« ヨガは不思議だ | トップページ | しらたきの常備菜 »

2020年5月28日 (木)

メイクイーンでポテトサラダを作る

 知人から,ダンボール箱にいっぱいの新ジャガイモを頂戴した.箱を開けてみたら,小はSサイズの鶏卵大から大きいのはテニスボール大まで.男爵もメークイン (標準和名はメークインだが,Make in では意味不明だ.私はメイクイーン May Queen と書きたい) も一緒くたの泥付きである.
 これをさてどう食べようかと思案して,まずは茹でて塩を振って食べた.
 次に男爵は細く千切りにして,輪切りの鷹の爪と麺つゆで炒めて,キンピラにして食った.これは私の冷蔵庫の常備菜だ.
 拍子木に切って味噌汁にしてもいい.ジャーマンポテトやグラタンもうまい.
 コンソメのキューブとカレー粉で煮て食ったが,ジャガイモだけのカレーもいけるのではないかと思った.
 惣菜屋に行くとこの季節,ピンポン玉くらいの新ジャガをポテトフライにして売っている.これがうまい.
 こうしてみるとジャガイモは芋の王だ.サツマイモやサトイモではこうはいかない.
 そこで,芋料理の王,ポテトサラダを作ってみた.
 ジャガイモはメイクイーンを使う.男爵イモのポテサラはスーパーの安い惣菜であり,女子供の好物である.男爵ポテサラは,マヨネーズが多いとただもうベタベタのペーストで,うまくもなんともない.マヨネーズが少ないとただのマッシュポテトとどう違うのかわからぬ.ここはメイクイーンのポテトサラダが決まり事である.
 
[材料]
 メイクイーン  普通の大きさのものを四つくらい.
 平和食品工業「野菜ブイヨン」  大さじ二杯くらい.Amazonで購入できる.
 タマネギ    一個の半分を一ミリ厚にスライスする.量はジャガイモの半量くらい.
         今の季節,新タマネギならそのまま使う.
         辛いタマネギの場合は水に晒すなりサッと湯通しするなりして,辛みを除く.
         いっそ一センチ角くらいに大きく切って,油炒めにしてしまうのもアリ.
 キュウリ    一本.握ると痛いくらいに鮮度のよいものは,下処理して尖ったトゲトゲを除去する.やり方はネット参照のこと.
         トゲトゲのないものはそのまま使う.
         一ミリ厚にスライスする.塩もみは不要.というかしないほうが生野菜感があっておいしい.
         塩もみすると書いてあるネットのレシピは参考にする必要なし.
 ベーコン    ファミマのスモークベーコンを一袋.短冊にカットし,フライパンで軽く炒めて香りを立てておく.
[作り方]
* 手頃な大きさのメイクイーンを,四つかそこらピーラーで皮を剥く.これを五ミリ厚から十ミリ厚に輪切りする.さらに半分にカットする.厚みは揃えないことが大切.なぜかは後で食べるとわかる.
* 鍋にジャガイモを入れ,ひたひたの水を入れて火を着け,野菜ブイヨンを投入して茹でる.野菜ブイヨンの代わりに味の素等の高血圧型コンソメで代用しても可.塩分控えめコンソメならもっとよい.
 ただの塩茹でではなく,メイクイーンのポテサラはこの茹でるときの味付けがポイントだ.ここで好きなスパイスを追加して使う工夫をするとさらによい.
* 厚くカットしたジャガイモに火が通ったらすぐ火を止め,イモだけボウルに取り出す.ラップをせずに電子レンジで加熱し,無駄に付着した水分を飛ばす.
* 湯気が立っている状態で,フォークとかスリコギで潰す.マッシュされた部分 (下ごしらえで薄くカットした部分が簡単にマッシュされる) とゴロッとしたイモ感がある部分 (元々厚く切った部分) の割合はお好みで調節する.
* 小皿にチューブ入りの和ガラシを六センチくらい絞りだし,少量の水で溶いてからイモに加える.安っぽいスーパーの惣菜ポテサラはカラシをケチっているのが多い.
* さらにマヨネーズを好みの量絞り入れる.マヨネーズの量は,メーカーの違いもあり,人によりほんとに好き好きなので,少しずつ加えながら,味見をしつつ決めること.
* ベーコンを投入し,シャモジ等で混ぜ合わせるとできあがり.あとは冷蔵庫でよく冷やしてから食べる.
[感想]
 安いスーパー惣菜の男爵ポテサラはジャガイモのペーストに過ぎないが,メイクイーンのポテトサラダは料理感がある.
 要点は,つぶしたイモの大きさを揃えないこと (下の写真参照),イモを茹でるときにブイヨンを使うこと,タマネギとキュウリをたっぷり使うこと.和ガラシをケチらぬこと.
 盛り付けたら,パプリカとかパセリの粉なんかを飾りに振ってもいい.
 黒オリーブの輪切 (コープ食品「サラダクラブ ブラックオリーブ スライス」が安くてよい) をトッピングするのもおすすめ.
 カンボジア産の黒コショウ塩漬け,日本産のシソの実の塩漬けなどをパラリと載せても旨い.もちろん黒コショウをカリカリと挽いてかけてもよし.
  
20200527c

|

« ヨガは不思議だ | トップページ | しらたきの常備菜 »

外食放浪記」カテゴリの記事