« グリーンピースとベーコンの炊き込み御飯 | トップページ | 買春男が新型コロナウイルスについて何か書いている »

2020年3月30日 (月)

人生を賭した遊び /工事中

 京都新聞社が《大学でクラスター発生の可能性 京都産業大の学生8人が新型コロナ感染》[掲載日 2020年3月29日 19:20] を報じた.
 京都産業大学の今春卒業性たちが新型コロナウイルス感染症に感染し,クラスターを形成したらしいという内容である.
 発端は三月前半にヨーロッパ旅行した京産大学生4人が感染したことであるが,帰国後にこの学生たちが参加したゼミ懇親会やサークル懇親会からも感染者が出ており,合計47人の濃厚接触者のうち既に13人に症状がみられるという.
 
 新型コロナ感染症を「致死率が低いからそれほど恐ろしい感染症ではない」とテレビで発言するコメンテーターがいる.
 その人たちが言う定型の文句に「大部分は軽症である」「退院した人がいるのを無視してはいけない」がある.「感染しても大部分は軽症で,死ぬのは年寄がほとんどだから,おそろしい感染症ではありません」と言われると,高齢者である私は非常に腹が立つ.こういうことをテレビで言うから,学校が一斉休業中にスペイン旅行に出かける生徒や,サークルの飲み会をする京産大の学生なんかがでてくるのだ.
 しかしそれはそれとして,退院についての数字を見てみよう.(3/29版厚労省発表)
 国内の感染者合計  1,693例 (クルーズ船除く)
   内訳;患者1,378例,無症状病原体保有者182例,症状有無確認中133例
   国内での退院者;424名
 患者のうち症状が改善して退院できた人はわずかに31%しかいないのである.しかも,退院 (検査陰性) できたからといって完治したわけではないという.症状がなくなって検査陰性かつ無症状の病原体保有者 (キャリア) がいる.
 今朝のNHK等の報道によれば,中国には4万数千人の無症状キャリアがいると指摘されている.中国当局は指摘に対して,無症状キャリアの存在を認め,これまで公表してこなかったのは,無症状キャリアは他人に感染させる可能性が低いからだとしている.(この件は,感染させる可能性が皆無でないところがミソである.再び感染が拡大した時には「低いと言っただけで皆無なんて言ってない」と当局は言うのだろう)
 無症状キャリアのことはさておいて,新型コロナ感染症が治癒しにくい病気であることが「退院者/感染者」の比からわかる.有効な治療薬がまだ明らかになっておらず,患者は自分の免疫力だけが頼りなのである.
 
 さて上に記した京産大の卒業生のことで,気になったことがあるので調べた.この卒業生たちが今春から自営業ではなく会社に就職したときにどうなるか,である.この事態に係る法令は複数ある.
 その一つは感染症法 (感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律;平成二十八年四月一日施行;ただし左記のリンク先法律全文は最新の改正を反映していないので,最新の条文はこれを基に改正履歴を追う必要がある) である.その第十八条に (就業制限) の定めがある.
 
第十八条 都道府県知事は、一類感染症の患者及び二類感染症、三類感染症又は新型インフルエンザ等感染症の患者又は無症状病原体保有者に係る第十二条第一項の規定による届出を受けた場合において、当該感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、当該者又はその保護者に対し、当該届出の内容その他の厚生労働省令で定める事項を書面により通知することができる。
2 前項に規定する患者及び無症状病原体保有者は、当該者又はその保護者が同項の規定による通知を受けた場合には、感染症を公衆にまん延させるおそれがある業務として感染症ごとに厚生労働省令で定める業務に、そのおそれがなくなるまでの期間として感染症ごとに厚生労働省令で定める期間従事してはならない。
3 前項の規定の適用を受けている者又はその保護者は、都道府県知事に対し、同項の規定の適用を受けている者について、同項の対象者ではなくなったことの確認を求めることができる。
4 都道府県知事は、前項の規定による確認の求めがあったときは、当該請求に係る第二項の規定の適用を受けている者について、同項の規定の適用に係る感染症の患者若しくは無症状病原体保有者でないかどうか、又は同項に規定する期間を経過しているかどうかの確認をしなければならない。
5 都道府県知事は、第一項の規定による通知をしようとするときは、あらかじめ、当該患者又は無症状病原体保有者の居住地を管轄する保健所について置かれた第二十四条第一項に規定する協議会の意見を聴かなければならない。ただし、緊急を要する場合で、あらかじめ、当該協議会の意見を聴くいとまがないときは、この限りでない。
6 前項ただし書に規定する場合において、都道府県知事は、速やかに、その通知をした内容について当該協議会に報告しなければならない。 
(引用条文中の文字の着色は当ブログの筆者が行った.また新型コロナウイルス感染症が上記第十八条に係る感染症であることは「新型コロナウイル ス感染症を指定感染症として定める等の政令」が官報に掲載されている.この政令の官報当該箇所の画像を下に掲げる)
20200331a
(新型コロナウイル ス感染症を指定感染症として定める等の政令)
 
 上の第十八条中の赤い文字の箇所にあるように,感染症法の規定では,感染症に罹患したとしても必ずしもすべての感染症で就業が制限されるのではない.すなわち「感染症ごとに厚生労働省令で定める業務」に「感染症ごとに厚生労働省令で定める期間に」制限される.
 ちなみにここでいう厚生労働省令は感染症法施行規則 (感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行規則;施行日:平成二十九年十二月十五日) で,その第十一条に規定がある.
 
《第十一条 法第十八条第一項に規定する厚生労働省令で定める事項は、次のとおりとする。
一 当該届出の内容のうち第四条第一項第三号、第四号及び第六号に掲げる事項に係る内容
二 法第十八条第二項に規定する就業制限及びその期間に関する事項
三 法第十八条第二項の規定に違反した場合に、法第七十七条第四号の規定により罰金に処される旨
四 法第十八条第三項の規定により確認を求めることができる旨
五 その他必要と認める事項
2 法第十八条第二項の厚生労働省令で定める業務は、次に掲げる感染症の区分に応じ、当該各号に定める業務とする。
一 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、南米出血熱、マールブルグ病及びラッサ熱 飲食物の製造、販売、調製又は取扱いの際に飲食物に直接接触する業務及び他者の身体に直接接触する業務
二 結核 接客業その他の多数の者に接触する業務
三 ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。以下単に「重症急性呼吸器症候群」という。)、新型インフルエンザ等感染症、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスであるものに限る。以下単に「中東呼吸器症候群」という。)、痘そう、特定鳥インフルエンザ及びペスト 飲食物の製造、販売、調製又は取扱いの際に飲食物に直接接触する業務及び接客業その他の多数の者に接触する業務
四 法第六条第二項から第四項までに掲げる感染症のうち、前三号に掲げるもの以外の感染症 飲食物の製造、販売、調製又は取扱いの際に飲食物に直接接触する業務
3 法第十八条第二項の厚生労働省令で定める期間は、次に掲げる感染症の区分に応じ、当該各号に定める期間とする。
一 結核、重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群及び特定鳥インフルエンザ その病原体を保有しなくなるまでの期間又はその症状が消失するまでの期間
二 前号に掲げるもの以外の感染症 その病原体を保有しなくなるまでの期間
(引用条文中の文字の着色は当ブログの筆者が行った)
 
 実際は厚労省が具体的に解釈するので,推定になるが,上の施行規則の条文からすると,飲食物関係以外の業務は制限されず,またテレワークのような仕事は制限されないと思われる.少し難しいのは制限期間で,病原体キャリアになってしまった場合のことは現時点では不明である.
 
 さて感染症患者の就業制限に係る法令の二つ目は労働安全衛生法である.労働安全衛生法は,第六十八条 (病者の就業禁止) に次の定めがある.
 
第六十八条 事業者は、伝染性の疾病その他の疾病で、厚生労働省令で定めるものにかかつた労働者については、厚生労働省令で定めるところにより、その就業を禁止しなければならない。
 
 同法第六十八条にある「厚生労働省令」とは労働安全衛生規則を指し,その第六十一条は次の通り定めている.
 
第六十一条 事業者は、次の各号のいずれかに該当する者については、その就業を禁止しなければならない。ただし、第一号に掲げる者について伝染予防の措置をした場合は、この限りでない。
一 病毒伝ぱのおそれのある伝染性の疾病にかかつた者
二 心臓、腎臓、肺等の疾病で労働のため病勢が著しく増悪するおそれのあるものにかかつた者
三 前各号に準ずる疾病で厚生労働大臣が定めるものにかかつた者
2 事業者は、前項の規定により、就業を禁止しようとするときは、あらかじめ、産業医その他専門の医師の意見をきかなければならない。
 
 感染症法に基づいて行われる就業制限は,感染者本人に対して「就業してはならない」としているが,労働安全衛生法は,感染者を雇用している事業者に対して「就業させてはならない」としているわけだ.
 新型コロナウイルス感染症患者は,規則第六十一条第一号の《病毒伝ぱのおそれのある伝染性の疾病にかかつた者 》に相当する.例外の但し書き《伝染予防の措置をした場合 》は感染症によって異なるであろうから,実例について解釈が行われるはずだ.
 報道された京産大の卒業生は,





|

« グリーンピースとベーコンの炊き込み御飯 | トップページ | 買春男が新型コロナウイルスについて何か書いている »

新・雑事雑感」カテゴリの記事