« 「励ます人」への補遺 | トップページ | わけがわかりません »

2020年4月 8日 (水)

緊迫感

 先日の記事《揚げ足を取る女たち》に,蓮舫と福島瑞穂議員が小池都知事の揚げ足を取ろうとして墓穴を掘ったという話を書いた.
 そのあと今度は楠田枝里子さんが,小池都知事の話は「夜間の外出についてもお控えいただきたいと存じます」のように敬語や丁寧語が過剰で,話に緊迫感がないと,フジテレビ《バイキング》で貶した.(3/26放送)
 そうかなあ,と私は思う.楠田さんは芸能界の人だからそう思うのじゃないか.実社会ではそれほど違和感のない日本語だと思うが.
 そこで楠田さんのリコメンドに従って小池都知事が緊迫感のあるスピーチをしたらどうなるか,想像してみた.
 
 材料は“Angry Italian mayors yell at people ignoring lockdown rules ”という動画を使う.イタリア各地の首長さんたちがテレビで市民にスピーチしているのだが,日本の民放でも各局が紹介したので,よく知られているだろう.
 この動画の最初に登場するのは,カンパニア州知事のビンセンゾ・デ・ルカ氏.割と穏やかな話しかたで,しかし非常事態にもかかわらず淡々とブラックなことを言うところがすごい.
[オリジナル]
 I'm getting word that someone is having a graduation party.  We'll send in the police with a flamethrower.
 卒業パーティーをやっている奴がいるという話を耳にした.火炎放射器を装備した警察を送り込むからな.
[小池調]
 伺ったところによりますと,卒業パーティーをなさっているかたがおありになるようでございます.感染拡大を防ぐために今週末は大人数での会食等の自粛をお願いいたしておりますところでございますので,東京都といたしましては警視庁機動隊を出動させまして,会場を火炎放射器で焼き払ってはどうかと考えているところでございます.
 
 次はウンブリア州グアルド・タディーノ市の市長.こちらはビンセンゾ氏と違ってラテン系激情の人.カメラを前にブチギレている.
 私はこの動画で初めて知ったのだが,イタリアの郵便局はスマホの充電サービスをしているようだ.ATMに列を作るというのは日本でも普通にあることだが,郵便局での充電は,市長のスピーチにさらっと出て来るくらいだから,イタリアではごく普通のことであると思われる.他のEU諸国ではどうなのか,興味深い.
 あと,私の語学力のなさを痛感したのだが,incontinent dogs がよくわからない.しつけの悪い犬は,散歩する時に飼い主を引っ張りながらぐいぐいと前に歩く.最初はこれを「incontinent=我慢できない」というのかと思ったのだが,実はどうやら老犬の尿失禁のことらしい.この市長は犬を罵るのにincontinentを使っている.勉強になった.飼い主を罵倒するついでにとばっちりで罵倒された犬がかわいそうだと私は思うが.
[オリジナル]
 You go and queue up at the post office to recharge your phones, you go and queue up at the ATM machines ?
 お前たち,スマホを充電するのに郵便局で並んだり,ATMに列を作ろうとしてるのか?
 Where are you going with these incontinent dogs ?
 お前,ションベン垂れ流しのおいぼれ犬をつれて,どこへ散歩に行くつもりだ?
 You must stay at home !
 うちに居ろって言ってるんだ!
 Don't you understand that people are dying, more than 400 people a day are dying. Dying !
 いいか,1日に400人も死んでるんだぞ,死んでるんだ!
[小池調]
 えー,さて,イタリアでは郵便局でスマホの充電ができるということを都民の皆さまが御存知かどうかわかりませんけれども,感染爆発 重大局面におきましては,携帯の充電のために郵便局に出かけたり,ATMに列を作ること,それからなんと申しますか,チョイ漏れといいますか,ダダ漏れというか,そういう犬の散歩は,自粛していただくことになろうかと存じます.どうか都民の皆さまは,ステイアットホームでお願いいたします.と申しますのは,現状では一日に四百人もお亡くなりになるからでございます.
 
 さらには,フォッジア県ルチェラ市 (イタリア半島の足首あたりにある) の市長は放送禁止用語をブチかまして,市民の胸を強く打った.
 イタリアでは三月十日に全土がロックダウンされた.ルチェラ市の市民は外出禁止になったので,女性たちは美容院に行けない.そこで登場したのが訪問美容師だ.各家庭をまわって女性たちの髪型を整えてくれる.しかしこれはウイルスの拡散伝播リスクが高い.それで市長が激怒したわけである.
 だがこの市長,口汚く罵っているように見えて,最後のセンテンスで女性の髪型をさりげなく“beautiful ”と形容しているのをみると,この逆上が演技であることがわかる.さすが女心をつかむのがうまいイタリアの男は違う.
[オリジナル]
 These f**king hairdressers who go from home to home to fix women's hair, what the f**k are they for ?
 (翻訳を自粛)
 What is the damn point ?
 クソッタレ,訪問美容なんて何の意味があるんだ?
 But do you understand that coffins are closed ?
 おまえら,棺桶にはフタがあるのがわからんのか?
 Who will see all these beautiful hairstyles in the coffins ?
 棺桶の中に入った連中の素敵な髪型なんか誰にも見えないんだからな,わかってんのか?
[小池調]
 (前半自粛)
 緊急事態宣言の発出によりまして,営業自粛していただく業種を東京都は詳しくとりまとめたのでございますが,政府から理美容業にはクラスターが発生していなから営業自粛は不適当であるとの御指摘がございまして,現在調整中でございます.
 東京都といたしましては,緊急事態宣言が出ますと,東京都が感染拡大を止める権限を委譲されると理解していたのでございますけれども,実はそうではございませんでした.政府の許可が実は必要なのであります.これは特措法には書かれていないことでございますので,大変に困惑いたしておるところでございます.
 えー,美容院に営業自粛されては困るというのは,髪が長いからでございます.私は高校時代以降,ずっとショートにしておりますけれども,一度だけ自民党が政権を失った時に髪をロングにいたしました.自分にとってつらいこと,つまりロングヘアを自分に課しましたので,あれを臥薪嘗胆ヘアと呼んでおりましたことは都民の皆さまご記憶のことかと存じます.さて,
 
 収拾がつかなくなったので,ここでやめる.ヾ(--;)
 

|

« 「励ます人」への補遺 | トップページ | わけがわかりません »

新・雑事雑感」カテゴリの記事