« 疫病にて人の死に行く | トップページ | いくら無知とはいえ首相の舞い上がりが異様だ »

2020年4月28日 (火)

習近平の一人勝ち

 AFPBB News《中国、「粗悪マスク」8900万枚超を押収 輸出向けも多数》[掲載日 2020年4月28 00:14] が,またも中国製似非「医療用品」について報道している.一部のスクリーンショットを下に引用する.
20200428b  
 数日前,私の行動範囲にある八百屋の店頭に,中国製マスク (無印箱入りのバルク品) が積まれていた.
 ドラッグストアの店頭からマスクが消えて久しいが,それは薬局薬店の流通ルートには粗悪品が流れてこないからだと思われる.まっとうな商売をしたいと思う人たちの良心だろう.
 その後,中国製マスクはドンキなどのディスカウント店で大量に販売されるようになったが,最近では商店街の個人商店の店頭で見かけるようになり,ついには八百屋で売るようになったのである.
 そして,マスクだけでは飽き足らず,中国は「効果のない消毒薬」まで輸出するようになった.詳細不明だが,消毒用エタノールを大量の水で希釈したとか,そんなあたりじゃなかろうか.
 習近平は諸外国の手前,悪徳業者を一応「取り締まっている感」を見せているが,その数一万に迫る不良品製造集団を潰せるとは思われない.
 シャープ製のマスクが,販売サイトにアクセスできないくらいの人気だが,みんな通販で買える中国製マスクはあやしいと思っているからだろう.
 
 ウイルスに感染した観光客を世界中に出かけさせてパンデミックを起こしたあと,今度は粗悪な医療用品を世界各国に輸出し,次いで習近平は艦隊を太平洋に送り出した.米国の太平洋における力が,空母等の乗員が集団感染したことで低下したと見るや,東南アジア海域における軍事挑発行為に余念がない.どこまでやれば気が済むのか.
 今回のパンデミックの最大の被害者は習近平の陰謀「一帯一路」に騙されたイタリアだが,コロナ禍の終息後にアフリカなどの途上国はこれまで以上に中国の経済的支配下に置かれることになるだろう.こうしてアフリカを支配下に置いてから自由に使える軍港を建設する.大西洋を中国艦隊が巡航する日はそう遠くないように思われる.
 
 余談だが,少し前の報道にSo-netニュースその他が中国製マスクなどの粗製乱造ぶりを伝えていた(《フィンランド、中国から購入した200万枚のマスク「全部不良品」》[掲載日 2020年4月9日 17:25])
 ざっと要約すると,
* フィンランド  中国から200万枚の外科手術用マスクと23万個の個人用防護具を購入したところ,全部不良品だった.
* オランダ政府は中国から購入した60万枚のマスクが不良品だったため,回収を余儀なくされた.中国政府は謝罪せず,オランダにテストの再度実施を要求した.
* スペイン政府は中国製のウイルス検査キットを550万個購入したが,精度が30%を下回ったため返品した.
* パキスタンは高品質のN95マスクを注文したのに,送られてきたのは下着で作られたマスクだった.
 
 この中で注目すべきは,パキスタンがまんまと騙された「下着で作られたマスク」だ.いったいどんな下着だったのか.トランクスの生地か,それともブリーフのほうが柔らくていいかも.と思っていたら,東スポWeb《加藤紗里「アベノマスク改造ブラ」で炎上》[掲載日 2020年4月27日 10:50] だとさ.
 これには批判が殺到炎上したというが,日本ネット経済新聞《下着で作ったマスク「ブラマスク」が大反響 ECサイト「ランジェリー・ラボ」で販売》[掲載日 2020年4月23日 17:40] はどうなのか.完成度が高ければよいということのようである.
 そのことからの連想だが,昨日の小池都知事の布マスク,通称「小池マスク 」はレースだった.レースのマスクって…… orz
 
 あ,タイトルと全然関係ないことを書いてしまった.ま,いいか.

|

« 疫病にて人の死に行く | トップページ | いくら無知とはいえ首相の舞い上がりが異様だ »

新・雑事雑感」カテゴリの記事