« 嘘をついても平気 | トップページ | 日本人は民度が高いという思い込み »

2020年4月10日 (金)

基本を無視して

 本会議や委員会で議員たちがマスクを着けるようになったのは一歩前進だ.しかし,我らが首領様安倍晋三は,国民に配る予定の布 (ガーゼ) マスクが低品質であることを国民に知られてしまった.
 どういうことかというと,国民が安倍首相のマスクが異様に小さいのを不思議に思っていたら,一回洗っただけで縮んでしまったのだと自分からメディアに白状したのである.
 そのあと,大きいマスクになったと思うと,すぐ小さくなってしまうのを繰り返している.菅官房長官は「布マスクは二十回洗えると承知している」と言ったが,数回の使用にしか耐えない可能性がある.それに四百六十六億円を投じるのだから我らが首領様は太っ腹である.
 今月始めの内は国会内議事堂内でメディアに応答する際,マスク着用のままだったのだが,緊急事態宣言の時からマスクを外すようになった.たぶんマスクが縮んで小さくなったために,耳にかけるゴム紐がきつくて,耳の付け根が痛いのだろうと思われる.ただし,マスクを外した理由をメディアの記者から問われて「飛沫が飛ばない距離だから」と答えた.
 
20200410e
 
 新聞というものは,相手が首領様であろうとなかろうと,道理に外れたことは外れていると指摘しなければいけない.
 朝日新聞の記事から引用した上の画像のキャプションにおいては「マスクの基本を無視して外し、記者の……」と書かねばならぬのだが,朝日は腰抜けだからそう書けない.しかも首領様は,マスクを外しているときに咳をするのだが,朝日は首相の咳エチケット無視を指摘しない.
 さらに,テレビのニュースを観ていると,無意識なんだろうが,首領様は外したマスクを上着のポケットに入れちゃったことがある.
 しかも,いつもマスクの外側を手で持つのである.(画像中の赤い矢印)
 誰か,幼稚園児に教えるようにして,正しいマスクの扱いかたを教えてやってくれぬか.

|

« 嘘をついても平気 | トップページ | 日本人は民度が高いという思い込み »

新・雑事雑感」カテゴリの記事