« 人生を賭した遊び /工事中 | トップページ | 風俗産業を助けようと上柳昌彦は語った »

2020年3月31日 (火)

買春男が新型コロナウイルスについて何か書いている

 朝日新聞社のサイト“WEBRONZA”を流し読みしていたら,米山隆一が《新型コロナ急拡大で小池都知事の言う「首都封鎖」は本当に必要か》を書いていた.
 米山隆一は二年前,買春スキャンダルで新潟県知事の座からころげ落ちた男だ.Wikipediaにこう書かれている.
 
女子大学生への買春行為に伴う辞職
2018年4月16日、出会い系サイトで知り合った20代の女子大学生に金品を渡して交際していた(買春行為)事が週刊文春に報じられる予定であることを受け、支援者らと対応を協議した結果、18日の記者会見において知事を辞職する意向を表明、同日、県議会議長に辞職願を提出した。27日に開かれた新潟県議会の臨時議会において全会一致で辞職が同意され、同日付で知事を辞職した。約1年半の在職期間は歴代新潟県知事で最短となった。
2019年1月20日、『サンデージャポン』(TBS系列)にコメンテーターとして出演。失脚から9カ月ぶりに公の場に登場した。
 
 米山は,とりあえず新型コロナウイルスについて何か書かなきゃいかんと思ったようだが,金にでも困っているのか.医師で弁護士なんだから貧乏だとは思えぬが.
 米山は 顔と 性格が悪いだけで悪人ではないが,あれほど世に下半身系の恥をさらしたのだから,せめて事件のホトボリが冷めてから出てきたらどうか.
 そして,こういう下半身野郎に執筆してもらわねばならぬほど「論座」は堕ちたのか.情けない.

|

« 人生を賭した遊び /工事中 | トップページ | 風俗産業を助けようと上柳昌彦は語った »

新・雑事雑感」カテゴリの記事