« 中川日医会長怒る | トップページ | カブのシチュー »

2020年12月 4日 (金)

お箸の国の人なのに (十二)

 昨日,大阪の吉村知事は緊急事態宣言に踏み切った.通天閣の社長は,通天閣を赤くライトアップし,苦渋の決断ですと語った.
 だがその通天閣界隈にはデートをするカップルや酔客が通りを歩いていた.感染拡大は我が事にあらず.
 尾身茂分科会長 (新型インフルエンザ等対策閣僚会議新型インフルエンザ等対策有識者会議新型コロナウイルス感染症対策分科会長) は,安倍前首相に解散させられた旧専門家会議のメンバーを集めて極秘に相談を重ね,菅首相に反旗を翻して Go To トラベルの一時中止を政府に迫った.
 これに菅首相は「マスクしてりゃいいんだっ」と激怒したという.(週刊文春12/3号特集記事「総力特集 冬コロナ襲来 菅 〈GoToおじさん〉『コロナ無策』を暴く」)
 昨日も尾身分科会長は脇田感染研所長と共に,官邸で菅首相と面談し,現在の危機的状況を訴えた.尾身氏はその後のメディアとの会見で「日本全体が一つの方向を向けば危機的な状況を回避できる可能性がある」旨を首相に説明したところ,首相は同意したと述べた.
 ところがなんと菅首相は,我が国の感染症研究におけるツートップである尾身,脇田両氏の提言を丸無視したのである.すなわち,Go To トラベルは一時中止どころか,逆に来年六月末まで大幅に延長することが発表されたのだ.
 これはどうみても,尾身氏に対する面当て,意趣返しである.自分に逆らう学者には恥をかかせてやろうというのだ.なんという陰険な男であろうか.学術会議の件と同じ構図だ.
 男の顔は履歴書であるという.地方の富農の息子に生まれたとはいえ,政治家としては地盤も看板もないのに,ここまで立ち回りでのしあがって来るには,さぞや陰謀暗闘を潜り抜けてきたのだろう.それが酷薄な顔つきに表れている.「コロナで何人死のうと,飲み屋と観光業者のほうが大事だ」と,喉まで出かかっているのだろう.
 麻生財務相は「日本人は民度が高い」と言うが,首相の知的レベルが低いのに国民の程度が高いはずがない.
 すなわち東京の医療が危機に瀕しているにもかかわらず,都知事の要請なんざ無視して相変わらず飲み屋は営業をやっている.客も都知事を無視だ.
 各地で医師や看護師などが英雄的な奮闘を続けているときに,政府は血税を投入して,強欲にまみれた者どもに旅行に行けとけしかける.
 人の移動が増えれば感染者が増える.頼むから移動を避けてくれと医師たちがテレビで悲痛な訴えをしているのに,観光地には愚か者どもが溢れている.
 血税とは他人の金だ.Go To トラベルも Go To イートも,他人の金で遊び呆けて楽しい思いをするのは,道徳的な退廃だ.
 下の画像は,今朝 (12/4) の日本テレビ《Oha!4 NEWS LIVE》で流れた,東京の小料理屋のシーンである.
 あまり若くはない女が「一人忘年会」とやらをやっている.道徳的な退廃の場面だ.
20201204d
 この連載記事《お箸の国の人なのに》で,色んな奇妙な箸の持ち方を紹介してきたが,これが一番すごい.
 箸を完全に握りこんでいるため,箸先を開くことができない.これでは食べ物を箸の先に引っ掛けて口に運ぶしかない.
 そして箸をまともに持てない者は,箸の先の食べ物を落とさぬようにするから,どうしても前屈みに姿勢が悪くなる.実にみっともない.
 
 伝統的に正しい箸の持ち方は実は簡単なのであり,その気になれば誰でも美しい姿勢で食事ができるのだが,この女は努力するということが嫌いなので,この歳になっても一人で飲み屋に来て,みっともない食い方をしている.赤く塗った爪がしみじみと情けない.犬食いまであと少しだが,いつもマイ先割れスプーンをバッグに入れておくがいい.環境に優しいぞ.
 こんな有様では,恥ずかしくて他の人と会食はしたくないだろうが,飲食店での「おひとり様」は感染リスクが低いと専門家は言っている.なるほどー.箸を持てなくてよかったよかった.おい.

|

« 中川日医会長怒る | トップページ | カブのシチュー »

新・雑事雑感」カテゴリの記事