« 米料理好きには朗報かも | トップページ | コロナ正月の膳 /工事中 »

2020年12月27日 (日)

固定電話の意義

 ある知人に,Amazonからギフトを贈ろうとした.
 すると,届け先を登録するのに電話番号の記入が必須になっている.
 配達業者が届け先に連絡する場合があるから,というのが必須の理由だ.
 それはわかるのだが,私の知人は固定電話を持っていない.携帯電話だけである.
 他人の携帯電話番号を勝手に業者に教えるわけにはいかないから,ギフトを断念した.
 
 私は,固定電話を持っているが,これはダミーである.世の中には色々な手続きにおいて「電話番号の記入が必須」という場合が多い.その際に固定電話番号を使用するのである.
 そしてその固定電話は常時留守電にしてある.
 電話番号というものは,必ず流出する.銀行やカード会社,さらには行政機関からも,だ.
 そして流出番号を記載した電話帳が闇取引されて,これを買ったやつらからセールス等の迷惑電話がかかって来る.
 そういう迷惑電話がかかってきて留守電に録音しやがったら,片っ端から着信拒否設定する.
 長年こういう風にしてあるので,今では固定電話は着信音が鳴ったことがない.
 逆に,番号非通知設定では受け付けない相手に電話する時も,固定電話があると重宝する.携帯電話番号を知られずに済むから.
 
 話を元に戻すが,携帯電話だけでやっている人たちは,ギフトをもらい損ねているんじゃないか.知り合いに宅配便を送りたいと言われた時は,どうやっているのだろう.まさかとは思うが,携帯電話番号を教えてしまうのだろうか.

|

« 米料理好きには朗報かも | トップページ | コロナ正月の膳 /工事中 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事