« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月29日 (火)

東京の正月明けが心配

 本日の新型コロナウイルス感染症患者は,東京都で新たに856人が確認された.重症者は84人.
 FNNプライムオンライン《元日の参拝客 ほぼ半減か AIが予測》[掲載日 2020年12月29日 13:19] は次のように述べた.
 
初詣 (1/1) の参拝者数は、減少するとの予測が出ている。(中略)
 関東地方では、東京の明治神宮で、2020年の同じ日と比べて、51%の減少が見込まれるほか、神奈川県の川崎大師で50%、千葉県の成田山新勝寺でも47%、それぞれ減る見通し。
 関西では、大阪府の住吉大社で71%、京都府の伏見稲荷大社で61%の減少が見込まれ、関東と比べて減りが目立っているほか、福岡県の太宰府天満宮でも53%の減少が予測されている。
 
 政府および対策分科会,さらに各自治体の長も口を揃えて初詣の元日集中は避けてくれと言っているのに,我が国民のこの体たらくはどうだ.
 しかし吉村大阪府知事の発言は,府民に届いているようで,住吉大社の初詣はかなり減るようだ.この春の感染対策スローガン「七割減,できれば八割減」にあと一歩だ.大阪人て,やるときはやるんだなあ.
 それに比べて東京都民の緩み放題加減の,何とまあ情けないことか.江戸っ子は皐月の鯉のなんとやら,だ.口先ばかりの根性なし.
 先日,西村大臣と対策分科会から「マスクの着用率が下がっている」との警告が発せられたが,私の周囲でもその気配がある.
 今日,バスに乗って一人席に腰かけたら,私の席から一つ置いた前の席と,そのまた前の席に,歳の頃なら八十ほどの,あまり身なりのよくない老婦人が二人腰かけていた. バス前方から後方へ,席をA,B,C,Dとすると,老婦人はA席とB席に,私はD席に腰かけていたわけだ.
 で,前のほうの老婦人が後ろを向き,後ろの席の老婦人と大声でしゃべっていたのだが,二人ともゲホゲホと盛大に咳をする.しかも二人ともマスクをしていない.この クソ婆ぁども 老婦人たちは一体どういう神経をしているのか.「マスク警察だっ!現行犯逮捕するっ」と言いたかったが,そうするとキレッキレのクソ爺ぃだと指弾されるのでやめた.
 
 ところで話は,新型コロナウイルス感染症で急死した羽田雄一郎参院議員のこと.
 もしや,強毒化変異株ではあるまいな.

|

コロナ正月の膳 /工事中

 朝日新聞DIGITAL《おせちって義務ですか 栗原友さん・奥田ここさんの答え》[掲載日 2020年12月28日 10:00] から一部を下に引用する.
 
《(おせちについて) ――宅配などを活用するのは一つの手段ですか?
 奥田・栗原 (声をそろえて)全然良いと思います。
 奥田 買うっていう選択肢はポジティブで良いと思う。
 ――忙しくて作れないと、何か「敗北感」を持ってしまうという声もあります。
 栗原 なんとなくわかります。「日本人の女子として」みたいな社会の雰囲気はありますよね。何でだろう。
 奥田 年始に自分が好きなものをおいしく食べたら、おめでたくないですか? 別におせちじゃなくてもいいじゃないですか。
 栗原 それを言ったら日本の文化が廃れてしまう。
 奥田 でも、それは好きな人が継承していくからいいじゃない。
 栗原 そうだね。じゃあ私はずっとケンタッキーを食べていたい。でも、お雑煮は食べたい。なますと松風焼きとか、コハダのアワ漬けとかは、張り切ってやっちゃう。自分が大好きだから。それ以外は「はぁ」と思いながらつくっています。》
 
 この朝日の記事の冒頭に《料理家の栗原友さんと、料理研究家の奥田ここさん》とある.料理家と料理研究家の違いはなんだろう.
 なんてのはどうでもいいことで,対談のお二人が共に「おせち料理を買ってすませる」ことに積極的なのは微笑ましくありがたいことだ.
 とりわけ栗原はるみさんの娘さんに,正月に《私はずっとケンタッキーを食べていたい》と言ってもらえると,若い既婚女性たちは大歓迎だろう.
 私の場合は例年,知人がおせちの重詰めを贈ってくれるので,祝い料理はそれで充分だ.それとケンタッキーをバレルで買って三ヶ日を食い繋ぐ.(12/30に追記;ここぞという時に登場するレッドホットが年末に販売開始されているので,バレルはやめてオリジナルと半々にする)
 あとは大みそかにデパ地下で,酒肴をいくつか買うのだが,なにがいいか.
 
 伝統的なおせち料理の重詰めは,昭和も戦後になってからのものだとWikipedia【御節料理】にある.
(《現在では重箱に詰めた正月料理を御節と呼ぶようになっている。重箱に御節料理を詰めるようになったのは明治時代以降のことといわれている。重箱に御節を詰める手法が完全に確立した時期は第二次世界大戦後で、デパートなどが見栄えのよい重箱入りの御節料理を発売したことによるともいわれている。》) 
 
 第二次大戦後といっても,庶民の家庭にデパートの重詰め料理が普及したのは昭和も最末期のことだ.私が結婚して家庭を持った時期には,まだ伝統的な祝い料理を一つ二つ手作りし,あとは必要なものをスーパーで買い求めるのが普通だった.
 時代が平成に入ると,もはやデパートの重詰めおせちは祝い料理の範疇を越えて,日持ちのする御馳走料理というのがコンセプトになり,どこがめでたいのかわからぬものが詰め込まれるように相なった.特に中華おせちの叉焼や腸詰,焼売は,おいしけれどどこがめでたいのか,よくわからない.
 このようにおせち料理の御馳走化という変化もあるが,その対極に,正月料理を作りも買いもせず元旦にコンビニの菓子パンを食う家庭もある.(岩村暘子さんの著書に写真付きで例が載っている)
 ハウス食品の公式サイトに,今も高齢者なら覚えているククレカレーのCМのことが書かれている.
 
1976年 (昭和51年) 以降、年末年始に流された買い置き訴求の「おせちもいいけどカレーもね!」というキャンディーズのCMが話題となりました。その後のレトルトカレー開発の基盤づくりに貢献したククレカレーは、マイルドな味と手ごろな価格で多くのご家庭から親しまれています

 この頃は,まだ「個食」の概念が食シーンに登場していなかったが,平成に入ると,食事の際に家族が同じものを食べると言う習慣が急速に廃れた.元日でも三ヶ日でも,各自が好きなものを食ってもいいなら,もはや昆布巻きや田作りの出番はない.「おせちもいいけどカレーもね!」から四十五年後にとうとう「カレーもいいけどおせちもね!」となったのである.
「個食」の他にもう一つ,昭和から令和に至る年月に起きた食シーンの変化に「孤食」がある.これは内容的に,結婚するつもりのない独身男女と,独居老人,それから主に母子家庭で学校以外に居場所のない子供の食事に分けられる.
 ここで話が少し横道に逸れる.
「個食」や「孤食」が社会問題視されるようになった頃,厚労省は「食育」を提唱した.この「食育」という言葉は,明治時代の医師である石塚左玄という人物が提唱した科学以前の主張であったが,戦後は桜沢如一のマクロビオティックがこの主張を継承し,非科学性を強めた.
 幸いなことに現代の「食育」はマクロビと直接の関係はないが,かといって科学的とも言い難い.
 例えば「個食」と「孤食」が現代日本の食シーンにおける問題だと言われ始めたあと,どんどんこれが無意味に増えたのである.
 一部を例示する.
(1) 六つのコ
「孤食」「個食」「固食」「粉食」「小食」「濃食」
 ここで「固食」とは,固定した食べ物という意味で,いつも同じものを食べるとか好きなものしか食べないということである.確かにこれは問題である.
 次の「粉食」はパンやパスタ,ピザなど粉を使うものを主食とすることを言う.もちろんお好み焼き,たこ焼等の「コナモン」は否定される.キツネうどんをおかずにして炊き込み御飯を食べる大阪型食生活は全否定だ.うどん,蕎麦もだめ,ひたすら米飯を食べましょうというわけで,誰が言い始めたことかすぐわかる.学校給食からパンを追放しようとしている連中だ.
 その次の「小食」は文字通り食べる量がすくないことだが,それのどこが悪いのか不明である.
 さらに「濃食」は,塩分・糖分過多はいけないということだが,外食や加工食品を非難する文脈で使われた.
(2) 七つのコ
「孤食」「個食」「固食」「粉食」「小食」「濃食」にプラス「子食」である.「子食」は子供だけで食事することを指すが,あえて「孤食」から「子食」を取り出すことにどんな意味があるのかわからない.
(3) 九つのコ
「孤食」「個食」「固食」「粉食」「小食」「濃食」「子食」にプラス「戸食」「虚食」だ.
「戸食」とは戸外の食事つまり外食のことだという.なんだかピクニックのお弁当みたいである.阿呆か.
「虚食」はなにやら哲学的な印象を与えるが,案に相違して単に朝食を食べない,つまり「虚ろな食」だという.馬鹿か.

|

2020年12月27日 (日)

固定電話の意義

 ある知人に,Amazonからギフトを贈ろうとした.
 すると,届け先を登録するのに電話番号の記入が必須になっている.
 配達業者が届け先に連絡する場合があるから,というのが必須の理由だ.
 それはわかるのだが,私の知人は固定電話を持っていない.携帯電話だけである.
 他人の携帯電話番号を勝手に業者に教えるわけにはいかないから,ギフトを断念した.
 
 私は,固定電話を持っているが,これはダミーである.世の中には色々な手続きにおいて「電話番号の記入が必須」という場合が多い.その際に固定電話番号を使用するのである.
 そしてその固定電話は常時留守電にしてある.
 電話番号というものは,必ず流出する.銀行やカード会社,さらには行政機関からも,だ.
 そして流出番号を記載した電話帳が闇取引されて,これを買ったやつらからセールス等の迷惑電話がかかって来る.
 そういう迷惑電話がかかってきて留守電に録音しやがったら,片っ端から着信拒否設定する.
 長年こういう風にしてあるので,今では固定電話は着信音が鳴ったことがない.
 逆に,番号非通知設定では受け付けない相手に電話する時も,固定電話があると重宝する.携帯電話番号を知られずに済むから.
 
 話を元に戻すが,携帯電話だけでやっている人たちは,ギフトをもらい損ねているんじゃないか.知り合いに宅配便を送りたいと言われた時は,どうやっているのだろう.まさかとは思うが,携帯電話番号を教えてしまうのだろうか.

|

米料理好きには朗報かも

 産経新聞《リゾット、パエリア専用の米を作ったのは有名米どころ》[掲載日 2020年12月26日 14:05] から一部を下に引用する.
 
各都道府県がブランド米販売にしのぎを削るなか、リゾットやパエリアに適した米が新たに開発された。米どころの一つ、福井県の「越(こし)のリゾット」で、歯応えのある食感、アルデンテが特徴。農家や業者にとって扱いやすい粒の形状をしている上、料理人からも「使いやすい」と高評価を受けている。
(中略)
独特の食感が注目される越のリゾットだが、普及面でも強みがある。
 まずは、粒の形や大きさが日本でなじみがある短粒種であること。リゾットで使われる米は従来イタリア原産の品種「カルナローリ」が多い。だが、長さや幅が大きめの長粒種のため、短粒種の一般的な米を扱う生産農家や精米業者にとって、もみすりや精米の機械を長粒種用に調整するなど手間が必要だった。
 
 ネットでリゾットやパエリアのレシピを探すと,日本産品種米 (短粒種のウルチ米) を使ったものがある.
 それでもパエリアは,パエリア鍋かフライパンを使えば何とか本来のパエリアに似たようなもの (炊飯器で作ったものはナンチャッテ・パエリアだ) が作れるが,リゾットはいけない.ナンチャッテ・リゾット以下の,まるっきりのオジヤになってしまう.
 そのため,米料理を好きな人々は,スペイン産のバレンシア米やイタリア産のカルナローリ米を通販で入手して使っている.
 しかし残念なことに,これらの輸入米を通販で購入すると高い.一キロ入りの包装で千五百円から二千円近い価格である.
 
 実は,カルナローリは国産品がある.「たけもと農場」が生産と通信販売をしている「国産カルナローリ(イタリア米) 白米1kg」である.
 私はこの米をAmazonで購入したのだが,届いた商品を見て驚いた.非常に劣悪な品質だったからである.怒り心頭で投稿したレビューの画像を下に掲載する.
20201227a
(テキストは以下の通り)
江分利万作
 クズ米
 2019年11月2日に日本でレビュー済み
 パターン: 白米 1kg
 未開封の状態で目視すると、ほとんどが割れていました。開封して大サジ一杯を取り、ルーペを使って割れていない米粒を選り分けたところ、正常な粒は四割強しかありませんでした。残りは、三分の一以下の大きさに割れた粒が多かった。日本産の品種なら家畜飼料くらいのグレードです。あと、裏面表示に「複数原料米」と書かれていますが、30年産とも表示されていますから、産地か品種が異なる米をブレンドしていることになります。この生産者はカルナローリ米の、複数栽培品種をブレンドしているのでしょうか。また、形は正常でも小粒の米が混じっています。これは未熟米ということでしょうか。それとも日本産米を混入させているのでしょうか。
 
 たけもと農場の米の問題点は,まず第一に割れ米率の異常な高さである.Amazonのレビューに《割れ米については中粒種なら、割れた米=糊化するわけですが、このお米は別に糊化しないので問題ないのだな…とは料理してから感じました。国産のほうが輸入時のポストハーベスト農薬の心配はないわけで、国産であることに充分な価値があります》と書いている人 (匿名投稿者,星4.0,表題「リゾットに最適です」,2020年10月8日) がいるが,「問題ない」わけがない.イタリアからの輸入米は,たけもと農場の商品とさして変わらぬ価格で,はるかに良い品質の米が買えるからである.また,イタリアもスペインも,輸入米から残留農薬 (ポストハーベストを含む) が検出された例は,この二十年来ない.むしろ国産米にはネオニコチノイド系農薬 (拙稿《かわいそうなミツバチ》参照) が検出されることがあり,《国産であることに充分な価値があります》は誤った認識である.
 さらに私はレビューに《裏面表示に「複数原料米」と書かれていますが、30年産とも表示されていますから、産地か品種が異なる米をブレンドしていることになります。この生産者はカルナローリ米の、複数栽培品種をブレンドしているのでしょうか。また、形は正常でも小粒の米が混じっています。これは未熟米ということでしょうか。それとも日本産米を混入させているのでしょうか》と書いたが,これは婉曲な物言いである.あからさまに言えば,この製造販売者は,日本産品種米を混入しておきながら,カルナローリと称していると考えられるのだ.裏面表示には「複数原料米」と書いてあるので,混入は承知の上であり,タチが悪い.
 
 たけもと農場のカルナローリに割れ米が異常に多いということに戻るが,どうすれば半分近くが割れ米になるのか,私は大いに疑問だった.
 それが,産経新聞の記事を読んで,得心が行った.
 産経の記事に《リゾットで使われる米は従来イタリア原産の品種「カルナローリ」が多い。だが、長さや幅が大きめの長粒種のため、短粒種の一般的な米を扱う生産農家や精米業者にとって、もみすりや精米の機械を長粒種用に調整するなど手間が必要だった》と書かれている.
 つまり,たけもと農場では精米機を《長粒種用に調整するなど手間》(ただしカルナローリは長粒種ではなく中粒種で,粒が大きい) を惜しんで,短粒米と同じ条件で精米しているのだろう.たけもと農場は多品種の米を製造販売しているから,精米機の調整なんか歩留まりを落とすし,めんどくさいのだろう.
 たけもと農場製カルナローリの商品説明ページに《たけもと農場が日本で初めて栽培に取り組んだのは2011年です。そこから日々試行錯誤を重ね、今日に至っています》とあるが,九年間も試行錯誤をしてこの有様かと,小一時間ほど膝詰めで説教してみたいと思う.
 
 さて,産経の記事が紹介している福井県の「越のリゾット」だ.
 記事が事実とすれば,たけもと農場のカルナローリよりも大幅に低価格の米になる可能性が高い.短粒種だから料理の外観は異なるだろうけれど,食感はカルナローリに似ているというから,リゾットを高いイタリア産米で作って食べている人には朗報かも知れない.もちろん割れ米ばかりの,たけもと農場製ナンチャッテ・カルナローリを買う意味はなくなる.

|

大暗愚宰相

 ハーバー・ビジネス・オンライン《連発された見当違いの回答。TBS『news23』の菅首相インタビューを信号無視話法分析してみた》[掲載日 2020年12月26日 8:32] は非常に重大な内容の報道である.
 
ノーカット放送された約21分間のインタビュー映像の衝撃
 2020年12月21日、TBS系列「news23」に菅義偉総理が出演。番組のアンカーである星浩氏、メインキャスターの小川彩佳氏の2名が約21分間にわたって菅総理に単独インタビューし、新型コロナウイルス対応を中心に、桜を見る会、日本学術会議の任命拒否などの問題を幅広く質問した。このインタビューは当日17時台に事前収録されたものだが、23時からの放送ではノーカットで放送され、大きな注目を集めた。これまでテレビで放送されてきた菅総理の国会やグループインタビューにおける受け答えは、あたかも質問に回答できているかのように編集された映像が大半であったが、今回は約21分間にわたる質疑がノーカットで放送されてしまったため、総理の回答はことごとく質問とズレるという事実が露呈したからだ。
(中略) 
以上が、新型コロナウイルス対応を中心に問われた、インタビュー開始から約13分間の12問のやり取りだ。菅総理は本当に質問を理解できないのか、用意された原稿の内容の中で答えるつもりしかないのか真意は図りかねるが、質問と回答が全く噛み合っていない質疑が大半を占めている。
 
 私はこのブログで菅首相を「大暗愚宰相」と呼んでいる.この人物は,国会における答弁のみならずメディアが発する質問にもまともに答えたことがないと思うからである.
 上に引用した記事では《菅総理は本当に質問を理解できないのか、用意された原稿の内容の中で答えるつもりしかないのか真意は図りかねる》と書かれているが,官房長官の時から一貫して見当違いの質疑応答を行ってきており,これはもうどう見ても《質問を理解できない》のだとしか思われぬ.
 尾身会長を始めとする対策分科会の先生たちがいくら「人の移動は感染を拡大する」とエビデンスを示して政府に提言しても,大暗愚宰相菅義偉は「人の移動が感染を拡大するエビデンスはないと専門家から報告を受けている」と言い続けている.この事実こそ,菅が耳から聴いたことを理解できないことの証左である.聴いたことを無視しているのではない.聞き間違いだということを理解できないのだ.だから認識の修正もできない.これはもしかすると医師の診断を要するレベルなのかも知れない.だとすると私たち国民は暗然とせざるを得ない.

|

2020年12月26日 (土)

不可思議なアビガンの臨床試験

 新型コロナウイルス感染症に効果があるのではないかとされた治療薬候補の一つにアビガンがある.
 アビガン (=ファビピラビル;アビガンは商品名) は富山大学医学部・白木公康教授と富士フイルムホールディングス傘下の富山化学工業 (現:富士フイルム富山化学) が共同研究で開発した抗インフルエンザウイルス薬である.2014年 (平成26年) 3月に富山化学工業が日本での製造販売承認を取得したものの,動物実験で胎児に対する催奇形性の可能性が指摘されたことから,緊急の場合のみ製造可能という条件がついた.新型のインフルエンザが流行した場合に備えて備蓄はされてきたが,実際には使用されたことはなかった.
 しかし新型コロナウイルス感染症に有効なのではないかとの観測があったことから,厚労省の承認を待たずに新型コロナウイルス感染症患者に投与が開始された.
 安倍前首相がどういうわけかアビガンがお気に入りで,治験を急げとハッパをかけたことでも知られる.
 医療現場での使用が先行したが,治験も進められた.Wikipedia【ファビピラビル】から下に要約する.
・5月26日に発表された藤田医科大学の「【中間報告】ファビピラビル観察研究中間報告(2020年5月15日現在)」によれば,アビガンの投与を受けた軽症患者の87.8%に症状改善が認められたものの,アビガンを投与された患者を観察した結果であって対照を用いた比較試験ではないこと,そもそも発症者の8割は軽症のまま治ることから,有効との結論は控えられた.
・7月10日,特定臨床研究「SARS-CoV2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験」(註;医薬品や治療法の臨床試験のなかでも,製薬企業等から研究資金等の提供を受け,医薬品等を用いる臨床研究や,未承認・適用外の医薬品等を用いる臨床研究を特定臨床研究と呼ぶ;特定臨床研究は臨床研究法に基づいて認定臨床研究審査委員会及び厚生労働省に必要事項の報告・確認が義務付けられている) の最終結果の暫定的な解析が報告された.この試験では,アビガンに統計学的に有意な効果は認められなかった.
・9月23日,新型コロナウイルス感染症患者を対象としたアビガンの国内臨床第Ⅲ相試験結果が富士フイルムホールディングスのニュースリリースで報告された.
 156例を解析対象とした主要評価項目(症状(体温、酸素飽和度、胸部画像)の軽快かつウイルスの陰性化までの時間)の中央値は,アビガン投与群で11.9日,プラセボ投与群では14.7日となり,非重篤な肺炎を有するCOVID-19患者にアビガンを投与することで早期に症状を改善することを統計学的有意差(p値=0.0136)をもって確認した.
・10月16日に富士フイルムホールディングスが,抗インフルエンザウイルス薬「アビガン®錠」について富士フイルム富山化学株式会社が新型コロナウイルス感染症に係る効能・効果などを追加する製造販売承認事項一部変更承認申請を厚生労働省に行ったことを発表した.
 
 上記,富士フイルム富山化学株式会社が新型コロナウイルス感染症に係る効能・効果などを追加する製造販売承認事項一部変更承認申請を厚生労働省に行った結果を,朝日新聞デジタル《アビガン、コロナへの有効性は「判断困難」 承認難航か》[掲載日 2020年12月20日 20:28] が報道した.以下に一部引用する.
 
抗インフルエンザ薬「アビガン(一般名ファビピラビル)」を新型コロナウイルスの治療薬と認め、製造販売していいかどうかを審議する21日の厚生労働省の部会に、薬の有効性について「明確に判断することは困難と考える」と指摘する審査報告書が提出されることが分かった。複数の政府関係者は、「承認審査は難航する可能性がある」などとしている。
 報告書は、医薬品の審査を担う独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」(PMDA)がまとめたもの。
 その中では、承認を申請した富士フイルム富山化学の臨床試験(治験)の結果について「統計学的に有意な差が認められたとの結果を否定することはできない」としつつも、医師側がどの人がアビガンを飲んでいるかを知っている「単盲検」の手法で実施したことなどを挙げ、「得られた結果の臨床的意義に疑義が残る」として、判断が困難だとした。》(文字の着色強調は当ブログの筆者が行った)
 
 この朝日の記事によれば,アビガンの治験は単盲検で実施されたという.
 単盲検について Wikipedia【二重盲検】から引用する.

行為の性質を対象である人間(患者)から見て不明にして行う試験・研究の方法を、単盲検法という。これにより真の薬効をプラセボ効果(偽薬であってもそれを薬として期待することで効果が現れる)と区別することを期待する。しかしこの方法では観察者(医師)には区別がつくので、観察者が無意識であっても薬効を実際より高くまたは低く評価する可能性(観察者バイアス)や、患者に薬効があるかどうかのヒントを無意識的に与えてしまう可能性が排除できない。そこでこれをも防ぐために、観察者からもその性質を不明にする方法が二重盲検法である。
 
 治験を単盲検で実施した場合,承認されない可能性が高いことを,富山化学は承知していたと考えられる.
 ましてやアビガンは催奇形性があるため,厚労省としては承認したくないはずだと,専門家たちは以前からコメントしていた.
 それなのになぜ富山化学は単盲検で治験を行ったのか.
 非常に理解に苦しむところであるが,元々富山化学としては承認を期待していなかった (というよりむしろ承認して欲しくなかった) のだと考えれば,腑に落ちる話である.
「アビガンは新型コロナウイルス感染症に効くかも知れない」という初期段階から,当時の安倍首相は,声高にアビガンを持ち上げた.
 その妙な入れ込み様を,メディアも不審な目で報道していた.つまりアビガンは医学的な扱いよりも先に,安倍案件と化してしまったのである.
 今はもう安倍は新型コロナウイルス感染症とは無関係である.とすれば,富山化学も厚労省も,これ以上アビガンに関与する必要がなくなったのである.富山化学は,一応治験はやりましたという形を整え,厚労省は試験方法に問題があるとして承認を見送る.これが,アビガン承認見送りの裏側だろう.
 
[追記] 最終報道;TBSテレビ《「アビガン」の承認見送り、厚労省の審議会》[掲載日 2020年12月21日 23:35]


|

売家と唐様で書く三代目

 毎日新聞《河野担当相「ガースーと言って何か問題あるのか」 批判に「揚げ足取り」と反論》[掲載日 2020年12月25日 17:58] から下に一部引用する.
 
河野太郎行政改革担当相は25日、日本記者クラブで記者会見し、菅義偉首相がインターネット番組で「ガースーです」と愛称で自己紹介して批判されたことについて、「ネットでガースーと言われているから『ガースーです』と言って何か問題があるのか」と述べて首相を擁護した。
 河野氏は「私が『ノーコーです』と自己紹介して何かおかしなことがあるとは全く思っていない。揚げ足取りに近いことは、あまり気にする必要はない」と指摘した。
 
 テレビでもさんざん動画が放送されたから周知のことだが,デイリー《菅総理「こんにちは、ガースーです」 ニコ生番組でびっくりあいさつ、馬場アナ爆笑》[掲載日 2020年12月11 15:14:] から,ニコ生の放送冒頭を下に引用する.
 
長年、菅総理を取材している鈴木氏は「お久しぶりです」とあいさつ。菅総理も「そうですね」とにこやかに答えた。そして「今日は生の声、沢山拾っているので答えて頂きたいが、まずは番組をご覧の皆さんにメッセージを」と促された菅総理は「みなさん、こんにちは」と言ったあと「ガースーです」と言いだし、馬場アナも鈴木氏も思わず爆笑。
 鈴木氏は「それだけ?」と驚くと菅総理は「どれだけいっていいのか分からない」と苦笑。鈴木氏が「どうぞどうぞ」と先を促したが、「大丈夫です」と笑ってあいさつを切り上げ、本題に入っていった。
 
 聞き手の鈴木哲夫氏は暗愚宰相菅義偉に,首相としての国民へのメッセージを求めたのであるが,何を思ったか菅は《ガースーです》とあさっての方を向いた発言をした.自己紹介してくれと言ったつもりのない鈴木氏は驚いて,再度「それだけ?」とメッセージを促したのだが,菅は《どれだけいっていいのか分からない》とメッセージを拒否した.さらに鈴木氏が《どうぞどうぞ》とメッセージを要請すると,菅は《大丈夫です》(何が大丈夫なんだか,まるで日本語になっていない幼児語だ) と二度にわたってメッセージを拒否した.これがガースー事件の顛末である.この経緯は鈴木氏がテレビで自ら説明した.
 上に引用した毎日新聞の記事には《愛称で自己紹介して批判された》とあるが,これは正しくない.正しくは「国民へのメッセージを求められたのにも関わらず,それを無視して愛称で自己紹介し」たから,メディアの集中批判を浴びたのである.
 しかもその阿呆な「自己紹介」の際にヘラヘラと笑っていた.この生放送を見ていた国民は,菅のヘラヘラ笑いにカチンときた.
 菅の《ガースーです》が批判された理由は,国民へのメッセージを拒否したことである.それはテレビでもネットでも多くの人が指摘したことだ.(間違いなく菅は,予め質問内容がわかっていないと答えられない.突然にメッセージをと言われても,能力的にできないのだ.国会でも記者会見でもメモを読み上げるに終始しているのはそのせいである)
 
 しかるに河野大臣は,メディアによる批判をまるで無視して《私が『ノーコーです』と自己紹介して何かおかしなことがあるとは全く思っていない》と,国民が聞いたら情けなくて落涙するようなことを言った.
 インタビューの聞き手が河野に「行政改革について大臣からのメッセージをどうぞ」と要請したのに対して「ノーコーです」と答えたら,聞き手は驚くだろう.そして「それだけ?」と再度メッセージを求めたのに「大丈夫です」と拒否したら,菅と同じように批判されるに違いない.
 河野大臣は,そのことを全く理解していないのか,あるいは意図的に「ガースー」事件を歪曲しているのか.おそらく前者だ.
 河野大臣の祖父,父は,共に保守政界の重鎮であったが,三代目ともなると,知的能力に首を傾げざるを得ない.唐様で書く,とはこのことだ.

|

2020年12月25日 (金)

昭和のカレー会食

 スポーツニッポン《大竹まこと ステーキ会食の菅首相チクリ「あの会食に阿佐ヶ谷姉妹の弁当を見せてやりたかった」》[掲載日 2020年12月23日 19:45] から一部引用する.

壇蜜(40)が「ささやかだからホッとするんですよ。ステーキだからダメだったんじゃないですか?麦ご飯と黄色いたくあんだったら、みんな何も言わなかったんじゃないですか?」と、菅義偉首相のステーキ会食の話題を唐突に持ち出した。
 すると大竹は、21日の放送で月曜パートナーの阿佐ヶ谷姉妹が持って来た弁当の具材を紹介。玄米ご飯にゆで卵1個、味付けにのりたまをかける、質素すぎるものだったという。「あの(菅首相の)会食に、おととい阿佐ヶ谷姉妹が持って来た弁当を見せてやりたかったよ」とポツリ。
 
 檀さんの《ステーキだからダメだったんじゃないですか?》はちょっと違うと思う.
 政府が国民に要求していることと,首相のやることが全く異なる (マスク,会食人数 etc.) という,政治家の言行不一致が,国民の反感を買ったのだと思う.一人六万円という会食代に対する反感はその次のことだろう.
 昔から自民党の政治家は料亭での密談が政治手法で,飲食交際費が潤沢ではない野党議員から「料亭政治家」と非難された.
 池上彰によると,今はもう料亭での密談スタイルは廃れて,専らホテルでの会食が舞台となっているそうだが,一日三食を会食するどころか,夜は会食のハシゴをする菅義偉は,会食政治家と呼んでいいかも知れない.
 
 しかし保守党政治家がみんな料亭政治家だったかというと,三木武夫や池田勇人は違ったのではないか.
 特に池田勇人は,今でいうビジネスランチの先駆けで,首相官邸でカレー・ライスを食べながら政財界の要人と会談をしたといわれている.
 私もテレビのニュースで,池田勇人が官邸で会食するシーンを何度か見た記憶がある.ゴルフ場や料亭での密談を嫌った池田が工夫した政治手法だったのだろう.今の菅とは対極にある姿勢だ.
 ところで,池田勇人が食べたカレーだが,凡そどんなレシピだったか,調べてもよくわからない.
 池田の首相在任期間は私が小学校から中学校時代にわたるのだが,当時のテレビニュースや新聞記事の遠い記憶では,池田が好んだのは首相官邸食堂のカレーだったと思う.
 首相官邸の食堂と聞くと社食みたいな印象を受けるが,さにあらず.
 食堂は「大食堂」と「小食堂」の二つ (*註) があり,首相が食事を摂るのは小食堂だという.調理は「総理官邸調理室」が行う.献立は,首相の好みに合わせて,この部署が作成する.池田勇人の場合はお気に入りの特別献立がカレー・ライスだったというわけだが,当時から首相が食べているのは特別なカレーであるとテレビは言っていた.しかしそれにしても,贅を尽くしてもカレーはカレーなので,菅義偉の六万円ステーキ・コースに比較すれば非常に質素な食事だったろう.
 池田勇人は日本史に足跡を刻んだ政治家であったが,菅はすぐに忘れ去られるだろう.国民の血税で豪華な飯を食える今のうちに,せいぜい美食を楽しんでおけばいい.
 
[註] 官邸の食堂は単なるレストランではなく,各国首脳会談や党首会談などが行われる会議施設でもある.

|

2020年12月24日 (木)

イブにはケーキを

 藤沢駅の「藤沢ルミネ」ビルに「葦」というケーキ屋がある.
 今年の春ごろの話だが,ある日,葦で「モンブラン」を買い求めた.
 帰宅して,お茶を淹れてモンブランを食べたのだが,後頭部をズンと殴られて気を失ったような気がするほど甘かった.
 半年分の甘味を味わったと思った.
 それから半年後,また洋菓子が食べたくなったので,葦に行ってみた.藤沢には他にもグルメサイトで評判のいい洋菓子店はあるのだが,駅からかなり遠かったりする.その点,葦は駅ビルの中にあるのでついここで買ってしまうのである.
 で,私は店員の娘さんに訊いてみた.
 
「割と甘くないケーキって,どんなのがありますか?」
「はあ…ケーキって甘いんですよね」
「あぁ,そうでしょうね…まえにモンブランを買ったらすごく甘くて食べきれなかったんです」
「どのモンブランですか,甘いのと,そんなに甘くないのの二種類あるんですけど…」
 
 そこで私はガラスのショーケースの中の見覚えあるモンブランを指さした.すると彼女はにっこり微笑んでこう言った.
 
「あ,それは甘くないほうのモンブランです」
 
 あまり甘くないモンブランでも気を失うほどだとすると,モンブランはやめたほうがよさそうである.
 
「じゃモンブランはやめにして…チョコレートケーキにしようかなー」
「チョコレートケーキは,甘いモンブランより,もっと甘いです!」
「うう…んじゃ,今日は買うのやめにします」
「はーい」 

 コンビニのスイーツって,あまり甘くないような気がする.ファミマで買うことにしよう.

|

2020年12月23日 (水)

不安定な知事たち

 沖縄タイムス《「GoTo停止で県経済に影響」デニー沖縄知事、国に対策を要望》[掲載日 2020年12月21日 7:37] から下に引用する.
 
沖縄県の玉城デニー知事は20日、全国知事会のオンライン会議で、国の観光支援事業「Go To トラベル」の一時停止で県経済が影響を受けているとして、経済対策の拡充を国に求めるよう要望した。知事は「宿泊業をはじめとしたさまざまな業種への影響を危惧している」と訴え、国によるキャンセル料の補償率引き上げや、補償対象とならない産業への支援などを求めた。
 補償率について「経済界からは100%補償を望む声もある」と強調した。
 
 菅首相が Go To トラベルを年末年始に一時停止すると発表したあと,上の記事にあるように全国知事会が開かれた.
 少し前のテレビの報道を見た限りでは「各地の知事たちは Go To トラベルに反対している」のだと思っていた私は驚いた.トラベル一時停止は菅首相の独断だとの批判が一斉に沸き上がったらしいからである.
 TBSニュース《全国知事会「混乱も・・・」GoToで緊急提言》から一部を引用する.
 
「全国地域を一切問わずに、一律停止という方針が示された。現場では大混乱を引き起こしている」(石川県・谷本正憲知事)
 「(GoToトラベルの)再開にあたっては、地域の実情を踏まえた機動的な対応をしてほしい」(福岡県・小川洋知事)
 
 石川県の谷本正憲知事は三月,東京で感染が拡大して小池知事が都民に外出自粛を要請すると,能天気に「無症状の人は東京からお越しください」と県内への観光旅行を都民に呼びかけた.無症状の感染者は他の人に感染させないと思い込んでいたらしい.ところがこの無知極まりない発言が県民から批判されると,一転して石川県への観光を控えて欲しいと都民にアピールしてヒンシュクをかった.
 そしてまた今回の Go To トラベルが一時停止に対しては《現場では大混乱を引き起こしている》と政府を批判している.あっちへフラフラ,こっちへフラフラと,腰が定まらないこの人の言動を見ていると哀れを催す.メディアにいくら批判されても一貫して Go To トラベル推進派である河村たかし名古屋市長にしてみれば,こういう右顧左眄の首長は苦々しい限りだろう.
 
 全国知事会では,冒頭に沖縄タイムスから引用した玉城デニー沖縄県知事の発言も注目された.
 たしか玉城知事は,ある時は,県外から新型コロナウイルスが持ち込まれるのを恐れる県民感情を逆なでして沖縄観光をアピールしたかと思えば,またある日には,県内での感染者拡大は政府の観光支援策「Go To トラベル」が一因だったとも述べた.(沖縄タイムス《沖縄のコロナ拡大「GoToも一因」と玉城知事 旅行者に体調管理を呼び掛け》[掲載日 2020年8月24日 14:06])
 発言が不安定な玉城知事は「どっちなんだ」と沖縄タイムスに書かれる始末だった. (沖縄タイムス《「観光客に来てほしいの? ほしくないの?」沖縄知事にTV番組で質問》[掲載日 2020年8月27日 9:36])
 玉城知事は今回どっちに振れるのかと注目していたのだが,Go To トラベルの一時停止を批判するのではなく,Go To トラベルに代わる経済支援をしてくれという要請を明らかにした.観光業だけでなく,県経済全般に対する支援である.
 沖縄県の感染状況はジワジワと悪化し,累計感染者は遂に五千人を超えた.この状況では,Go To トラベルの早期再開を主張したくても,そういうわけにはいかないだろう.玉城知事の発言不安定は続きそうである.
 

|

かわいそうなパピヨン

 FNNプライムオンライン《「許せない」愛犬が散歩中に蹴飛ばされ即死…飼い主が語った当時の状況と立ち去った47歳の男》[掲載日 2020年12月22日 12:07] から抜粋引用する.
 
事件は12月12日、多くの人が散歩する埼玉県川口市の河川敷で起きた。
 近所に住む70代の男性が小型犬パピヨン(12歳メス)を散歩させていたところ、ランニングをしていた47歳の男が、突然パピヨンを蹴りあげた。
 その後、男はそのまま現場から立ち去っていた。
 飼い主の男性はパピヨンをすぐに病院に連れて行ったが、首の骨は骨折し、耳から血を流す状態で即死だった。
 
現場となった河川敷には防犯カメラなどあまりない場所だったが、警察は目撃情報などから立ち去った男を特定、男は普段からこの河川敷周辺をランニングしている男だった。
 警察はその後の捜査で男を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。
 
(飼い主の証言)
殺された犬は小型犬のパピヨンで12歳のメスだった。私たちはパピヨンから名前を考え、「パピーちゃん」と名付けて呼んでいた。手のひらに乗るような小さい時から家族の一員になり、殺される日までずっと一緒に過ごしてきた。事件後、家族全員が落胆していて、犯人に対しては非常に許せない気持ちだ。
 パピヨンは非常に利口な犬なので散歩の際に放していても遠くにいかないし、近くにいるような犬で、リードをしていなくても人に危害を加えるような犬ではないが、散歩をする際のルール的にはリードはしていないといけないのはわかっているのですが、あの時は放して散歩していた。そこに、ランニングしている男がやってきて「リードを付けろ」と言うので、「わかりました」と言ってリードを付けるために後ろを振り向いた途端に愛犬を蹴飛ばされた。
 私もリードを「付けないよ」と言ったわけではなく「わかったよ、リードを付けるよ」と言ったのにも関わらず蹴飛ばしてきた。
 
 コロナ禍のせいだろうか,凶暴性を抑制できない男たちが増えているという.
 あちこちのスーパーのレジで店員に暴言を浴びせたり,酷いのになるとレジの遮蔽カーテンを破壊するやつもいて,防犯カメラに撮られた動画がテレビニュースで報道されたりしている.
 上に引用した記事のランニング男も,その種の凶暴漢だろう.
 
 動物愛護法 (動物の愛護及び管理に関する法律) はザル法で,動物虐待は日常茶飯の光景だ.犬を飼う者は多いが,犬を愛する飼い主はそれよりも少ない.上に引用した記事に出てくるパピヨンの飼い主も,飼い犬に対する愛情が一かけらもない言語道断のひとでなしだ.
 犬と散歩するときは必ずリードを着けるのが,犬の安全を守るために必要な飼い主の最低限の心得だが,これを知っていながら心得を無視して実行しない馬鹿飼い主が,五人に一人くらいはいる.かなりの割合だ.
 リードを着けずに犬を散歩させる極悪飼い主は,他人に《リードを付けろ》と言われると必ず《わかったよ、リードを付けるよ》と言い,その他人が遠くに離れて見えなくなると,再び犬からリードを外すのがお約束である.
 この手の馬鹿野郎がなぜ犬からリードを外すのかというと,犬が遠くに走って行ってそこで糞をしてくれると,糞の始末をせずに済んで楽だからである.長年そのような連中を見てきたが,きっとそうだ.間違いない.
 こいつらは,だが他の人に「なぜ犬にリードを着けないの?」と訊かれると「犬は本来,自由に走る動物だから,自由に走らせてあげたい」とか,信じがたいことに「リードを着けるなんて虐待だ!」と,もっともらしいことを言うだろう.そして飼い犬が小さな子供に噛みついたら (リードを嫌う飼い主に共通しているのは,犬に躾をするのが嫌いということだ) 「なんで小さな子供を一人で遊ばせているんだ! リードを着けろ!」と怒るだろう.
 うちの近所に秋田犬を飼っている夫婦がいて,夫婦はいつもその秋田犬をノーリードで連れて散歩している.
 ある日,小型犬を連れて散歩していた人とすれ違いざま,秋田犬は小型犬に噛みついた.即死だった.
 秋田犬夫婦の女は,茫然としている小型犬の飼い主に,「おいくら払えばいいかしら?」と言った.目撃した人からそう聞いた.
 躾の悪い人間は,飼い犬を躾けないのだ.
 
 FNNプライムオンラインの記事は取材が大甘の手抜きだ.つまり凶漢に殺されたパピヨンの飼い主についてもっとよく調べるべきだった.
 近所の人の評判を聞いてみれば,そいつが自己中の迷惑馬鹿野郎であるとわかったはずだ.リードなしで犬を散歩させるやつは間違いなく近所の嫌われ者である.
 (--;)ウチノキンジョニモイル
 嫌われ者は,米国大統領選についてはトランプと共和党を支持し,参院選挙ではN国党の立花に投票し,好きな有名人は餃子屋潰しのホリエモンだ.いつもマスクをしないでスーパーに行き,店員にマスク着用を要請されると「マスクは人間の自由を奪うものだ」と激昂する.
ヾ(--;)ホントカイナ
 こんなやつに十二年間,散歩のときは必ずリードを着けるという躾をされず (*註1) に飼われた挙句,凶暴男に蹴り殺されたパピヨンが哀れでならない.
 
 ところで件の凶暴男だが,警察がきちんと送検し,裁判が行われて懲役刑 (*註2) に処されることを,愛犬家である私は切に望む.本来なら懲役五年にして欲しいが,殺された犬の飼い主が凶暴男と同程度にサイテーなので,罪一等を減じて懲役三年が相当だと考える.
 しかし裁判所は間違いなく少額の罰金刑を言い渡すだろう.この手の事件で加害者が実刑を受けた例を,私は寡聞にして知らない.
 それどころか犬殺し男も自己中飼い主もサイテー野郎なので,警察は送検しないかも知れない.そしてお互いなかったことにしようやシャンシャンという具合に示談で決着するかも知れない.
 かくも我が国の動物愛護法は飾り物に過ぎないのが実情である.
 
(*註1)
 犬の場合は,躾といっても人間みたいに「人様の物に手を出してはいけない」とか「嘘をついてはいけない」という禁止事項を教えるのではなく,まず最初に「トイレはここでしなさい」「散歩に行くときはリードを着けなさい」をほめながら教える.芸は躾が済んでからでよい.
 テレビに出ていた犬だが,散歩に行きたいときは,自分でリードを口にくわえて持ってくるように躾られていた.理想的な躾だ.
 私の老愛犬はそれほどおリコウではないが,私がリードを持つと,首を伸ばしてリードを着けやすい姿勢をとる.ま,これは普通だ.
 
(*註2)
 愛護動物の殺傷の罰則は五年以下の懲役または五百万円以下の罰金である.

|

2020年12月22日 (火)

下調べもしないで記事を書くな

 AERAdot.《「日本でも集団免疫あると言っていい」と見る専門家 抗体なくても免疫が有効に働いた例も》[掲載日 2020年12月21日 8:02] から冒頭の箇所を下に引用する.
 
(1)《人口の3分の2以上が感染すれば、それ以上の拡大を抑えられる「集団免疫」。日本でもすでにあると言う専門家がいる。一体どういうことなのか。AERA 2020年12月21日号は、免疫学の権威に聞いた。
 
(2)《集団免疫とは何か、改めて考えてみよう。順天堂大学医学部の奥村康特任教授(78)は「日本でも集団免疫は既にあると言っていいんです」と指摘する。奥村教授は免疫機能の最前線を守るNK(ナチュラルキラー)細胞の武器であるパーフォリン遺伝子を発見した免疫学の権威だ。
 奥村教授は、ウイルスと戦う免疫機能の役割について、常に前線をパトロールするNK細胞を「警察官」、その後に控えるT細胞(リンパ球の一種)を「地上軍」、感染やワクチン接種で身につける抗体を「ミサイル」に例えると分かりやすいという。特定のウイルスをピンポイント攻撃するミサイルだけでなく、警察官と地上軍の働きも重要なのだ。
 
 まず(1)について.
人口の3分の2以上が感染すれば、それ以上の拡大を抑えられる「集団免疫」》は,これを書いた大平誠というAERAの記者が,集団免疫について,初歩的解説が書かれているWikipediaを読む気力もない大馬鹿者であることを示している.
 まずWikipedia【集団免疫】の「数理モデル」から一部を引用する.
 
病気に対して免疫を持つ人は病気の拡大の障壁として機能し、他人への伝染を低下させたり防いだりする。個人の免疫は自然感染や予防接種などの人為的手段によって獲得される。免疫を持つ人の割合が集団免疫閾値(herd immunity threshold、HIT)または集団免疫レベル(herd immunity level、HIL)と呼ばれる臨界比率に達すると、病気は集団内に維持されなくなり、病気の蔓延は終息する。
 
 大平記者は《人口の3分の2以上が感染すれば、それ以上の拡大を抑えられる》と書いているが,これがもうスットコドッコイの阿呆なのである.どこから「3分の2以上」が出てきたのか明らかにしろと膝詰めで小一時間説教したい気がする.
20201222a
 上の表はWikipedia【集団免疫】から引用したものであるが,HIT欄を見れば明らかなように,「ある集団において免疫を持つ人の割合がどれくらいになれば病気の蔓延が収束するか」は,感染症によって異なる.すなわち,いまだ感染拡大の過程にある新型コロナウイルス感染症について,どれくらいの人たちが感染すれば集団免疫が獲得できるかは,推定は可能だが正確なところは未知である.こんなことは気の利いた理系の学生ならみんなが知っている.大平誠は聞くまでもなく学生時代は勉強嫌いだったろうから,資料も読まずに平気でこんな記事を書くのだ.AERAは立派な記者をお持ちである.
 次に(2).
 一般に集団免疫の概念は,獲得免疫を自明の前提としている.奥村康先生はNK細胞 (ナチュラルキラー細胞;自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種) からT細胞 (獲得免疫に関与する細胞で細胞性免疫応答をする) までの免疫をひっくるめて《日本でも集団免疫は既にあると言っていい》と述べているが,ヒトが先天的に持っているNK細胞を,集団免疫の議論に持ち込むのは誤りである.なぜなら,集団免疫は,集団の中で「免疫を持っている人」が「免疫を持っていない人」を感染から保護する仕組みを説明するアイデアだからである.すべてのヒトが備えている自然免疫 (=集団の全員が免疫を既に持っている) を議論から排除しないと,そもそも集団免疫の概念が成立しない.
 奥村先生の話が支離滅裂に見えるのは,ひとえに聞き手の大平記者がスットコドッコイだからである.きっと先生は小学生レベルの大平記者に懇切に解説してくださったのだろうと想像されるが,残念ながら聞き手が小学生レベルだった.
 何の知識もなく下調べもせずに斯界の権威に突撃インタビューをすると,聞き間違いをしてこんな記事になる.AERAはよい人材をお持ちである.

|

2020年12月21日 (月)

リアリティのないCМは商品の信憑性を損なう

 壮年性脱毛症における発毛,育毛に有効とされている第一類医薬品「リアップ」(ミノキシジルを5%配合した「リアップX5」は2009年発売) の最近のテレビCМを見て,呆れた.
 まず大正製薬の公式CМ動画《水谷豊さん出演 リアップX5プラスネオCM「ビリヤード」篇 30秒》を見て頂きたい.
 出演俳優の一人が,水谷豊の前に球を撞く.
 
20201222c
 
 画像に描き入れた赤い矢印を見て頂きたい.キューの先端が玉に当たったと同時に左手を台から離して上に上げてしまっている.これは,ビリヤードを一度もしたことがない者が,誰からも手ほどきを受けずに,生まれて初めて球を撞いた時にこうなる.もちろんこんな撞き方では玉に当たるわけがなく,カッシャンという情けない音を立てて玉はあさっての方向に行く.CМ動画ではうまく当たったことになっているが,それは別撮りした映像を合成したものだ.
 私は団塊の世代の最後尾の人間で,大学四年生の時 (昭和四十六年) にビリヤードを覚えた.その当時,インドア派の青年たちには結構ビリヤードは人気があった.だからこのリアップのCМをテレビで見た今の高齢者の多くは「デタラメやってんじゃないよ」と思ったはずだ.
 次は主演の水谷豊.
 
20201222d
 
 動画を見たほうがわかりやすいが,水谷豊のジャンプショットは,キューの先端 (赤い矢印) が玉に当たった瞬間に左手 (黄色い矢印;スタンディング・ブリッジという) を支点にしてキューの先端が弧を描いて動き,その結果,玉 (緑の矢印) を上に掬い上げている.だが実はこれは反則 (ファール) なのである. 対戦相手に「それってファールですよ」と言われると非常にみっともない.
 水谷豊も,ビリヤードをやったことがないのは明らかだ.撮影のために,見た目に格好よく玉がはね上がる撞き方 (ジャンプショットという) をしたのはいいが,水谷は掬いあげるようにしてジャンプショットを撞くのが反則だということを知らなかったと思われる.ジャンプショットには正しい (ファールでない) やり方がある (下の追記参照) のだ.というか,ビリヤードを知らない水谷にジャンプショットを演技させたCМ制作会社の連中がスットコドッコイである.CМ撮影スタッフ自身がビリヤードをやったこともないくせに,俳優たちにビリヤードをさせるのが大間違いだ.
 企業のCМは大切である.大正製薬は,こんなインチキ制作会社にリアリティのないCМを作らせて,どういうつもりだろう.CМが嘘だと商品もインチキくさくなるのに.
 私はリアップのユーザーではないので,リアップにリアリティがあろうとなかろうと,どうでもいいが,このCМのおかげで水谷豊は恥をかかされたわけで,お気の毒である.
 
[追記] 正しいジャンプショットの撞き方は,動画を見るのがよい.お勧めは《Billiards tips: How to jump a pool ball with Jeanette Lee
ただしこの動画は,ジャネットさんのセクシーな服のせいで,ショットよりもそっち方面に目が行ってしまいがちなので気を付けて欲しい.

|

2020年12月20日 (日)

見てきたような嘘

 ごく最近の話だが,あるタレントが「ピザとピッツァは全然違うものなんだ」と主張していた.
 驚いて調べてみたら,この俗説はかなり広まっているようだ.
 多くの人が知っているように,ピザもピッツァも同じ食べ物で,ただ単に色んなバリエイションがあるに過ぎない.
 生地を薄く延ばしてフチをカリカリに焼いたのもあるし,生地を厚めにしてパンのようにフワっとした食感のもある.大きさも各種あるし,街角の小さな店でテイクアウトすることもあるし,レストランでナイフとフォークを使って食べることもある.
 これらはみんなスタイルの違いがあるに過ぎない.日本の「ご当地ラーメン」みたいなものだ.
 
 ネットには,ピザはアメリカ英語でピッツァはイタリア語だと解説している人がいる.どっちも日本語だよ.w
 英語でもイタリア語でも綴りは pizza だ.イタリア語がそのまま英語化したのである.
 発音も英伊で似ている.イタリア人の発音は [pittsa](アクセントはpにある) で,日本人にはピッツァと聞こえる.これに対してアメリカ人の発音は [pitsə](アクセントはpにある) であるが,日本人には同じくピッツァと聞こえる.
 ところがおもしろいことにフランス人の発音は,日本人にはピザと聞こえる.外国語の発音を集めたサイトで,世界各国語で pizza をどのように言うか,聞き比べてみると楽しい.
「フォンターナ」というピザ専門店のブログに《イタリア料理のピザ、ピザは英語?イタリア語?~イタリア料理のピザ、万国共通でピザと言っているけれど、アメリカやイギリスでもピザで良いの?》という長たらしい題のコンテンツがあり,《Pizzaは、イタリア語で「ピッツア」と読みます。英語でピザと読みます》と書かれている.もうこの時点で妄想サイトであることが明白だが,書いてある中身も見てきたような嘘である.
 冒頭に書いた「あるタレント」はこの手の嘘サイトを読んで騙されたのだろう.自分にとって新しい知識だと思ったら,まずはフェイクかも知れぬと疑って,たくさんの情報を集めてウラを取ってみればよかったのに.

|

有言不実行の人たち

 共同通信《閣僚のオンライン提出たった1人 19年収支報告、デジタルに遅れ》[掲載日 2020年12月19日 10:00] から一部引用する.
 
菅義偉内閣の閣僚の資金管理団体と、閣僚が代表を務める政党支部の2019年分政治資金収支報告書を共同通信が調べたところ、国が推奨している総務省のオンラインシステムを利用して報告書を提出していたのが萩生田光一文部科学相1人だったことが19日、分かった。閣僚のスタッフ側は「システムに慣れていない」などと説明。菅内閣はデジタル化を政策の柱とするが、取り組みが遅れている現状が浮き彫りになった。
 総務省によると、同省が管轄する約700の「国会議員関係団体」のうち、システムを使って報告書を提出したのは約2・3%にとどまり、システム自体の有効性も問われそうだ。
 
 菅首相は《デジタル化を政策の柱とする》と言ったが,菅首相に理解できる「デジタル」とは携帯電話料金の値下げのことだけだ.それ以外のことは全く語ったことがない.
 
 NTTグループは,まずNTTドコモの上場を廃止し,ドコモの事業にグループを統合していくと発表した.
 これは,値下げのことしか理解できない菅首相に対するNTTグループからの回答である.料金を値下げするためにはこれしか方法がない.そしておそらく他社は,政府の値下げ要求に対応できずに市場から撤退していくだろう.生き残るのはNTTだけであり,大昔の状態に逆戻りするわけだ.
 生き残るとはいえNTTは,菅に収益源を奪われ,もはや5Gに対応していく力はないと言われている.
 ITmedia Mobile《NTTグループ32万人の命運を握る「ドコモ値下げ」――国際競争力強化を狙うなら「ドコモを親会社」にすべき》[掲載日 2020年10月09日 10:00] から下に一部を引用する.
 
一つ気になるのが、NTTドコモが本当に値下げを実現した時、NTTグループに大きな影響は出ないのかという点だ。
 澤田社長は「完全子会社化によってNTTドコモの経営基盤が安定することで、値下げが実現できる」という。
 ただ、NTTグループの中でも稼ぎ頭であるNTTドコモで、大幅値下げを実現すれば、NTTグループ全体の経営基盤が脅かされることにはならないのか。
 NTTドコモ単体であれば、従業員8100名(グループ2万7558名)だが、NTTグループ全体となると連結ベースの従業員数は31万9050名まで拡大する。
 今後、NTTドコモがNTTコミュニケーションズやNTTコムウェアを取り込むとなると、組織が巨大化すると思われるが、値下げによって収益は悪化するのが見えている。
 このグループ再編で、NTTとしては、人材のリストラなども検討していたりするのだろうか。
 菅総理の値下げプレッシャーで、NTTグループがリストラに着手せざるを得ないなんてことになると、「本当に値下げが必要だったのか」という議論にもつながりそうだ。NTTに入社した人たちも「NTTでリストラ」なんて想像もしたことなかっただろうが、現実味を帯びてきたのは間違いない。》(引用文中の文字着色による強調は当ブログの筆者が行った)
 
 上に引用した業界紙記事の趣旨がコンセンサスのようだ.すなわちデジタル産業の何たるかを理解できない菅首相は,日本のデジタル産業に大打撃を与えるだろう.
 デジタルに無知の首相があさっての方向を向いて「デジタル化」を政策の柱とすると言い出したとき,すぐこれに調子を合わせて大臣のイスを手に入れたのが平井卓也・デジタル改革担当相であるが,河野太郎行政改革担当大臣も大はしゃぎだった.
 平井大臣の国会答弁をテレビで聴いて,この人は口先だけで知識も見識も実行力もないんだろうなあと私は思ったのだが,その通りだった.
 河野大臣も,せいぜいスマホを使えるレベルなんだろう.
 この有言不実行の三人組にくらべると,ただ一人,政治資金収支報告書をオンライン提出した萩生田光一文科相はえらい.

|

産業構造の変革

 私たちには職業選択の自由があり,自分が何になるかは自分で決めてよい.
 しかし水が低いところに流れて行くように国民の職業選択を誘導することは可能であるし,それは私たちの政府が「こうありたい日本」をデザインすることでもある.ここでデザインとは,産業構造,経済構造のことだ.
 先日放送のNHK《日曜討論》の出席者は,日本労働組合総連合会会長・神津里季生氏,経済同友会副代表幹事 (サントリーホールディングス社長) 新浪剛史氏,日本感染症学会理事長・舘田一博氏,西村経済再生担当大臣であった.
 番組の冒頭で神津氏は「現在行われている新型コロナウイルス感染症対策 (持続化給付金,営業時間短縮協力金 etc.) はセイフティネットの確保であり,それはそれで大切だが,それだけではいけない」旨のことを述べた.
 考えてみれば,科学的な原因は不明だが,今世紀に入ってからの現代は,周期的に新型の感染症が世界的に流行するという状況にある.
 世界のどの国もその状況変化に対症療法的に応じているのだが,しかしそれでいいのかと考える必要がある,というのが神津氏の主張だ.
 もっと個別的具体的に言うと,酒を提供する飲食店の業界,つまり例えば銀座の高級クラブから新橋の居酒屋に至るまで,時代に取り残された業種業態の営業は,いくらツブれぬように国民の血税を投入しても,時代を牽引する業種業態の営業には金輪際ならないということだ.
 もっとあからさまに言えば,ただでさえ客がこない飲み屋に,営業時間短縮を要請する代わりに協力金を支払うという自治体の行為は,国民の血税をドブに捨てるようなものである.
 
 テレビ局の取材者が東京の夜の盛り場で,酒を提供する飲食店の経営者にインタビューすると,「都内に十店舗を経営しているが,そのうちの六店は休業あるいは閉店して今は四店だけ営業している」なんて店が非常に多い.このような有能な店主たち (テレビを見ている限りは若い) は,公的な融資を受けられるうちに「酒を提供する」事業を捨てて,「食」ジャンルの新しい事業に乗り出して欲しいし,たぶん彼らはそれをできるだろう.
 一方で,そういう能力のない連中が,営業時間の短縮要請に対して「おれたちに死ねと言うのか!」「自治体がくれる協力金なんかじゃ焼け石に水だ!」「うちは時短要請を無視して営業するぞ!」などと言っている.私たち納税者にしてみれば,あんたたち水商売を救うために勤労者国民は額に汗して働いているわけじゃないぞと言いたい.
 多人数会食中毒宰相 (首相に就任以来,一日に何度も会食し,会食しなかった日は数えるほどしかない) には無理だと思うが,政府のすべきことは「焼け石に水」をかけることではなく,「酒を提供する飲食店」業界からあふれてくる失業者を如何に他の業界に誘導するかということだ.
「新型コロナウイルス感染症が流行したおかげで売り上げが九割減りました」などという現象は,そもそも供給 (飲み屋の数) が需要 (酒を飲みに来る客の数) を上回っていることを示している.
 その種のバブリーな営業は早々に市場から退場していただきたい.これから進行する人口減少とさらなる高齢化は,労働人口の減少をもたらす.これは夜の街に繰り出して酒を飲んで騒ぐ男たちが減るということだ.そうなるとこれまでの飲み屋のビジネスにはもう先がない.生き残れないのである.
 料理が本当においしいレストラン,病みつきになるラーメン屋,個性のあるスイーツの店など,価値ある食べ物を提供する店は,酒なんか出さなくても客が来る.料理は業務用食材を多用して酒で儲ける飲み屋 (酒を提供する飲食店) は社会の仇花なのだ.コロナ禍の中でツブレていっても消費者国民は 一向に困らぬ.
 
 新型コロナウイルス感染症対策についてさらに言えば,個別労働者の失業対策だけでなく,労働人口の産業間移動が必要だ.すなわちこれは二十一世紀のニュー・ディール政策であり,連合の神津会長の主張の眼目はそこにある.さすがに労働界トップに立つ人物は慧眼である.
 NHK《日曜討論》で,神津会長の発言に続いてサントリーホールディングス社長の新浪剛史氏は「神津会長の言う通りであり,これからは菅首相の政策に従ってデジタル産業へ人材を移動する必要がある」と述べた.
 この人は,飲み屋の店員や旅館の従業員たちをデジタル産業に移動させよと言うのだ.そんなことが現実に可能かどうかもわからぬのか.馬鹿も休み休み言うがよい.
 つい最近も新浪氏は菅首相と会食していた.菅首相は新浪氏のような人物の話を飯を食いながら聞いて,それを政策に反映するのが政治スタイルだという.二階・麻生・菅らによって派閥リーダーから失脚した石破茂氏や,死に体になった岸田文雄氏なら,もう少しこの国のリーダーとしてまともだったかも知れない.残念だ.

|

2020年12月19日 (土)

ワンダーウーマン 1984

 昨日,『ワンダーウーマン 1984』が公開された.米国でのクランクアップは春で,劇場公開は六月のはずだったが,新型コロナウイルス感染症の流行が激化したため,その後の二度にわたって公開が延期され,米国ではこの十二月に劇場公開と配信を同時に行うことになった.
 日本では米国より一週間前倒しで公開に漕ぎつけたが,配信の予定はないようだ.
 前作の『ワンダーウーマン』は,アメコミヒーロー映画の中でもヒットした部類で,確かに楽しい痛快活劇だった.
 ということで続篇の本作だが,今日 (12/19) の映画館のシート予約状況を覗いてみたら,2DシアターもIMAXシアターも,エグゼクティブ・シートは満席だが,一般席はかなりすいている.というかガラガラ.
 これなら周囲の席とソーシャル・ディスタンスは確保できそうではあるが,しかし空調/換気はされているとはいえ,道を歩いたりスーパーで買い物するのとはわけが違う.二時間以上も同じ空間にいるのだから,感染リスクはゼロではない.映画館クラスターは報告されていないが,人数が少なければクラスター認定されないのだから,報告されていないだけの可能性はある.
 そんなことをグズグズ考えて,映画館に観に行こうかどうか迷っている.前評判はいいんだけどねー.

|

2020年12月18日 (金)

知的退廃

 東スポWeb《山口真由氏 菅首相の〝8人会食〟に同情「会食に代わる手段難しい」「オンラインはなんにも決まらない」》[掲載日 2020年12月17日 21:30]

元財務官僚で弁護士の山口真由氏(37)が17日、毎日放送「ミント!」に出演し、〝8人会食〟で物議を呼んでいる菅義偉首相を同情した。
山口氏はこの問題についてコメントを求められ「やっぱり政治家の方は自らの政策を情報収集して客観的に再評価し続けるために、会食に代わる手段がなかなか難しいらしい」と指摘。

 山口らデマゴーグの手法は「すり替え」である.
 今メディアと野党が批判している菅首相の高級ステーキ会食問題は,《自らの政策を情報収集して客観的に再評価》するために行われたのではないという点が問題なのである.この会食で菅首相が,携帯料金値下げや行政のデジタル化を,王貞治氏らと議論したはずがなく,杉良太郎が語ったようにこの会食の話題は野球であり,つまり菅の情報収集などてはなくタダの忘年会だった.
 しかるに山口は,野球の話題が,菅首相が《自らの政策を情報収集して客観的に再評価》するためのものだったと言う.
 高校生でも山口の屁理屈には騙されないだろう.しかしそれをテレビで堂々と言ってしまうところに山口の知的退廃が表れている.

|

禁宴会法

 新型コロナウイルス対策を担当する西村経済再生担当大臣が,十一月から十二月にかけてを「勝負の三週間」と宣言してからあと,各地で宴会クラスターが頻繁に報告され,感染拡大の指標は連日「過去最多」を記録している.
 宴会クラスターの中でも,各テレビ局の情報番組が最悪最低の例として報道したのは,茨城県の病院長が主催した宴会で,病院長を始めとする四人の医師が感染した「事件」だった.感染した医師と濃厚接触者を含めて幾つもの医療施設が休診し,地域医療に打撃を与えたという.
 県は,宴会クラスターを主催した病院長をかばって職業を偽って発表した.県は隠蔽の理由を「職業公表について本人の同意が得られなかったから」としたが,信じる県民はいないだろう.茨城県行政は腐っているからである.(朝日新聞デジタル《茨城県知事、千葉の自宅へ公用車 年23回「公務」強調》[掲載日 2020年12月16日 9:13])
 毎日新聞《クラスター認定の「ワイン会」に医師が10人程度参加 7病院が休診 茨城》[掲載日 2020年12月16日 6:30] からその事件について下に一部引用する.
 
茨城県が11月下旬に新型コロナウイルス感染症のクラスター (感染者集団) と認定したつくば市内の会食に、医師が10人程度参加していたことが複数の関係者への取材で判明した。会食は「ワイン会」などと称して医師が主催、参加した医師のうち少なくとも4人の感染が判明した。7病院が一時休診などの対応をとり、地域医療に大きな影響を及ぼした。
 県によると、つくば市内の会食には37人が参加し、つくば、土浦、石岡、取手、牛久、美浦の6市村に住む30~60代の男女17人の感染が確認された。県は17人を会社員、自営業などと公表。このうち2人を「医療従事者」としていた。
 
 これ以外にも,草野球の試合が終わった後でマスク着用なしの宴会をやってクラスターが発生したとか,各地で発生している精神の緩み切った宴会クラスターは枚挙に暇がない.読売新聞《職場の忘年会、長時間マスクなしで飲食・カラオケ…11人感染のクラスター》[掲載日 2020年12月17日 16:11] から一部引用する.
 
熊本市は16日、繁華街の飲食店で開かれた職場の忘年会に参加した男女11人(20、40歳代)が新型コロナウイルスに感染し、会食によるクラスター(感染集団)が発生したと発表した。
 8日に男女15人で飲食店で会食後、バーを利用。長時間マスクなしで飲食したり、カラオケを利用したりしたという。市は「会食は少人数で短時間に抑え、深酒は控えてもらいたい。会話の際はマスクを着用してほしい」と呼びかけている。
 
「職場の忘年会」は我が国に蔓延る悪習である.同僚にアフター・ファイブに「ちょっと飲んで帰ろうか」と誘われても,「今日はやめとくよ」と断るのは容易だ.「おれ,最近は家飲みしかしないんだ」と言ってもいいだろう.
 だが「職場の忘年会」はパワハラの匂いがする.キッパリと断って参加せずに帰ると,あとでパワハラ部長やセクハラ課長にネチネチと何をされるかわからぬ.成績のよい社員は参加を断れるが,そうでもない者や女性社員が忘年会参加を断るには勇気がいる.
 現在のように日本が超保守化する前は,それほどでもなかった.
 実際,私が会社員時代に担当していた部署では年末の宴会はしなかった.忘年会の企画を若い女性社員にまかせると,評判のよいフレンチ・レストランで豪華なランチをしましょうと言ってくることが多かった.もちろん昼間だから飲み物はノン・アルコールだったが,男たちは気持ちよく参加した.ついでに言うと,忘年会と社員旅行には会社から補助金が出るのだが,私の部下たちに社員旅行の行き先はどこがいい?と訊くと東京ディズニーランドが一番人気だった.そしてそういう企画を立てる若い部下たちに私は好感を持っていた.
 当時,若い人たちは喫煙をしなくなったし,あまり酒を飲まなくなった.ましてや同じ会社の人間と飲み屋で仕事の話をするなんてのは,彼らの最も嫌うところであった.
 しかし世間ではいつの間にか「職場の忘年会」は,強制参加のような風潮が出てきたらしい.
 ケータリングやデリバリー事業を行う日本フードデリバリーが最近公表 (10/20) したアンケート結果によると,職場の忘年会には24.6%の人が「参加したくない」,36.9%の人が「どちらかというと参加したくない」と回答した.会社員の過半数が忘年会に参加することに消極的なのである.
 それでも日本中で,みんな嫌々ながら宴会に駆り出されている.
 茨城県の病院長クラスターだが,発生現場となったワイン会は,その病院長の誕生日に行われる年中行事だとのことである.
 推測するに,このワイン会への招待を断るのは勇気が要ったのではないか.病院長は,県当局が忖度して職業公表をしなかったほどの有力者なのだろう.なんだかこれもパラハラの匂いがする.
 私は酒が大好きで,それも昼間っからの大酒のみである.しかし老若混在の宴会 (忘年会) は嫌いだ.そこには旨い酒以外の不純物が忍び込んでいる.社内の地位によって生じる媚び,へつらい,パラハラにセクハラ,御酌とカラオケデュエットの強要 etc.
 波平頭でおちょぼ口の二階部長が,飛沫でベトベトに濡れたマイクを栞里ちゃん (仮名,30才) に渡して「次,栞里ちゃん,フリつけて得意のやつ」と言う.
 栞里ちゃんは死にたいと思う.
  
 我が国から宴会を駆逐するにはどうしたらよいか.
 風営法と食品衛生法を,感染症対策の観点から改正すべきだと私は思う.
 どう改正するかというと,感染防止対策の観点から,飲酒を伴う三人以上の会食を禁じるのである.接待を伴う飲食店においては,接待をする従業員を含んで三人とする.客がお一人様の場合,ホステスのおねえちゃんは一人しか認めない.また複数のホステスさんが入れ替わり立ち代わりで接待するのも禁止する.保健所が感染経路を調査する際に著しく困難となるからである.
 二人の会食では,恋人同士のディナーと,夫婦の結婚記念日の食事のみを合法と認める.
 たとえ二人の場合でも,上司が部下を従えて居酒屋で飲食するのは,正面から飛沫を飛ばして「おれの若い時は……」とか説教するので,感染拡大の観点から禁止する.これを支持するエビデンスはないが,世の中はエビデンスで動いてはいない.菅首相も,エビデンスはないが Go To トラベルを一時停止すると言っている.エビデンスはないが,東京都中央区銀座の高級ステーキ店「ひらやま」の,お一人様六万円のコース (料理三万六千円とワインの合計) に感染リスクはないと加藤官房長官が断言している.菅首相の会食には内閣官房会議費が充当されるらしいが,それにしても高いなあ.(以下,オチが思いつかないので中断)

|

2020年12月17日 (木)

テレビの不調?が直った!

 先日 (12/7) の記事《テレビの不調に悩む》に書いたテレビの不調原因が判明した.
 私の家のリビングにあるテレビは六年前の古い40インチの東芝レグザで,もうそろそろ耐用年数切れに入ろうかというものだ.
 経験上,テレビは十年もてば大当たりだと思う.逆に冷蔵庫とか洗濯機は,十年以内に壊れたら大外れだと思う.
 安いBTOパソコンは五年で確実に故障する.今まで数十台のパソコンを自作したりBTOを購入して使ってきたが,五年以上の使用に耐えたものはない.
 ただし,NECの製品は耐用年数が長いという説があるが,私は確かめていない.
 寿命の来たパソコンを調べてみると,電源部の故障が多い.使われているケミカルコンデンサが容量抜けを起こして電源出力が不安定になるのだ.(再起動を繰り返す故障の原因は必ずこれだ)
 あとはマザーボード上の素子が壊れたのが原因とみられる.
 
 それはともかく,話はうちのテレビである.
 不調の状況は,一日に数回,不定期にテレビ音声が「音飛び」「音割れ」状態になり,視聴できなくなることだ.ただ全く正常に一日を終わることもある.この現象に「再現性がない」のには困った.トラブルシューティングできないからである.
 ネット情報を調べてみると,地デジアンテナやブースター,分配器などは屋外の過酷な条件 (特に夏季の高温) 下に設置されている場合,十年はもたないらしい.そりゃそうだろあなあ,と思う.筐体を手で触ると火傷するくらい熱くなるのだから.
 そこで思い切って,地デジアンテナ (八木式ではなく平面型デザインアンテナ),それに接続しているブースター,さらにそれに接続してある分配器を新品に交換した.ケーブルも交換できる箇所は交換した.
 
 ところが件の現象は治まらなかった.
 そこで「もしや」と思ってレグザのHDMI端子に繋いであるHDMI切替器 (サンワダイレクト HDMI切替器 400-SW019) を外して,テレビから離してみた.
 するとピタリと「音飛び」が起こらなくなったのである.
 元に戻すと,再び「音飛び」が起きるようになった.
 これでテレビ不調の原因が確定した.HDMI切替器の故障であった.テレビのアンテナ入力から液晶ディスプレイ出力までの回路のどこかに,HDMI切替器が発するノイズが障害を与えるのだろう.たぶん電子レンジが出すノイズと同じ高周波ノイズだと思う.
 
 HDMI切替器を別機種の新品に交換しても,切替器をテレビに接続している限りは,同じ現象が起こる可能性がある.
 だとすると,今回のノイズ障害に対する根本的対策はHDMI切替器を使用しないことだ.
 この切替器にはPCとBDプレイヤーを繋いでいたのだが,切り替えは頻繁にやるものではないので,必要に応じてHDMI中継ジョイントを用いて手動で接続を切り替えることにした.これで一件落着である.

|

なんでもひとのせいにするやつ

 安倍晋三は会食好きで,毎晩酒を飲んでいた.
 安倍政治を継承すると述べて首相の座に着いた菅義偉は,安倍に輪をかけた会食好きだ.毎夜毎夜の会食三昧.日によっては朝から夕まで三度の飯を会食している.
 あるテレビの情報番組は,会食の席で著名人と話をして得た知識を基に,閣僚や官僚にあれこれ指示するのが菅首相の政治手法なのだと解説した.言い換えると菅は聞きかじった耳学問で政治をしているのだ.学問をしたことのない人間の怖さである.
 耳学問で見識を得ることはできない.耳学問は学問ではない,菅のようなのを,門前の小僧が習わぬ経を読むと言う.
 
 新型コロナウイルス対策分科会の尾身会長や日本医師会の中川会長を始めとする諸先生がたが,この年末は大人数の宴会はやらないで下さいと国民に呼びかけているにもかかわらず,激甚大暗愚宰相菅義偉は,Go To トラベルの年末年始一時停止を発表した直後に大人数で忘年会をやった.しかもこの日の夜は会食のハシゴをした.御座敷から御座敷へと忙しく回って歩く芸○のようだ.
 NNN24《菅首相 8人で会食「大いに反省」》[掲載日 2020年12月16日 18:20] から一部を下に引用する.
 
菅首相が16日午後、日本テレビの単独インタビューに応じ、政府が5人以上の会食を控えるよう呼びかけている中、14日に8人で会食したことについて「大いに反省をしている」と述べました。
 菅首相「ご挨拶をさせていただいて失礼しようと思ったんですけども、結果的にはそこに40分程度ですか、残っていろんな話をするような結果になりまして、そこは大いに反省をしているところであります」

 加藤官房長官は会食の目的が大切だと述べ,西村経済再生担当大臣は「五人以上の会食を必ずしも一律に否定するものではない」と述べた.
 ところが会食に参加した杉良太郎が,会食の場で話し合われたことは野球の話であり,つまり忘年会です,とインタビューに答えてしまったために,ただの忘年会であることがバレてしまった.
 これにメディアと野党が集中砲火を浴びせ,さすがにあの田崎史郎も首相に苦言を呈するしかなかった.
 内閣発足直後なら「問題とするにはあたらない」と突っぱねたであろうが,内閣支持率急落直後にこれはマズイと思ったか,《大いに反省している》と日テレのインタビューに答えた.
 ところが実は全然反省していないのだ.感染対策をしていない (註1) 多人数の忘年会に参加して遊興 (民間だろうが政治家だろうが,忘年会は仕事ではない) したことではなく,すぐに退出しなかったことを「反省」しているのだ.
 だが本当に菅首相が言いたいのは「私は忘年会のホストではない」ということである.
「忘年会に呼ばれたので挨拶だけするつもりで出かけたら,すぐに引き上げることができなかった」「だから私は悪くない,悪いのは,王貞治,みのもんた,杉良太郎たちだ」と菅は言うのだ.しかし首相がゲストのはずがないではないか.ホストだから最後までいた (註2) のだ.見苦しいこと,この上ない.
 
[註1] この会食では「飲食物を口に運ぶ時以外はマスクをしよう」と菅首相自ら提案した「静かな会食」ではなかったと,参加者の二階幹事長が明言している.マスクをしていなかったにもかかわらず,加藤官房長官は「感染対策はなされていた」と強弁した.
[註2] 田崎史郎はTBS《ひるおび!》」に出演し,この忘年会のホストは二階幹事長であると述べて菅首相をかばった.沈む泥船に一緒に乗るつもりらしい.

|

2020年12月16日 (水)

黒豆モヤシが食卓から消えた日

 先週放送されたNHK《ガッテン!》で《緊急事態宣言!日本が愛する“あの野菜”が食卓から消える日》と題してモヤシの話題を取り上げた.
 すると,私が食料品調達に行くスーパーの店頭から「黒豆もやし」(ブラックマッペ) が姿を消した.放送の中でブラックマッペを激賞したからだと思われる.
 テレビの情報番組が納豆等を「体にいい」と放送すると,とたんに店頭で商品が払底してしまう (スーパーに殺到する買占め婆たちのせいだ←目撃談) のは毎度おなじみだが,ブラックマッペは私の好きなモヤシだったので,今回は非常に不愉快だ.志の輔,おぼえていろ.w
 ただ,買占め婆たちの記憶力は限界があり,一ヶ月もすると忘れてくれることが多い.ま,それまで待とうか.

|

帳面の思い出

 テレビのクイズ番組で,ジャポニカ学習帳の表紙写真が植物だけなのはなぜか?という出題があった.
 ジャポニカ学習帳は,歴史が浅い文房具で,Wikipedia【ショウワノート】に次の記載がある.
 
1970年(昭和45年)に小学館発行の『ジャポニカ百科事典』(後に休刊)とタイアップして中ページに学習百科を掲載し、ジャポニカ学習帳(学年・科目別で約20種類)として発売。発売当時の学習帳は1冊30円が主流だったが、ジャポニカ学習帳は他の学習帳より20円高い50円で発売され、表紙のロゴも金箔押し。プレミアム級の学習帳の先駆けとなった。
 当初は小学館の画家が表紙を描いていたが、1973年(昭和48年)より専属カメラマン山口進撮影による世界の珍しい動植物の写真が表紙に採用されている。1978年(昭和53年)に「世界特写シリーズ」が開始。その後、「昆虫の写真」に対して、保護者や教師から不快とのクレームが寄せられるようになり、昆虫が表紙になっているノートの生産数量を徐々に減らし、2012年から表紙は植物のみとなっている。すでに1993年の「マレー諸島編」で、蝶以外の虫は表紙で扱わなくなっていたという情報もある。4・5年に一度、表紙と学習百科が変更され、同じ品種は二度と採用しないという。ちなみにカメラマンの山口進は、花に女性の名前をつけて撮影しているという。裏表紙には、表紙写真の解説や、学習図鑑が掲載されている。なおショウワノートによれば、昆虫が使われなくなったのはクレームだけではなく見栄えのよい写真が枯渇したことも原因であるという。
 
 というわけで「消費者クレームによって昆虫の写真が葬られた」が正解だ.
 もちろん私たち高齢者はジャポニカ学習帳を使った経験がない.Wikipediaの解説によれば,ポスト団塊世代の子供たち辺りから広く使われるようになった.そしてその表紙から昆虫を完全に追放したのは,今の若い母親たちのようである.
 堤中納言物語にある説話の一つ「虫めづる姫君」に「人々の花蝶やとめづるこそ はかなくあやしけれ」とあるように,花と蝶は,美しいもの,カワイイものの代表だった.しかるに,アオムシやケムシどころか虫の中では例外的に愛された蝶の成虫ですら,いつしか嫌われる側に追いやられたのである.蝶は凋落した.蝶だけに.
 とはいうものの今でも,ひっそりと幼虫を愛でる姫君の系譜は絶えていないという.彼女らは「虫ガール」と呼ばれるのだそうだ.この言葉の始まりがいつ頃なのかは知らないが,今年春に出版された絵本の名になっている.(岩崎書店『虫ガール ほんとうにあったおはなし』)
 
 ところで私は小学校から高校に入った頃まで,ノートを使ったことがなかった.
 小学生の時は,父親が新聞折込のチラシを裏返して綴じてくれたものを使っていた.そういう事情だから,学校には教科書の他には音楽用の帳面 (五線譜が印刷されているもの) だけを持って行った.父親はチラシの裏に鉛筆で五線を引こうとしたようだが,うまく行かなかったのである.
 運のよいことに私は人並外れた記憶力と理解力を持った子供で,先生が板書したことは,漢字だろうが算数の式だろうが見ただけで覚えることができたから,それで間に合った.家が貧しかったおかげで記憶力が鍛えられたのだと言
えるかも知れない.
 中学になると,教科書すら開くことがなくなった.授業中は黒板をボケーっと眺めていた.何か書く必要があるときは,ワラ半紙を自分で綴じたものを使った.
 しかしさすがに高校はそういうわけにはいかない.数学用に大学ノートを一冊買って,教科書には載っていない複雑な公式や方程式をこれに書き留めた.高校三年で大学ノート一冊を使った.一冊しかないので,受験勉強には非常に便利だった.このノートを見れば,高校数学に必要なことは全部書いてあるからだ.他の科目は,ノートを使わず,教科書の余白に鉛筆でメモを書きこんで済ませた.
 
 私が高校の時に細々と書き込んだあの数学ノートはどこに行ったのだろう.思い出せない.
 大学の農学部に進んでからは,先生が講義で板書したことは細大漏らさずリーフ式のノートに書き記して紙ファイルに綴じた.これは,感銘を受けた講義のものを思い出に今も保存してある.いずれ棺桶に入れてもらうつもりだ.

|

2020年12月15日 (火)

銭勘定で動くあさましい若者

 菅内閣の支持率が急落した.NHKの世論調査によれば,菅内閣の支持率は以下の通りである.(NHK NEWS WEB《菅内閣「支持する」42% 先月より14ポイント下落 NHK世論調査》[掲載日 2020年12月14日 19:00])
 菅内閣を支持する  62% 55% 56% 42%
    支持しない  13% 20% 19% 36%
 他のメディアによっては既に不支持が上回った調査もある.
 このトレンドのまま行けば,年明けには不支持が大きく支持を上回り,菅内閣は発足間もないというのに早くも死に体となる.
 頑なに Go To トラベルに固執していた激甚大暗愚宰相菅義偉も,このままでは与党から首相の座を追われることになる.
 そこで泥縄式に取りすがったのが,Go To トラベルを年末年始に全国一斉一時中止することである.
 不支持の急増は,必ずしも Go To トラベルの不人気によるだけではない.
 学術会議に関するメディアとの応答でヘラヘラ笑ったこと,およびインタビューに応えてまたもヘラヘラ笑いで「がーすーです」と言ったこともかなりの落胆を国民に与えたとされる.
 このヘラヘラ「がーすー」事件については田崎史郎がコメントしている.スポニチ《田崎史郎氏 菅首相の「ガースーです」に「誰が知恵つけた人がいるとしたらそいつ許せない」》[掲載日 2020年12月14日 15:33] から下に引用する.
 
田崎氏は「なんであんな発言するんだろうと思いました」と言い、「世の中の緊張感が増してるのに、なに笑ってあんなこと言ってるのっていう話になる。総理は失敗したと思いますし、誰が知恵つけた人がいるとしたらそいつ許せない」と厳しい表情で話した。
 
 さすが田崎史郎.いつもの田崎ならヘラヘラ「がーすー」なんて大したことじゃないと言い切るところだが,世間の評判が悪すぎて大上段から大暗愚宰相菅義偉の肩を持つのは得策ではないと思ったのだろう.誰かが首相に入れ知恵したのだとの屁理屈で菅をかばった.だがヘラヘラ「がーすー」動画を見た印象では,菅は本心から嬉しそうに「がーすー」と言っていた.あれは入れ知恵じゃないだろう.国会で「全集中の呼吸で答弁させていただく」なんて情けない答弁をする程度の知力だから,ヘラヘラ「がーすー」は本人の知恵だとしか思えない.
 
 さて Go To トラベルを年末年始に一時停止する件だ.
 NHK NEWS WEB《GoToトラベル 全国一斉に停止へ 今月28日~1月11日 菅首相表明》[掲載日 2020年12月14日 19:04] から下の箇所を引用する.
  
20代の会社員の男性は「地元に帰省しようと思っていましたが、キャンセルしようと思います。祖父母が高齢で、あと何回会えるのか分からないので残念です。一時停止にしても、このまま続けても、どちらにしても不利益を被る人がいると思うので、どちらがいいとは言い難いです」と話していました。
 
 自治体の首長や,著名な医師たち,感染症の専門家,新型コロナウイルス対策分科会の尾身会長などが繰り返して年末の帰省には慎重になってくれと各種メディアを通じて訴えている.もしも高齢の家族に感染させたら,取り返しがつかないのだと.
 それなのにこの若い会社員は,この年末に帰省しようとしていた.
 しかし一般的にいえばそのこと自体はしかたないことだ.世の中には色んな事情の人がいて,周囲がどんなに止めても帰省しようとするのは阻止できない.
 若い人がこの年末に帰省するのは,マクロに見れば確率論的に,感染を拡大させる.これは間違いないと感染症専門家が断定している.
 しかしミクロに見れば,この年末の移動が感染を拡大させるかどうかは,移動する人が既に感染しているかどうかにかかっている.確率論ではない.未感染なら,帰省しても絶対に感染拡大に寄与しないのである.
 だから,件の若い会社員のことについていえば,この年の暮れか正月に何としてでも郷里の祖父母に会っておきたいのであれば,帰省すればいいと思う.
 
 別の話だが,ある介護施設に入所している老いた母親にどうしても会いたいという女性をテレビで見た.
 介護施設側としては,感染拡大を防ぐために,親族でも入所者には面会謝絶としている.
 だがその女性は何としてでも母に会いたい.コロナ禍の下で逡巡していると,もしかすると二度と会えなくなるかも知れないという切迫感があったと思われる.
 そこで施設側が折れた.施設の庭に面した掃き出し窓を閉じて,ガラス戸越しに二人を面会させたのである.
 もちろん窓の外に待機した施設職員は,もしもに備えてマスク着用の上でフェイスシールドも装着していた.
 女性はガラス戸の外で,紙に書いた言葉と口の動きで,老母をいたわり励ました.
 胸を打つ光景だった.それは親と子の情愛そのものだった.
 
 NHKニュースからの引用箇所を再掲する.
 
「地元に帰省しようと思っていましたが、キャンセルしようと思います。祖父母が高齢で、あと何回会えるのか分からないので残念です。
 
 私は理解に苦しむ.若い会社員は「高齢の祖父母にあと何回会えるのかわからない」と言いながら,この馬鹿野郎は,旅行 (帰省) 代金の割引がなくなったから帰省しないと言うのだ.もし本当に「会えなかったら残念だ」と思うのならば,防護服を買ってでも会いに行け.
 帰省中に実家には帰らずに豪華ホテルに宿泊するやつはいない.だから Go To トラベルを使うメリットがあるのは,往復の交通費節約だけだ.東京からの帰省に航空機を使用したとしても,Go To トラベルによる帰省費用の節減は大した金額ではない.そのわずかなカネが惜しくて,この馬鹿会社員は帰省をやめるという.「残念です」なんて真っ赤な嘘だ.
 この大馬鹿会社員の年老いた祖父母は「ばあさんや,もう二度と会えなくなったと思っていた孫が帰省してくれるといっておる.あのこに会えるならコロナをうつされても諦めよう」「そうですね,おじいさん」と語り合っているかも知れぬ.
 それなのに激甚大馬鹿会社員の男は,カネが惜しくて帰省をやめるのだ.祖父母を感染リスクにさらしたくないからではない.カネが惜しいのだ.
 祖母が孫に電話をかける.「こっちに来てくれるのはいつなの?」
 孫は答える.「ああ,あれね.飛行機代の割引がなくなっちゃったんで,帰省はしないことにしたんだ.おばあちゃんにもう会えないと思うとめっちゃ残念だよ.あははは」
 
 世も末である.

|

2020年12月13日 (日)

酒は家で飲もう

 ひろゆき氏がテレビで,Go To イートは国民を感染拡大防止の方向へ誘導するのに使えると述べた.
 それには,接待を伴わない酒場とか居酒屋等で,一人で酒を飲む客にだけポイントを付与すればいいのだという.
 感染リスクが低い客を税で優遇するのである.
 まことに慧眼であると私は思った.
 ひろゆき氏の意見に触発されてさらに言えば,接待を伴う飲食店 (高級クラブだろうがキャバクラだろうが,従業員と客が飲食物の注文以外の会話を行う飲食店) では,むしろ逆に300%とか500%などの高額な税を負荷することにすればいい.
 従って会計伝票に,消費税と感染リスク税の欄を外税として設けることにする.ビールを一本飲んだら一万円という合法的国策ボッタクリだ.w
 その代わり営業時間の短縮は行う必要はない.自治体が営業時間の短縮を要請すると,補償をしろなどと図々しい主張をするけしからぬ飲み屋がでくるからだ.
 感染者には法律に基づいて隔離や治療のために多大な国費が投ぜられる.だから,医療提供機関を赤字に追い込み,また医療従事者を精神的に肉体的に疲弊させる行為を行う者には,冒す感染リスクに応じた税を負担させるべきだ.
 
 翻って,日本の都会には酒場が多すぎると思う.日本人は体質的に肝臓におけるアセトアルデヒド分解酵素の活性が非常に低く,そのため欧米人に比較して著しくアルコールに弱いくせに,家庭外で酒を飲みすぎる.
 酒飲みが自制心を失くして大声を出して飛沫を飛ばし,挙句の果てに酔いつぶれて道路で寝るのは珍しくもないシーンだ.
 テレビのニュースを見ていたら,西村経済再生担当大臣が「この三週間が勝負」と述べたその日 (11/25),渋谷は普段よりも人出が多く,人混みの中で数人の若者が立ったまま酒を飲んで騒いでいた.
 別のところでは道の端で四つん這いになった若い女が,嘔吐していた.
 
 アルコールを摂取すると,約20%が胃で,約80%が小腸で吸収され,血液に入る.血中のアルコールはやがて肝臓で代謝されて熱を産生 (体温を上昇させる) し,最終的に二酸化炭素と水に分解されて体外に排出される.
 つまりは,子孫に残すべき大切な国の富が,社会的価値の再生産に用いられることなく,体温上昇と炭酸ガスの排出に消費されている.
 それでいいのか.
 我が国のインフラは今,道路も橋梁も,水利治水も,あらゆる方面で絶体絶命の窮地に立っている.(NHK NEWS WEB《特集 壊れたら もう直せない》)
 医師や感染症研究者たちが声を大にして国民に訴えているにもかかわらず,福島の愚か者たちが感染対策をないがしろにして忘年会をやってクラスターを多発させているが,日本国民は酒を飲んで騒いでいる場合ではないのだ.宴会をするカネがあったら国土建設と保全のための税金を払えと言いたい.ましてや福島県は郷土再建の途中ではないか.他県の人たちの共感を失う振る舞いしてどうする.たとえわずかな馬鹿者どもといえども酒を飲んでる場合か.働け.
 庶民の飲酒だけを責めるのはかわいそうかも知れない.安倍晋三は潰瘍性大腸炎なのに会食ばかりして酒を飲んでいたが,安倍政治を継承した菅も毎日会食漬けだ.上から下まで,この国は酒浸りである.(実は第二次安倍内閣を投げ出す際に,安倍晋三は「持病が悪化」と説明はしたが潰瘍性大腸炎だとは言わなかった.総理大臣の座を放り出したとたんに元気になって酒を飲んだので,あれは仮病だった疑う言う人もいる)
 
 この国は上から下まで酒浸りではあるが,しかし酒が文明発祥の頃からの食文化であることは事実である.
 しかしながら大量に飲酒すればするほど文化的でなくなることもまた事実である.
 東京・恵比寿にある高級店で,前澤友作氏や堀江貴文の仲間である光本勇介が,店の女性にテキーラを一本,一気飲み (光本はこれを「テキーラチャレンジ」と言っているらしい) をさせ,この女性が死亡したという事件が報道されている.(文春オンライン《恵比寿テキーラ20歳女性急死》)
 世間に名を知られた人間にしてこの野蛮さはどうだ.大学生が新入生歓迎会で一気飲みを強いて新入生を中毒死させるのは年に一度であるが,文春の記事によると光本勇介は一気飲み強要の常習者だったようだ.
 光本は酒を楽しむのではなく,酒を道具にして暴力を働いているのである.
 仲間の堀江貴文の狼藉は,何の落ち度もない餃子店を営業断念に追い込むくらいのことだが,光本のそれは犯罪の匂いがする.
 こういう輩が店で飲酒するのを阻止する方法はないものか.光本のような男に酒を提供する店側も同罪で,こういう店を減らしていかなければいかんと私は思う.
 
『陰陽師』連作の中で,安倍晴明と源博雅はいつも濡縁に座って酒を飲むことになっている.
 二人は庭を眺め,虫の声を聴き,盃を口に運ぶ.
 かなりの間をおいて,また盃を口にする.
 これを作者は「ほろほろと酒を飲む」と描写している.
 実に言い得て妙である.
 若山牧水の酒も,おそらく「ほろほろと」だったろう.
 感染クラスター馬鹿騒ぎ忘年会やテキーラチャレンジの対極にある酒だ.
 平安陰陽師の酒も近代歌人の酒も,いずれもいわゆる「家飲み」だ.飲酒の文化は家飲みをもって善しとするのである.
 
[追記] 新型コロナウイルス感染症が拡大し続けているドイツでは現在,飲食店ならびに公共の場での飲酒が禁じられて,ドイツ国民は家飲みをしている.

|

2020年12月12日 (土)

菅 vs 小池の暗闘を尾身会長は諫める

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が昨日示した新たな提言では,感染拡大が沈潜化しつつある自治体を除いて Go To トラベルの一時止を求めたが,大暗愚宰相菅義偉はただちに Go To トラベルを継続すると改めて明言した.「人命より経済だっ」と,この男は喉まで出かかっているに違いない.よく本音を吐かずにこらえているなあと感心する.
 分科会の尾身会長は,政府と自治体 (もちろん東京都を指している) が意思統一することが必要だと,暗に菅首相と小池都知事を諫めているのだが,両者とも全く歩み寄る気がない.
 小池都知事は,「分科会は政府の分科会です」と言って,都は分科会とは関係ないと述べたが,その時の小池知事の「尾身なにするものぞ」と言いたげな冷たいオーラがすごかった.都は独自の医療および感染症対策の専門家を抱えていることがあるからそういう態度に出たのだろう.学者,研究者に対するリスペクトが欠片もない点では,菅と小池はいい勝負である.
 
 余談だが,一部の週刊誌が,豊洲市場における感染拡大を報道している.
 もしもクラスターが多発して豊洲市場が閉鎖に追い込まれたら,都民への食糧供給はどうなるのか.その事態に備えて,テレビと新聞は思考実験をしておくべきだと思われるが,その気配がない.メディアにはこれを報道する気がないのか.分科会は承知しているのか.どうなっているのだろう.心配である.

|

2020年12月11日 (金)

飲食店における感染対策の実態

 テレビのニュースをみていたら,旭川の飲み屋の様子が画面に映された.
 その飲み屋には「こあがり」(テーブル席とは別の,奥行のない畳敷きの客席) があった.そこは座卓の下が掘り炬燵式になっていて,客は脚を正座しなくても済む.
 で,店長らしい店の人は「うちはちゃんと感染対策をやっています」と言いながら,座卓の上に並べたアクリル板のパーティションを指さして胸を張った.
 そのパーティションは高さが30センチくらいで,席に着いた客の首あたりまでしかなかった.
 つまり客が対面して座ると,顔と顔とのあいだに全く遮るものがないのであった.
 相手の顔に飛沫を飛ばし放題の,まことに立派な感染対策である.
 
 また別の店.
 テーブルの消毒は入念にやっていると言い,実際にやってみせた.
 店員は,消毒用アルコールのボトルを右手に持ち,シュッシュッと噴霧すると,間髪を入れずに左手のタオルで拭き取ってしまった.
 ウイルスではない細菌での実験結果 (原理的に,新型コロナウイルス等のエンベロープ型ウイルスでも同じ) だが,塗装されたテーブルの光沢面にアルコールを噴霧し,天眼鏡で拡大して観察すると,点状に液滴が付着していることがわかる.そしてこの状態では消毒効果が全くない.
 そこで,吹き付けたアルコールを吸収しないように,あらかじめアルコールでビショビショに濡らした不織布の布巾を用いて,アルコールをテーブルの全面に塗り拡げる.そして細菌や,アルコールで失活するタイプのウイルスは,アルコールで瞬間的に消毒されるわけではなく,十秒とか二十秒とかの時間を要するので,ひと呼吸おく.
 こうすると初めて消毒作業の効果があらわれる.
 アルコールを噴霧してすぐに拭き取ったのでは,何もしていないのに等しいのである.
 この誤ったアルコール消毒作業方法が,全国の飲食店で行われている.正しい方法を宣伝啓蒙しないのは,厚労省の怠慢である.
 
 家庭でも,食卓やドアの取っ手などをアルコール消毒している人は多いだろう.
 その際,アルコールを噴霧してすぐに拭き取ってはいけない.アルコールを含侵させた濡れティッシユが市販されているから,それを用いて,アルコールを噴霧した食卓の上乃至は取っ手を充分にアルコールで濡れた状態にし,それからゆっくりとタオルで拭き取るのがよい.
 正しい方法で家庭内のアルコール消毒を行うと,アルコール蒸気が室内に充満するので,必ず窓を開けて行うこと.

|

北海道知事は支離滅裂

 北海道旭川市で医療崩壊寸前の状態となり,鈴木知事は旭川市民に外出自粛を要請したと報道されている.
 しかし知事は,旭川市の感染拡大ステージが低いとして,Go To トラベルの除外は必要ないと言明した.
 機を同じくして加藤官房長官も,旭川の Go To トラベル除外を否定した.
 つまり鈴木知事は,旭川市民は外出を自粛しなければいけないが,観光客はきてくれと言っているわけだ.
 旭川には自衛隊が災害出動している.災害地に観光にきて欲しいと言う神経が理解できぬ.
 
 さてここで疑問なのは, Go To トラベルで旭川にやってきた観光客はホテルから外出していいのか悪いのか,ということだ.
「外出してはいけない,ホテルに閉じこもっていろ」というのであれば,わざわざ旭川にまで旅行してくる意味がない.
 ということは,観光客はどうぞ外出してくださいということになる.論理的にはそうなる.
 市民は出歩いてはいけないが観光客はよろしい.これっておかしくはないか?
 
 言うまでもなく,旭川旅行は札幌観光とセットだ.
 札幌が Go To から除外されてしまったので,阿呆どもは小樽とか旭川を Go To トラベルの目的地にして北海道にやってきて,そこから札幌に遊びにいくのが現在の北海道観光旅行の標準コースだという.
 
 鈴木知事は,有能だと聞いている.
 その人がこのような辻褄の合わぬことをするのは,菅首相への忖度なのか,政府からの圧力なのか.いずれにせよ被害を被るのは旭川の市民だ.
 

|

2020年12月10日 (木)

「やってらんねえ」と言うべきだ

 NHK NEWS WEB《学術会議 “政府から独立した新組織に” 自民作業チームが提言》[掲載日 2020年12月9日 20:28] から一部を下に引用する.
 
日本学術会議の在り方を検討してきた自民党の作業チームは、9日の会合で政府への提言をまとめました。
 提言では、日本学術会議について「期待される機能が十分に発揮されているとは言い難い」と指摘したうえで、必要な役割を果たし、政治的中立性を担保するためにも、独立行政法人や特殊法人など政府から独立した新たな組織として再出発すべきだとしています。
 
 自民党の作業チームとやらは,学術会議の会員について何か勘違いをしているようだ.
 学術会議の会員は,実はボランティアみたいなものなんである.
 会員各氏は貴重な研究時間を割いて政府に協力 (法的には政府を批判することも含める) しているのである.
 それを機能が発揮されていないなどと言われるのなら,みんなで辞職してしまえばいい.困るのは,学術会議を飯のタネにしている事務局だ.
 菅首相も,科学に無見識であるために学術会議をつぶした無知宰相として歴史に残るだろう.
 
 スポーツ報知《宮根誠司氏、尾身会長が提言も政府の対応に「分科会って政府にとって何なんだろう」》[掲載日 2020年12月10日 15:31] から下に一部を引用する.
 
政府の分科会の尾身茂会長が「GoToを含めて人の動き、接触を控えるべき時期」と提言したが政府の対応がないことに、MCの宮根誠司キャスターは「分科会の尾身会長も発言をされているんですけど、僕が分科会にいたら分科会って政府にとって何なんだろうと思ってしまう」と話した。
 
 尾身会長は,首相に頼まれて火中の栗を拾っているのだ.構成員の諸先生は使命感に支えられて働いていらっしゃる.
 しかるに暗愚宰相菅義偉が対策分科会の提言を無視するなら,構成員みんなで分科会を辞めてしまえばいい.このままでは菅にいいように利用されてしまう.
 分科会がなくなれば,菅の支持率は急落するに違いない.国民はそうやって Go To トラベルを中止に追い込むことが可能だ.
 
[参考:新型コロナウイルス感染症対策分科会の構成員]
会長    尾身茂 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長
会長代理  脇田隆字 国立感染症研究所長
石川晴巳  ヘルスケアコミュニケーションプランナー
石田昭浩  日本労働組合総連合会副事務局長
今村顕史  東京都立駒込病院感染症センター長、感染症科部長
太田圭洋  日本医療法人協会副会長
大竹文雄  大阪大学大学院経済学研究科教授
岡部信彦  川崎市健康安全研究所長
押谷仁   東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授
釜萢敏   公益社団法人日本医師会常任理事
河本宏子  ANA総合研究所会長
小林慶一郎 公益財団法人東京財団政策研究所研究主幹
清古愛弓  全国保健所長会副会長
舘田一博  東邦大学微生物・感染症学講座教授
中山ひとみ 霞が関総合法律事務所弁護士
平井伸治  鳥取県知事
南砂    読売新聞東京本社常務取締役調査研究本部長
武藤香織  東京大学医科学研究所公共政策研究分野教授



|

2020年12月 8日 (火)

日米開戦の日の小麦粉シチュー

 先週水曜日放送のテレビ朝日の人気番組《家事ヤロウ!!!》の企画《家事ドキュメンタリー》に出演した「ワケありアイドル」の礒部希帆さんが素敵だった.彼女が《家事ヤロウ!!!》に出るのは二度目らしい.希帆さんのプロフィルはネットにデータがあるので省略.
 彼女の父上は,築八十年とかの,ほとんどバラック化した家に独居している.その家の台所は屋根が落ちたために天井がない.雨風吹き曝しである.
 この父上がどのように生活しているかは,よくわからない.しかし希帆さんは週に一度,実家に行って父上に食事を作ったり色々と面倒をみているようだ.
 二人は仲の良い父娘で,実家の有様はかなり深刻なのだが,彼女の明るさが救いだと《家事ヤロウ!!!》のレギュラー出演者 (バカリズム,中丸雄一,カズレーザー) たちは言う.
 さて,希帆さんは今回の放送では,父上に「キャベツロール」と「チキンカツ」を作ってあげた.
「キャベツロール」は礒部家独特の家庭料理である.中身の肉が非常に少なく,やたらとキャベツをたくさん巻くので,礒部家では「ロールキャベツ」ならぬ「キャベツロール」と呼んでいたという.ただし,ネット上のレシピサイトにも「キャベツロール」はたくさんあるが,これは「ロールキャベツ」を英語では cabbage rolls というからだろう.礒部家のとはちょっと違う.
 さてその礒部家のレシピだが,キャベツは丸ごと一個を大きい鍋で茹でる.
 茹であがったキャベツを巻く手順は,《家事ヤロウ!!!》の公式インスタグラムに譲るが,ここで紹介したいのは,巻いたキャベツロールの味付けである.
 礒部家では,キャベツを茹でた汁に塩胡椒で味付けをし,そこに水溶き小麦粉を投入して薄くトロミをつけたスープを作り,これでキャベツロールを煮込んだのだと希帆さんは語った.彼女が幼かった頃の「思い出の味」だそうだ.
 
 このシーンを観て私は思い出した.塩胡椒で味付けして小麦粉でトロミをつけた野菜のシチュー (礒部家のキャベツスープと似ている) は,昭和三十年代の日本の家庭料理であった.
 つまり希帆さんの「思い出の味」は,おそらく亡くなった彼女の祖母の得意料理だったのだろう.
 小麦粉を入れた野菜シチューは学校給食にも出た.今でも覚えているが,具は一センチ角に切ったわずかなタマネギ,キャベツ,ニンジンで,これに五ミリ角くらいにカットしたベーコン数個が浮いているというものだった.容易に想像できると思うが,キャベツの代わりにサイコロ状のジャガイモを入れ,カレー粉で風味付けしたものはカレーシチューという名のメニューだった.(昭和三十年頃,群馬県前橋市市内の小学校の給食では献立表にそう書かれていた)
 では,学校給食の野菜シチューは,なぜ豚肉ではなくベーコンだったのか.
 敗戦の年の昭和二十年 (1945年),我が国は,都市部において厳しい食糧危機に陥っていた.特に東京などの大都市住民は,列車の窓から外に溢れるほどの過密な国鉄に乗って農村に食い物を買い出しに出た.女たちは,親からもらって大切にしていた着物を,二束三文で強欲な農家に買いたたかれ,わずかな麦やサツマイモを手にした.農家との物々交換では衣類が用いられた.これについては「昭和館」のコンテンツ《これまでの特別企画展 戦後復興までの道のり》から一部を下に引用する.
 
戦局が長期戦の構えを見せ始めた昭和15年(1940)6月から、6大都市(東京・大阪・横浜・名古屋・京都・神戸)で砂糖・マッチの切符配給制が実験的に実施された。これは切符の提示によってのみ物品を購入することができるというもので、同年11月には全国で実施され、次第にその品目は米などの主要な食糧、その他の食料品、衣類、木炭などの日用品にも及んだ。
しかし、年を追うごとに計画的な配給ができなくなり、配給切符や通帳があっても配給所には品物がないという事態がおきるようになった。さらに19年11月以降、主要都市への空襲が本格化して被害が全国的に拡大し、混乱に拍車がかかり、食糧の配給状況は悪化の一途をたどるようになった。
 戦争が終わり、空襲におびえることはなくなったが、物資不足により人々の暮らしは戦中を上回り、一層苦しいものとなった。食糧や生活必需品などは引き続き配給制が取られたが、遅配や欠配が続き、都市部では餓死者も出たほどであった。人々は正規の配給量だけでは飢え、特に都市部の人々は、農村部への買い出しに行ったり、闇市で法外な値段で入手したりするほかになかった。また、衣類は物々交換の際に食糧と交換され、破れても丁寧に繕いながら着用するのが一般であった。
政府はこの食糧危機に対して、GHQ(連合国総司令部)に食糧輸入の承認を求め、昭和21年(1946)2月に米軍の余剰食糧である小麦粉が引き渡された。これを機に世界各国やユニセフ、国際NGOから様々な援助が行われ、危機的状況を回避することができた。》
 終戦後も主食配給量は絶対的に不足し、さらに予定の配給量が遅れる「遅配」と、配給が取り消しになる「欠配」が続いた。食糧不足が一層深刻となり、多くの餓死者が出るとの危機感がもたれた。この大会は、昭和20年(1945)11月1日に東京・日比谷公園で開催されたもので、配給量の確保を政府等へ訴えた。》(当ブログの筆者による註:引用文中の赤い文字の箇所は誤り;下の[*註]に後述する)
 
 今はもう高齢者の記憶の中に残るだけになってしまったが,NHKのラジオドラマ『鐘の鳴る丘』(昭和二十二年~) が描いた戦災孤児たちが東京上野駅周辺にあふれていた.
 それでも親が戦死や空襲で死んだりしなかった子供たちはまだ幸運だった.昭和二十二年に教育基本法(昭和二十二年法律第二十五号) と学校教育法 (昭和二十二年年法律第二十六号) が公布・施行され,義務教育を受けることになったからである.
 しかし子供たちは,学校には行けても食うものがない子も多く,栄養失調が蔓延した.今の日本でも形を変えて存在している「欠食児童」である.Wikipediaから一部を下に引用する.(参考資料動画;《第三の居場所》)
 
日本の欠食児童
 第二次世界大戦後
 戦後の食糧難は深刻を極め、1945年(昭和20年)の東京の上野駅付近での餓死者は1日平均2.5人で、大阪でも毎月60人以上の栄養失調による死亡者を出した。1947年(昭和22年)には法律を守り、配給のみで生活しようとした裁判官山口良忠が餓死するという事件も起きている。
 ほとんど全ての食糧を統制物資とした食管制度のもとでは、配給以外の食糧を食べることは即ち違法行為だったのである。しかし一般の人々は、満員列車に乗って農村へと買出しに出かけ、米やサツマイモを背負って帰った。だが、十分な食糧が得られたわけではなかった。また、占領軍の主体となったアメリカにより援助があったものの、食糧不足の解決は難しく配給の遅配が相次ぐ事態となっていた。戦前一部行われていた学校給食も食糧事情悪化のために中断され、そのため食糧を生産していない都市部を中心に、欠食児童は多く存在した
 そのようななか、1946年(昭和21年)からララ物資として、小麦粉(メリケン粉)や砂糖、脱脂粉乳や缶詰といった救援物資が送られ、1947年(昭和22年)から1951年(昭和26年)まではガリオア・エロア資金の資金援助で小麦粉などの食糧が大量に輸入された。この食糧により戦時中中断されていた学校給食が、1946年(昭和21年)12月に、東京都、神奈川県、千葉県で試験的に再開され、1947年(昭和22年)1月から主要都市の児童に学校給食が開始、徐々に全国的に学校給食が再開される。1954年(昭和29年)には学校給食法ができ、高度経済成長を経て日本が名実ともに先進国の仲間入りをして以降は、空腹の子どもたちの存在は忘れられ、欠食児童という言葉は死語となっていた。
 ところが、小泉内閣(2001年 - 2006年)の聖域なき構造改革以降、日本社会に格差社会と貧困が再び広がり、家庭で満足な食事が摂れず、長期休暇の期間中は飢えの危険に晒されるような児童が増えている。
 
 昭和二十年八月十四日に「ポツダム宣言」を受諾し,降伏文書に署名 (同年九月二日) すると当然のことながら,戦地から兵が復員してくることになった.食糧危機が起こることは明らかであった.
 内地都市部の国民でも芋のツルを食って飢えに堪えていたのに,それに加えて「泥水すすり草を食」んで生き延びた男たちが戻って来るのだ.敗戦日本は窮地に立った.
 マッカーサーが厚木に降り立ったあと,東条英機以下の政治家たちは統治能力を失った.神にして大元帥たる昭和天皇は,正装してマッカーサーを訪問するのがやっとであった.(下の画像はパブリック・ドメイン;From Wikimedia Commons,File:Macarthur hirohito.jpg)
 すなわちこの国難に立ち向かうのは官僚群以外になかった.
194pxmacarthur_hirohito
 彼らはGHQに食糧供給を要請した (昭和二十年九月) が,GHQは当初,敗戦日本の食糧生産の実態を知らなかった.
 また連合国各国自身が食糧自給に精一杯だったこともあって,極東委員会は日本への食糧輸出を禁じた.昭和二十一年二月,GHQは極東委員会の方針に従って,日本政府の要請を拒否した.( *註 上に引用した昭和館公式サイトのコンテンツに《昭和21年(1946)2月に米軍の余剰食糧である小麦粉が引き渡された》と書かれているが,この二月にGHQは食糧援助を拒否回答している.なぜ昭和館がこのような事実無根のことを書いたか理由不明である)
 しかしこの年の五月十九日,皇居前に二十五万人が集結して飯米獲得人民大会が開催されたのを見て,GHQは方針を転換した.事件の翌日,マッカーサーは吉田茂首相に,日本に対する食糧支援を約束したのである.
 五月に入りGHQは食糧三千三百七十四万ポンド相当の払い下げを発表し,六月には京浜地区に米麦二万二千トンを放出した.
 ようやく都市部国民の飢餓は回避される見込みが立った.厚生省および文部省の官僚たちはこのあと,児童を栄養失調から救うために,GHQとの交渉に奔走した.
 彼らは東北大学医学部の近藤正二教授の助言を得て,学校給食によって児童生徒たちを栄養失調から救うべく,GHQに小麦粉と脱脂粉乳の供給を要請し,GHQはこれを承諾した.
 この当時,米国が日本に,安定的かつ大量に輸出して援助できるタンパク源はこの二つだけだったのだ.特に,小麦は米国の主要農作物であるが,脱脂粉乳は貴重な農産物資だったから,これを日本に輸出することは米国政府にとってかなりの決断を要したはずである.そのような当時の状況から推測するに,小麦粉と脱脂粉乳は,マッカーサーの日本に対する好意だったろうと私は思っている.マッカーサーの新婚旅行は日本だった.日本は彼にとって思い出の国だったのである.
 さてGHQが日本に対する食糧援助に取り掛かった頃,当時サンフランシスコに在住の日系アメリカ人,浅野七之助氏は祖国日本の窮状を知り,終戦の年の十一月に「日本難民救済有志集会」を開き,祖国日本救済運動を開始した.
 翌昭和二十一年 (1946年) 一月,浅野氏を中心とする「日本難民救済会」は,サンフランシスコ在住の日系人から募った浄財で救済物資を購入し日本に輸送しようとしたが,適当な窓口団体がなかった.そこで浅野氏はキリスト教プロテスタントの団体 (クエーカー,Quaker) に働きかけ,大統領直轄の救済統制委員会に「日本難民救済会」を米政府公認団体とするよう陳情した.日本難民救済会は米国政府公認団体“ララ(LARA;Licensed Agencies for Relief of Asia)”の一組織として六月に正式発足し,十月に,この年のクリスマスに間に合うように衣類や脱脂粉乳などのいわゆる「ララ物資」第一便四百五十トンに輸出許可が下りた.ララ救援物資第一便の出航は十一月七日にずれ込んだが,十一月三十日,横浜港に到着した.当時の太平洋航路の貨物便はそれくらいの日数を要した.この第一便到着を記念する「ララ記念碑」が横浜新港埠頭 (赤レンガ倉庫の北側の海岸道路) にある.
 
 私が調べた限りでは,ララ物資に関する詳しい記録研究は『日本が受けた恩-ララ物資を始めた人々』が現在安価に入手できる唯一の新刊書籍である.今日現在はAmazonまたは楽天のオンデマンド出版が利用できるが,残念ながら国会図書館あるいは公共図書館の蔵書にはないようだ.この書籍は,ララは米国のキリスト教慈善団体の活動であるとして,西海岸および東海岸在住日系人の祖国救援活動を全く無視して書かれているので,かなり問題のある本だが,ララ関係の文献が巻末に列挙されているので,その点では貴重な資料である.
 浅野七之助氏の自伝等の古書は,流通してはいるがかなり高価なため,研究者向けである.
 ともかく私の記憶では,第一便の物資は首都圏で配布されたと思われる.
 私の記憶とは,二十五年前に開設されたある個人サイトに書かれていたことである.
 
 今の中堅社会人諸兄は覚えておられるだろう,諸兄がまだ若かった二十五年前とはWindows95がリリースされた年である.
 Wikipedia【Microsoft Windows 95】から下に一部引用する.
 
ネットワーク機能の充実
 ビジネス分野でのLANの普及に対応し、ネットワーク設定の容易化を進めた。特に日本では、ネットワーク機能付きのWindows for Workgroup 3.11が販売されず、代替としてWindows NT Workstation 3.5が他国の販売価格と比較して安価に提供されていたが、ごく一部の先進的なユーザが導入するに留まっていた。そういった背景もあり、Windows 95は大きな期待を集めた。当初の戦略としては、LANはNetBEUIまたはIPX/SPX、WANはパソコン通信(ホストとしてはMSNの利用を想定)を利用すると位置付けていたが、前年の1994年頃よりインターネットでWWWの普及に弾みが付き始めたことに対応して、インターネットに必要な通信プロトコルのTCP/IPを選択することもできた。
 もっとも、ビル・ゲイツはインターネットの普及はまだ先であるとして、パソコン通信を前提としたネットワークを考えていた。それ故、Windows 95の初期バージョンには、インターネット関連の機能は搭載されておらず、別売りの「Microsoft Plus!」による拡張機能として、Internet Explorer 2.0(英語版はIE1.0)を提供していた。しかし、ビル・ゲイツはWindows 95発売後すぐに、自分の判断の誤りに気づき、OSR2以降ではインターネット関連機能が標準搭載されるようになった。すなわち、OSR2ではTCP/IPが初期状態で選択されており、Windows 95を使えばインターネットに接続できるというイメージ戦略も成功し人気に拍車をかけることになった。》(引用文中の文字の着色強調は,当ブログの筆者が行った)
 
 小学生でもスマホを持つ今の若い人たちは想像もできないだろうが,アナログ音声伝送の電話機にNECのコンピュータを繋ぎ,パソコン通信で交流していたネットワーカーたちは,Windows95が走るPC/AT互換機を自作して,ウェブになだれ込んだ.
 若かった私も,深夜に飽きることなくインターネットの海を徘徊した.
 そしてその中に,戦後の学校給食の思い出をつづった個人サイトを発見した.
 そのサイトを設置したのは,神奈川県藤沢市在住のネットワーカーだった.私よりもずっと年上である.
 そのかたは,初めて口にした給食は,小指の爪ほどの豚の脂身と油滴が少し浮いた塩味のスープであったと書いておられた.
 おそらくその脂身は,ララ物資第一便で横浜に到着したベーコンだった.いうまでもなく敗戦後の日本では民生用畜産業は壊滅していたから,庶民の口に入る豚肉はもちろん加工肉もなかった.それは太平洋を越えてサンフランシスコから横浜に贈られたクリスマスプレゼントのベーコンに他ならなかったのである.
 この九月の二日,学校に弁当を持参できない生徒のために,一日だけの給食が全国で実施され,GHQ放出小麦粉によるコッペパンが児童に配給された.また九日には生活保護法が公布されている.
 
 やがて年を越して昭和二十二年 (1947年) 一月,主要都市の約三百万人の児童にララ物資を使用した学校給食が開始された.
 二年後の昭和二十四年 (1949年) になると,ユニセフ (国連児童基金) から脱脂粉乳が贈られ,「ユニセフ給食」が行われた。
 昭和二十五年 (1950年),米国から小麦粉が贈られ,八大都市で完全給食が行われた.
 この完全給食は「ガリオア資金」によるものであった.もともとこの資金は1947米会計年度より支出を開始し,1951米会計年度の6月で打切られた.そのため日本の学校給食は中止の危機にさらされた.しかしこれに対し,国庫補助による学校給食の継続を要望する運動が全国的に展開された.
 昭和二十六年 (1952年),財団法人日本学校給食会が脱脂粉乳の輸入業務を開始し,ユニセフ寄贈の脱脂粉乳の受入配分業務も実施された.
 この(財)日本学校給食会,学校給食法,日本学校給食会法,都道府県の学校給食会 etc. の関係がかなりややこしいが,全国学校給食会連合会の公式サイトの《学校給食の歴史》に書かれている.
 上述した昭和館公式サイトや,Wikipediaの学校給食関係項目にもかなり誤りがある.辻褄が合わない点はこの全国学校給食会連合会のサイトをレファレンスとすべきである.
 
 話を元に戻す.
 学校給食の歴史的なことは上に紹介し,レファレンスも記した.しかし献立はどうであったか.
 実は『なつかしの給食』という労作があって,かなり高価な古書でしか入手できないのであるが,昭和三十年代後半以降の献立とレシピが掲載されている.私の手元にもあるが,残念ながら,団塊世代が体験した献立はほとんど載っていない.書かれているのは,日本の経済成長が軌道に乗り,学校給食が質的にも量的にも充実してからの献立である.
 それ故,礒部希帆さんのおばあさんが希帆さんたちに拵えてくれた「小麦粉でトロミをつけた野菜 (キャベツ) のスープ」はこの書籍にはレシピがない.
 そこで昨日,つまり昭和十六年の日米戦争開戦の日に,私はわずかなありあわせの野菜と薄切りのベーコンを刻み,塩胡椒で味をつけ,小麦粉で薄くトロミをつけたシチューを作ってみた.
 家庭料理の土井善晴先生は「具だくさんの野菜スープはそれだけでおいしいんです.他にお出汁をとる必要はありません」と仰る.
 実にその通りだと私も思うのだが,具だくさんではない貧相な野菜スープは,やはり頼りない味であった.
《家事ヤロウ!!!》の中で希帆さんは結局,キャベツロールを煮るスープにはコンソメの素を加えた.
 希帆さんのお父上は,そのスープをおいしいと言って飲んだ.希帆さんはとても嬉しそうであった.
 私も,コンソメの素で懐かしの野菜シチューの味を調整しなおして食べた.
 思い出は最高の調味料だと言われるが,それも場合によりけりであると思った.w

|

2020年12月 7日 (月)

テレビの不調に悩む

 地デジ放送が始まったのは2003年 (平成十五年) だが,その前に電気屋さんに来てもらって,拙宅の屋内のテレビ受信系を点検してもらった.
 すると,私の陋屋は古いので,屋根の上の八木式アンテナから屋内に同軸ケーブルを引き込んだあとの,壁の中の配線が地デジに耐えられないだろうという診断 (信号減衰が大きい) だった.しかし壁を壊してまで屋内配線をやり直すのは,気が進まなかった.
 そこで屋根の上のアンテナを地デジ用に交換したあと,和室居間の壁に穴を開け,この穴を通じて,アンテナからの同軸ケーブルを引き込むことにした.
 つまりそれまでは各部屋の壁にアンテナ端子があったのだが,和室居間しかテレビを視聴できなくなったのである.
 あとは一階のリビング (実は飼い犬が住んでいる部屋) と二階の私の居室にテレビがあるが,これは二階の窓の外にあるベランダ (洗濯物を干したりするアレですな) の支柱にデザインアンテナを固定 (当然,屋根上よりかなり低い位置) し,そのすぐ近傍 (同軸ケーブル長さ50cm) にブースターを取り付けた.次にアンテナのUHF出力をブースターに接続し,その出力を分配器で二経路に分けた.
 ブースターの電源は二階の居室に置いて,その直流出力を「すきまケーブル」を経由でアルミサッシの外に出し,ブースターに接続した.
 もちろん分配器は通電型のものである.
 ここでアンテナに簡易型のレベルチェッカーを繋ぎ,レベルが最大になるようにアンテナの方向を調整した.
 すべて終了してからテレビ二台をオンにすると,どちらも良好な受信状態だった.以上はDIYでやった.屋根の上に昇るのは素人はやらぬほうがいいが,ベランダで工事ができるのなら自分でやったほうがよい.勉強になるし.
 
 こうして六年が過ぎた.
 ところが先月の下旬あたりから時々,テレビの音声が「音飛び」するようになった.
 暫くすると,著しいブロックノイズが入るようになり,音声だけでなく画面も不調になった.
 困ったのは,この「時々」という現象である.
 録画予約の場合,後で再生したときにブロックノイズが激しくて全く視聴不可能のことがあった.
 ノイズが激しくなる時間帯があるわけではなく,また天候も無関係のようである.
 アンテナレベル (*註) を調べると,快調な時はTBSが58dB (少し不安定だが視聴に問題はない),テレビ朝日が77dBで安定,NHKなど他の局は80dBで安定している.
 (*註) 一般にアナログ伝送の場合はS/N比と呼び,信号(signal) / 雑音(noise) である.デジタル伝送の場合はそもそも信号強度が存在しないので,搬送波強度(carrier) / 雑音(noise) を用いてC/N比という.単位はデシベル dBを用いる.
 
 しかし,我が家のテレビは突然なんの前触れもなく,安定していたNHKなどのレベルが40dB前後に急降下し,画面全体がブロックノイズに覆われてしまうのだ.そしてまた突然に元通りの良好な受信状態に復帰する.
 家電や機械の故障にしろ,建築物の老朽化・崩壊にしろ,不可逆的に進行する.「テレビの故障をそのままにしておいたら自然に直った」ということは絶対に起きない.この現象を大仰に言い換えると,高校生なら物理の授業で耳にする「熱力学第二法則」に基づく「エントロピー増大の法則」だ.福岡伸一先生は「秩序があるものはその秩序が崩壊する方向にしか動かない」と表現している.(ただし,これは確からしいが完全に証明された法則ではない)
 テレビを構成している部品と回路はすべて秩序だっている.すなわち故障は不可避である.そして軽微な故障は大きな故障へと進行する.
 だとすると,私の家のテレビが,ある時はきれいに受信できるが,またある時はブロックノイズのために視聴不能となる現象は,テレビの真の故障ではないことになる.
 私がこれまでにオーディオ・アンプやラジオ受信機,PCを作ったり修理した経験上,この種の不安定な見かけ上の「故障」は,断線寸前の状態とか接触不良が原因の可能性がある.
 これが厄介なのは,肉眼ではわからないことだ.テスターで導通テストを行って断線寸前や接触不良の箇所を特定しなければならない.
 断線寸前がプリント基板上で起きていたら,もうお手上げだ.
 トラブル・シューティングする気力が起きないので,現時点で私は,アンテナ,ブースター,分配器とそれらを結ぶ同軸ケーブルを総取り換えしてしまおうかなーと思っている.
 
 ところで,地デジの受信に関しては,不安定な受信状態 (快調な時もあるのに,突然不調になる) に悩んでいる人がかなりいて,ネットの質問掲示板に投稿がいくつもある.
 この質問に対して,「アンテナが向いている方向に高い建物が立っている」とか「強い風のためにアンテナの向きが変わった」と回答する者がいる.
 馬鹿である.
 高いビルが一日のうちに建ったりなくなったりすると言うのだ.
 アンテナが,自分であっち向いたりこっち向いたりするというのだ.
 超常現象かよ.w

|

2020年12月 6日 (日)

気象おやじギャグ

 NHKの朝のニュース番組 (七時台) を担当する女性アナウンサーは,天気予報コーナーで南利幸さんの相方を務める.
 南さんは大変なベテランであるが,お天気キャスターとしてはかなり個性的である.
 民放他局のお天気キャスターは総じて若い.中には初々しくかわいらしい娘さんもいるが,個性的とは言い難い.
 
 私が老人なので実感から申し上げると,若い人は語彙が乏しい.
 だから,一つの単語から他の単語を連想する能力に欠けている.
 これを言い換えると,若い人はおやじギャグを言う能力がないということである.
 人は歳をとるごとに言語能力が高まるのであるが,厄介なことに「思いついたおやじギャグを口に出さない」という能力が衰える.(これは《チコちやんに叱られる》で詳しく解説された)
 南さんはかなり言語能力が高いが,思いついたおやじギャグを口に出さずにはいられない.
 従って,相方の女性アナウンサーたちは,南さんのおやじギャグに付き合わされるのである.
 
 元貴乃花親方が,ふるさと納税のCМに出ている.その中の《ふるなび新作TVCM 「ふるなび屋 接客編」》を観てみよう.
 しょうもないおやじギャグに,出演している女優の名倉七海さんの困惑する表情がとてもリアルだ.
貴乃花《全国の特産品です とくさんあるでしょ?
名倉七海《・・・
 
「ああしょーもない…」が若い女性の典型的な反応であることは間違いないが,NHKのアナウンサーは,それでは勤まらない.
 ニッコリと笑って,南気象予報士のおやじギャグをおやじギャグで返したりするのである.
 石橋亜紗アナはなかなかそれが上手になってきたと,先輩アナに褒められたりしている.
 最近の南さんの作品で,おおと感心したのを以下に二つ.
七五三のお参りの日に雨が降ったりすると,大誤算
雨が降ると,道路を箒で掃いても,貼り付いた枯れ葉がなかなかとれません.いわゆる濡れ落ち葉ですが,もう箒だけに放棄するしかありません
 すべて天気予報に関係したおやじギャグであるところが非凡である.しょーもないが.

|

不道徳推進キャンペーン

 デイリースポーツ《吉村知事 看護師不足「お給料もっと出してもええんちゃう?」に答える》[掲載日 2020年12月5日 19:49] によれば,大阪府の吉村洋文知事が昨日,今月 (12/15) から運用開始を目指している新型コロナウイルスの臨時施設「大阪コロナ重症センター」についてテレビで語った (読売テレビの情報番組《あさパラ!》).
 重症センターは現時点で必要な看護師百三十人のうち,五十人しか確保できていない.以下,記事からの引用.
 
MCのハイヒール・リンゴは「(看護師の)お給料、もうちょっと出してもええんちゃうの?」と素朴な疑問をぶつけた。大阪府看護協会の公式ホームページでは、「医療崩壊を防ぐ!危機的状況から国民を守るため看護の力を!」という真っ赤な文字とともに、重症センターの看護師を「急募」。「給与50万円(日勤8回・夜勤6回程度、夜勤手当含む)+別途手当支給」「宿泊施設準備(無料)」などと記されている。
 吉村知事は「別にケチってるわけでも何でもなくて。看護協会と大阪の実務方で話し合って決定した。僕は金額にはタッチしてないんです」「医療業界の中での金額は知事が決めるような話ではない」と説明し、「財源はいくらでも出して、来てもらいたい思いはある。ただ、いろんな病院、医療機関、いろんな給料で働いてる方がいらっしゃる中で、ここだけ一律ボーン、と給料を知事が決めるのは違うのかな、と思って」と複雑な裏事情が絡み合っていることも示唆した。
 
 吉村知事の,歯噛みしたくなるほどの悔しさは私たちの想像を超えるものだろう.
 日本医師会や各地の医師会,我が国が世界に誇る感染症の専門家たちが声を揃えて,政府に対して「人の移動増加は感染の拡大を促進する」と訴えている.人の移動増加政策,すなわち Go To トラベルの中止を彼らは求めているのだ.
 だが日本国民が戦後初めて目にする暗愚宰相である菅義偉は,Go To トラベル中止を求める専門家に対して (感染なんか) マスクをしてりゃいいんだ!と放言したと伝えられる.
 そして政府は,来年六月まで Go To キャンペーンを継続すると発表した.菅は経済と感染拡大阻止の両立を図ると言うが,実は両立ではなく一方的に経済優先すなわち感染拡大のアクセルを踏み続けるというのだ.菅首相が国民に示した感染拡大防止策は「マスクをしてりゃいいんだ!」だけである.不織布マスクを国民に不足なく供給できなかった奴が,医療関係者にN95マスクを確保できなかった奴がどの面下げてそれを言うか.
 
 各地で,感染者に医療を提供している病院が経営危機に見舞われているとメディアが伝えているが,菅は知らん顔をしている.
 ここで必要な政策はまず第一に,新型コロナウイルス感染症患者を受け入れている病院は,昨年に対する今年度の経営収支の悪化差額を全額国庫で補填すると言明することである.
 次に,看護師の待遇を改善する.
 これは吉村知事が言うように,知事が決める話ではない.大阪府が財源を振り絞って破格の増額をすれば,他の自治体から看護師を引き抜く格好になる.アメリカ・ファーストが米国の退廃を招いたように,大阪ファーストは関西圏に道徳的退廃を招くだろう.
 まずは大阪府の医療関係者が,新型コロナウイルス感染症患者を受け入れている大阪府内病院の医師と看護師のあるべき待遇を決める.
 それに倣って,各地の新型コロナウイルス感染症患者を受け入れている公的病院と民間病院が,待遇を大阪府に統一する.原資は第三次補正予算に織り込む.すなわち対前年差額は全額国庫負担とする.
 こうすれば,エッセンシャル・ワーカーの奮闘に,少なくとも待遇面で報いることができる.財源はもちろん Go To トラベル中止で賄う.
 あとはエッセンシャル・ワーカーに対する精神的な支援だが,Go To トラベルの全国的中止はその最たるものだ.
 国民の血税,すなわち医師や看護師が納めた税金を政府から分けてもらって,そのカネで遊びに行くというのは国民の道徳的退廃以外の何物でもない.旅行に行きたけりゃ自腹で行け.

|

2020年12月 5日 (土)

カブのシチュー

 カブ (蕪) が旬だ.
 テレビニュースによると,このところ野菜が安い.外食店向けの出荷が著しく低調なので,家庭向けの出荷が増え,それで価格が安くなっているのだそうだ.
 確かに藤沢あたりの店頭価格もかなり安くなっている.特に,藤沢駅に隣接しているビルの地下にある八百屋さんが安い.あとはOKストアも.
 北口のダイエーはいつも高いのだが,それでもすこーし安い感じがする.
 カブは年に二回旬があって,今は秋のカブだ.旬の野菜は安くていいのだが,カブは八百屋でもスーパーでも,丸々としたものが五個とか六個を単位で売られているので,少々困る.多い.
 そこで,買ってきたカブを四個,浅漬けの素で漬けた.これは私の好物なのだ.
 浅漬けはぺろりと食べてしまったのだが,残った一つはどうしよう.
 冷蔵庫に,残り物の牛肉 (すき焼用の薄切り,六枚) があったので,これをカブと煮て食べることにした.
 鍋に肉と,縦に五ミリ厚にスライスしたカブを入れ,ここにレトルトのカレー風味ソース (ハウス プロクオリティ ビーフカレー) を二袋加える.そしてさらに水を百CCくらい加えて火を着ける.
 
「カレー風味ソース」と書いたのは,カレー感が少ないし辛くもないからで,ハヤシライスのソースに近い.
 この製品は,ハウス食品自身が「具がない」ことを訴求ポイントにしているくらいで,だから煮込みのソースに使える.
 価格は安くて,たぶん市販のレトルトのカレーの中で最安である.通販でも一つ百円以下だ.
 
 旬のカブはすぐに煮える.肉は一度火を通した残り物なので,これは温まればそれでいい.
 使ったソースは,辛くないのでライスを要しない.シチューのようにそのまま食べればよろしい.安くてお腹がいっぱいになる.年寄り向けの一品である.

|

2020年12月 4日 (金)

お箸の国の人なのに (十二)

 昨日,大阪の吉村知事は緊急事態宣言に踏み切った.通天閣の社長は,通天閣を赤くライトアップし,苦渋の決断ですと語った.
 だがその通天閣界隈にはデートをするカップルや酔客が通りを歩いていた.感染拡大は我が事にあらず.
 尾身茂分科会長 (新型インフルエンザ等対策閣僚会議新型インフルエンザ等対策有識者会議新型コロナウイルス感染症対策分科会長) は,安倍前首相に解散させられた旧専門家会議のメンバーを集めて極秘に相談を重ね,菅首相に反旗を翻して Go To トラベルの一時中止を政府に迫った.
 これに菅首相は「マスクしてりゃいいんだっ」と激怒したという.(週刊文春12/3号特集記事「総力特集 冬コロナ襲来 菅 〈GoToおじさん〉『コロナ無策』を暴く」)
 昨日も尾身分科会長は脇田感染研所長と共に,官邸で菅首相と面談し,現在の危機的状況を訴えた.尾身氏はその後のメディアとの会見で「日本全体が一つの方向を向けば危機的な状況を回避できる可能性がある」旨を首相に説明したところ,首相は同意したと述べた.
 ところがなんと菅首相は,我が国の感染症研究におけるツートップである尾身,脇田両氏の提言を丸無視したのである.すなわち,Go To トラベルは一時中止どころか,逆に来年六月末まで大幅に延長することが発表されたのだ.
 これはどうみても,尾身氏に対する面当て,意趣返しである.自分に逆らう学者には恥をかかせてやろうというのだ.なんという陰険な男であろうか.学術会議の件と同じ構図だ.
 男の顔は履歴書であるという.地方の富農の息子に生まれたとはいえ,政治家としては地盤も看板もないのに,ここまで立ち回りでのしあがって来るには,さぞや陰謀暗闘を潜り抜けてきたのだろう.それが酷薄な顔つきに表れている.「コロナで何人死のうと,飲み屋と観光業者のほうが大事だ」と,喉まで出かかっているのだろう.
 麻生財務相は「日本人は民度が高い」と言うが,首相の知的レベルが低いのに国民の程度が高いはずがない.
 すなわち東京の医療が危機に瀕しているにもかかわらず,都知事の要請なんざ無視して相変わらず飲み屋は営業をやっている.客も都知事を無視だ.
 各地で医師や看護師などが英雄的な奮闘を続けているときに,政府は血税を投入して,強欲にまみれた者どもに旅行に行けとけしかける.
 人の移動が増えれば感染者が増える.頼むから移動を避けてくれと医師たちがテレビで悲痛な訴えをしているのに,観光地には愚か者どもが溢れている.
 血税とは他人の金だ.Go To トラベルも Go To イートも,他人の金で遊び呆けて楽しい思いをするのは,道徳的な退廃だ.
 下の画像は,今朝 (12/4) の日本テレビ《Oha!4 NEWS LIVE》で流れた,東京の小料理屋のシーンである.
 あまり若くはない女が「一人忘年会」とやらをやっている.道徳的な退廃の場面だ.
20201204d
 この連載記事《お箸の国の人なのに》で,色んな奇妙な箸の持ち方を紹介してきたが,これが一番すごい.
 箸を完全に握りこんでいるため,箸先を開くことができない.これでは食べ物を箸の先に引っ掛けて口に運ぶしかない.
 そして箸をまともに持てない者は,箸の先の食べ物を落とさぬようにするから,どうしても前屈みに姿勢が悪くなる.実にみっともない.
 
 伝統的に正しい箸の持ち方は実は簡単なのであり,その気になれば誰でも美しい姿勢で食事ができるのだが,この女は努力するということが嫌いなので,この歳になっても一人で飲み屋に来て,みっともない食い方をしている.赤く塗った爪がしみじみと情けない.犬食いまであと少しだが,いつもマイ先割れスプーンをバッグに入れておくがいい.環境に優しいぞ.
 こんな有様では,恥ずかしくて他の人と会食はしたくないだろうが,飲食店での「おひとり様」は感染リスクが低いと専門家は言っている.なるほどー.箸を持てなくてよかったよかった.おい.

|

2020年12月 3日 (木)

中川日医会長怒る

 昨日放送のTBSテレビ《ゴゴスマ》を観ていたら,途中で日本医師会・中川俊男会長の記者会見の中継が入った.
 北海道と大阪で医療崩壊が目前に迫っている現在,11/25の記者会見時よりもさらに切迫したメッセージを国民に発した.
 日本医師会や東京等の医師会が「最大の経済対策は感染拡大を阻止することだ」と真剣に訴えても,菅内閣はGo To トラベルキャンペーンを止めようとしない.また国民も,医療崩壊なんぞどこ吹く風とばかりに遊び歩いている.
 東京の飲み屋の多くは営業時短に応じようとしない.
 そんな状況下に,とうとう東京の新規感染者は昨日,水曜日として最多を記録した (検査数の関係で毎週水曜日は新規感染者が少なく報告される).
 私は想像するのだが,各地の病院で身を削るようにして奮闘している医療従事者に対して,あろうことか露骨な差別的振る舞いを行っている愚か者どもは,Go To トラベルで遊びに行く馬鹿どもと重なっているのではないか.
 札幌が Go To トラベルから除外されるや,観光旅行馬鹿たちは,どうしたか.札幌に近い小樽に旅行先を変更し,そこから札幌に遊びに行っているとテレビが報道した.小樽のホテルは予約が激増だそうだ.
 日本医師会長の悲痛なメッセージを真摯に受け止めるならば,Go To 札幌除外の抜け道を探して旅行に行くなどということができるはずはないと私は思う.
《コゴスマ》レギュラー・コメンテーターの古館一郎が「政府は飲食店の時短補償にお金をつぎこむのではなくて,頑張っている医療機関が経営危機に陥っているという,そこに資金を投入すべきだ」旨のコメントを述べた.
 すると,リモートでコメンテーターに招かれた丸田佳奈医師が「お金のことだけじゃなくて,医療スタッフが精神的にも肉体的にもぎりぎり疲弊しているのです.だから感染者を減らす政策をして欲しい」旨の意見を述べた.
 もう一人の医師 (お名前を失念した) も,何としてでも Go To トラベルを止めようとしない政府に「怒りを覚える」と言い切った.
 
 私は先日の記事《マスクをしよう》に次のように書いた.
 
新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスとのあいだで干渉が起きているのだと主張する少数の研究者がいるが,エビデンスはない.
 ウイルスの「干渉」は細胞レベルあるいは個体レベルのミクロな話であり,今現在,両ウイルスの「干渉」が日本全国で起きているマクロな現象であると考えるのは非常に無理がある.
 ではなぜインフルエンザの流行が見事に抑制されているかというと「手洗い,消毒,マスク着用,三密を避ける」などの新型コロナウイルス感染防止対策が国民のあいだに普及したからであると多くの医師たちが説明している.
 言い方を変えると,マスク着用と手洗い等の基礎的対策で流行を抑制できるインフルエンザウイルスに比較して,新型コロナウイルスはもっと感染拡大防止が困難なウイルスであるということだ.
 
 日本医師会・中川会長は記者会見 (12/2) で,季節性インフルエンザは例年より大幅に少ない状況が続いていることに触れて次のように述べた.《総論 (最近の新型コロナウイルス感染症の感染状況を受けて)
 
季節性インフルエンザが激減する程の感染防止対策をとっているにもかかわらず、感染拡大を防ぐことのできない同ウイルスの感染力の強さを強調。「仮にマスク無し、手洗いも励行しない以前のような生活を送っていたとすれば、感染の拡大はとても今のような程度では済まなかったのではないか」と治療や予防法が確立している季節性インフルエンザと同様には扱えない理由を解説した。
 
 私の記事と中川会長のメッセージは同じことを述べている.これが今,専門家と国民のコンセンサスが得られている重要な見解である.
 さて中川会長がメッセージを読み上げたあと,司会者がメディアからの質問を受け付けた.
 ところがこのとき,社名は聞き落としたが,女性の記者が2021年度の薬価改定について質問した.
 中川会長はムッとした表情で,「それは,今の私の話とは関係ないことですよね,それでも答えますか?」と言った.
 中川会長が新型コロナウイルス感染症について真剣なメッセージを発したのに,この記者は全然聞いていなかったのである.国民が知りたいことに無関心なメディアに何の存在価値があるのか.中川会長の怒りはもっともである.

|

2020年12月 2日 (水)

長屋の熊さん 森のくまさん くまのプーさん

 このあいだの朝のNHKニュースで,最近になって住宅地等に出没するツキノワグマが増えたのはなぜか,という話題を扱っていた.
 そのときに解説委員は,人間の居住地域には食べ物があると学習したクマが増えたのだと述べ,これを新世代のクマと呼んでいた.
 クマは母親が子を教育するから,学習した知識も垂直に伝えられていくのだろう.
 そのうちに第七世代のクマに人気がでるかも知れない,という冗談はともかく,昔からアナウンサー (特にNHK) の「クマ」の発音に違和感を持つ人は多い.「クマ×発音」で検索すると,質問掲示板に,クマの発音についての質問がいくつも見つかる.
 これについて国際交流基金のサイトに《18年ぶりの全面改定!『NHK 日本語発音アクセント新辞典』》と題した記事がある.[掲載は2016年]
 クマの発音問題に関する最新の情報であるので,下に一部を引用する.
 
古いアクセントから新しいアクセントへ
 日本語には、時代によってアクセントが変化することばもあります。たとえば「熊」ということばは、昔は「クマ\」という発音でしたが、現在では「ク\マ」という発音もよく使われています。今回の改訂では、こうした単語のアクセントの大幅な見直しを行いました。
 たとえば「熊」については、これまで「クマ\」だけしか認めていなかったものを、今回から「ク\マ」というアクセントも認めています。
 
 音の高低を表現するためにNHKが用いている「\」記号は,ほとんどの日本国民には馴染みのないものだろう.誰にもわかりやすい書き方だと,平仮名二文字の「クマ」の発音は,「高低」か「平板」か「低高」のいずれかである.このやり方では,「クマ\」は「低高」,「ク\マ」は「高低」である.
 
 およそ日本各地には,その土地で古くから用いられてきた言葉がある.明治政府は軍隊の近代化を進める上で言葉の統一が不可欠であると考え,標準語を制定せんとしたのだが,失敗した.これに関して Wikipedia【標準語】は次のように記している. 
 
《(Wikipedia【標準語】から一部引用)
日本語
日本語においては、明治中期から昭和前期にかけて、主に東京山の手の教養層が使用する言葉(山の手言葉)を基に標準語を整備しようという試みが推進された(そのうち最も代表的で革新的だったのは小学校における国語教科書である)。これに文壇の言文一致運動が大きな影響を与えて、「標準語」と呼ばれる言語の基礎が築かれた。
 
 ここで現代の私たちが不思議に思うことは,東京山の手に「教養層」が本当にいたのかということだ.実証しろと言われると困るが,江戸時代に商家の子弟や長屋の子供たちに読み書き算盤を教えていた教養人士は下町に住んでいたのではないか.
 次いで,戦後の昭和期は別として,明治から戦前にかけて「山の手」といえば《江戸城の近辺とその西側の高台の山の手台地を幕臣などの居住地帯》のことだ.(Wikipedia【山の手】から引用)
 つまり明治以降,昔の山の手に住んでいたのは主にかつての武士階層出身者であった.それより少し前の江戸時代には,神君家康公に仕えたたくさんの三河武士を中心として東海地方からやってきた直参旗本たちをはじめ,薩摩から津軽に至る各地方各藩の武士たちが御府内に居を構えて,言葉のカオス状態だったと思われる.当たり前だが,諸藩のお殿様も普段は方言でしゃべっていた.
 おまけに明治になっても,山の手にいる政府の要人たちは各自勝手にお国言葉 (土佐,長州,薩摩,佐賀等) で「ごわす」とかワイワイやっているわけだから,日本語の統一ができるはずがない.結局,標準語は小学校の教科書として結実したものの,政治的には頓挫したのであった.(参考:井上ひさしの『國語元年』等の作品)
 重要なことは,標準語政策は,文章語にしか成果を挙げなかったということである.日本語の発音は置き去りにされたのだ.
 ここでNHKが舞台に登場する.放送文化研究所だ.この機関は様々な調査研究をして国民の啓蒙活動をしているので,公式サイトは参考になる.(公的機関としては文科省に国立国語研究所があるが,ここは何をやっているのか国民には皆目わからない)
 放送文化研究所のコンテンツは参考になるが,冒頭に紹介した『NHK日本語発音アクセント新辞典』の記事を引用してみる.
 
18年ぶりの大改訂で、新しいアクセント辞典が誕生しました。
新しいアクセント記号「 \ 」「  ̄ 」を採用し、見出しの立て方も“国語辞典方式”になって、より使いやすくなりました。
本編の収録語数は7万5,000。「新しい語」や「長い複合語」「地名」も充実させたほか、付録では、〈5本〉〈15日〉など「ものの数え方」を一覧表にしたページを大幅に増やしました。
NHKアナウンサーへの調査をはじめ、膨大かつ詳細なデータをもとに「放送で用いるのにふさわしいことばの発音・アクセント」を掲載。
最新の研究成果に基づく「解説」や実用的な「付録」など、放送現場で使う人だけでなく、日本語の発音・アクセントを学ぶ人にとって役立つ情報に満ちあふれた、“これぞ現代のアクセント辞典”といえる『新辞典』です。
 
 もとよりこの辞典は《放送で用いるのにふさわしいことばの発音・アクセント》を掲載したものに過ぎないのだが,NHKには「官業」の意識が残っているからか,日本には各地各地方に様々な言葉があるのに《放送現場で使う人だけでなく、日本語の発音・アクセントを学ぶ人にとって役立つ情報に満ちあふれた、“これぞ現代のアクセント辞典”》として,かつての標準語あるいは現代の共通語をつくろうという夢を捨てていないように思われる.
 それが「クマ」の発音に表れていた.NHKは何がなんでも「クマ」の発音を全国的に一つに統一固定しようとしたのだが,もちろんそんなことは無理だ.上に引用した《これまで「クマ\」だけしか認めていなかったものを、今回から「ク\マ」というアクセントも認めています》は,アクセント統一が無理であることを理解したNHKが,多少柔軟になったことを示しているのかも知れない.
 しかし往生際が悪い.《日本語には、時代によってアクセントが変化することばもあります。たとえば「熊」ということばは、昔は「クマ\」という発音でしたが、現在では「ク\マ」という発音もよく使われています》というが,その「昔」ってのはいつの時代の話だ.
 無理やりな官製国語である標準語ではなく,自然にできあがった東京の下町言葉では,それこそ昔から熊は「ク\マ」(高低) と発音した.
 嘘だと思うなら,八代目桂文楽,六代目三遊亭圓生など昭和の大名人と呼ばれた噺家たちが残した録音を聴いてみるがいい.長屋に住む熊は「ク\マ」以外にない.
 落語は口承芸だから,文楽や圓生の発音は,江戸から明治にかけての名人たちが話した下町言葉の発音を継承している.すなわち昔から熊は「ク\マ」だったのである.
 NHKは「クマ\」をアナウンサーの統一発音にとどめて,どうか《これぞ現代のアクセント辞典》などとふんぞり返らないでいただきたいものだ.
 
 ところで童謡「森のくまさん」は「クマ\」さんだ.どうしてなんだろうと思ったら,米国民謡に日本語歌詞をつけたのは大阪出身の小説家である馬場祥弘だった.もしかすると「クマ\」は関西のアクセントなのかも知れない.
 それから「くまのプーさん」だが,ある人がTDLの広報に電話して「クマ\」なのか「ク\マ」なのか質問したら,「ク\マ」のプーさんですとの回答があったという.これはTDLの人が関東の人だったからだろう.大阪の本屋で店員さんに質問したら「クマ\」のプーさんですと答えるかも知れない.もっとも,プーさんはクマじゃなくてクマのぬいぐるみだけどね.




|

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »