« 若者にとって迷惑な高齢者 | トップページ | 噂と事実/資料の有無 »

2020年3月11日 (水)

静岡人はレベル低すぎ

 私は会社員生活の大半を静岡県で過ごした.ほぼ静岡県民と言っていい.
 その準静岡県民の眼から見て,莫大な数のマスクをヤフーで売って大儲けした焼津の諸田県議は,いかにも静岡県民だという印象だ.
 諸田県議は貿易会社を経営している.その会社が約十年前に一枚十五円で中国から輸入したマスクが長期不良在庫化しており,これをマスクの需要が高まったと見てヤフーオークションに出品したのである.
 この行為がネットで非難轟轟となり,記者会見する羽目に陥った.
 その記者会見で以下の遣り取りがあった.画像の下に「記者」とあるのは女性で,記者会見の幹事社だから,おそらく静岡新聞社ではないかと思われる.
 余談だが,地方新聞社にも優れたジャーナリストはいるだろうと思う.しかし静岡新聞は,その紙面を読めばわかるが,かなり程度が低い.それなのに静岡県民は,どういうわけか全国紙はあまり読まないで,静岡新聞ばかり読んでいる.特に静岡県中部.
 関東地方では,私が若い頃から駅売りの新聞といえば日経だった.昔「日経を読むのは仕事」という有名な惹句があったくらい,キヨスクの前にタケノコ積みされる新聞は,日経が読売や朝日の何倍もあり,会社員たちが一部とっては通勤電車に乗り込んでいく のが朝の日常風景だった.
 ところが昭和四十七年に就職し,現在の静岡市清水区に住むことになった私が驚いたのは,キヨスクで売れる新聞は静岡新聞とスポーツ紙だったことだ.日経を置いていないキヨスクだってあったほどだ.みんな国政や国際情勢なんかには無関心だった.商店街のニュースにしか興味のない人々にふさわしいのが静岡新聞だった.静岡県の民度の低さを象徴するのが静岡新聞であった.
 私が静岡県から神奈川に出てかなり経つが,今でも静岡は昔と変わっていないだろうと思う.というのは先日,静岡に住んでいる高齢の知人たちから,静岡市内で飲み会をやろうとの誘いがあった.私はメールの返信に,今はそんなことをする事態ではないと,言葉を選んで返信したが,その飲み会の幹事は,私が何を言っているのかわからないようだった.もしかするとNHKの報道も民放の情報番組も見ていないのかも知れないと私は思った.
 
 さて国政にも国際情勢にも無関心な県民が,自分たちの代表として選出したのが,後先のことを考えずに行動する性格の諸田県議であったことに私は大いに納得する.物事を深く考えずに行動するのが平均的な静岡人だからである.もちろん思慮深い県民もいるに違いないが,私の知っている静岡人にはそういう人は一人もいない.
 その諸田県議が会見で説明した,事の顛末は以下の通りである.
 新型インフルエンザが流行した2009年もマスクが品薄となった.記者会見の質疑によれば,諸田県議が中国から大量のマスクを輸入したのはこの時だったと思われる.しかし流行はほどなく収束したため,諸田県議は山のような不良在庫マスクを抱えてしまった.他の商品のオマケに付けて捌こうとしたようだが,焼け石に水だったらしい.そこへもってきてこのマスク騒動だ.諸田県議は千載一遇の不良在庫一掃の機会だと喜んだに違いない.ところが十年も保管されていたマスクは,調べてみたらすっかり品質劣化していた.普通の人間ならここで販売を断念するところだ.品質劣化したマスクなんかただのゴミだが,しかし諸田県議はあきらめなかった.「このマスクの市場価値を自分では判断できないから,一円からスタートして価値をオークションで判断してもらおう」(本人の弁),これはいい思い付きだよかったよかったと,明るく前向きに諸田県議はヤフオクに出品したのであった.「市場に判断してもらう」と言えばもっともらしいが,つまりは自分で考える頭がないということに気が付かなかったのである.こうして諸田県議は転売屋の仕入れ元になった.
 
20200311a
記者「転売ですよね?」
諸田「わ,私の場合は在庫があったものを……」
記者「在庫は,元々買ったものですよね? 時期があいているだけで転売ですよね?」
諸田「いえ,いえ,いえ,以前仕入れたものを売っているだけですから転売ではありません」
 
 この応答をテレビ (テレ朝『羽鳥慎一モーニングショー』) で観て,私は情けなくて安楽椅子からヘナヘナと崩れ落ちた.
 メーカーや問屋から買ったり,外国から輸入した商品を売ることが転売なら,薬局がマスクを売ることは転売であるということになる.
 三菱商事や三井物産は転売屋だということになる.記者が県議を問い詰めた論理は「物品販売はすべて転売だ」という奇想天外な理屈だ.
 かくも社会常識も教養もない地方新聞記者には理解できぬであろうが,諸田県議の非は,転売か転売でないか,そんなところにあるのではない.国の危機に際して,自らの県議という立場をわきまえぬ愚かさにあるのだ.(念のために言えば,諸田県議の行為は転売ではない)
 そんなこともわからぬ中学生並みの頭の新聞記者が,鬼の首でも取ったかのように,あるいは恋人の心変わりを責める女のように,理屈も常識もなく「元々買ったものですよね?」「転売ですよね?」とヒステリックに諸田県議を追い詰め,諸田県議はその見当はずれの追及に,口ごもってきちんと反論できなかった.無学無知軽薄な新聞社と思慮浅い議員.このいかにも静岡的な光景を見て,しみじみと私は落ち込んだ.
 さて,諸田県議がヤフオクの商品ページに書いた説明によれば当該マスクは「変色,黄ばみ」がある十年前の新古品だ.Amazonあたりでバラ売り (箱なし) している中国製マスクを買ってみて,黄ばんでいたら諸田県議のマスクである可能性がある.諸田マスクと名付けてオブジェにしたらどうだろう.

|

« 若者にとって迷惑な高齢者 | トップページ | 噂と事実/資料の有無 »

新・雑事雑感」カテゴリの記事