« 正蔵の言いたいこと | トップページ | 産経は空想で記事を書く »

2020年10月21日 (水)

長崎の鐘

 現在のNHK朝ドラは,古関裕而をモデルにした《エール》である.私はこの連続ドラマの視聴者ではないが先日,偶々観ることがあった.朝のニュースを見てから,テレビをそのまま見ていたのである.
 今回の朝ドラに関しては,戦時中と戦後の古関裕而をどう描くかということが一部メディアで話題になっていた.古関は戦争協力者だったからである.
 昭和五年 (1930年) に古関裕而は,日本コロムビア株式会社の顧問山田耕筰の推薦によりコロムビア専属の作曲家となったが,生活のために次第にクラシックの作曲から離れ,歌謡曲を手掛けるようになった.そして戦局いよいよ困難となった昭和十九年 (1944年) の四月,古関は作家の火野葦平や洋画家の向井潤吉と共に「特別報道班員」に選ばれた.
 日米開戦後に大本営は,国民徴用令の範囲を拡大して陸軍報道部と海軍報道部に新聞社から記者を徴用して「報道班員」を組織した.この「報道班員」は新聞記者であるが,画家や音楽家など新聞社以外からも徴用された.それが「特別報道班員」である.芸術家たちはそれぞれの職業分野で戦争へ動員されたのであったが,古関は多くの軍歌と戦時歌謡の作曲を行った.国営ラジオ放送の番組向けに作られた国民歌謡の一つ「愛国の花」はこの時期の古関の傑作である.(渡辺はま子の歌唱はここ)
 朝ドラ《エール》は,徴用当初は国家のために協力することに疑いを持たなかった古関が《次第に自らの作品で戦地に送られ,戦死した人への自責の念を持》(Wikipedia【古関裕而】から引用) つようになったことを描いている.
 NHKはこの《エール》とは別に《エール 古関裕而の応援歌》を放送している.先日の放送では美輪明宏が出演して「長崎の鐘」について語った.
 美輪明宏は長崎の人である.私は知らなかったのだが,美輪は,随筆『長崎の鐘』で知られる永井隆博士の長男誠一と同級生で,そのため病床の永井博士を見舞いに訪問したことがあると語った.
 Wikipedia【美輪明宏】から,原爆の長崎投下の日の美輪について,下に一部を引用する.
 
美輪明宏(10歳)は、長崎市への原子爆弾投下時、長崎市本石灰町(爆心地から約4キロ)の自宅におり無事だったが[注釈 1]、その後、近くの防空壕で待機した後に、6日後の終戦の日に爆心地近くにあった生母の実家へ祖父母を1人で探しに行き、惨状を目の当たりにする[注釈 2][注釈 3]。

1945年(昭和20年)8月9日、雲1つない快晴の日、長崎県長崎市本石灰町にある自宅において、美輪明宏(10歳)は窓際で夏休みの宿題に御伽草子の「万寿姫」の絵を製作していた。自身が製作した絵の仕上がりを確認するため、2、3歩後方に下がった時、原子爆弾が長崎県に投下された。何千ものマグネシウムを焚いたような白い光だった。美輪明宏は、雷光かと思い、天気の良い日なのにと不思議に思う。しかし、直後には、世界が息を止めたような深い静寂に包まれるのを実感したと言う。その直後に、激しい爆発音が聞こえ、家がぐらぐら揺れて傾いた。お手伝いに促され2人で布団をかぶると空襲警報が鳴りだし、その後爆風で机の下に飛ばされていた兄を起こし3人で防空壕に向かうが、景色が一変していることを知る。隣接する劇場は天井が崩れ落ち、勤労奉仕の女子挺身隊の宿舎は形を残していなかった。》 
 
 いうまでもなくサトウハチロー作詞・古関裕而作曲の歌謡曲「長崎の鐘」は,永井博士の『長崎の鐘』を踏まえている.
 美輪明宏は,「長崎の鐘」は古関裕而にとって,戦争協力に関する贖罪の意味があっただろうと語った.「ナガサキ」を経験した戦中派世代美輪明宏のこの思いは貴重な証言だと思われる.
 番組放送の中で美輪明宏は,「長崎の鐘」がマイナーからメジャーへと転調する構成を巧みだと称賛した.古関裕而は,焦土と化した長崎でそれでも立ち上がる人々を,この曲想に託したのであろう.そして「長崎の鐘」は「栄冠は君に輝く」「東京オリンピックマーチ」(動画) へと繋がっていくのであった.それは戦争協力者として打ちひしがれた古関が立ち直っていく過程であったろう.
 昭和四十年,北関東の片田舎で中学から高校に進学した私は,吹奏楽部に入り,古関裕而の名を知った.年に一度のコンサートで「栄冠は君に輝く」と「東京オリンピックマーチ」のホルンを吹いたのは今も忘れがたい思い出になっている.
 
 それにしても,話は聞いてみるものだ.この美輪明宏と永井隆博士のように,世に知られた人どうしの意外な繋がりに驚かされることがある.
 例えば,遠藤周作は灘中学の生徒だった頃,灘の隣にある甲南高等女学校に通っていた佐藤愛子に憧れていたと随筆に書いている.また菅原文太と若尾文子とか,著名人同士が幼少の頃からの知り合いだったという話は多い.
 しかるに私は無名の庶民であり,私の知り合いも庶民ばかりである.こればかりは運命というもので致し方ないが,できれば美しい女優さんと幼馴染に生まれたかったなあ.

|

« 正蔵の言いたいこと | トップページ | 産経は空想で記事を書く »

新・雑事雑感」カテゴリの記事