその岩盤は崩せない.
 例えば毎日繰り返されるテレビCМ《エスビー食品 本挽きカレー「おしゃべりなカレー」篇》では,カレーを作るのは女性であり,男はその横で講釈を垂れている.洗い物を頼まれてようやく「はい」と言う体たらくだ.この男女を入れ替え (カレーを作る男と横で講釈を垂れる女) たら,まだしもインパクトの強いCМになったに違いないが,エスビー食品の経営者にはそういう才覚がないようだ.
 食品企業はかなり昔から性的役割分担を主張する広告宣伝に力を入れてきた.最初に問題化したのはハウス食品のテレビCМ《私作る人、ボク食べる人》だった.これが放映された当時は,世の中が今ほどには保守化していなかったから,社会問題のような反発を喰らって,短期間で放映中止に追い込まれた.
 これ以後,加工食品のテレビCМにおいては「家事は女性の義務」を基調とするCМが主流となって今に至る.
 一見見逃しそうだが《煮込みラーメン「おかわり自由」篇》もその変奏曲の一つだ.
 食品だけではない.洗剤も性的役割分担の旗を振っている.
 
20210110b
 
 上は女性の大群衆の中を少女がオープンカーに乗ってパレードするという《バスタブクレンジング「パレード」篇》だ.風呂洗いは女性の仕事だという,ライオンからの明確なメッセージである.
 毎日の生活の中で,企業からテレビCМを通じて「家事は女の仕事」攻撃を受け続けている高校生たちが,性的役割分担に異議を唱えるのは理の当然である.
 しかも,ファミマ「お母さん食堂」には他にも問題点があるのだ.
 それは「お母さん」像の戯画化である.
香取慎吾、宙を舞い火を吹く!? ファミリーマート お母さん食堂TVCM》を見てみよう.
 ファミマがメディアにリリースした「お母さん食堂」のコンセプトは以下の通りである.
 
お母さん食堂のコンセプトは2つ。一つは小さい頃、お母さんがつくってくれたような自然で、温かみがあって、おいしい惣菜であること。もう一つは、仕事と子育ての両立で忙しいお母さんたちが、子どもや家族みんなに安心して食べさせられる食事であること。》(出典;ファミマnews《冷蔵オープンケース惣菜売場で「お母さん食堂」本格展開》)
 
 つまり香取慎吾が扮しているのは,ファミマのユーザー層が小さかった頃の母親であるという.(もう一つのコンセプトの《仕事と子育ての両立で忙しいお母さん》に異議を申し立てる女性は多かろうが,それは一先ず横に置く)
 ここでコンビニのユーザーについて分析しているサイト《コンビニ来訪客の年齢階層別分布をグラフ化してみる》があるので,年齢別に層別したデータを見てみよう.
 ここに描かれているグラフ《来客の年齢階層別構成比》は,このサイトの執筆者がセブンの公開データを基に作成した労作である.
 これを見ると,二十代と三十代のユーザー合計 (2019年度) は34%で,五十代以上の高齢層の37%よりも少ないのである.高齢層に中年層の23%を加えると60%だ.今やコンビニの主たるユーザーは中高年なのである.日本が既に高齢社会になったことはこのデータでも明らかだ.
 それはそれとして,コンビニがユーザーの高齢化という事実を知らぬわけがなく,コンビニの戦略は中高年を対象にして立てられているいるに違いない.
 だとすれば,「お母さん食堂」のコンセプト「ファミマのユーザー層が小さかった頃の母親」イメージは昭和の母親像である.
「お母さん食堂」CМの店内にある小道具のブラウン管テレビ (テレビ自体はブラウン管がスクエア型なので昭和後期のもの) がそれを示している.
  
20210111b
 
 では,香取慎吾が扮する和服に割烹着と三角巾の女性は,昭和の母親 (主婦) の服装であったか.馬鹿なことを言うな,である.
 以下,その理由について話をする.
 戦前から戦争中にかけて,女性は腰丈に仕立てた和服に「もんぺ」を穿くのが,国に強制された「決まり」であった.
 
20210112a
(もんぺ:WIKIMEDIA COMMONS から引用.File:Japanese female farmer in 1952.jpg;パブリック・ドメイン画像)
 
 Wikipedia【もんぺ】から一部を下に引用する.
 
太平洋戦争中に、厚生省によって「モンペ普及運動」として奨励された。戦局悪化に伴い空襲時の防空用に女性の着用が義務付けられ、昭和17年(1942年)婦人標準服として腰丈の着物と共に半ば強制された(その前から男性には国民服が制定されていた)。白木屋の火事と並び、もんぺ着用もズロースを普及させたと言われている。もんぺは現在でも動きやすい作業衣装として販売されている。
 国家に半ば強制された歴史もあり、もんぺは劣悪な国民の戦時生活の代名詞として用いられることもある。歌手の淡谷のり子は、戦地で慰問演奏の際に「もんぺなんかはいて歌っても誰も喜ばない」「化粧やドレスは贅沢ではなく歌手にとっての戦闘服」と、もんぺを穿かずステージ衣装で出演し、当局から睨まれる一因となった。また漂泊の俳人、種田山頭火にも「もんぺ部隊」と題して国防婦人会を詠んだ作品がある。》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った) (註;国防婦人会)
 
 戦争中,和服と割烹着にたすきがけは国防婦人会で決められた服装であった.女性たちは夫や息子を割烹着姿で戦地に送り出したのだった.
 終戦直後,出版社「衣裳研究所」(昭和二十一年設立) に拠った花森安治らは『スタイルブック』を創刊し,次いで『美しい暮しの手帖』(昭和二十三年創刊;昭和二十八年に『暮しの手帖』に誌名を変更) を出版して洋装の啓蒙普及に努めた.花森自らスカートを着用したのは有名だ.
「暮しの手帖」社公式サイトから《花森安治選集 全3巻 第1巻『美しく着ることは、美しく暮すこと』を発売しました!》の一部を下に引用する.(掲載日 2020年6月1日)
 
ところで、4年前に放送されていた連続テレビ小説『とと姉ちゃん』をご覧になったことはありますか? 暮しの手帖社の創業期からのエピソードに想を得て作られたドラマです。
ヒロイン・小橋常子(演・高畑充希さん)の雑誌作りを助ける、天才編集者・花山伊佐次(演・唐沢寿明さん)は、花森安治がモチーフでした。
ふたりは戦後すぐに出会い、少しでもみんなの暮らしを明るくしたいと、試行錯誤しながらファッション誌を出版します。
この第1巻はちょうどその頃、花森が新進気鋭の服飾評論家として世に登場した、『暮しの手帖』創刊前後の作品に焦点を当てています。
 1946年に出版社「衣裳研究所」を設立し、まだ物が極端にない中で提案したことは、まず「着るもの」についてでした。
「食」や「住」の材料は庶民には思うように手に入らないけれど、「衣」だけは、昔からの着物をタンスの中に持っている人も多い、と考えたためでした。
 洋裁の知識やミシンがなくても、和服地で簡単に作れる「直線裁ちの服」を考案し、知恵と工夫次第で、あなたはもっと美しくなれると読者に呼びかけました。
 また、「着るもの」を通して「ほんとうのおしゃれ」とは何かを説き、それまでもんぺ姿を強いられていた女性たちのおしゃれ心に、灯をともしたのです》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 戦後,「もんぺ」から解放された彼女らの日常普段着は洋装となった.彼女らは「もんぺ」を脱ぎ捨てたが,戦争の悲しい記憶に結びつく和装の割烹着姿に戻ることはなかった.しかも「もんぺ」ならともかく,和装の割烹着姿で家事 (特に洗濯と掃除) をするのは大変な重労働だったからでもあった.
 こうして割烹着を捨てた戦後の女性たちは,自分と我が子の服を手縫いでつくるようになった.
 次に家庭用ミシンが登場した.戦争中,ミシンは軍需物資とされ家庭用ミシンの生産は禁止されていたが,再開された.
 家庭用ミシンは1947年に規格が統一されると生産が増大し,女性たちの憧れの家庭用品となり,爆発的に普及した.そして女性たちは洋裁を身に着け,家庭用ミシンは「嫁入り道具」となった.
 洋装は戦後昭和の女性すなわち母親や妻たちの日常普段の服装となった.
 小津安二郎『東京物語』で戦後の女性の服装を見てみよう.下の画像はYouTube《『東京物語 ニューデジタルリマスター』予告編》のスクリーン・ショットである. 
20210112c
 主人公である平山周吉夫婦は明治生まれである.周吉は普段着は和服だが外出時には背広を着る.しかし妻の平山とみ (画面右;東山千栄子) は一貫して和装である.
 これに対して,戦死した周吉の次男の嫁である紀子 (画面左,原節子) と周吉の次女京子 (香川京子) はいつも洋装である.戦前と戦後が,和服と洋服とで対比されているのである.
 次に長谷川町子『サザエさん』を見てみよう.原作では磯野家の家長波平と主婦のフネは明治生まれである.波平は会社へ行く時は背広を着るが,フネはいつも和服と割烹着姿である.(連載中にフネが洋服を着たレアな回があるとのことだが,私は見ていない)
 これに対して,二十代のサザエの普段着は洋服である.
 すなわち『東京物語』と『サザエさん』に描かれた女性の服装は軌を一にしているのだ.
 このように昭和の戦後,洋服が女性の服装として定着すると,和服の着付けができる女性は激減した.専業主婦の女性 (現在ではごく少数) が家電のおかげでほとんどの家事から解放されたのちも,和装と割烹着が,女性の服装におけるかつての地位を回復することはなかった.
 
 ここでファミマ「お母さん食堂」の件に戻ろう.
「お母さん食堂」のCМ映像では,登場する女性たちが和服の上に割烹着を着て,三角巾をかぶっている.ファミマはこれが「昭和のお母さん」のイメージだというのだが,正気の沙汰とも思えぬ.上に述べたように「昭和のお母さん」像は洋装でなければならないのだ.
「お母さん食堂」のCМに描かれている女たちは「昭和のお母さん」像でもなければ,もちろん平成の母親像でもない.今の若者から七十過ぎの高齢者に至るまで,女装した香取慎吾が「お母さん」のイメージを体現しているとは決して思わないだろう.時代考証的に完全な間違いを犯しているからだ.
 さらに付け加えると,昭和以前の家庭の主婦は割烹着を着たが,その場合は,伝統的な服装の決まりとして三角巾は使用しなかった.割烹着の女性は,埃のでるような大掃除のときに手拭を頭にかぶることはあったが,その場合は通称「姉さんかぶり」をしたからである.これは和装の常識だ.従って「お母さん食堂」CМの女性たちは「明治,大正のお母さん」像でもない.
  
 では「お母さん食堂」のイメージ・キャラクターが「お母さん」でないとすれば,あの奇怪な女たちは一体なんだ.
「お母さん食堂」のCМを見ると,店は昭和の大衆食堂のような内装と雰囲気であり,接客する厨房外の店員 (どういうわけか大衆食堂なのに四人もいる!) が三角巾を着用しているのは,いかにももっともらしいが,しかし和服と割烹着が明らかにおかしい.上に述べたように,和服と割烹着を着て三角巾を被るわけがないのである.
 和服と割烹着は労働着ではない.着崩れを気にしながら働くのは大変だ.こんな働きにくい格好を従業員にさせる大衆食堂があったはずがないし,私は見た記憶はない.いうなれば,和服に割烹着を重ねるのは,小料理屋の女将の格好である.
 
 要するに,「お母さん食堂」のCМは,実際にはあり得ない絵空事なのである.時代考証とか,あるいは服装の常識とか,そういったことを全く考えずに制作したと思われる.上に「お母さん」像の戯画化と書いたのはそのことだ.
 企業が良質のテレビCМを制作するのは社会的責任である.嘘はいけない.
 CМ制作の最終責任は社長にある.「お母さん食堂」のCМがデタラメであることは,社長の資質を疑わせるのである.

|

2021年1月13日 (水)

おばかサイト citrus

 citrus《「あり得る」の読み方って、ありえる? ありうる?》[掲載日 2021年1月8日 11:30] から下に引用する.citrusはいつもオバカな記事で笑わせてくれるが,引用文中で文字を着色強調した箇所は抱腹絶倒の初笑い.
 
「あり得る」という言葉は「ありえる」「ありうる」どちらの読み方でも聞いたことがあると思います。
 そのため、どちらが正しい? と聞かれたら、すぐに答えることは難しいのではないでしょうか?
 日常的に使う言葉でもあるので、これを機に理解してもいいかもしれません。
 
本来、正しい読み方は「ありうる」です。
文語で「ありえる」口語で「ありうる」と使い分けるのも混乱してしまいそうなので、「ありうる」で覚えておくとよいかもしれませんね。
 
20210113b_20210113070001
 誤りを指摘されて慌てて直すかもしれないので,スクリーン・ショットを上に載せておく.
 
 さて「あり得る」をどう読むかという問題は,要するに「得る」をどう読むかということに過ぎない.
 これはたぶん中学校で学ぶ知識じゃなかったろうか.
 上の引用文中の《本来、正しい読み方は「ありうる」です》が大間違い.正解はどちらでもよい,だ.
 正しい解説は《「得る」は「える」?「うる」?》に懇切丁寧に書かれている.執筆者は国語辞典編集者の神永暁氏.
 citrus編集部のオバカさんは《文語で「ありえる」口語で「ありうる」と使い分けるのも混乱してしまいそう》と書いているが,お前さんが既に混乱しているよ.口語が「ありえる」だ.w
 君は,テレビタレントが「ありえなーい」と言ってるのを間違いだと今まで思っていたのね.中学の国語学習をやり直しましょう.
 
[註]
 citrusは《citrus(シトラス)は各界の専門家が監修する「SNS配信型ウェブメディア」。「カジュアルに知性をアップデート」をコンセプトに、単なる一次ニュースではない、専門家ならでは視点・解釈をプラスした有益で信頼感のある情報をお届けします》であると自分で書いている.上の記事を監修した専門家って誰なんだ?

|

2021年1月11日 (月)

芋づる式

『北村薫のうた合わせ百人一首』を読んでいたら,横山未来子の
 
 はつなつの、うすむらさきの逢瀬なり満開までの日を数へをり
 
があり,これに続けて北村は

はつなつ――と聞くと、川上澄生の版画「初夏の風」を思い出す。白緑の風が、婦人の周りを吹いている。画面には、こう彫られている。
  かぜ と なりたや
  はつなつの かぜ と なりたや
  かのひと の まへに はだかり
  かのひとの うしろより ふく
  はつなつの はつなつの
  かぜ と なりたや
 
 お,この詩は読んだことがある.
 そう思ったのだが,版画「初夏の風」がどのようなものだったか思い出せない.
 ただちにウェブを検索すると,栃木県立美術館に収蔵されていた.(栃木県立美術館蔵「初夏の風」)
 こういうことがあると,ほんとにウェブのありがたさがわかる.
 北村薫は,横山未来子の歌集『水をひらく手』において「はつなつの…」の前に,北原白秋の随筆「桐の花とカステラ」を思う歌があると記す.
 もちろん (威張ってどうする --;) 私は『水をひらく手』を知らないし,白秋の「桐の花とカステラ」も知らない.
 そこで,もしかしたらと思って「桐の花とカステラ」を探してみた.
 すると,あるんですなあ,これが.青空文庫に.(青空文庫『桐の花とカステラ』)
 こういう読書をしていると,ほんとに青空文庫のありがたさがわかる.あとはゆっくりと古書の『水をひらく手』を探せばよい.
 ネット以前の世の中であれば,こんな具合にはいかない.「初夏の風」も「桐の花とカステラ」もよくわからぬままに読書中断と相成る.
 そういう点では,私が若かった昔,すらすら読み進めない本の場合は先へ読み進むために,図書館へ行ったり古本屋を漁る必要があったりして,つまり読書は大変な労力を要したのであった.ありがたい世の中になったものである.

|

2021年1月10日 (日)

期限切れの腐った記事

 文春オンライン《小池百合子都知事が緊急事態宣言前に放った“悪手”…東京都の感染者が減らない本当の理由》[掲載日 2021年1月10 6:10] に馬鹿なことが書いてある.この記事の筆者は,広野真嗣である.
 
「東京都」と「全国」で第3波の感染者数の推移を見ると、波形は概ね一致する。東京都で初めて500人を超えたのは11月19日、600人超えは12月10日、1000人超えが大晦日である。対する全国では、初めて2000人を超えたのは11月18日のこと。12月12日に3000人を超え、大晦日に4000人を超えた。
 一方、東京都と対照的なのは、12月上旬から減少に転じた北海道と大阪府だ。11月20日に最多の304人を記録した北海道の1月2日の感染者数は77人、11月22日に490人の過去最多を記録した大阪府も下がり切ってはいないとはいえ、258人だった。

「増えた」東京都と、「減った」北海道・大阪府の違い
 増える東京都と減った北海道、大阪府の違いについて政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会のメンバーである専門家に訊ねると、ちょうどその1週間から2週間前、クリスマスパーティーや忘年会について、住民が「取りやめる行動(行動変容)」を取ったか否かが寄与している、と分析した。
 北海道や大阪府では多くの住民に「取りやめる行動」が見られ、東京都では見られなかった——と。
 
 本日 (1/10) のNHKニュースでも報道されたが,大阪府,京都府,兵庫県の二府一県は現在,感染者急増に見舞われている.三府県知事は政府に緊急事態宣言の発出を要請したが,菅首相に「緊急事態宣言の前に自助努力をしろ.政府は数日のあいだ様子を見る」と宣言を拒絶された.
 これに対して大阪府の吉村知事は「感染が急拡大してからでは対応困難だ」と不満を表した.(読売新聞《不満にじませる吉村知事「感染急拡大の後では対応困難」…兵庫も発令待たず独自対策へ》)
 大阪ではこのように急を要する状況が発生しているのに「大阪では人々がクリスマスパーティーや忘年会を取りやめる行動をとったので,感染が減少した」などと,記事筆者の広野真嗣は能天気なことを書いている.
 文春オンライン掲載記事の日付は1月10日である.想像するに,この広野真嗣という自称ジャーナリストは,一週間前に書いた原稿を堂々と文春に載せたのである.まことに怠惰極まりない.また,こういう消費期限切れで腐った記事を掲載した文春も文春だ.まことに情けない.

|

ポスト『深夜特急』

 昔,小田実という人がいた.世界を旅した体験記『何でも見てやろう』(昭和三十六年) で有名になったが,当時の海外旅行事情のためか,小田流の放浪旅に追随する青年はあまりいなかった.
 私と同世代である沢木耕太郎の『深夜特急』は,小田の旅行記よりも遥かに大きな影響を青年に与えた.私の書架にはスペースがないので,初版本を売り払ったあと,文庫を買い直して今も並べてある.そういう高齢者は多かろうと思う.
 沢木が実際にユーラシアを旅した時期と『深夜特急』刊行の時期は異なっているのだが,Wikipedia【深夜特急】に次のような解説がある.
 
刊行後は、バックパッカーの間でいわばバイブル的に扱われるようになり、80年代と90年代における日本における個人旅行流行の一翼を担った。その後、台湾で中国語版、韓国で韓国語版の翻訳が出版された。あくまで個人の旅行体験記なので、旅行ガイドとしての使用には不向きだが、1970年代前半当時の交通事情、宿泊事情などを知ることもできる。さらには、途上国の貧困さの一端も巧まずして表されている。
 
『深夜特急』は旅をする青年にとって,今もバイブルである.
 ところで,最近のネット上で評判の高い五箇野人のコミック『つかれたときに読む海外旅日記』を遅ればせながら買ってみた.
 読後,才能のあるコミック作者を見つけたと思った.笑いのセンスが,いしいひさいち や カマタミワ に似ている.
 この作者がどのような暮らしぶりの人か全くわからないが,ポスト『深夜特急』の世代といっていいかも知れない.
 

|

2021年1月 9日 (土)

自業自得の爺婆

 東京新聞《<新型コロナ>神奈川県で過去最多の622人感染 川崎市も過去最多の130人、忘年会参加者ら》[掲載日 2021年1月5日 19:38] から一部を引用する.
 
川崎市は過去最多となる130人の新規感染者を発表した。うち84人の感染経路が不明という。先月25日に市内の飲食店で開かれた忘年会の参加者9人のうち、いずれも幸区の70代~90代の男女5人が新たに陽性と判明。先月27日に発症した70代女性と合わせ、参加者の感染は計6人となった。
 
「感染者に罪はない.誰でも感染する可能性があるからだ」と言うひとがいる.如何にももっともらしいが,役に立たない建前だ.
 感染防止に細心の注意を怠りなかった人でも感染することはあり,その人たちにはもちろん「罪はない」.
 だがしかし敢えてハイリスクな行動をして感染した者が「罪はない」わけがない.
 納税と同じで,自ら感染せぬように行動することは国民の義務である.公共の福祉である.従って,クリスマスだの忘年会だので感染した連中は,国民の義務を果たさない憲法違反者である.
 政府も神奈川県も,年末は静かに家で過ごしてくれと言っているのに,無視して忘年会に繰り出した上記の馬鹿ジジイ阿保ババアどもがそれだ.自業自得である.
 本来なら若者の範となるべき高齢者が,率先して感染拡大を行っているのだ.愚かな感染者の中では若者よりも罪が重い.
 つまり敬老に値しないのであるから,もしバスとかの敬老パスを持っていたら剥奪しろ! スーパー温泉も割引なしだっ! はあはあ.
 二度と世間に顔向けできぬよう (← 街にふらふらと出歩いて感染源とならぬよう),川崎市はこの連中の氏名を公表して指弾せよ!! はあはあはあ.
 死なずに生き残ったら,の話だが.ぜいぜい.ヾ(--;)マ,少シオチツキナサイ
 
 神奈川県は,新型コロナウイルス感染症が蔓延期に入っているとして,遂に感染経路調査 (クラスター潰し) を断念した.(東京新聞《「感染蔓延で経路調査に意味なし」 神奈川県、感染経路や濃厚接触者の調査を原則やめると発表 全国初<新型コロナ>》[掲載日 2021年1月8日 23:31)
 私は横浜市民だが,神奈川県は今後,感染拡大は成行きまかせとなる.もう打つ手がないのである.感染爆発前夜だ.

|

千年の古都ギャグ

「京都の老人は未だに,都は京であって,天皇の住まいは京都御所だと思っている」という話がある.私が大学生の頃に聞いた覚えがある.当時は維新前に生まれた人々が京都のあちこちに生きていたので,京都人の自虐センスを表現した楽しい笑話であった.
 色んなバージョンがあるので例をいくつか挙げる.
 
天皇陛下はちょっと東京へ行ってはるだけで、じきに京都の御所に帰ってきはる。》(出典)
京都の人々は、天皇さまがいつお戻りになるのか、幕末以来ずーっと首を長くして心待ちにしている。》(出典)
東京都 (ひがし京都) に遷都した覚えはない。天皇はんは旅行に行ってはるだけ。日本の首都は京都。》(出典)
 
天皇陛下は…》は,東京が事実上の首都になってから高々百五十年ちょっとしかないが,それに比べれば京は千年の都だという意味で,それを「ちょっと東京へ」と言っているわけだ.ちょっと敬語に問題があるが.w
京都の人々は…》も同じく,天皇は旅行中だということを言っている.明治,大正,昭和,平成,令和の五代にわたる大旅行である.
東京都 (ひがし京都) に遷都した覚えはない…》は上の三つよりも知的レベルが高い.日本史の知識がないと意味がわからない.
 
 戊辰戦争の頃に物心ついた人ならば実際に上のように考えていたかも知れないが,今ではもちろん本気の話ではなく,昭和の戦後生まれが既に高齢者となって西方浄土への旅立ちを始めている現在,いささか古めかしいギャグになった.
 古めかしくなると同時に《東京都 (ひがし京都) に遷都した覚えはない》のおもしろさがわかる人も減ったのは残念だ.
 
 NHKの正月番組《京都板前割烹 直伝・おせちの極意》に出演した京料理の名店「浜作」の三代目主人,森川裕之さんが桑子真帆アナウンサーに次の通りに語った.以下は桑子アナを相手の軽妙な会話なので,耳で聞いているときはわかるのだが,文章に起こすと意味がよく通じない.そこで当ブログの筆者が下の文中に ( ) を補った.
 
白味噌のことを (京都以外の人は) 西京味噌といわはるんですが,白味噌は白味噌. (です)
 西京漬けなんていうことは,京都人は絶対に言いまへんわね.
 東京が京都から東へ行かはったんで東京なんで.(「東」京なんです)
 東京から見ると京都が西京,という意味 (での「西京」) は,京都人は,ぜーったいに使いません.
 (西京味噌ではなく) 白味噌としていただかな.(いけません)》
 
「浜作」三代目主人は,自分の言っていることが嘘であると重々承知であるに違いない.
 というのは,実は「西京味噌」は京都人が作った言葉だからである.
 Wikipedia【西京味噌】をみてみよう.
 
西京味噌(さいきょうみそ)特定の味噌蔵(現本田味噌本店・株式会社西京味噌)の銘柄である。同社の丹波杜氏であった初代、丹波屋茂助が禁裏御所(今の京都御所)のご用命を受け、宮中の料理用味噌を吟醸し、献上したのが始まりで、明治維新により都が江戸へ遷都され「東京」となり、京都をそれに対し「西京」とも呼んだことから、特に西京味噌といわれるようになった。
 
 続いて上の引用文中に書かれている「本田味噌本店・株式会社西京味噌」の公式サイトを見てみよう.株式会社西京味噌は本田味噌本店の製造部門の別会社と思われる.
 
20210108a
 
 つまり「西京味噌」は,天保元年に創業された生粋の京都の会社「本田味噌本店」のブランドなのである.
「浜作」の創業は昭和二年だから,もう全然お話にならぬくらい「本田味噌本店」が格上の老舗である.しかも「浜作」創業者である森川栄は富山の生まれで大阪育ち.京都人ではなかった.おまけに「浜作」の店名は大阪北の包丁名人樽本次郎,通称「浜作」の弟子であることに由来する.「浜作」のルーツは大阪なのだ.
 さらに,江戸っ子は三代続いて初めて江戸っ子を名乗れるという伝に従えば,三代目主人の森川裕之さんは生粋の京都人とはいいがたい.
 その昭和創業の「浜作」が,天保 (1831年) 創業の「本田味噌本店」のブランド「西京味噌」に対して《白味噌としていただかな》いけませんと,難癖を 注文を付けているのである.
 その いちゃもん 注文の根拠はというと《東京から見ると京都が西京という意味は,京都人は,ぜーったいに使いません》である.
 しかしこれは本当だろうか.その当時の諸事情がわかるWikipeia【東京奠都】によれば,現在の京都府から東京都への奠都は行われたが,遷都は,なしくずし的に行われた.(奠都と遷都の意味の違いはこのWikipedia項目に書かれている)
 明治政府が遷都の宣言をしなかったのは,京の都の人心が動揺せぬように慮ったからである.
 そこで政府は明治の最初の頃,京と江戸を西京都と東京都の東西二都とする考えを持っていた.首脳の大勢は江戸への遷都であったが,岩倉具視は遷都に反対だったようである.
 ともあれ東西両京構想が生まれて,その結果,東京は実現したのだが,西京は俗称にとどまった.おそらく「浜作」三代目主人のように「西京」と呼ばれることを屈辱だと考える人々の反対が激しかったのであろう.
「本田味噌本店」のように開明的な京都人が多ければ,今でも京都府は西京都として文化の中心であり続けたかも知れない.しかしそうはならなかった.偏狭に《東京都 (ひがし京都) に遷都した覚えはない。天皇はんは旅行に行ってはるだけ。日本の首都は京都》だと言い張ったために,元も子もなくした.政治も経済も文化も,京の都は没落して,観光で生きるしかない都市になってしまったのである.
「浜作」三代目主人は,これからも《東京から見ると京都が西京,という意味は,京都人は,ぜーったいに使いません.白味噌としていただかな》という二百年近く前に千年の古都で生まれたギャグを言い続けるだろうが,これをクスリと笑ってくれる人は高齢者ばかりだから,このギャグの命運は尽きるだろう.
 
 ちなみに,京都人の偏狭さは京都市民において激しい.知り合いに京都生まれの人がいたら「京都の舞鶴」と言ってみるとわかるのだが,京都市民は「舞鶴は京都ではない」と言うだろう.京の都とは,京都市のことなのである.

|

2021年1月 8日 (金)

医療従事者を攻撃する橋下徹

 TBS系列《ゴゴスマ》に出演した橋下徹が,医療従事者への攻撃を開始した.
 橋下は,「コロナ感染者を受け入れると病院経営が打撃を受けるため,民間病院はコロナ対策に背を向けている」とし,医療提供が逼迫しているのは,医療従事者に責任があると暴言を吐いた.
 リモートで討論に参加していた丸太佳奈医師は柳眉を逆立てて反論したが,橋下は「有事なんだから政府は民間の医療従事者を集めろ」と喚き,丸太医師を抑え込んだ.
 これまで「経済を回せ」と言い続けてきた自分の責任はどこかに置いてきたようだ.これが世渡りの秘訣なんだろう.
 橋下の隣にいた東国原も橋下に同意見のようだ.卑劣漢と淫行男が並んでいる.いい番組だこと.

|

2021年1月 7日 (木)

米共和党決起す 米国民主主義の崩壊

 バイデン米次期大統領の大統領選での当選を認定する手続きが行われていた連邦議会で,共和党議員が異議を申し立てて抵抗を開始するや,議事堂外ではトランプが,集まった支持者たちに壇上から議事堂への突撃を扇動した.
 
20210107b
 
 これを受けて暴徒らは議事堂内に突入して占拠した.
 
20210107a
(以上,NHKの朝のニュースから撮影した画像)
 
 二枚目の画像は,大統領選の時から各地で不穏な示威行動をしていたトランプ支持の極右武装集団が,建物の窓ガラスを割って侵入するシーン.
 描きいれた矢印のように,暴徒はカーキ色のヘルメットと迷彩戦闘服を着用し,背中にアサルト・バッグを背負っている.米国の議会制民主主義が崩壊した瞬間である.
 英国ジョンソン首相はただちにsnsで「恥ずべき光景だ」と述べた.日本の首相はダンマリを決めこんでいる.
 日本におけるトランプ支持者の一人,橋下徹も黙っている.「断固としてトランプを支持する」とでも言えば筋を通す男になるが,それではテレビからお呼びがかからなくなる.ここは世渡り優先であろう.

|

前頭葉の疲労蓄積

「三密」が人口に膾炙した理由の一つは,その語呂のよさにある.
 それに比較すると「五つの小」は無理やり感があって全くだめだった.小池知事としては,政府が提唱した「三密」に匹敵する流行語を発したかったのだろう.しかし今,「五つの小」を復唱できる者はほとんどいないだろう.
 そこで敗者復活とばかりに,本日の深夜一時過ぎの記者会見で小池知事が発したのが「一都三県ワンボイス」である.
 これは「五つの小」よりもずっと語呂がよい.果たしてはやるであろうか.
 
 というより,小池知事のように,語呂のよい言葉を思いつくと言わずにいられないのは,側頭連合野の暴走を前頭葉が抑制できない (*) という事態に脳が陥っているからであると考えられる.だいじょぶか,知事.
 
(*) NHK《チコちゃんに叱られる》で,チコちゃんがそう言っていた.知らんけど.

|

後出し学説あるいは詭弁 /工事中

 東京都は昨日 (1/6),新型コロナウイルスの感染者が新たに1591人確認されたと発表した.昨年大晦日の1337人を超え過去最多を更新した.
 ようやく政府も,これでは政権が危ういと考えたか,緊急事態宣言に踏み切った.
 対策分科会は,一ヶ月程度の緊急対策が功を奏する可能性は低い (尾身会長談) として緊急事態は一ヶ月以上になるとの見通しを示した.
 このように行政も動き,またメディアも,新型コロナウイルス感染拡大の第三波について,上昇トレンドを連日報道しているところである.
 しかし昨年末「第三波は既にピークアウトしているから,感染拡大防止策は必要ない」と述べて,Go To トラベル一時停止に反対する大学教員がいて注目された.宮沢孝幸というこの人物は,どうやせ日本におけるコロン関係デマゴーグの一人である小林よしのりが推しているらしい.
 
 宮沢孝幸氏の見解について触れている日刊SPA!《「Go To停止は意味がない。コロナ第3波は峠を越えた」京大ウイルス学者・宮沢孝幸氏の見解》[掲載日 2020年12月17日] から下に引用する.
 
「東京都は11月17日に第3波がピークアウト」と見る根拠
 ――第3波はすでにピークアウトと断言するが、東京都では新規陽性者数が過去最高を更新し、全国でも感染が急拡大しています。
 
「東京都の『発症日別の感染者数』を見ると、11月17日の320人をピークに緩やかに減少に転じた後、12月5日には224人と下降トレンドに入っており、東京の第3波はすでにピークアウトしていると言っていい」
(中略)
ただし、これは第3波の『第1波』の話です。
 東京都で過去最高の感染者が出たのは、第3波の『第2波』が到来し、下降トレンドに入っている『第1波』と重なった結果、感染者数が増加している可能性がある。
 だが、『第1波』がピークアウトした事実は揺るがない。
 
 宮沢氏が「第三波はピークアウトした」と主張している根拠は,下の図である.

|

感染を拡大している責任は店よりも客たちにある

 毎日新聞《休業の「命令」違反業者に50万円以下の過料 特措法の政府原案が判明》[掲載日 2021年1月6日 20:26]
 
新型コロナウイルス対策の強化に向け、政府・与党が2月上旬の成立を目指している新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案の政府原案が判明した。緊急事態宣言下の休業を巡り、都道府県知事が現行の「指示」よりも法的拘束力のある「命令」を事業者に出せるように改正し、従わない場合は50万円以下の過料とする。8日の政府・与野党連絡協議会で提示する方針だ。
 原案によると、政府が緊急事態宣言を発令する手前の新たな措置として「まん延防止等重点措置」を設ける。政府がこの措置を講じた場合、都道府県知事は事業者に休業要請を出すことができる。正当な理由がなく要請に応じなければ「命令」に切り替えることが可能で、命令に違反すれば30万円以下の過料とする。
 
 なんというか,納得いかない.
 自治体が発した休業要請に業者が従わないのは,それはその業者の店 (これは例えばの表現で,イベント業者などはまた別の形だろう) に行く客がいるからだ.
 新型コロナウイルス感染症の拡大に関して,店と客のどっちがより悪いか.責任はどっちに多くあるか.
 もちろん客のほうだ.
 犯罪の表現を借りれば,正犯は客であり,店は従犯だ.なのに客の行為は不問に付されて,店だけが罰せられるのは,どう考えてもおかしい.
 業者の営業権を制限するならば,客も厳しく取り締まる措置とセットでなければならぬと私は思う.

|

2021年1月 6日 (水)

雑煮番組を観ていて気の付いたこと

 毎年の暮れと正月のテレビでは,各地の雑煮を話題に取り上げる番組が多い.
 定番は「東は角餅で醤油仕立て」と「西は丸餅で白味噌仕立て」というもの.
 下の画像はNHK《雑煮ジャーニー!》(1/2) の一場面である.
 
20210106c
 
 右側の《東 しょうゆ味》は東日本で一般的な雑煮で,澄まし汁に焼いた角餅の組み合わせだ.
 それと対置する《西 白みそ味》は西日本の雑煮かと思いきや,なぜか西日本のごく一部である関西の雑煮が対比されている.
 つまりNHKは,四国中国と九州は「西」に入れてくれないのである.
 そもそも通説では,現在の雑煮は,室町時代の武家社会における儀礼料理を庶民も食べるようになり,それが全国に広まったものであるという.従って東北・関東から九州の広い地域で醤油仕立ての澄まし汁が古くからの雑煮であるわけだ.(餅の形はまた別の話で,汁の味付けの地域的異同とは重なっていない)
 ところが関西 (京都,大阪,兵庫,奈良,和歌山) と四国の一部 (徳島と香川) ではいつしか武家風の雑煮が廃れて,白味噌仕立ての汁が本来の雑煮に取って代わった.
 また関西圏とは別に,もう一ヶ所,武家風雑煮が廃れた地方がある.出雲地方である.
 出雲地方といってもこれは広い意味であり,現在の島根と鳥取の沿岸部一帯のことだ.
 この辺りでは,テレビでよく「風変わりな雑煮」として紹介される小豆雑煮が有名だ.下の画像がそれである.(出典:農林水産省公式サイト《うちの郷土料理》から引用)
20210106b
 これについて朝日新聞にも記事が載っていた.
 朝日新聞デジタル《「普通」が人によって違う雑煮 鳥取の甘い味の謎を追う》[掲載日 2021年1月3日 13:00] から一部を引用する.
 
関東出身の記者は鳥取で過ごす初めての冬を迎えた一昨年、知人と正月の話題をしたときに驚いた。雑煮はすまし(しょうゆ)か、みそかと思っていたところが、なんと、鳥取では小豆の雑煮が主流だという。甘党としてはたまらないが、それってぜんざいと一体何が違うの? 鳥取の小豆雑煮をめぐるなぞを追いかけた。
 県中部・倉吉市の白壁土蔵群にある餅料理を楽しめる店に向かった。創業100年を超える老舗の餅屋が、約20年前に開いた「町屋 清水庵(せいすいあん)」。この辺りでは正月にとち餅を使った小豆雑煮を食べる風習があると聞く。
 メニューを開くと「とち餅入りぜんざい」がある。社長の清水将太さん(34)に聞くと、「『ぜんざい』として通年で出しているんです」。
 やはり、「小豆雑煮=ぜんざい」ではないか? ただ味は最高で、いったん箸を付けると、箸はどんどん進み、小豆雑煮の謎もしばし忘れた。
 とち餅はとろっとしていて、甘い小豆汁によく合う。小鉢の塩昆布は、甘みをよく引き立てた。
 
 朝日の記者は,餅料理店「町屋 清水庵」の社長が《『ぜんざい』として通年で出しているんです》と言っているにもかかわらず,勝手にそれを否定して,清水庵の「ぜんざい」は出雲の小豆雑煮であると決めつけてしまったが,これは誤りだ.最初っから自分の考えを押し通す気なら,当事者である清水氏にインタビューなんかするべきでない.失礼にもほどがある.
 実は出雲の小豆雑煮は,朝日の記者が書いているような《甘い小豆汁》ではない.朝日の記者の独断に反して,NHK《雑煮ジャーニー》に登場した島根県日本調理技能士会会長・安田政男氏は次のように語ったのである.
 
《(出雲は) お祝い事に小豆を非常によく使う地域であります.現在では甘い小豆雑煮を食べる家庭も増えましたが,元々は塩味の雑煮でした.味付けは海藻から採った藻塩のみです.昔は砂糖は貴重なものだったから,元々は塩雑煮.
 
 過去のテレビ番組では「出雲の小豆雑煮は甘い」と決めつけていて,農水省のサイトでもそう書かれているのだが,実は藻塩で味付けする塩味の本来の小豆雑煮の作り方が,今も伝えられているというのは,NHK《雑煮ジャーニー》が初めて全国に紹介したのではないか.私も,「甘い小豆雑煮」には疑問を持っていたので,この番組を観てようやく腑に落ちたのである.

|

2021年1月 5日 (火)

コロナダークビジネス

 毎日新聞《コロナで変わる世界 水面下で出回る中国ワクチン 富裕層から永田町へ? 狙われる日本市場》[掲載日 2021年1月1日 6:00]
 
中国で製造したとされる新型コロナウイルス感染症の未承認のワクチンが日本国内に持ち込まれ、日本を代表する企業の経営者など一部の富裕層が接種を受けていることが明らかになった。2020年11月以降、既に企業トップとその家族ら18人が接種を受けたという。ワクチンは、中国共産党幹部に近いコンサルタントの中国人が持ち込んでいる。個人が自分で使う以外の目的で海外からワクチンを持ち込むのは違法の可能性があるが、中国側がワクチンをテコに影響力拡大を狙っている姿が浮かんだ。
 
 ということは,今世界中で政財界の要人に中国人ブローカーがワクチンを売り歩いているわけだ.マスクよりも利益率は高そうだ.
 やがて習慣性,依存性ワクチンなんてのが開発されて,中国共産党が全世界を隷属させ,二十一世紀唯一の帝国主義国家として君臨したりして.
 あ,ロシアもこの手のワクチンビジネスに乗り出すだろうなあ.プーチンは国民にはワクチンを打つが,自分は打たないらしい.注射器を使うところが 白い 何かと似ている.
 そのうち日本では錦糸町あたりの薄暗闇で「おにいさん,いいワクチンがありますよ」などとワクチン売人が暗躍するかも.

|

2021年1月 4日 (月)

折角の鰹節を粉にしてしまうくらいなら削り節を買ったほうがよいと思われ

 昔,といっても私が小学校に通っていた昭和三十年代のこと.
 私の家は貧しかったので,日頃の食事では,出汁をとるのに煮干しを用いた.
 今でこそ煮干しはラーメン屋 (横濱家系など) が使うが,戦後かなりのあいだ,下等な食材であった.雑味があるからだ.
 煮干しはケであり,昆布と鰹節はハレであった.
 だがそんな貧乏人でも正月は別だ.雑煮には鰹節を奮発したのである.
 
 私の家には,年に一度の出番しかない鰹節削りがあった.
 大晦日になると,父がそれを押入れの奥から引っ張り出して,鰹節を削った.そして私が小学校の上級生の頃に,私に鰹節の削り方を教えた.
 昔の男はそうやって,子に鰹節の削り方を教えてきたのである.
 
 ここで昨日に続いて,NHK《雑煮ジャーニー》から,林家正蔵の実家,海老名香葉子さんのお宅の正月風景の話である.
 まず香葉子さんは,次男である林家三平の妻,国分佐智子さんに料理を手ほどきする.
 海老名家では,鰹節削りもあるのだが,先代三平の頃から鉋を使っているのだそうだ.
 で,国分佐智子さんは,その鉋で鰹節を削り始めたのだが,諸兄は既にお気づきの通り,鰹節の削る部位が間違いである.折角の高級な鰹節なのに,そのどてっ腹を刃に当てている.残念ながらこれが香葉子さんの料理教育なのだ.
 
20210104a
 
 日本式の鉋で木の板を削る時は「ならい目」の方向に刃を当てなければいけない.これは中学校で習う知識だが,忘れたのならネットに解説がある.(《かんなをかける方向》)
 鰹節も同じで,削る方向があるのだ.
 下の写真は,鰹節のどてっ腹を刃に当てているが,正しくは鰹節の手前を上に浮かせるようにしなければいけない.
 
20210104b
 
 どうするのが正しいか.出汁のプロである「にんべん」株式会社のサイトに,鰹節の削り方について行き届いた解説が掲載されているので,そこから画像を一つ引用する.

 20210104h
 
 香葉子さんが国分佐智子さんに教えた角度では,まともに削れない.佐智子さんが「削れていない音がする」と言うと,あろうことか香葉子さんは「これで刃を出しましょう」と言って金槌を持ち出した.うまく削れないのは鰹節の持ち方が間違っているからなのに,鉋の刃を調整すると言い出したのだ.
 
20210104c
 
 次のシーンを見たら,高齢者たちは腰を抜かすこと請け合い.
 鉋の刃の具合を調整するのには,普通は木槌を使う.素人が金槌で刃を調整すると,鉋頭 (台頭) に傷をつけてしまうからだ.
 大工は,鉋の刃の調整には鉄の金槌でなく,金属部分が軟らかい銅でできている鉋頭用玄翁という特殊な鎚を用いるが,それはプロの道具.
 鰹節を削る程度のことなら木槌で充分だ.義務教育でもそう教える.
 で,しかも,香葉子さんは鉋の台尻を床に着けてしまった.(下の画像)
 
20210104d
 
 こんなやり方では,刃を左右均等に出すことは困難である.鉋は,下に置かずに片手で持つのである.
 昔からのやり方を悉く無視した嘘デタラメをやったおかげで,海老名家の正月の鰹節は,欠片の混ざった粗い粉になってしまった.
 こんな粉砕鰹節では,漉してもお出汁が濁るだろう.
 これと似ているようで別物の粉末の鰹節 (鰹粉,または地方によっては出汁粉と呼ぶ) は,作り方がちょっと変わっていて,粗悪品はいざ知らず,本来は鰹節の水分と脂肪分が少ない部位を用いる.そして出汁を取るのには使わず,料理に振りかけて用いるほか,お好み焼きにも使う.低級品は静岡おでんの食べ方として有名.
 
20210104e
 
 私の母親もそうだったのだが,戦中派の女性はまことに気の毒であった.娘時代を戦争のために台無しにされたのだ.料理上手は上流家庭の話であった.
 だがしかし,戦後になって世の中が平和になれば,いくらでも我流でない知識を身に着けることはできたはず.昨日の記事に書いた箸の持ち方も然り.
 
20210104f
 
 少しの事にも先達はあらまほしき事なり (徒然草第五十二段) という.何事も,自分ができないことは,ひとに習えばよいのである.
 それをしないから,香葉子さんは息子の嫁に嘘を教える羽目になった.
 
20210104g
 
 ああ,国分佐智子さんは,悲しいかな間違ったことを《いろいろ覚え》てしまったのである.
 教訓.自分が知らないことを,知ったかぶりして目下の者に教えてはいけない.
 
 香葉子さんの言によると,毎年の正月三ヶ日には,歌舞伎界などから三百人の年始客が海老名家を訪れるという.
 海老名家の雑煮作りを見たら,歌舞伎界の奥様方は驚くに違いない.日本の伝統をしっかと教育されている女性たちに陰で笑われていなければいいのだが.
 それにしても,林家一門の体たらくはどうしたことだ.誰も「おかみさん,それは違いますぜ」と言わなかったのか.まことに残念なことである.

|

連載・お箸の国の人なのに (令和三年新春)

 NHK教育《京都板前割烹 直伝・おせちの極意》は,桑子真帆アナウンサーが,京都の有名料理店である浜作の三代目主人に,おせち料理を習うという趣旨.
 浜作の御主人は,店で料理の腕をふるうだけでなく,料理教室も開いているという.
 その教室には全国から富裕階級の奥様方が集まる.
 下の画像は,その奥様方である.
 
20210103c
 
 カウンター席にズラリと並んだ奥様方だが,全員揃いも揃って箸の持ち方が幼児である.
 浜作の御主人は,日本料理について蘊蓄を傾けるのもよいが,箸の持ち方を教えてやってくれないか.
 目の前に,箸ひとつまともに持てない無教育な連中が並んでいるのを見て,料理人として悲しくはないのだろうか.
 話は横に逸れるが,桑田佳祐が坂本冬美に請われて作詞作曲した新曲「ブッダのように私は死んだ」を桑田佳祐は「歌謡サスペンス劇場」と言っている.その歌詞には,男を愛した女が,男の箸の持ち方を許さなかったために仲に亀裂が入り,女は殺されてしまうというストーリーが描かれている.上の画像は逆のケースだが,夫が妻の箸の持ち方を(以下省略)
 
 次はやはりNHKの《にっぽん雑煮ジャーニー!》から.
 番組の最初に登場したのは,海老名香葉子さんだ.若い人は御存知ないと思うので,Wikipedia【海老名香葉子】から下に一部を引用する.
 
かつては上記の戦争体験やその家庭的な雰囲気からコメンテーターとしてワイドショー等に出演することが多かったが、別のバラエティー番組で長男である正蔵の箸の持ち方を指摘されて以来その教育方針を問われ、ワイドショーへの出演は控えている状態である。
 
 若い頃の林家正蔵 (当時は林家こぶ平) が箸をきちんと持てなかったのは有名だが,それは香葉子さんが教えなかったからである.
 なぜ教えなかったかというと,香葉子さん自身が箸を正しく持てないからである.
 それは,東京大空襲で家族をすべて失い,親戚をたらい回しにされるという生い立ちによる.
 それはまことに同情に値することだが,しかしその後,いくらでも箸の持ち方を覚える機会はあったはずで,そのことを世間に非難されたのであった.
 Wikipediaにはテレビへの出演を控えているとあるように,このNHKの番組が久方ぶりである.
 
20210113b
 
 上の赤い矢印 (←) を見ると,親指の先が人差し指と離れてしまっている.
 その結果,下の赤い矢印 (←) のように箸の先が盛大に食い違ってしまっている.正しい持ち方では,二本の箸は一つの平面上にあるのだが,これでは,空間幾何学でいうところの「ねじれの位置」(*註;高校数学の幾何学で習う知識) にある.「イスカの嘴」状態だ.
 この箸の持ち方では,箸の先が離れてしまっているので,餅のように大きなものしか挟んで持つことができない.
 必然的に,椀の中の小さな食べ物は何でもかんでも椀に口をつけて箸で流し込み,見苦しく食べることになる.また,蕎麦をたぐることができない.皿の焼魚をきれいに食べることができない.鰻重は飯粒が汁ではらりと崩れているから食べることができない.(→ 鰻屋で,重箱に口をつけて飯粒を掻き込んで食っているやつを見かけることがある.箸が持てないやつは鰻重を食うなと言いたい)
 里芋をつかめないので,幼児のように刺し箸をする.煮豆をつまめないので幼児のように匙で食う.etc. etc.
 
 しかし正蔵は,今ではきちんと箸を持つ.「テレビのグルメ番組に出ているくせに箸を持てないとは,噺家としてどうなんだ」「こぶ平の仕方噺はインチキだ」という,噺家としての姿勢を問われて努力したに違いない.
 その正蔵の一件を蒸し返されぬために,香葉子さんには箸をつかう場面のある番組に出て頂きたくない.といいつつ私が正蔵のことを蒸し返しているが.ヾ(--;)オイオイ


|

2021年1月 3日 (日)

新年迎えてすぐ涙腺崩壊

 citrus《猫を連れてタクシーに乗ったら…運転手が語った愛猫とのエピソードに涙腺崩壊》[掲載日 2021年1月3日 7:00] に載っているネコ漫画を見て泣いた.
 ネコでもイヌでも,一緒に暮らしている人はみんな,これを見て泣くんじゃないか.
 私の老愛犬は,右目の白内障が進行してもう見えていない.左目もかなり白くなっている.
 今はまだごはんを喜んで食べているからいいが,ある日急に衰える,なんてこともあるそうだから安心はできない.
 そんなことを考え始めると雑煮も喉を通らない老人は,ペットの死と聞くとすぐ泣いてしまう.そのあと,どうやって生きていけばいいんだと.
 
 上に紹介した漫画の作者である松本ひで吉には連作『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』があるが,私はまだ一冊も読んでいない.
 この連作の第一作は,世のネコ好きから,Amazonのレビューで☆一つの大ブーイングを喰らっている.
 しかし上の《猫を連れて…》は,ネコをディスっているようには全く思えない.この評価のくい違いはなんなんだろう.
 そこでまず一冊 (No.5) だけ注文してみた.
 
 今年の読書始めは,『戦国、まずい飯!』(黒澤はゆま,インターナショナル新書) が一冊目.『犬と猫…』が二冊目だ.

|

この世で不要な商売 /工事中

 世の中の酒飲みには,酒が好きな人間と,飲み屋が好きな人間がいる.
 
 昨年の大晦日の深夜,渋谷の交差点には馬鹿者たちが密集していた.マスクをしていないやつが散見された.
 テレビ局のスタッフがその中の,あごマスクの一人に「カウントダウンのイベントは中止になっているに,なんでここに?」とインタビューしたら,そいつは「カウントダウン・イベントのない渋谷は珍しいから,その記念に写真を撮りにきた」と答えた.こいつは何がなんでも渋谷に来ないと気が済まぬのだろう.この馬鹿者めらは「ゴジラ第三形態が品川から渋谷に向かって移動しています!」と聞けば,数千人が手に手にスマホをかざしてハチ公前に集まるに違いない.
 こいつらの中から,多くの感染者がでるに違いない.そうして,この感染者たちの治療のために,医療従事者の皆さんや,日頃から額に汗して働いている様々な職業の国民が納めた税金がつかわれるのだ.
 暮れも正月もなく働いている医師や看護師他の医療関係者の無念は,いかばかりであろう.いつも感染防止に最大限の注意を払っている善意の国民の嘆きはいかばかりであろう.
 それを思えば,都知事は大晦日の晩,全都の警視庁機動隊精鋭を渋谷に大挙出動させ,ソドムの魔都もかくやあらんとばかりに催涙弾の雨あられを降らせ,ジュラルミンの盾で殴り掛かり警棒をふるって非国民どもを蹴散らすべきであった.私たちが守るべきは,渋谷で遊んでいる馬鹿どもではなく,エッセンシャル・ワーカーの皆さんなのである.
「エッセンシャル・ワーカー」は,ほとんどの日本国民が,昨年初めて知った言葉だと思う.
 これは私たちの社会が成り立つために必須の職業というほどの意味で,定義はない.ウェブ上を検索すると,かなり多くの職業がヒットする.
「エッセンシャル・ワーカー」を最も狭い意味に取ると,テレビのニュース等では「医療従事者など」としているが,広く列挙すると例えば《人事・労務キーワード集》に下のように書かれている.
 
・医療福祉関係(例:医師、看護師、薬剤師、介護士)
 ・保安関係(例:警察官、消防士)
 ・運輸交通関係(例:公共交通機関の職員、配送ドライバー)
 ・小売、販売業(例:スーパー、ドラッグストア、ガソリンスタンド等の店員)
 ・教育、保育関係(例:教師、保育士)
 ・公共インフラ関係(例:電気、水道、ガス、電話)
 ・その他、金融、郵便、清掃業務、一次産業従事者など
 
 しかしこれでも不十分で,上に挙げられていないが必須な職業の代表的なものは,市役所・区役所などの自治体職員である.上記の一覧にはないが,自治体職員のうちで保健所職員は一部が医療福祉関係のワーカーでもある.
 また上の引用文中には《一次産業従事者》とあるが,食糧自給率の点からすれば,輸入食糧に関与する政府職員などは,農業従事者よりもっと重要な役割を果たしている.もしも小麦や大豆,トウモロコシの輸入手続きがストップしたら私たちの食生活はその日から危機に瀕するからである.その一方で,ひと房数千円もする国産高級フルーツの生産者は,いなくなっても私たちは全く困らない.
 私たちの国土は毎年甚大な災害に見舞われるので,被災地の復旧に従事する建設労働者は非常にエッセンシャル度が高い.自衛隊員も同じ.
 こうしてみると様々な職業が,エッセンシャル度に差はあるものの,私たちの社会を維持するのに必要であることがわかる.
 そして重要なことだが,各種職業の存在意義には,エッセンシャル度だけでは測れない側面がある.例えば非常にニッチだが,伝統美術工芸に携わる職人,あるいは音楽家,プロアマのアスリートその他.こういったものは,社会生活の維持に必須とはいえないが,文化的に重要な意義を持っている.
 誰もやろうとはしないが,そして実際にやると問題があるが,縦軸を職業の社会的必須度,横軸を職業の文化的意義として,二次元平面に全職業を位置づけることが思考実験として可能だ.
 さあ,必須度が極めて低く,かつ文化的意義がない職業はなんだろう.
 この時まず,職業を,ある産業の従事者という観点で評価するのがわかりやすい.その作業には,不完全だが「日本標準産業分類」を用いる.
 天変地異や疫病大流行という災厄に国が見舞われた時に,真っ先に淘汰される産業は何か.私は飲み屋と性風俗店であると考える.
 専ら男性の性欲を利益源とする営業について私は関心も知識もないので議論の横に置く.
 問題は,日本標準産業分類で「飲食店」とされている産業である.
 健全な社会人の感覚では,これは大雑把すぎる分類だ.「食事を提供する営業」と「酒を提供する営業」は本質的に異なるビジネスだから,「飲食店」はこの二つに分類すべきなのであるが,なぜか行政法 (食品衛生法等) はこの二つを一緒くたにしている.ここに大きな混乱の原因があるのだ.
 

|

2021年1月 2日 (土)

元日テレビ三昧

 元日のテレビはなかなか楽しいものがあった.
 NHK《コントの日》でビートたけしが「WAHO/世界足立保健機構」の事務局長に扮して「密輸,密会,密売の三密を避けよう」と述べたので大笑いした.
 こういうコントは一発芸だから,もう二度と視聴者は観ることができない.それだけに一層おもしろい.
 昨年の流行語大賞は「三密」で,小池都知事が受賞した.周知のようにこの語は官僚が考案 (作者不詳) したものであり,小池都知事はフリップを使って記者会見で繰り返しただけである.だから小池知事は「私が受賞するのはちょっと違う気が致します」と一言いえばよかったのだが,素知らぬ顔だったもので,小池憎しに凝り固まった舛添要一あたりがグジグジと文句を言ったのがみっともない.ここは加藤官房長官のように「誰が受賞するかは関心がない」と言うのが大人である.
 で,もしこのコロナ禍が収束したとしたら,の話だが,小池知事には「密輸,密会,密売を避けましょう」と言って欲しい.かなりウケると思う.
 
 もう一つ.やはりNHKの《偉人たちの至高のレシピ》は素晴らしい料理番組だった.
 番組の内容は,京都の名店「浜作」の三代の御主人たちの,学者文化人たちとの交友と料理を紹介したものだが,それはそれとして,登場した桑子真帆さんがそりゃあもうすごかった.
 いつもの朝のニュースでは,桑子さんはいささか強めのアイメイクで出演しているのだが,《偉人たちの…》では和装をお召しで,しかも至ってナチュラルな優しいメイクをしていて,言ってみれば昭和の女優と見間違うばかりの美しさであった.御結婚だとのこと,全国のおっさんたちが地団駄を踏んだに違いないことである.
 
 話は変わって,大暗愚宰相菅義偉は,NHKの解体を目論んでいるらしい.ETVを廃止し,公共放送としての組織全体を再編成するというのだ.
 だがしかし元日の放送を視聴した限り,番組の質は民放のお笑い番組を遥かに凌駕している.しかもNHKが保有している映像資産は,民放に切り売りしたら散逸してしまうかも知れない.
 わずかな料金を惜しんで,菅の企みを成功させてはならないと思う.

|

2021年1月 1日 (金)

今年の年賀状

 現役会社員だった頃は,年末に年賀状を書いた.それが会社員のマナーというかルールというか,元日に賀状を届けるのが世の中の決まりであったからだ.
 しかし勤め仕事をやめたあとは,元旦に賀状を書くことにした.そのほうがウソっぽくないと思ったからである.クリスマスの夜に「今年もよろしくお願いします」とか,実にウソっぽい.w
 それと同時に,謹賀新年とだけ書くのはやめて,年の初めの所感みたいなものを葉書に認めることも始めた.
 ただ,三ヶ日を過ぎてから私の年賀状が届くのを不愉快に思う人も多いようで,元日に届く年賀状が半分に減った.
 それでも変わらずに新年のあいさつをしてくれる人もいて,それはありがたいことだと思っている.
 下は,今年の年賀状だ.本当はもっと長い文章だったのだが,全部書くとフォントが小さくなりすぎて,送り先の老人たちには読めなくなってしまう.しかたなく半分に短くした.ならばいっそのこと年賀のあいさつを封書にしたらどうだろうかと思う.w
(私は句読点を「,.」とするのが習慣だが,これを奇異に思う人がほとんどなので,年賀状は「、。」を使うことにしている)
 
Photo_20210102031601

 年賀状というものは忌み言葉を避けるのが習わしですが、年頭の所感を書くにあたって、なかなかそれは難しいというのが正直なところです。以下、賀状ですが言葉の制限なく綴ってみました。
 昨年は二月に予定していた国内旅行も海外旅行もキャンセルし、それ以後は一度も旅行をしませんでした。それどころか、自宅を出るのは食料品の買い物だけになりました。私は基礎疾患持ちの高齢者なので、感染すれば何人かに一人は確実に西方浄土に旅立つことになるからです。
 新型コロナは、私たちの生活を大きく変えました。高齢者たちは家に閉じこもり、多くの若者が失業者となりました。
 インフルエンザの例に倣えば,新型コロナは数種の変異株が交替で流行すると考えられます。ワクチン開発と追いかけっこですが、ワクチン開発に目途が着いたら、また別の感染症が世界的に大流行し、その頻度は十年に一度と専門家は推定しています。二十一世紀は感染症の時代なのでしょう。
 思えば我が瑞穂の国は飛鳥時代からずっと感染症に襲われ続けてきました。万葉集には,新羅への旅の途中で感染症に倒れた雪連宅満(ゆきのむらじやかまろ)を悼む挽歌が三つ残されています。その一つの切々とした調べが胸を打ちます。
 
「世の中は常かくのみと 別れぬる君にやもとな 我が恋ひ行かむ」
 
 万葉集の頃、感染症は鬼病と呼ばれました。はやり言葉を使えば、ワクチンが鬼滅の刃となりますように。
 令和三年、快晴の元旦に陋屋にて  
  (年が明けてから賀状を書くのを習慣としております)

|

年の初めの違法とて /工事中

 昔,どぶろく裁判と呼ばれる訴訟があった.日本国民には自分の飲用のために酒を造る権利はないことが最高裁で確定した裁判であった.
 この権利を認めると,国の重要な財政収入である酒税の徴収確保に支障を生じる,というのが権利制限の理由であった.
 ただしこの理由から,酒税収入に影響しない場合に例外が認められている.簡単に言うとアルコールの製造にあたらないことが必要で,梅等の果実を二十度以上の酒 (ほぼ焼酎に相当する) に浸漬して梅酒等の酒を自家消費用途に造る場合である.
 ところがここに一つ問題が生じる.二十度以下の酒に浸漬した場合は合法か違法かという問題である.これが実は,現状では違法 (酒税法違反) となることがあるのだ.
 このことについて,オトナンサー《梅酒は違法 正月に飲む「おとそ」、自宅で造ったら法的に問題ある?》[掲載日 2020年12月31日 6:10] が指摘している.
 
正月に一年の健康を祈って飲むお酒「おとそ」は大みそかの夜、サンショウやキキョウなど体によいとされる生薬を合わせた「屠蘇散(とそさん)」を日本酒やみりんに漬け、翌朝、つまり、元旦に飲むものといわれています。日本の伝統行事である正月の定番の一つではありますが、以前、自家製梅酒について国税庁に取材した際、「日本酒に梅を漬けて自家製梅酒を造ると、一部例外を除いて酒税法違反」とのことでした。

担当者「酒税法上、お酒に他のものを混ぜると新たにお酒を造ることになり、原則としては製造のための免許が必要です。無免許製造は違法となります。ただし、消費者が自ら消費するため、消費の直前、つまり、飲む直前にお酒に他の物品を混和する場合は、例外として認められています(酒税法43条10項)。
 清酒(日本酒)やみりん(アルコールのみりん)に別のもの、例えば、屠蘇散を入れるのは消費の直前であれば認められることになります。問題は一晩漬けておくのが『消費の直前』といえるかというところですね…。『消費の直前』について、法律や通達では『何時間前』という決まりは示していません。『社会通念で判断してください』としか言えません。
 
Q.どのようにすれば、おとその法的問題をクリアできるのでしょうか。
 担当者「繰り返しになりますが『直前に造る』か『20度以上のお酒を使う』ことです」
 
「お屠蘇」が違法であるかについての国税庁の見解は,従前から以下の通りである.
1. 屠蘇散を入れるのが消費の直前であれば認められる.
2 「直前」の意味は社会通念に従う.
 さあここで (社会通念上の意味の「直前」) という曖昧な,かつ国税当局が恣意的に運用できる言葉が用いられている.
 行政法には時々このような曖昧な規定がある.訴訟になった場合は裁判所が「直前」の意味するところを明らかにしてしまうが,国税当局としてはこれを裁量の範囲,つまり曖昧な状態にしておきたいのである.
 では国民の側が「直前」をどう認識しているか.ネット上に多数のレシピがあり,以下に代表例を少し紹介する.
  
[エスビー食品の公式サイト《スパイス&ハーブお屠蘇》から引用]
作り方
【1】お茶パックにスパイスを入れ、日本酒とみりんを合わせたものに5-6時間漬け込みます。
(以下略)
  
[日本名門酒会の公式サイト《折々の酒 お酒の歳時記 お屠蘇》から引用]
市販の屠蘇散を浸します。
放置すること7、8時間
薬効成分が溶け出すのを待ち、袋を取り出します。
*日本酒&みりんの量が多い場合は、屠蘇散を長めに浸してください。
*あまり長時間浸しすぎると濁ったり沈殿物ができる場合があります。
(以下略)
 
[cookpadの《準備3分。お屠蘇(おとそ)を作る》から引用]
日本酒とみりんをマグカップ等に入れ、屠蘇散を入れて一晩寝かせる(説明では、みりんは2~3割とあります)
 
 ざっと見たところ浸漬時間は,最短の五時間から最長の一晩まで色々である.
 では,五時間は「直前」と言えるか.社会通念としては直前とは言い難いだろう.
 これは場合によりけりだ.例えば東京オリンピックのように何年もかけて行うものであれば,開催式の二ヶ月前に中止を決めたとすると,これは「直前になって中止した」と言える.
 これが小学校の運動会なら,二ヶ月前に中止を決めても「直前になって中止した」とは言わない.三日前に中止と決めたら,これは「直前」だろう.
 このように考えると,「お屠蘇を飲む」という行為について,どれくらい前が「直前」なのかを考えやすい.
 私たちは日常,料理にかける時間はそれほど長くない.せいぜい一時間くらいか,いわゆる時短料理なら十五分とか三十分だ.
 だから料理というプロセスにおける「直前」は分単位である.お屠蘇を飲む二分前に,日本酒に屠蘇散を加えたら,それは

|

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »